気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

保育園を休ませる基準は?風邪の鼻水や咳、発熱具合など

2016.12.8

保育園の子供を通わせていると、風邪を引くこともあります。

熱は何度くらいないなら休ませるべきか? 鼻水や咳だけなら?

どのくらいなら休ませるべきなのか、通園OKなのか悩むママに保育園の休ませる基準についてご説明いたします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

まぶたの「できもの」脂肪のような塊の正体と対処方法

まぶたなどの目の周辺にできた「できもの」というのは仮に痛くなくても、やはり気になるもの。 なぜ...

BCGワクチンって何のため? 翌日から跡が腫れたら要注意

BCGの予防接種は、毎年結核感染者が報告されている日本で暮らし・育つ以上、とても重要なワクチンです。...

お酒を毎日飲む量が多いと危険な理由と休肝日の重要性

お酒好きな人にとって仕事終わりにお酒を飲むことが楽しみな人も多く、つい毎日のお酒の量も多くなってしま...

背中がこったと感じるときの肩甲骨回りセルフケア&マッサージ法

デスクワークの多い方、外回りをするサラリーマンの方、主婦の方・・みなさん日々の生活の中で肩こりを感じ...

子供がロタウイルスに!保育園はいつまで出席停止?ロタ対策

働くママにとって、ロタウイルスのような感染症に子供がかかると、子供の体も心配だけど、出席停止期間がど...

家族がインフルエンザに罹った時、お風呂の順番について

冬に一番寒い時、主に1月〜2月になるとインフルエンザは流行します。 学校や職場、通勤途中、必ず...

真夜中に急な腹痛!下痢を今すぐ止める方法はないの?

真夜中に気持ちよく眠っていたのに、急な腹痛で目が覚める。 キューっと押さえつけられるようなお腹...

血圧の変動が激しい人の4つの原因とその対策

血圧というのは一日の間にも変動があるので、決して一定ではありません。 しかし、その範囲を超えて...

トランサミンとは何か?副作用で動悸などが起きた場合の対処法

トラネキサム酸を主成分とした「トランサミン」は、止血効果や炎症を鎮める効果があります。 しかし、最...

花粉症による鼻づまりはなぜ起きるの?原因と対処法

花粉症の季節になるとつらい鼻づまりに悩まされている人も多いと思います。 なぜ鼻づまりは起きるの...

骨盤が鳴る?体育座りや体を伸ばすと骨盤が鳴る理由

骨盤が鳴る事ありますか?普通はあまりないのですが、突然鳴るようになる人がいます。 それは特に体...

生理前だと何故か風邪をひきやすい?原因と対処方法

生理前だと不快な症状が女性を襲います。 それには風邪に似た症状もあります。 また実際に風...

子供が熱を出した時の点滴は有効?点滴万能神話に迫る

子供が熱を出して、病院で点滴してもらうとなんとなく注射よりも時間がかかりますから、すごく大変な治療を...

その捻挫、病院に行くべき?受診が必要なレベルとそうでない場合

意外と生活の中で身近なケガ、”捻挫”。経験したことのある人は多いのではないでしょうか。それ...

身内の希望なら赤ちゃんを連れて病院にお見舞いに行くべき?

ページの目次1 赤ちゃん連れて病院にお見舞いというのはあり?2 身内が赤ちゃん連れで病院のお見舞いを...

スポンサーリンク

保育園を休ませる基準は?

基本的な基準は保育園の規定で決まっていますよね。

例えば、インフルエンザに感染した時は発症してから5日以上、熱が下がってから3日経過するまでとか、発熱の場合、38度以上は預かれない(=休ませる)など園によって基準が決まっていると思います。

それらは遵守するべきですが、判断に迷うのは、境界線上の症例です。

例えば熱はないけど、鼻水が流れっぱなしとか、咳がひどいとか。昨日の夜は、熱が出たけど朝になると熱が下がっていたとかです。

一つの基準は、子供が辛そうでないかという事です。

特に保育園に通う子の場合、まだ自分の具合の悪さ伝えられない年齢の子もいます。そういう場合は親が判断するしかありません。

発熱については、赤ちゃんから幼児にかけて37度ぐらいが平熱と言われていますから、多くのママは37.5度過ぎると保育園を休ませる基準にしているようです。ただ注意が必要なのは、朝というのは人間の体温が一番低い時間帯なので、登園前にもう一度熱を測りなおす事をオススメします。熱が上がっているようならこれからもっと上がる可能性があります。

熱はなく鼻水や咳だけ、保育園に行ってもOK?

保育園は預かってくれるのですから、本来は通園してもOKのはずです。しかしお母さんの中には、「うちの子に病気を移されたら困るから、登園して欲しくない」と考える人がいるのも事実です。

しかし、そこを気にしていたら、月の半分は休まなくては行けなくなることもあります。
それでは、会社をクビになってしまいますよね。

鼻水や咳が風邪であるとは限りませんし、やはり程度にもよりますが、子供が元気そうであれば登園させてもいいと思います。

もちろん他の子に移さない配慮は大切です。マスクが可能な年齢の子であれば、マスクをつけさせて、くしゃみや咳をするときのマナーを教えるというのはとても大切です。

また子供が病気に感染しないように、手洗いうがいを徹底させるという教育も必要です。

まったく病気をしない子というのはいません。多くの子供が一緒に生活していれば、何らかの病気を移したり、移されたりするものです。

あまり保育園に通園する基準を上げてしまうと、苦しむのは自分自身ということになります。

保育園と幼稚園の風邪を引いた時の登園基準について

時々見かける意見が「鼻水や咳ぐらいで保育園を休ませられない。それを気にするなら幼稚園に通うべき」というのがあります。

しかし、幼稚園の子も別に鼻水や咳ぐらいで休む子はほとんどいません。幼稚園にも子供の健康状態によって預かれない基準は存在していますが、さほど保育園とは変わりません。

むしろ園で過ごす時間が短いので、保育園ほど厳しくない事もあるくらいです。

幼稚園に通っている子供はみな親が付きっきりで看病できそうなイメージを持っているお母さんが多いのですが、決してそうではないのです。

幼稚園に子供を通わせても、パートで働いているお母さんもたくさんいますし、上の子がいたり、下の子がいたりして、一人の子供にずっと付き添っていられないこともあります。

つまり、保育園にしろ幼稚園にしろ、ママが登園をさせる基準には大きな開きはないのです。

最近はその両方の機能を合わせもつ「こども園」という制度も出来ていますので、両者の差がどんどん縮まっていくでしょう。

子供の体調は細かく保育園に伝えるべき

子供の体調というのは大きく変わります。

さっきまで元気に遊んでいたのに、大人しいなあと思ったら熱を出していたなんて事日常茶飯事です。

保育園に子供を預けるママの中には、どうしても仕事を休めないから、多少具合悪くてもそれを伝えると預かってもらえない事を恐れて保育士に、子供の状態を伝えない人がいますが、それは止めた方がいいでしょう。

特に自分の具合を伝えられない赤ちゃんや幼児にとって、大人が注意して様子を見守ってもらうのはとても重要な事です。ちょっとした異変を感じて、対処は早ければ大事に至らない事もあるからです。

例えば、昨日の夜から熱はないけど、食欲がないとか、咳がひどいとか、昨日の晩熱があったけど、今朝には下がったとかでもいいのです。

保育園では外遊びをしたり、公園に行ったり、お昼寝したり、ごはんを食べたり色々と活動をしています。そういった時に、保育士の人が「今日はこの子に○○させない方がいい」「この場合は○○に注意しなきゃ」と配慮をする事ができます。

鼻水は風邪でなく保育園症候群という事も?

保育園にいると鼻水や咳がひどいのに、家にいるとそんな事がなくなるという子がいます。

保育園症候群と言われるもので、園に蔓延しているなんらかのウィルスや菌に体が反応して鼻水や咳が出てしまうというものです。

保育園に行かなければ症状が出ないので、ママとしては苦しいところですが、徐々に症状が落ち着いていくことが多いのでしばらくは保育園に通わせて様子見でもいいと思います。

しかし、症状が激化した場合は、病院への受診が必要なります。例えば、鼻水に色がついている、咳がひどくて安眠できていない、耳を痛がるなどの症状は注意が必要です。

子供というのは、親が心配している以上にか弱い所もあります。なんといっても、まだ体が日々の生活をこなすので精一杯なのです。しかしその反面、大人がフラフラになる熱があっても、平気で外を飛び回ってしまう強さも兼ね備えているのです。

多少の鼻水や咳では、子供は保育園に預けてもいいと思います。ただ子供の様子だけは常に注意してあげてください。

 - 健康に関する雑学