気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

赤ちゃんのハイハイはいつから?目安は生後6か月

   

赤ちゃんのハイハイはいつから?目安は生後6か月

赤ちゃんと言えば、毎日毎日目に見える形で成長していきます。

赤ちゃんにとっても、ママにとってもハイハイはひとつの大きな通過点です。

いつぐらいからハイハイするのか?ママも気になるところです。

ハイハイの過程と、始まる目安についてご説明いたします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ブドウ糖の点滴は、太る?ブドウ糖の成分と注意点について解説

体重制限をしている方や糖分などを気にしている方にとって、ブド...

トランサミンとは何か?副作用で動悸などが起きた場合の対処法

トラネキサム酸を主成分とした「トランサミン」は、止血効果や炎...

ディーラーの営業マンを変更する時に気をつけたいポイント

車を購入する時にディーラーの営業マンによってはいろいろとお世...

耳が痛い!外側が痛い原因は?何の病気?対処法教えます

耳の外側に痛みがあるのは、心配で不安になりますよね。 ...

一人暮らしが初めてのアラサーへ 失敗しない注意ポイントを解説!

アラサーになるまで実家で甘えていたいけど、家をでてみたいと考...

大学生が一人暮らしでつらいと感じる瞬間とその対策をご紹介

地方から大学に通うために引っ越しをしてきた時に、一...

財布を落とした時のお礼の仕方と、やってはいけない行動

自分が財布を落としてしまった時には、目の前が真っ白...

国会議員の給料は高すぎると感じる理由を解説

国民として国会議員に対する期待は大きいですが、こと...

高3の夏休みに遊びたいなら 把握すべきは自分の○○だった!

高3の夏休みといえば、まさに受験前の貴重な時間です...

公務員になりたいのに勉強がつらい!気持ちを切り替える方法をご紹介

公務員になるために勉強を必死で頑張っているのに、だ...

会社をバックレてしまったときに離職票をもらうための方法

精神的に追い込まれてしまうと、会社をバックレてもいいと思って...

妊娠5ヶ月のお腹の状態と苦しい時の対処法

妊娠5ヶ月になると安定期に入ってきますが、お腹が苦しいので辛...

母が病気になり辛い気持ちで一杯… そんな気持ちの整理の仕方

元気だった母が病気になる、また亡くなる可能性もあるとなると辛...

友達依存をやめたい!自分でできる自分の変え方とは

友達に依存していると自分でも分かっているので、やめたいと思っ...

友達から出産報告がない?祝福したいのに連絡をくれない心理とは

友達との関係性は何かあった時によくわかりますが、妊娠をしたこ...

離乳食、納豆はそのまま使ってOK?加熱の必要性とお勧め活用法

赤ちゃんの離乳食を作るとき、初めの頃は〈生もの厳禁...

料理が下手な嫁に悩んでいるあなたへの解決法!

何を作っても料理が下手なのにその事を嫁に言えずに悩んでいます...

車のテレビが映りにくい!できるだけ電波良くする方法とは

車の中にテレビが搭載されていると何かと便利ですが、...

住所と電話番号を使って調べる方法とは?個人宅まで他人に丸裸に!

個人宅を調べる方法はいろいろありますが、自分で住所...

反応に困る。友達から可愛いと言われる時の上手な切り返し方

最近では自撮りブームで、盛れる写真アプリが流行って...

スポンサーリンク


赤ちゃんのハイハイはいつ始まる?

生後6か月ぐらいになるとハイハイする赤ちゃんが多いようです。これも個人差がかなり激しく、生後4〜5か月ぐらいからハイハイに近い行動を見せる赤ちゃんもいれば、生後11か月近くなっても、まだハイハイを始めないゆっくりさんもいます。

赤ちゃんがハイハイを始めるには、いくつか条件があり、その条件がそろった子から始めると考えてください。

まずは手足を交互に動かせるようにならないとハイハイはできません。そして、動きたいと思う欲求がある事です。赤ちゃんは最低でもこの条件がそろわないとハイハイは始めないのです。

ハイハイにはバリエーションがたくさんあります。親から見れば不思議な動きにもみえますが、それは赤ちゃんの子供の発達に関係があります。人間の体は、まず上半身が発達してから下半身へと移っていきます。例えば先に足が発達した子もいれば、なかなか下半身が発達しない子もいます。

それが親から見ると変なハイハイに見えるのですが、赤ちゃんにとっては自分ができる範囲で、移動しようと試みている結果なのです。

赤ちゃんのハイハイのバリエーション

育児書には、赤ちゃんの発達過程として、「寝返り→お座り→ずりばい→ハイハイ→つかまり立ち→歩く」というよう風に説明しているところが多いですが、これは一つの目安であって、この通りに発達しなくても全く問題はありません。

寝返りからずりばいに移行して、それからお座り→つかまり立ち→歩くという過程を経る子もいれば、寝返りから突然ハイハイに移行してしまう子もいます。

また欧米では「シャッフラー」という名称がついていますが、ハイハイのようにおなかを下にして移動するのではなく、座ったままの姿勢でお尻をズルズルつけて移動する方法もとる子もいます。このタイプの子の特徴は、「ハイハイをしない」「歩き出すのが遅い」のですが別にどこにも異常はありません。おおよそ40人に一人くらいの割合でいるそうです。

他の子と少々発達過程は違いますが、これらの赤ちゃんはみな自分なりの発達の結果の行為であり、育児書と少々違っても全然問題がないと言われています。

いつまでもハイハイしない赤ちゃんが心配

ママにとって赤ちゃんが育児書通りに成長してくれると「ああ私は間違ってなかった」と安心しますが、実際育児書に書かれているのは、平均した子供の成長です。そして赤ちゃんから幼児期に関して、子供の成長は個人差がありすぎて、育児書は目安にはなりますが、それを妄信すると、ストレスが溜まってしまいます。

また同じくらいの子供がどんどん成長して、ハイハイした、歩いた、話したなんて聞くと、それと比べて自分の子は全然発達が遅い。自分の育て方が悪いのか、それとも赤ちゃんに何か問題があるのかと心配してしまうママがいますが、これもストレスの元です。

発達は早ければいいというものでなく、早ければその赤ちゃんが優れていて、ママがいい子育てをしている証拠でもないですし、逆に発達が遅いのが、赤ちゃんが優れていない証拠でも、ママの子育てが間違っている訳でもないのです。

だから、ポイントは人と比べない、育児書は目安と考えるぐらいの割り切りが必要です。

赤ちゃんのハイハイの練習は必要?

前述したように、赤ちゃんも条件が揃わないとハイハイは始めることができません。でも赤ちゃんの好奇心を刺激してやる気を起こさせるのは悪いことではありません。

寝返りがうてるようになったら、少し遠いところにおもちゃを置いてみたり、ママやパパが少し離れた場所から赤ちゃんを呼んでみましょう。そうすることで赤ちゃんが移動する動機付けになる時もあります。

またハイハイには様々なヴァリエーションがあり、これが正解というハイハイはありません。みんな個性豊かなハイハイです。もし自分の子供は少し変わったハイハイをしていても、それを矯正するのはやめたほうがいいでしょう。

変わったハイハイもその子なりの理由があってそういうハイハイをしているのです。例えば、あおむけのままハイハイする子もいますが、この子にとってパパママの顔をみながら移動したい、移動がこっちのほうが楽なんてこともあるのです。

また寝返りができるようになると、しばらく寝返りで移動する子もいます。大人から見れば目が回らないか心配なのですが、赤ちゃんは移動できることが嬉しくてしているのですから心配いりません。

赤ちゃんがハイハイを始めたら注意するべき事は?

家の中をもう一度赤ちゃん目線で見直しましょう。

赤ちゃんがハイハイを始めると大人では気が付かない危険がたくさんあります。赤ちゃん目線というのは、床から30cmぐらいと考えましょう。まずこの時期だけではお掃除嫌いのママも頑張って床を掃除しましょう。出ないと埃やゴミを赤ちゃんがくっつけてハイハイする事になります。

指でものをつかめるようになると、床に落ちているものはとにかくつまんで口に入れようとするので、出来るだけ床に誤飲しそうなものは落とさないように気を付けてください。

また、テーブルの角やテーブルや椅子の脚など赤ちゃんが角があってぶつかりそうなところは、養生しておくと安心です。

コード類は、赤ちゃんが引っこ抜くこともありますので、カバーをつけて赤ちゃんがいじれないようにしましょう。

また赤ちゃんが移動する際に邪魔になりそうなものは片づけて、自由にハイハイするスペースを作ってあげると赤ちゃんは喜んでハイハイするようになります。

ただ予想するよりも移動速度が速いこともありますので、赤ちゃんが一人で入ると危険な台所、お風呂、階段などは赤ちゃんが入れないように柵を置くなどの工夫が必要です。

関連記事はこちら

ブドウ糖の点滴は、太る?ブドウ糖の成分と注意点について解説

体重制限をしている方や糖分などを気にしている方にとって、ブド...

トランサミンとは何か?副作用で動悸などが起きた場合の対処法

トラネキサム酸を主成分とした「トランサミン」は、止血効果や炎...

ディーラーの営業マンを変更する時に気をつけたいポイント

車を購入する時にディーラーの営業マンによってはいろいろとお世...

耳が痛い!外側が痛い原因は?何の病気?対処法教えます

耳の外側に痛みがあるのは、心配で不安になりますよね。 ...

一人暮らしが初めてのアラサーへ 失敗しない注意ポイントを解説!

アラサーになるまで実家で甘えていたいけど、家をでてみたいと考...

大学生が一人暮らしでつらいと感じる瞬間とその対策をご紹介

地方から大学に通うために引っ越しをしてきた時に、一...

財布を落とした時のお礼の仕方と、やってはいけない行動

自分が財布を落としてしまった時には、目の前が真っ白...

国会議員の給料は高すぎると感じる理由を解説

国民として国会議員に対する期待は大きいですが、こと...

高3の夏休みに遊びたいなら 把握すべきは自分の○○だった!

高3の夏休みといえば、まさに受験前の貴重な時間です...

公務員になりたいのに勉強がつらい!気持ちを切り替える方法をご紹介

公務員になるために勉強を必死で頑張っているのに、だ...

会社をバックレてしまったときに離職票をもらうための方法

精神的に追い込まれてしまうと、会社をバックレてもいいと思って...

妊娠5ヶ月のお腹の状態と苦しい時の対処法

妊娠5ヶ月になると安定期に入ってきますが、お腹が苦しいので辛...

母が病気になり辛い気持ちで一杯… そんな気持ちの整理の仕方

元気だった母が病気になる、また亡くなる可能性もあるとなると辛...

友達依存をやめたい!自分でできる自分の変え方とは

友達に依存していると自分でも分かっているので、やめたいと思っ...

友達から出産報告がない?祝福したいのに連絡をくれない心理とは

友達との関係性は何かあった時によくわかりますが、妊娠をしたこ...

離乳食、納豆はそのまま使ってOK?加熱の必要性とお勧め活用法

赤ちゃんの離乳食を作るとき、初めの頃は〈生もの厳禁...

料理が下手な嫁に悩んでいるあなたへの解決法!

何を作っても料理が下手なのにその事を嫁に言えずに悩んでいます...

車のテレビが映りにくい!できるだけ電波良くする方法とは

車の中にテレビが搭載されていると何かと便利ですが、...

住所と電話番号を使って調べる方法とは?個人宅まで他人に丸裸に!

個人宅を調べる方法はいろいろありますが、自分で住所...

反応に困る。友達から可愛いと言われる時の上手な切り返し方

最近では自撮りブームで、盛れる写真アプリが流行って...

 - 育児・子育て・出産に関する雑学

ページ
上部へ