気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

子供のために仕事を辞めたいと考えるママへ。決断のポイント

2016.12.19

働くママの中には、ずっと子供の傍にいられない事が寂しい。

子供に申し訳ないと考えて、子供のために仕事を辞めたいと考える時期があります。

今後の人生に後悔しないためにもママが仕事を辞める決断のポイントについてご説明いたします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

シングルマザーが子供を施設に預ける時

シングルマザーが子供を育てるのは大変です。 精神的にも経済的にも苦労していると思います。 ...

赤ちゃんが保育園で風邪をもらう!予防方法と発熱時の対策

赤ちゃんが保育園でよく風邪をうつされて、発熱するというのはよくある事です。 しかし、そうすると...

発達障害の子供に幼稚園が加配を付けてくれるか知りたい

発達障害の子供を持つ親は、幼稚園で先生が目を離した隙に、何かあったらと考えると、心配が尽きません。 ...

自閉症の子供を持つ親のストレスを軽減させる方法

自閉症の子供を持つ親は子育てで、通常よりも過剰なストレスを抱える事になります。 ついつい子供を...

子供の将来が不安な時にこそ試してみよう

親になると初めてわかるという子供の将来を不安に思う気持ち。 現代社会は親が不安に思う要素が一杯...

離乳食、納豆はそのまま使ってOK?加熱の必要性とお勧め活用法

赤ちゃんの離乳食を作るとき、初めの頃は〈生もの厳禁〉。赤ちゃんの免疫が弱いので、食材はどれ...

幼稚園の年少で言葉が少ない子の場合、発達障害の可能性

幼稚園の年少は個人差があります。 でも、他の子供と比べて余りにも言葉の発達が遅いと、発達障害の...

保育園と幼稚園 学力の違いについて

保育園に行くべきか、幼稚園に行くべきか、一定年齢に子供の親はどちらに行かせるべきか悩みます。 ...

親に「子育ては失敗」と言われた子供の気持ち 親との距離の置き方

親から「子育ては失敗」と言われたら、傷つかない子供はいません。親に悪気はあっても無くても、この一言は...

発達障害だったら幼稚園を退園するべき、しないべき?

幼稚園の先生から発達障害を理由に退園を奨められたら、どうすればいい? そんな悩みを抱えているお...

旦那は夜勤・・・、一人で赤ちゃんを育てていくのが辛いあなたへ

夢にまで見た好きな人との結婚生活、そして授かった赤ちゃんとの生活。 しかし理想と現実のギャップ...

産後のママの心配!体重は退院時にどのくらいまで減らせるか

産後のママにとって、気になるのは体重です。 早く体形を戻したいと切望するのは女性として当然の心...

育児のストレスで病気になったときの症状と対処方法について

育児は楽しい事もありますが、その反面とても大変です。 何せ相手は言葉が通じないのですから。 ...

子供が奇声を発するには理由がある。ただ怒るだけではだめ!

子供が電車や、公園、スーパーで奇声を発すると親は周りの目を気にして、とにかく静かにさせようと子供を怒...

2歳で「ママ」「パパ」と言わない我が子。発達障害の可能性

子供が「ママ」「パパ」と言わないと親は心配になります。 1歳6か月検診などで、言葉は発しますか...

スポンサーリンク

子供のために仕事を辞めたいという気持ち

例えば保育園に子供を預ける時、ママと離れて泣く子供を見るとママの心は痛みます。もっと一緒に過ごしたい、成長を見守りたいと感じるのはママにとって当たり前の感情です。

子供はいつまでも小さい姿ではありません。子供にとってママが「世界で一番好きな時代」は短く、小学生になれば、自分の世界が構築され、友人との人間関係が出来ています。やがてもう少し大きくなれば親よりも自分の世界を優先するようになります。

これもまた自然の流れ、正常な発達過程なのです。

つまり子供との蜜月時代というのは決して長いものではないのです。

自分の選択を後悔しないポイントというのは、どっちが自分の人生にとって優先順位が高いかという事です。

逆に後悔をするポイントは、自分の選択を「誰かのため」とすり替えて決断してしまうからです。自分が納得していない結論を、「誰かのためだから仕方ない」という風に諦めてしまうと、必ず後悔します。

自分の選択は、自分の心に聞くのが一番です。

仕事を辞めたいのは子供のため?自分のため?

仕事というのはやはりどんな仕事でも大変です。

ノンストレスで仕事をしている人なんていないでしょう。特に子育てしながら働くママは家事に育児に仕事の両立にとても苦労します。

なにせ1日は24時間しかないにも関わらず、どう考えてもそれらを完璧に熟そうとすると1日30時間あっても足らないのですから。

ただでさえ時間がないにも関わらず、旦那は家事をしてくれない、もしくはママの苦労を理解してくれない、子供はいう事を聞かないとなると嫌になってしまいますよね。

こんなに仕事が大変ならもう辞めたい!家事に育児に専念できれば、もっとよいママになれるはずと考える事があるかもしれません。

でもこれは自分が両立できなくて仕事と家事と育児の中で、一番辞めやすい仕事を選択しただけとも言えます。

一見子供のために家事や育児に専念したいと見えますが、本音はやはり違うとも言えます。こういうマイナスの選択をすると、その選択を後悔する可能性が高くなります。選択がマイナスではなく自分の人生をプラスにするために選択をしないといけないのです。

プラスの選択で仕事を辞めるという事

プラスというのは自分の人生をさらに豊かにするための選択です。

つまり切り捨てるのではなく、増やす事が目的でないといけません。もし、仕事を辞めて子育てや家事に専念したいという決断を後悔しないためには、その決断が自分の人生にどんなプラスの面があるかを考えた結果でなくてはいけないのです。

もし仕事を辞めた事で、子供といる時間を増やす事は出来ます。それがママの満足度につながれば何の問題もありません。

前述したように、ママと子供が一緒に過ごす時間は決して長くありません。ママは子供を選んだかもしれませんが、子供はいつかママ以外にものを選択するようになります。

その時にママが子供を恨まないように、子供を縛り付けないようにきちんと心構えをしておかなくてはいけません。

ママが仕事よりも子供の時間を優先させたのは、その時間の方が自分の人生が豊かになる幸せになれると考えて決断した結果であり、子供のために仕事を諦めたという選択であってはいけません。

子供と過ごす時間は質より量である事を理解する

働くママはいつも忙しいです。そのため時間が足りない時に陥りがちが思考ですが、時間があれば子供にもっと良くしてあげられると考える人は少なくありません。

小さい子供にとって時間は無限です。そして彼らの主観の中では実際に時間と大きくかけ離れている事もあります。つまり、ママがずっとそばにいて遊んであげる事が必ずしも子供の満足と結びつくわけではないのです。

もし時間と満足度がイコールであれば、専業主婦の子供はみなママと一緒に居られて良いという事になりますが、実際はそうではありません。専業主婦は専業主婦でまた忙しいので、ずっと子供と遊んであげるわけにはいきません。また逆にある程度時間の余裕があるために子供との相手が等閑になってしまうこともあります。

子供にとってママと過ごす時間は量より質なのです。短時間でも密度の濃いふれあいのほうが子供の満足度は高くなります。

つまりママと過ごす時間長さの問題ではないのです。

仕事や辞めたい時に辞められけど…

仕事は辞めたい時に辞められます。しかし、復帰したい時にすぐに復帰できるとは限らないのです。

だから仕事を辞める前に一度考えましょう。

今の日本では、一度退職した女性が再度社会復帰するのはかなり大変です。もちろんお金を稼ぐ手段はいろいろあり、正社員だけなくパートという形で勤務することもできます。

しかし、女性で30代以上でかつ仕事をしていない期間がある場合、仕事を選べる余裕はありません。採用されればラッキーという状況なのです。

もし仕事をしていて満足感がある、また経済的な問題で働く方が子供の将来の選択肢が広がるというのであれば、まずは辞めないでなんとかする方法を考えた方がいいでしょう。

前述したように後悔する決断は得てして、自分で選択した結果ではない時です。ここで仮に仕事を優先したとしても、それは子供のほうが優先順位が引くということでは決してありません。それは子供と過ごす短くても時間をきちんとつくってあげれば、子供も理解してくれます。

 - 育児・子育て・出産に関する雑学