気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

赤ちゃんの体温が37.8の場合、病院受診する前に様子をみよう

2016.12.8

赤ちゃんの体温が37.8になると、ママとしては病院に受診したほうがいいか悩むところです。

赤ちゃんはまだまだ苦しさも表現できないし、もしものことがあったら大変!と考えてしまいますよね。

いくつか受診のポイントをご説明いたします。その上で病院へ受診しましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

風邪をひく原因は寒さなの?意外な予防法教えます!

寒い格好してたら風邪ひくでしょ!なんて子供の頃にはよくおばあちゃんに言われました。 寒空の下で...

MRIと他の検査との違いと検査結果が出るまでの日数

病院で検査を受ける事になった方はもちろん、そんな経験がない方でもMRIやCTといった言葉は一度は聴い...

耳が痛い!外側が痛い原因は?何の病気?対処法教えます

耳の外側に痛みがあるのは、心配で不安になりますよね。 耳と言えば、内側であれば中耳炎や内耳炎な...

妊婦の受動喫煙は大問題!どうすればおなかの子供を守れるか

妊婦になると、禁酒禁煙が常識です。 しかし、いくら自分がたばこを吸わなくても、受動喫煙は妊婦へ...

妊婦の長引く咳には要注意! もしかしてそれは気管支炎かも

妊婦はその体質から、非妊娠時よりもずっと、様々な病気に罹りやすい状態になっています。 そうした...

子供の咳が1ヶ月も続く。病院受診のタイミングと目安

子供の咳が1ヶ月も続く、治る様子がないとなると、たかが咳とはいえ、されど咳。 親としても心配し...

摂っては駄目? 血液検査前の食事や水分摂取の注意点とは

体内に何か異変が起きていないかを診断するために、重要視されている血液検査。 正確な検査結果を得...

鎖骨のリンパを押すと痛いのは何故?そんな疑問を解決します

鎖骨はリンパマッサージでも、心臓へと至る最終ポイントのために重要な箇所です。 ここを押すと痛い...

身内の希望なら赤ちゃんを連れて病院にお見舞いに行くべき?

ページの目次1 赤ちゃん連れて病院にお見舞いというのはあり?2 身内が赤ちゃん連れで病院のお見舞いを...

お酒を毎日飲む量が多いと危険な理由と休肝日の重要性

お酒好きな人にとって仕事終わりにお酒を飲むことが楽しみな人も多く、つい毎日のお酒の量も多くなってしま...

排卵日に貧血?めまいや吐き気を感じる原因と対処法

排卵日が近くなると貧血のような症状が出たり吐き気がするなど体調不良になる女性も多いと思います。 ...

腎臓に良い食事としてスイカがあげられるけど本当なの?

夏の定番であるスイカ。 このスイカは多くの人が腎臓によい食事として挙げます。 果たしてこ...

妊婦の悩みを解決!妊婦オススメの献立の立て方

妊婦でなくても、献立を考えるのが家事の中でも一番辛い、大変なんていう人もいます。 でも献立を難...

アスペルガー症候群という診断がなくなるという理由と影響

アスペルガー症候群はご存知ですか? 発達障害のひとつにカテゴリされていますが、今後この診断はな...

ピルの副作用で起きる頭痛 もしかしたら危険信号かも!

避妊薬として、また女性特有の病気の治療薬として、低用量ピルは女性の強い味方です。 しかし、その...

スポンサーリンク

赤ちゃんの体温が37.8度というのは病気?

赤ちゃんの多くは平熱が37度ぐらいはあります。そのため一般的には37.5度を超えると「熱がある」と言われます。大人より基本体温高めなので、37.8度くらいでも、微熱程度と考えていいでしょう。

多少熱があっても、食欲があって、ご機嫌がよければ家で様子を見てもいいでしょう。

この機嫌というのは、結構大切なポイントです。というのも、赤ちゃんは自分の不具合を口で説明できませんが、それでも体のどこかに異変があれば、気持ちが悪いので機嫌が悪くなります。泣き止まない、ぐずぐずしている、あやしても笑わないなんて時はもしかしたら機嫌が悪いのかもしれません。

そして便がかなり雄弁です。赤ちゃんが普通でも便の状態が異常ならばすぐ病院へ行きましょう。下痢が続く、血が混じるようならばやはり体のどこかに問題がある可能性があります。

顔色も重要なポイントです。
泣けば顔が赤くなりますし、熱が出ても少し顔が赤くなるのですが、顔色が悪かったり、血の気がないようならやはり病院へ受診したほうがいいでしょう。

37.8度の体温で赤ちゃんを病院に連れて行くのは変?

「モンペ」が騒がれた所為か、今のママたちは必要以上に他の人の目を気にしてしまいます。あまり病院へ連れてって、病気?と騒ぐと「面倒な親だな」「過保護な親だな」と思われそうで嫌だと心配してしまうママもいます。

しかし、自分の子供が病気と心配するのはママとして当たり前の行為。また初めての子であれば、わからないことが多いので不安になるのは当然ですよね。

病院に連れて行ってももちろんいいのです。それでもしかしたら、大変な病気かもしれないし、そうでないと判ればママも安心できますから。

病院の待合室には病気の子供がたくさんいる訳です。という事は、熱で弱っている赤ちゃんは、待合室で他の病気をもらってしまうなんてことはよくある事なのです。もちろん自分の子供も病気なので、これはお互い様といえばお互い様なのです。

ママの中には夫婦で受診して、順番までママもしくはパパが待合室で待っていて、赤ちゃんは車の中でもう一人が一緒に待機という方法をとるくらいです。

赤ちゃんのこういう症状には病院へ受診しよう

小児科の先生に言わせると赤ちゃんで深刻なのは発熱よりも、嘔吐だそうです。赤ちゃんは熱が出やすく、簡単に39度を超えてしまうので、ママたちは慌てて連れてくるのですが、嘔吐は結構様子を見てしまうことが多いようです。

しかし、水分が取れないと赤ちゃんはあっという間に脱水状態になってしまうので、嘔吐がみられるようならすぐに病院へ受診した方がいいでしょう。

また赤ちゃんは簡単に熱が出るといいましたが、生後4か月ぐらいまでなら38度の熱が出たら病院へ受診した方がいいと言われています。

他にも、顔色が悪くなったり、唇が紫色になったりというのも受診の合図と考えてください。赤ちゃんで見極めるのが難しいかもしれませんが、起こしても起きない、ぐったりしているというのは意識がない状態かもしれません。また、咳がひどかったり、胸がペコペコへこむような症状がみられる場合は、呼吸がうまくできていないこともあるので病院へ行きましょう。

赤ちゃんの体温と平熱

自分の赤ちゃんの体温は知っていますか?

普段あまり計ったことがなく、なんとなく具合が悪そうだと思って測ってみたなんてケース多くありませんか?それで37.8度だとびっくりしてしますよね。

前述したように赤ちゃんの平均は37度ぐらいあります。ただこれはあくまでも平均ですから、自分の子供の平熱を普段からきちんとしっておきましょう。

人間の体温というのは、朝が一番低くて、夕方が一番高くなります。そのため、一番ベストな平熱の測り方としては、子供が元気な時に、朝、昼、夕方、夜に1回測ります。これをどこかにメモしておきましょう。

そして今度熱が出た時に、どの時間帯に測ったのかと比べて平熱との差を比べます。

また親というのはついつい子供に厚着をさせがちです。そのために体温が上がってしまうこともあるのです。

室内での赤ちゃんの服は大人のマイナス1がちょうどいいくらいともいわれています。まだよく服の着せ方がわからないという人は、赤ちゃんの背中に手を入れてみましょう。汗をかいていたら着せすぎです。

赤ちゃんの熱がある時のケア

まだ寝がえりを打てない赤ちゃんには冷えピタシートをおでこに張らないほうがいいでしょう。というのも、万が一冷えピタシートがずれて、鼻や口をふさいだとしたら、自分で外すことができないからです。

冷やす場合は、わきの下や首の付け根、足の付け根などです。なかなか冷やしにくい場所ですが、保冷剤をガーゼでくるんでわきの下に挟ませたり、首の下においてあげましょう。

水枕やアイスノンも首の付け根を冷やすのであれば効果があるのですが、頭を冷やしたり、冷えピタシートをおでこにはっても熱は下がりません。ただ気持ちいいとは思うので嫌がらない場合はやってあげてもいいでしょう。

食事は食べられないようなら、無理することはありません。基本ミルクを含めて水分がきちんととれていれば問題ありません。

前述したように、発熱だけであれば、さほど問題ではありません。赤ちゃんは熱が出やすく急激に上がります。でも夜間に急激に赤ちゃんの熱が高くなると心配なります。どうしても自分で病院に連れて行くべきか判断できないという人は、「小児救急でんわ相談」に電話してみましょう。小児科の医師や看護師が症状を聞いて、すぐに病院に受診すべきか、それとも朝まで様子を見るべきか相談に乗ってくれます。

 - 健康に関する雑学