気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

赤ちゃんを抱っこして車に乗るのは法律違反!罰則もあり

   

赤ちゃんを抱っこして車に乗るのは法律違反!罰則もあり

赤ちゃんを抱っこしたり抱っこ紐で固定して車に乗車するのは、法律違反という事はご存知ですか?

実をいうと罰金刑ではないのですが、運転手の人は、点数が1点減点になります。

なぜチャイルドシートが必要か、その免除基準についてもご説明いたします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

親に「子育ては失敗」と言われた子供の気持ち 親との距離の置き方

親から「子育ては失敗」と言われたら、傷つかない子供はいません...

お茶の飲み過ぎによって頭痛が起きる原因と対策を解説

お茶を飲むとリラックスすることができるので、美味し...

ストレスによる発熱や関節痛の怖い症状と、その対処法をご紹介

大人になると仕事などで過度なストレスを受けることも...

頭が乾燥している?フケの取り方とフケ対策についてご紹介します

毎日しっかりと頭を洗っているのに、フケで悩んでいる...

解決!背中のしびれが左側にある場合の原因と対処法を教えます!

何だか背中の左側にしびれを感じる。 ただの疲れなのか、...

NHKの集金は夜遅くに来る?夜間の集金で反感を買う理由とは

NHKの支払いは誰もが支払い義務があるということで、契約をし...

アパートの退去費用はいくら?5年以上住んでいる場合で解説

アパートに長く住み続けてから引っ越しをする時に、退去費用とし...

左脇腹の痛みや肋骨下の痛みの原因は便秘や神経痛の可能性アリ!

左脇腹の痛みや肋骨下の痛みって、骨が痛いのか、内臓に問題があ...

天邪鬼な性格を直すには?自分の性格を変えて生まれ変わる方法

天邪鬼な性格の人はひねくれた性格だと思われているので、人から...

朝のコーヒーを飲む習慣が太る原因を作ってしまう原因と対策

毎朝コーヒーを欠かさず飲む人にとっては、コーヒーのカフェイン...

タバコの副流煙は悪影響が多い!咳が止まらない原因と対処法

タバコを吸わない人にとって、副流煙による悪影響は計り知れませ...

禁煙成功の目安とは?目標達成までの期間と考え方について

禁煙を目指す人にとってどんな状態となれば禁煙成功に...

独り言を言う人は病気のせい?電車でも止まらない!独り言のワケ

あなたは普段、独り言を言いますか? 誰も見て...

イライラを抑える為に音楽を活用しよう!場面で見る音楽チョイス

日常生活にストレスはつきもの。発散させる時間もお金...

その捻挫、病院に行くべき?受診が必要なレベルとそうでない場合

意外と生活の中で身近なケガ、”捻挫”。経験したこと...

手取り15万の一人暮らしではどのくらいの家賃が適正か解説

手取り15万の一人暮らしでは固定費をできるだけ安くしたいので...

運転することが怖い!パニックになる前に確認しておくこととは

運転が苦手な人にとって久しぶりの運転は怖いと思いますし、焦っ...

人生で失敗した時に大学に行かなかったことを後悔する理由を解説

人生においていくつかのターニングポイントがありますが、その中...

貯金が趣味の人はつまらない性格の人が多い理由と楽しむ方法

趣味が貯金だというひともいますが、お金を使うことによっていろ...

ブドウ糖の点滴は、太る?ブドウ糖の成分と注意点について解説

体重制限をしている方や糖分などを気にしている方にとって、ブド...

スポンサーリンク


赤ちゃんを抱っこしたまま車に乗るのは危険!

実家に帰って、例えば父親の車で出かけるときに、「チャイルドシートがない」というような経験ありませんか?自分が車を運転するのであれば、実家にも車で帰っているから、こういう事態はあまり起こりませんが、パパが運転してママが運転しない家だと得てしてこういう事態が発生します。

短い距離だからいいよね。しっかり抱っこしていれば大丈夫、抱っこ紐で固定していれば大丈夫と考えていませんか?

しかし、それは危険な考えです。

実際事故にあった時、抱っこ紐ではとても赤ちゃんを固定しきれず、ひどい場合は車外に赤ちゃんが放り出されてしまうこともあるのです。また、赤ちゃんは小さいので、ママが抱っこしてシートベルトを締めても、事故の衝突の衝撃でママの手から飛び出してしまうことも十分にあるのです。

前述したように、運転手も点数を1点減点されてしまいます。最近はレンタルのチャイルドシートもありますし、知り合いやママ友から、使わなくなったチャイルドシートをもらえることもありますから、うまく活用して必ず自家用車でなくても赤ちゃんを乗せるときにはチャイルドシートを利用しましょう。

チャイルドシートを免除される条件

基本赤ちゃんが車に乗る時は着用が義務付けられているチャイルドシートですが、いくつか例外事項があり、それに該当する場合は、つける義務を免除されます。

まずバスやタクシーの場合です。
これは現実的にチャイルドシートを用意するのが難しいですから、この場合は義務を免除されます。

自家用車の場合でも免除するケースをご紹介いたします。

おむつ交換や授乳中の時はチャイルドシートをしなくてもいいのです。そもそも走行中におむつ交換や授乳をする人が少ない所為かも知れませんが、どっちもチャイルドシートした状態では難しい行為ですから免除される訳です。

チャイルドシートにもサイズがあり、割と古いタイプだと座席2つ分が必要になるチャイルドシートもあります。仮に5人定員の車がの場合で、大人が4人乗車すると、チャイルドシートが2つ席を取っていると全員乗れなくなってしまいます。こういうケースは義務を免除されます。

しかし座席一つ分しかとらないチャイルドシートの場合は、安全のためにも多少きつくてもチャイルドシートに赤ちゃんは乗せてしまった方がいいでしょう。

赤ちゃんが抱っこ以外で車に乗りたがらない場合の対応

チャイルドシートの馴染みやすい子もいれば、全精力を傾けて嫌がる子もいます。これはその子の個性みたいなものです。

でも車を運転していて、大声で赤ちゃんが泣いていては、運転手も集中できないかもしれません。仮にパパが運転していて、ママは気を使って赤ちゃんを抱っこして泣き止まそうとするかもしれませんが、これは間違いです。

泣こうが叫ぼうが、車に乗ったらチャイルドシートに乗らなければいけないという事を赤ちゃんがなれるまでは忍の一字です。

しばらくは根競べが続くでしょう。

しかしやがて赤ちゃんも諦める日がきます。その日まで我慢です。慣れるようになれば、車に乗ったらすぐ寝てしまうなんて事もあるかもしれません。

ただしなく原因が股関節脱臼などしていて、チャイルドシートを締めると痛いとか、アトピー性皮膚炎でシートベルトがあたるところが痛むという事であれば、無理にチャイルドシートをする必要はありません。これらの場合は、チャイルドシートをつける義務を免除されます。

チャイルドシートは何歳までしないといけないのか?

法律では6歳未満は着用が義務付けられています。

では、6歳になれば、着用しなくていいのかというとそうとも限りません。法律では禁止されてはいないのですが安全面の点からは子供の身長が140cmになるまではチャイルドシートを使っていた方が安全です。しかし逆に6歳未満でも140㎝を超えていれば着用の義務が免除されます。

なぜならシートベルトは140cm以上の体を固定するために作られているので、それより小さい人がシートベルトをしても安全が確保されない事があります。

ちなみに何歳からチャイルドシートをしなくてはいかないかというと、これは生まれた時点からです。首も座らない赤ちゃんをチャイルドシートに固定さすのはママとしては心配ですよね。でも前述したように抱っこするよりもチャイルドシートにした方が安全なのです。最近は新生児に対応したチャイルドシートもあり、年齢に応じてパーツを外していくタイプのものがあります。

病院から帰る時、タクシーで帰るのであればママ抱っこでOKなのですが、自家用車で帰る場合は、チャイルドシートに乗せなくてはいけないことをよく覚えておいてください。

赤ちゃんや子供は器用なので要注意

親はチャイルドシートに固定していれば、赤ちゃんや子供はもう大丈夫と思っている人も多いと思いますが、彼らは簡単に縄抜けして自由にしていることがあります。

いわゆる五点止めのチャイルドシートの場合、気が付くと肩の部分の紐から肩を出して、腰だけ固定されたスタイルになってしまう子がいます。腰だけの固定だと、上半身がかなり自由が利きますので、いつの間にか、車の窓を開けたり、ドアのロックを外したり、かけたり、走行中にドアを開けたりする事があります。

車自体にチャイルドロックをかけて、子供が勝手にドアをいじられないようにする必要があります。

定期的に赤ちゃんや子供のチャイルドシートがきちんとかかっているかも確認しましょう。特に冬になると、洋服をたくさん切るためにベルトを緩めがちになります。キツイと赤ちゃんがつらいかもしれませんが、緩すぎると体が柔らかいために簡単に縄抜けしてしまうので、ベルトもきちんと季節に応じて確認しましょう。

関連記事はこちら

親に「子育ては失敗」と言われた子供の気持ち 親との距離の置き方

親から「子育ては失敗」と言われたら、傷つかない子供はいません...

お茶の飲み過ぎによって頭痛が起きる原因と対策を解説

お茶を飲むとリラックスすることができるので、美味し...

ストレスによる発熱や関節痛の怖い症状と、その対処法をご紹介

大人になると仕事などで過度なストレスを受けることも...

頭が乾燥している?フケの取り方とフケ対策についてご紹介します

毎日しっかりと頭を洗っているのに、フケで悩んでいる...

解決!背中のしびれが左側にある場合の原因と対処法を教えます!

何だか背中の左側にしびれを感じる。 ただの疲れなのか、...

NHKの集金は夜遅くに来る?夜間の集金で反感を買う理由とは

NHKの支払いは誰もが支払い義務があるということで、契約をし...

アパートの退去費用はいくら?5年以上住んでいる場合で解説

アパートに長く住み続けてから引っ越しをする時に、退去費用とし...

左脇腹の痛みや肋骨下の痛みの原因は便秘や神経痛の可能性アリ!

左脇腹の痛みや肋骨下の痛みって、骨が痛いのか、内臓に問題があ...

天邪鬼な性格を直すには?自分の性格を変えて生まれ変わる方法

天邪鬼な性格の人はひねくれた性格だと思われているので、人から...

朝のコーヒーを飲む習慣が太る原因を作ってしまう原因と対策

毎朝コーヒーを欠かさず飲む人にとっては、コーヒーのカフェイン...

タバコの副流煙は悪影響が多い!咳が止まらない原因と対処法

タバコを吸わない人にとって、副流煙による悪影響は計り知れませ...

禁煙成功の目安とは?目標達成までの期間と考え方について

禁煙を目指す人にとってどんな状態となれば禁煙成功に...

独り言を言う人は病気のせい?電車でも止まらない!独り言のワケ

あなたは普段、独り言を言いますか? 誰も見て...

イライラを抑える為に音楽を活用しよう!場面で見る音楽チョイス

日常生活にストレスはつきもの。発散させる時間もお金...

その捻挫、病院に行くべき?受診が必要なレベルとそうでない場合

意外と生活の中で身近なケガ、”捻挫”。経験したこと...

手取り15万の一人暮らしではどのくらいの家賃が適正か解説

手取り15万の一人暮らしでは固定費をできるだけ安くしたいので...

運転することが怖い!パニックになる前に確認しておくこととは

運転が苦手な人にとって久しぶりの運転は怖いと思いますし、焦っ...

人生で失敗した時に大学に行かなかったことを後悔する理由を解説

人生においていくつかのターニングポイントがありますが、その中...

貯金が趣味の人はつまらない性格の人が多い理由と楽しむ方法

趣味が貯金だというひともいますが、お金を使うことによっていろ...

ブドウ糖の点滴は、太る?ブドウ糖の成分と注意点について解説

体重制限をしている方や糖分などを気にしている方にとって、ブド...

 - 育児・子育て・出産に関する雑学

ページ
上部へ