気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

風邪で発熱、38度を超えたら?会社を休まずに出来る自分ケア

2016.12.8

風邪で発熱して38度になったら、できれば会社を休みたい、いや休むべきですが、状況がそれを許さないということもあります。

悲しい社会人としては、なんとか熱を下げて、会社に出社したいですよね。

自分でできるケアについてご説明いたします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

小さな会社に就職!事務員を一人でやる時のメリットとデメリット

小さな会社に事務員として就職した時に、自分一人だけで仕事をすることもあります。 事務員の仕事は...

職場で空気扱いされてしまう人の特徴をつかんで意識を良い方に変えていきましょう。

職場には多くのタイプの方でいらっしゃいますがその中には非常に優秀で周囲から尊敬を集めて仕事ぶりを高く...

統合失調症で仕事を辞めたいと考えた時に…

統合失調症で仕事を続けるのがつらい、辞めたいと考えた時、まずすぐに決断するのは辞めましょう。 ...

育休を取ったけど、仕事復帰しないで退職。問題ない?

待望の赤ちゃん。 でも、今まで仕事も頑張ってきたから、妊娠者出産が理由で会社を辞めたくない。 ...

会社にかかってくる迷惑な電話の、対応の仕方と撃退法

会社には仕事の電話が、毎日沢山かかって来ます。 そんな中でどうしても取りたくないのが、セールス...

熱でも仕事を休めない社会人の哀しい性。何度で休むべき?

熱が出た、やった〜仕事を休めるなんて事は大人になったらほとんどありません。 多くの場合、熱が出...

転職で最終面接後に連絡が来ない場合ってこんなとき

転職のための最終面接も終わって一安心。 しかし待てど暮らせど連絡が来ない。 いわゆる生殺...

仕事でクビを覚悟するような大失敗の対処方法

どんなに真面目に仕事をしていても、仕事に失敗はつきものです。 取り返しのつく失敗ならば、ひたす...

バイトを友達と一緒にしたい!でも採用されないって本当?

初めてバイトをするのであれば、友達と一緒が心強いですよね。 でも、友達が一緒だとバイトに採用さ...

バイトの面接結果が不採用だと電話連絡がない場合も

バイトの面接を受けたけれど、いつまでたっても連絡がないと、不採用かと心配になりますね。 電話で...

《会社ではナシ?》風邪をひいたらマスクを着用すべきか

冬になると大流行するインフルエンザやノロウイルス。この時期は風邪もひきやすくなり、道行く人はみんなマ...

人生の失敗談や目標を聞かれたら… ESの効果的な書き方とは!

ES(エントリーシート)の設問によく挙がるのが「人生の失敗談」や「今後の目標」といったものです。しか...

バイト先でミスを連発しているあなた ミスは減らせます

誰でもミスをしたくてやっているわけではありません。 しかし、ミスをなくそうという気が先走ると結...

横領してしまった! 全額返済で罪を免れられる?!

経理担当者が会社のお金に手をだした。 そういう報道を目にすることがあります。 横領額が少...

うつ病で仕事ができない!クビにならないための対処法

なんとなく身体がだるく、仕事に身がはいらない。そんな日々が続きどこか悪いのかと病院に行ってみれば、「...

スポンサーリンク

風邪をひいて38度の発熱、会社を休むべき?

本来なら休むべきでしょう。

あるアンケート調査で何度になったら会社を休む?という質問に対して多くの人が「38度」と答えていました。

37度ぐらいならばなんとか乗り切れるけど、この体温になると、会社へ行くだけで精一杯です。さてこんな体調でクレーム電話や上司に叱責、ミーティングなんて乗り切れるでしょうか?

難しいと思います。どうしても正常な判断力もなくなっているし、頭もうまく回らないはずです。そして会社にいる少なからずの同僚や上司も「その熱で会社に来られてもなあ〜」と考えている人が大半を占めます。むしろうつされたら迷惑と感じている人も少なからずいます。

でも38度になってもまだ頑張って会社に行こうとする人がいます。

はっきり言ってこれは自己満足の範囲でしかありません。

いや、会社を休むと上司から嫌味を言われる、同僚からの視線が冷たい、なかなか病気でも休みにくいという状況があるでしょう。しかし、来ても迷惑と思われるのであれば休んで早く治したほうがずっとましです。

38度の発熱、その熱風邪?インフルエンザ?

注意が必要なのは自分が風邪を引いているのか、インフルエンザに感染しているのかという事です。もしインフルエンザであれば、下手に会社に持ち込めばあっという間に感染は広まります。

社内というのは思った以上感染に関して無防備です。幼稚園や小学校では当たり前の手洗いうがいなんてしている人はごく少数。社内はセキュリティのために常に閉じられた空間で換気は滅多にされません。その上、中で働いている人はストレスと疲労で免疫が落ちている人ばかりですから、こんなところにインフルエンザが蔓延すればあっという間に、部内が壊滅という事もあり得るのです。

そのためには、まず自分の発熱がなんに由来しているものかを確認する必要があります。

しかし症状はよく似ていますが、インフルエンザのほうが悪化する速度が速いです。つまり急激に熱が出たという場合はインフルエンザの可能性があります。

自己判断は危険なため、最終的には病院で検査してもうらう必要があります。

38度の発熱時のセルフケア

まずはお風呂に入るのを中止してください。日本人は1日入らないだけで、なんとなく気持ち悪くて仕方ないと考えてしまいます。その上、体を温めてから寝れば風邪治るかななんて気持ちで入ってはダメです。

お風呂は元気な時なら問題はないのですが、体調の悪い時に入れば、逆効果になります。そもそもお風呂に入ると、体が温めるために皮膚が開いて、体の熱を放出します。お風呂に出て湯冷めをしやすくなるのhこの所為です。また熱を放出するというのは思った以上に体力を使います。熱がある時、具合が悪い時はお風呂をあきらめましょう。

食欲はないと思いますが、何かおなかに入れた方がいいのは事実です。中には具合が悪いとがっつりしたものを食べたいと思う人もいますが、消化が良く体が温まるものにして、油ものは避けてください。

そして睡眠です。睡眠は何よりも弱った体への特効薬です。明日に回せる事はすべて明日に回して、布団に入りましょう。枕元に水分を用意するのを忘れずに。喉がとても乾くと思います。

風邪の発熱、薬は飲むべき?

薬を好きな人と嫌いな人の二種類いるように思われます。

薬が好きな人は、ちょっとした事でも薬を飲みます。風邪気味だな、ちょっと具合が悪いなと思ったら、薬を飲みます。

逆に薬嫌いな人は、本当にギリギリにならないと飲みません。寝込む寸前や、ダウンしてからやっと薬を飲むわけです。

前者は薬の耐性が出来るのでは?という疑いがあり、後者の場合は、市販の薬では対応できない症状になってしまう事もあり得ます。

出来ればベストなタイミングで服用したいものです。

さて解熱効果のある薬の場合はタイミングが大切です。なぜなら熱が上がりきった状態で服用しないと効果がないからです。そのために解熱効果のある薬は、熱の出始めでなく、熱が上がりきったタイミングで服用する必要があります。

また熱が上がるというのは、基本体が必要だからあげているのであり、体が不必要になるまでは出し切ってしまったほうがいいという説もあります。解熱剤は効果がありますが、薬が切れるとまた熱が出ることがあります。

風邪の予防に試そう

風邪を引いてこんなに苦労するくらいなら、風邪予防に努めた方がいいですよね。

やはり基本は「手洗い」「うがい」です。幼稚園でも小学校でも嫌になるくらい言われたはずですが、やはりそれなりに効果があるのです。

さっきしたから今はいいやという考えはだめです。近くのコンビニに少し買い物をしただけでも、たとえ5分の外出でも帰ってきたら「手洗い」「うがい」をわすれないようにしましょう。

そして睡眠は大切です。きちんとした睡眠をとるだけでも、体の免疫力が違うそうです。

意外なことに厚着は体温調節を低下させて、抵抗力を弱めてしまうそうです。薄着をしたから風邪を引いたなんてこともありますが、薄着を習慣化することで体温調節機能がきちんと働くようになるという説もあります。また夜寝るときには薄着のパジャマがオススメです。

そして部屋の温度と湿度を適温にすることが大切です。乾燥しすぎると鼻やのどの粘膜が乾いてしまってウィルスが感染しやすくなります。特にエアコンをかけているところは加湿に気を遣う必要があります。

 - 仕事に関する雑学