気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

風呂に毎日入らないライフスタイルは不潔?それとも健康?

2016.12.8

風呂に毎日入らないというライフスタイルがあります。

風呂好き、潔癖症気味の日本人にとっては、ちょっと相容れないライフスタイルかもしれませんが、健康にいいという側面もあります。

どうして健康にいいのかについてご説明いたします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ブドウ糖の点滴は、太る?ブドウ糖の成分と注意点について解説

体重制限をしている方や糖分などを気にしている方にとって、ブドウ糖の点滴はどういう印象がありますか? ...

サヨナラ冷え性!リンパマッサージで脚の冷えとむくみ解消

寒さが増す時期は、冷え性に悩まされる女性としては、本当に憂鬱な季節ですね。 体を温めたり、保温...

腎臓に良い食事としてスイカがあげられるけど本当なの?

夏の定番であるスイカ。 このスイカは多くの人が腎臓によい食事として挙げます。 果たしてこ...

排卵日に貧血?めまいや吐き気を感じる原因と対処法

排卵日が近くなると貧血のような症状が出たり吐き気がするなど体調不良になる女性も多いと思います。 ...

高温期の体温が日中も高いのはPMSのせい?それとも…?

多くの女性が頭を悩ませるPMS(月経前症候群)。 言葉こそ有名になってきましたが、その症状はな...

風呂に入らないほどの「うつ病」についての考察

「風呂に入らない」というのは、清潔好きの日本人にとってかなり珍しい精神状態です。 日本人はほぼ...

インフルエンザの高熱後の吐き気 治りかけの時期に注意!

毎年、冬季に流行するインフルエンザ。 高熱や痛みといった症状が収まり、治りかけであるにもかかわ...

正体が判れば怖くない!まぶたのできものが透明な場合

まぶたにできものが出来ると誰だって不安です。 失明するのでは?病院で手術と言われたら、痛くな...

うつ病かも?でも病院に行きたくない人への受診のススメ

最近気分が落ち込む、よく眠れない、何をするにも億劫。 典型的なうつ病の症状ですが、それでも病院...

身内の希望なら赤ちゃんを連れて病院にお見舞いに行くべき?

ページの目次1 赤ちゃん連れて病院にお見舞いというのはあり?2 身内が赤ちゃん連れで病院のお見舞いを...

「プラノバール」を服用した際に、吐き気がひどい時の対処方法

不妊治療や緊急避妊にも使われる「プラノバール」という薬ですが、人によっては吐き気がひどいような副作用...

風邪をひく原因は寒さなの?意外な予防法教えます!

寒い格好してたら風邪ひくでしょ!なんて子供の頃にはよくおばあちゃんに言われました。 寒空の下で...

朝のコーヒーを飲む習慣が太る原因を作ってしまう原因と対策

毎朝コーヒーを欠かさず飲む人にとっては、コーヒーのカフェインによって癒されることができますが、飲み方...

夢と現実が混ざる?実は意外な精神病の可能性が!

夢を見ているのに、現実感がある、夢と現実の区別がつかずにその両方が混ざる事はあります。 江戸川...

妊婦の長引く咳には要注意! もしかしてそれは気管支炎かも

妊婦はその体質から、非妊娠時よりもずっと、様々な病気に罹りやすい状態になっています。 そうした...

スポンサーリンク

日本人にとって毎日風呂に入らないのは非常識?

実際に「毎日」入る事が常識のようです。

入浴の意識調査によると、毎日入る人は全体の77%に当たるそうです。ただしこのアンケート調査、風呂に入るの定義はあいまいで答える人によって、捉え方が違っています。

つまり、「湯船に入る」をお風呂に入ると捉える人もいれば、シャワーを含んで回答している人もいるようです。またシャワーだけの人もいます。

ここではシャワーだけを含めて話を進めていきたいと思います。

2日に一度入るという人は、全体の9%近くいるのですが、その回答の中には「シャワー」を含んでいない人もいます。また季節限定で冬だけ2日に一度という人もいるようなので、実際は本当に2日に一度しか入らない人の数はもっと少ないようです。

そして、朝晩にシャワーもしくはお風呂という人が、7%いますので、もうそうすると9割近くは毎日1回以上お風呂に入っていることになります。

日本人はキレイ好き、お風呂好きな人種ではありますが、これは中々すごい割合ではないでしょうか?

風呂に毎日入るライフスタイルはいつから?

日本の自宅でお風呂に入れるようになってからでしょう。

まだ家風呂がなく、銭湯に通っている家庭が多い時代では、毎日お風呂入っている方が少数派でした。

しかし、家でお風呂に入れるようになり、昔はガスを捻って時間を見ながらお風呂を沸かしていましたが、今はボタン一つでお風呂が沸くようになり、時間を気にしていなくても、勝手に適温で止めてくれます。

こんな便利になったのであれば、お風呂に入るのも簡単ですよね。逆にお風呂に入る人が多いから、こんなに便利になったのかもしれません。

どちらにしろ日本人は、お風呂に入りやすい環境で暮らしている人が多いので、毎日お風呂に入る習慣が出来たのかもしれません。

そして日本人の潔癖症ともいえる感覚がそれに拍車をかけているようです。

1時間テレビを見ていると、「匂い」と「殺菌」を何度も聞くことになります。殺菌でなくても除菌でも抗菌でもいいのですが、その言葉を使った製品が山のようにあるのが問題です。日本人は菌と匂いにひどく神経質になっています。

風呂に毎日入らない方が健康になる?

風呂に毎日入ることによって、体に必要な菌も流してしまうため、逆に健康によくないという説もあります。

例えば洗顔について。今はゴシゴシ洗わずに優しく泡を顔につけて洗う方法が主流になっています。これも洗いすぎると肌を保護する皮脂を洗い流してしまうからです。

それと同様に体も必要な菌や皮脂があり、これは一定量体にないと、逆に体のバリア機能を損なってしまうのですが、洗顔に気を遣っている女子も、体を洗う時はそんなことをきにせずにガンガン洗っているのではないでしょうか?

実際体を擦らなくても、お風呂に入るだけでこれらは90%洗い流しているわけです。シャワーでだけでも80%は流されてしまう訳なのです。

では実際体に石鹸を付けて洗うと95%は流されてしまう訳なので、これでは少々体を守るには心もとない数しか残らなくなってしまいます。

これは洗髪にも同じことが言えて、髪を洗いすぎることが髪を痛める原因になっていると言われています。

お風呂に入ると疲れる?

お風呂に入ると「疲れがとれる」「リラックス効果がある」と一般的に考えられています。

しかし体調が悪い時にお風呂に入ると、すっきり感がなく、逆にぐったりした経験ありませんか?

意外な事ですが、お風呂に入ると結構体力を消耗するのです。

そもそも人の皮膚というのは、周りが温かいと緩みます。毛穴が開くという状態です。お風呂から上がると毛穴が開いた状態ですから、体の熱がなくなります。つまり体が冷えるわけです。

お風呂から出たら、体を冷やさないようにと親から言われましたよね。湯冷めしやすい状態になります。

さて体から熱が奪われたら、今度は体が熱を作らなければいけない訳です。熱を作り出す分だけ体が働くことになりますので、結果お風呂に入る前よりも、体は疲れるというのです。

普段元気な時であれば、さほどの事はないのですが、体力が落ちている時は結構堪えます。

お風呂に入るのは体力的に問題のない時にした方がいいでしょう。でないと逆効果になります。

風呂に毎日入らないライフスタイルの確立

日本人にとってはなんとなく抵抗がありますよね。

髪にフケが出る、体臭が気になる、落ち着かないなど感じるでしょう。

でも逆に「毎日お風呂に入らないと不潔」という価値観に今の日本人は縛られすぎているのではないでしょうか?

前述しましたが、現代の日本人はやや潔癖症の嫌いがあります。TVのCMの何割かは除菌系のグッズで、トイレもお風呂もリビングも匂いを消したり、別の匂いで上書きするようなものが巷に溢れています。

何故こんなにも匂いや体臭に神経質になっているのでしょうか?

確かに夏の暑い日や、汗をたくさんかいたら、お風呂に入らないと気持ち悪いし、匂いもきになるかもしれません。しかし、例えばあまり汗をかかない季節の冬であれば、本当に毎日入る必要はあるのでしょうか?

温泉地で、朝お風呂に入って救急車に運ばれる人が多いと聞きます。お風呂に入る事はいろんなプラスの効果がありますが、それだけではない事を私たちはもっと知るべきです。

 - 健康に関する雑学