気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

身内の希望なら赤ちゃんを連れて病院にお見舞いに行くべき?

2016.12.19

ページの目次1 赤ちゃん連れて病院にお見舞いというのはあり?2 身内が赤ちゃん連れで病院のお見舞いを希望された場合3 余命が少ない身内から赤ちゃんとお見舞いを希望されたら?4 赤ちゃん直接会いたいと希望されたら?5 赤ちゃんが病院にお見舞いすることが病院に敬遠される理由 赤ちゃん連れて病院にお見舞いというのはあり? 通常は「なし」です。 もちろん病院や入院されている病棟にもよりますが、小学生以下の面会は控えるように注意書きしている病院が多いと思います。 これは小学生以下の子供が病棟や病室で、病気に感染するリスクを避ける目的もありますが、その他にも入院患者のためという事もあるのです。 赤ちゃんも …

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

朝にシャワーは体も髪が危険に?夏でもお風呂にきちんと入ろう!

朝起きてシャワーを浴びるというのはすっきりして気持ちいいと感じている人は多いと思います。 しか...

ノロウイルスに感染!でも嘔吐は1回だけでも、やはりノロ?

ノロウイルスというと、激しい下痢と嘔吐に苦しめられて、体重が2〜3kg落ちたなんて話を聞くこともあり...

インフルエンザの高熱後の吐き気 治りかけの時期に注意!

毎年、冬季に流行するインフルエンザ。 高熱や痛みといった症状が収まり、治りかけであるにもかかわ...

朝にトイレ2回は異常?一回のトイレですっきりしない原因

朝にトイレで大便をするというのはとても普通。便秘の人には羨ましいくらいです。 しかし、2回とな...

BCG接種後に発熱等の体調不良 これは副反応?それとも…

結核患者が今なお発生している日本において、BCGワクチンの接種は、赤ちゃんを結核から守るために必要な...

風呂に入らないほどの「うつ病」についての考察

「風呂に入らない」というのは、清潔好きの日本人にとってかなり珍しい精神状態です。 日本人はほぼ...

肩甲骨マッサージで身体をきれいにする方法

肩を回すと、ゴリゴリと音がなってしまう肩甲骨のこり。 実は、この肩甲骨のこりが体型や身体の歪み...

夜中の腹痛は十二指腸潰瘍? 激痛を伴う恐ろしい合併症とは

夜中にキリキリとした腹痛を感じて目が覚めた、という症状に悩まされていませんか? もしかしてその...

子供の足裏にプツプツと湿疹?疑うべき病気と対処法をご紹介!

ある時、ふと子供の足に目をやると、足裏に湿疹ができていた! 湿疹といえば背中や腕などの部分に多...

正体が判れば怖くない!まぶたのできものが透明な場合

まぶたにできものが出来ると誰だって不安です。 失明するのでは?病院で手術と言われたら、痛くな...

夜中に突然の腹痛。冷や汗が止まらない時の対処方法

夜中に突然、腹痛に見舞われてのたうち回った経験ありませんか? 冷や汗が止まらないけど、救急車を...

血圧の変動が激しい人の4つの原因とその対策

血圧というのは一日の間にも変動があるので、決して一定ではありません。 しかし、その範囲を超えて...

ピルの副作用で起きる頭痛 もしかしたら危険信号かも!

避妊薬として、また女性特有の病気の治療薬として、低用量ピルは女性の強い味方です。 しかし、その...

インフルエンザに解熱剤は禁忌?タミフルで熱は下がるの?

冬場になると、冬将軍と共に日本列島を襲うインフルエンザ。 この症状として辛いのが、何と言っても...

ブドウ糖の点滴は、太る?ブドウ糖の成分と注意点について解説

体重制限をしている方や糖分などを気にしている方にとって、ブドウ糖の点滴はどういう印象がありますか? ...

スポンサーリンク

赤ちゃん連れて病院にお見舞いというのはあり?

通常は「なし」です。

もちろん病院や入院されている病棟にもよりますが、小学生以下の面会は控えるように注意書きしている病院が多いと思います。

これは小学生以下の子供が病棟や病室で、病気に感染するリスクを避ける目的もありますが、その他にも入院患者のためという事もあるのです。

赤ちゃんもそうですし、小学生以下だとまだ中々場所に応じて自分を抑えることができません。騒ぎたい時に騒ぎたくなるし、だめと言われてもいろんなものに触りたいと考えてしまいます。

身内にとって子供の騒ぐ声や赤ちゃんの泣き声は微笑ましいものですが、赤の他人にとっては騒音なのです。

やっと寝ることができたのに同室にお見舞いに来た赤ちゃんの泣き声で目が覚めた、辛くて起き上がるのも大変なのに、子供の騒ぐ声や親が叱る声が聞こえるというのは、同室や近くの人にとっては迷惑にしかなりません。

小学生以下が基本病棟に連れてこないようにと注意書きされているのは、そういう側面もあるのです。

身内が赤ちゃん連れで病院のお見舞いを希望された場合

厄介なのがこのケースです。

ママとしては希望を叶えてあげたいけど、特に赤ちゃんの場合まだ抵抗力が弱いので何かの病気に感染してはと心配なので、出来れば連れて行きたくないというのが本音でしょう。

長時間滞在しなければ、感染リスクも少なくできるし、そう簡単には感染しないだろうとは頭では理解できるでしょう。しかし万が一の事を考えると、心が拒否反応をしてしまうママは少なくありません。

まず考えなければいけないのは、赤ちゃんを病院に連れてきてほしいと望んでいるその人の病状です。特に命に別状がない状態であれば、病院で小学生以下の面会を禁止されているか否か確認しましょう。もし禁止もしくは注意書きで「控えてください」と書いてあるようならば、それを盾にして断りましょう。

そういう注意書きや禁止事項がない時は「まだ赤ちゃんなので病気に感染するか心配です」と本音を言ってしまうのもいいかもしれません。赤ちゃんが可愛ければ、無理に連れてこいとは言わないでしょう。

余命が少ない身内から赤ちゃんとお見舞いを希望されたら?

これは非常に断りにくいケースです。

下手に断ると、親戚との関係にひびが入る事もあります。それにやはり余命が少ないのであれば出来るだけ希望を叶えてあげたいですよね。

でもそれが自分の子供の健康との選択になると、薄情だけど悩んでしまうというママもいると思いますが、それはママとしても当然の心理です。

一つの方法として、赤ちゃんや写真の動画を持っていくという手があります。これはママだけの判断ではなく、他の家族と相談した上で決断してください。

その時は、「赤ちゃんが感染すると心配なので」という本音は言わない方がいいかもしれません。他の身内からすると「そんなにすぐ感染しないわよ。それよりも余命の少ない人に赤ちゃんの顔を見せてあげる方が大事でしょう」と反論される可能性があるからです。

それも一理ありますが、要はママとその人では、優先する人が違うだけです。だからそういう言葉をいった人が決して赤ちゃんを大事に思ってないわけではないのです。

こういう時は「赤ちゃんの泣き声が他の患者さんのご迷惑になると悪いので」という説明のほうがいいでしょう。

赤ちゃん直接会いたいと希望されたら?

余命が少ない人は、出来るだけ心残りを作りたくないのです。多少我儘を言っても許してあげてください。

これも実際断るのが難しいケースになると思います。

であれば出来るだけ赤ちゃんが感染しにくそうな場所を選択した方がいいでしょう。病室よりも、病院のラウンジや食堂などに行けるようならば、「赤ちゃんの声が同室の人の迷惑になると悪いので」と説明して、ラウンジや食堂で顔を見せてあげるようにしましょう。

もしもう少し元気であれば庭などがオススメです。

死ぬ前に孫やひ孫の顔を見たいと望むのは、それだけその子供が愛されている証拠です。

だからネガティブに捉えずに、「この子はこれだけ愛されて幸せだなあ」と考えるようにしましょう。

もし外泊が許されるようであれば、その時はゆっくりと赤ちゃんの顔が見られるように、自分や赤ちゃんが予定を合わせて、家を訪ねてあげるときっと喜ばれると思います。

子供はいろんな人に愛された方が幸せになれます。

赤ちゃんが病院にお見舞いすることが病院に敬遠される理由

多くの病院はやはり小学生以下の子供は入院患者がいる病棟に入る事にいい顔をしません。禁止しているところもあれば婉曲的な表現で注意書きしている病院もあります。

理由は前述したとおりですが、その他にも入院患者に対して赤ちゃんや子供が外から持ってきた病気に感染する可能性もあるのです。なにせ赤ちゃんも子供もよく病気にかかっていますから。ママが赤ちゃんの感染リスクを心配しますが、病院は患者が感染するリスクを恐れているのです。

またその一方で、仮に赤ちゃんが何かの病気に感染した場合、その責任を問われるのは病院です。そういう責任を回避するためにも、基本病院が特に赤ちゃんを連れてのお見舞いに神経を尖らしてしまうのです。

そういう点を考えると基本やはり赤ちゃんは病院に連れていくべきではないとい結論が出ます。

どうしても避けられない、断れないケースの場合のみ、前述した方法をとって誰にも迷惑のかからない形で赤ちゃんの顔を見せてあげるようしましょう。

 - 健康に関する雑学