気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

赤ちゃんのハイハイはいつから?目安は生後6か月

2016.12.19

赤ちゃんと言えば、毎日毎日目に見える形で成長していきます。

赤ちゃんにとっても、ママにとってもハイハイはひとつの大きな通過点です。

いつぐらいからハイハイするのか?ママも気になるところです。

ハイハイの過程と、始まる目安についてご説明いたします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

保育園と幼稚園 学力の違いについて

保育園に行くべきか、幼稚園に行くべきか、一定年齢に子供の親はどちらに行かせるべきか悩みます。 ...

母乳とミルクではカロリーは同じでも与え方が違ってきます

母乳とミルクはカロリーが同じでもそれに含まれている栄養素が違ってきます。 このため、母乳とミル...

子供のために仕事を辞めたいと考えるママへ。決断のポイント

働くママの中には、ずっと子供の傍にいられない事が寂しい。 子供に申し訳ないと考えて、子供のため...

子供が睡眠中にあくびをするのは、普通の事?

子供が睡眠中にあくびをしているのを目にすると、親は不安に思います。 何故ならあくびは眠い時にす...

幼稚園の付き合いが面倒。行事は特に嫌!どう乗り切る?

子どもが幼稚園に入ると、お母さんたちも新しい社会生活がスタートします。 行事は特にグループや派...

畳の部屋に子供の為にマットを引きたい時のコツと選び方

畳の部屋にわざわざマットを引く必要はありませんが、 子供や特に赤ちゃんがいるご家庭では様々な理...

子供が部活をやめたいと言った時に親がとるべき3つの対策

子供が「部活をやめたい」と言い出したら、親としてはどうすればいいでしょうか? 中途半端で投げ出...

お寺に子供を預ける親の心理について

お寺で生活すると「修行」して、人間的に成長できるというイメージがあります。 そのため最近は、手...

卒乳の時期、平均はどれぐらい?無理なく卒乳する方法は?

赤ちゃんが成長し、1歳を迎える当たりになると、お母さんにとって気になりだすのが”卒乳”の時期なのでは...

子供を施設からスムーズに引き取り可能にするためのポイント

何らかの事情で子供を施設に預けたけれど、その問題が解決した、状況が改善したという事で引き取りたいと思...

子供が奇声を発するには理由がある。ただ怒るだけではだめ!

子供が電車や、公園、スーパーで奇声を発すると親は周りの目を気にして、とにかく静かにさせようと子供を怒...

乳幼児はお風呂に毎日入れるべき?そのメリットは?

乳幼児はお風呂に毎日入れた方がいいと病院で指導されたお母さんは多いと思います。 ご機嫌で入って...

自閉症の子供を持つ親のストレスを軽減させる方法

自閉症の子供を持つ親は子育てで、通常よりも過剰なストレスを抱える事になります。 ついつい子供を...

発達障害の子供に幼稚園が加配を付けてくれるか知りたい

発達障害の子供を持つ親は、幼稚園で先生が目を離した隙に、何かあったらと考えると、心配が尽きません。 ...

冬のお出かけに!エルゴの抱っこ紐でおんぶした時の防寒対策

エルゴの抱っこ紐と言えば、ママの必須アイテムのひとつです。 いよいよ冬到来、でもお出かけはしな...

スポンサーリンク

赤ちゃんのハイハイはいつ始まる?

生後6か月ぐらいになるとハイハイする赤ちゃんが多いようです。これも個人差がかなり激しく、生後4〜5か月ぐらいからハイハイに近い行動を見せる赤ちゃんもいれば、生後11か月近くなっても、まだハイハイを始めないゆっくりさんもいます。

赤ちゃんがハイハイを始めるには、いくつか条件があり、その条件がそろった子から始めると考えてください。

まずは手足を交互に動かせるようにならないとハイハイはできません。そして、動きたいと思う欲求がある事です。赤ちゃんは最低でもこの条件がそろわないとハイハイは始めないのです。

ハイハイにはバリエーションがたくさんあります。親から見れば不思議な動きにもみえますが、それは赤ちゃんの子供の発達に関係があります。人間の体は、まず上半身が発達してから下半身へと移っていきます。例えば先に足が発達した子もいれば、なかなか下半身が発達しない子もいます。

それが親から見ると変なハイハイに見えるのですが、赤ちゃんにとっては自分ができる範囲で、移動しようと試みている結果なのです。

赤ちゃんのハイハイのバリエーション

育児書には、赤ちゃんの発達過程として、「寝返り→お座り→ずりばい→ハイハイ→つかまり立ち→歩く」というよう風に説明しているところが多いですが、これは一つの目安であって、この通りに発達しなくても全く問題はありません。

寝返りからずりばいに移行して、それからお座り→つかまり立ち→歩くという過程を経る子もいれば、寝返りから突然ハイハイに移行してしまう子もいます。

また欧米では「シャッフラー」という名称がついていますが、ハイハイのようにおなかを下にして移動するのではなく、座ったままの姿勢でお尻をズルズルつけて移動する方法もとる子もいます。このタイプの子の特徴は、「ハイハイをしない」「歩き出すのが遅い」のですが別にどこにも異常はありません。おおよそ40人に一人くらいの割合でいるそうです。

他の子と少々発達過程は違いますが、これらの赤ちゃんはみな自分なりの発達の結果の行為であり、育児書と少々違っても全然問題がないと言われています。

いつまでもハイハイしない赤ちゃんが心配

ママにとって赤ちゃんが育児書通りに成長してくれると「ああ私は間違ってなかった」と安心しますが、実際育児書に書かれているのは、平均した子供の成長です。そして赤ちゃんから幼児期に関して、子供の成長は個人差がありすぎて、育児書は目安にはなりますが、それを妄信すると、ストレスが溜まってしまいます。

また同じくらいの子供がどんどん成長して、ハイハイした、歩いた、話したなんて聞くと、それと比べて自分の子は全然発達が遅い。自分の育て方が悪いのか、それとも赤ちゃんに何か問題があるのかと心配してしまうママがいますが、これもストレスの元です。

発達は早ければいいというものでなく、早ければその赤ちゃんが優れていて、ママがいい子育てをしている証拠でもないですし、逆に発達が遅いのが、赤ちゃんが優れていない証拠でも、ママの子育てが間違っている訳でもないのです。

だから、ポイントは人と比べない、育児書は目安と考えるぐらいの割り切りが必要です。

赤ちゃんのハイハイの練習は必要?

前述したように、赤ちゃんも条件が揃わないとハイハイは始めることができません。でも赤ちゃんの好奇心を刺激してやる気を起こさせるのは悪いことではありません。

寝返りがうてるようになったら、少し遠いところにおもちゃを置いてみたり、ママやパパが少し離れた場所から赤ちゃんを呼んでみましょう。そうすることで赤ちゃんが移動する動機付けになる時もあります。

またハイハイには様々なヴァリエーションがあり、これが正解というハイハイはありません。みんな個性豊かなハイハイです。もし自分の子供は少し変わったハイハイをしていても、それを矯正するのはやめたほうがいいでしょう。

変わったハイハイもその子なりの理由があってそういうハイハイをしているのです。例えば、あおむけのままハイハイする子もいますが、この子にとってパパママの顔をみながら移動したい、移動がこっちのほうが楽なんてこともあるのです。

また寝返りができるようになると、しばらく寝返りで移動する子もいます。大人から見れば目が回らないか心配なのですが、赤ちゃんは移動できることが嬉しくてしているのですから心配いりません。

赤ちゃんがハイハイを始めたら注意するべき事は?

家の中をもう一度赤ちゃん目線で見直しましょう。

赤ちゃんがハイハイを始めると大人では気が付かない危険がたくさんあります。赤ちゃん目線というのは、床から30cmぐらいと考えましょう。まずこの時期だけではお掃除嫌いのママも頑張って床を掃除しましょう。出ないと埃やゴミを赤ちゃんがくっつけてハイハイする事になります。

指でものをつかめるようになると、床に落ちているものはとにかくつまんで口に入れようとするので、出来るだけ床に誤飲しそうなものは落とさないように気を付けてください。

また、テーブルの角やテーブルや椅子の脚など赤ちゃんが角があってぶつかりそうなところは、養生しておくと安心です。

コード類は、赤ちゃんが引っこ抜くこともありますので、カバーをつけて赤ちゃんがいじれないようにしましょう。

また赤ちゃんが移動する際に邪魔になりそうなものは片づけて、自由にハイハイするスペースを作ってあげると赤ちゃんは喜んでハイハイするようになります。

ただ予想するよりも移動速度が速いこともありますので、赤ちゃんが一人で入ると危険な台所、お風呂、階段などは赤ちゃんが入れないように柵を置くなどの工夫が必要です。

 - 育児・子育て・出産に関する雑学