気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

《緊急事態》腹痛と下痢で辛い時、みんな仕事はどうしているのか

2016.12.1

よし、これから仕事!という時に限って急な腹痛に襲われる・・・そんな経験ありませんか?

ただの腹痛でさえ結構堪えるのに、下痢になってしまったらなおさら辛いですよね。

だからといっていちいち「腹痛で仕事休みます」なんて言っていたら、そのうちにクビになってしまいそうです。

出勤してもずっとトイレに籠りっぱなしは恥ずかしいし避けたい、けれどこんな状況で一体なにができるのでしょうか。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

結婚報告を上司にして退職する際に気を付けるべき事

結婚して仕事を辞めようと考えているのであれば、上司に結婚報告と退職の意思を伝えなくてはいけません。 ...

腰痛で仕事を辞める前に考えるべき3つの問題

腰痛というのは厄介です。 なにせ体を動かすときには必ず使う部位ですから、腰痛がひどくなると日常...

社内でパワハラ発生!人事部長の対応マニュアルから学ぼう!

社内でパワハラが発生した時。どのように対処をしたら良いのか、頭を抱えてしまう経営者や人事部長、総務の...

もう耐えれない!同僚からのパワハラ…仕返しする際に重要な6つの行動とは?

パワハラと言うと上司から受けるものと言う印象が大きいですが、同僚から受ける場合もあります。 パワハ...

《会社ではナシ?》風邪をひいたらマスクを着用すべきか

冬になると大流行するインフルエンザやノロウイルス。この時期は風邪もひきやすくなり、道行く人はみんなマ...

ADHDの人が仕事に就くとしたら?32歳という年齢での挑戦

今やADHD(注意欠陥・多動性障害)という言葉は周知されてきました。 詳しく知らなくても、なん...

保険の外交員の仕事内容 意外と知られていない内容とは

自宅や職場で保険外交員の勧誘を受けた人も多いでしょう。 でも、彼女たちの説明を聞いても保険は「...

バイトを友達と一緒にしたい!でも採用されないって本当?

初めてバイトをするのであれば、友達と一緒が心強いですよね。 でも、友達が一緒だとバイトに採用さ...

育休を取ったけど、仕事復帰しないで退職。問題ない?

待望の赤ちゃん。 でも、今まで仕事も頑張ってきたから、妊娠者出産が理由で会社を辞めたくない。 ...

小さな会社に就職!事務員を一人でやる時のメリットとデメリット

小さな会社に事務員として就職した時に、自分一人だけで仕事をすることもあります。 事務員の仕事は...

利益を計算するためには原価計算をお忘れなく!

商売の基本は利益です。 これがなければ企業は存続することはできません。 そのため多くの企...

就活学生必見! ESのアルバイト期間の書き方 高得点をGETしよう

ESにはアルバイトの期間などを記入する欄があります。さてこれに単純に事実をかくだけでも良いのですが、...

パートとして就職する際には健康診断書が必要になります

意外と知られていないことですが、パートとして就職する際には正社員として就職する場合と同じく健康診断書...

働いている女性のみなさん、今の仕事って楽しいですか??

医者、看護師、保育士、美容師、教師、弁護士、事務員、デザイナーなど、世界中には、さまざまな仕事があり...

《賛成?反対?》ホテルのフロントで一人勤務

世界の先進国の中でも、特に治安の良い国というイメージの強い日本。 これはとても喜ばしいことでは...

スポンサーリンク

腹痛と下痢の原因は仕事にある?

ごく稀に起きてしまう腹痛であれば、たまたま体調が悪くなってしまったのかとも思えます。

しかしいつも決まったタイミングや同じような状況で起こるのであれば、その原因となっている何かがあると考えられます。

腹痛や下痢は特別珍しい症状ではありませんが、それだけ簡単に起こりやすいことでもあるということです。

体質的に合わない食べ物がある

人によって様々ですが、例えば牛乳を飲むとお腹が痛くなるという人は結構多いのではないでしょうか。

全くダメなわけでなくとも、ガムなんかも大量に摂取すると腹痛や下痢を引き起こす原因になったりします。

最近お腹の調子がいまいち・・・という日が続いているのであれば、ここ最近の食生活を少し振り返ってみてください。

意外なものでも、もしかしたら自分の身体に合っていないのかもしれません。

よく食べるようになったものを抜いてみたり、これかな?と怪しいものをやめて調整してみましょう。

仕事がストレスになっている

ストレスを感じない仕事なんかない!

そう言われればそうかもしれませんが、ちょっとのストレスでも簡単に身体を不調にさせます。

大事な会議の日、慣れない出張の日、失敗できない商談の日、仕事には大小問わず様々なストレスが付き物ですよね。

自分ではあまり意識していなかったとしても、その腹痛の原因は仕事にあるのかもしれません。

たとえ仕事でも腹痛と下痢は立派な体調不良

しかし起こりやすいからといって侮ってはいけません。身体に出る症状とは、身体のSOSを知らせるためのものです。

あまりにも続くようであれば、ただの腹痛と思わず病院を受診しましょう。

なんてことないと思っていたら実は怖い病気だった、というケースも他人事ではありませんよ。

食中毒

食べ物や飲み物を介し、腸がウイルスや細菌に感染することで嘔吐や腹痛、下痢などの症状が出ます。

脱水症状にならないよう気をつけながら、すぐに医療機関へ。

アレルギー性胃腸炎

アレルギーのある食材を口にすることで腸がショック状態に陥ります。

腹痛や下痢以外に、蕁麻疹や血圧の低下が主な症状です。

慢性腸炎

消化器官の異常や排泄機能の不調など、いくつかの要員が重なって発症する病気です。

治療法としては、基本的に食生活の改善をしていくことになります。

急性腸炎

期限の切れたものを食べたり、消化に悪いものを一度に多く摂取したりすることで発症します。

自然とすぐに治る軽度のものから、高熱と激しい腹痛を伴う重度の場合もあります。

過敏性腸症候群

仕事が忙しい・日頃から強いストレスを感じている、という方はこれが当てはまるかもしれません。

20代から30代の働き盛りな世代に多いと言われており、その原因はまだ不明確なままです。

あらゆる検査を行っても異常は見当たらずに健康体そのもの。しかし激しい腹痛と下痢の症状が治らない、または悪化していくというのが特徴です。

市販の下痢止めや腹痛薬に頼りがちですが、きちんと病院での診察をおすすめします。

それでも仕事は優先、腹痛と下痢の応急処置

病院が一番なのはわかってるけど、とりあえず今起きている症状をなんとかしたい!

そんな場合は次のようことを試してみてください。

横になり楽な体勢でいる

まず締め付けているベルトや衣類などを脱いで横になります。

そしてゆっくりと深呼吸をしながら気持ちを落ち着けるように努めます。

ストレスからの腹痛の場合では、リラックスして心身ともに落ち着いた状態にすることが大切です。

腹部を温める

温かいペットボトルやカイロなど、痛みを感じる場所に当てて安静にしてみてください。

少し前傾姿勢になり、お腹をまるめる姿勢をしながら行うと徐々に痛みが緩和される効果が期待できます。

ただし発熱を伴う痛みには逆効果なので注意が必要です。

断食をする

下痢が止まらない場合は脱水症状に注意が必要です。

なんらかの刺激が原因で下痢になっているという可能性もあるので、食べ物は食べずに水分だけをこまめに取り様子をみましょう。

落ち着いてきたときの回復食はおかゆなどの消化に良いものがマストです。

自己判断と実際の原因が違うこともあるので、すぐに薬を飲まず少し様子をみることも大事なことです。間違った治療法はさらなる悪化を招く原因にもなります。

ただの腹痛でも命に関わるような病気である可能性だってゼロではありません。

ひとまず上記の方法を試してみて、それから時間ができたらすぐに病院へ行きましょう。

腹痛になりくくする方法はあるの?

よく腹痛に苦しめられる人もいれば、滅多にならない人もいますよね。できることなら誰だって辛い思いはしたくありませんが、この差は一体どこからきているのでしょうか。

例えば生まれつきの体質もありますし、アレルギーなどが関係している場合もあります。しかし近年急増しているのがストレスによるものなのです。

ストレスからの腹痛は慢性的に発症しやすく、わたしたちの身近に潜んでいる病気といえます。

しかしストレスが原因となると、他の病気とは違い決め手となる薬がありません。そうなるとストレスを溜め込まないようにすることが一番の予防策となってきます。

なんでも話せる相手を見つける

ちょっとした不満が大きくなって爆発してしまうと、なかなか元に戻るまで時間がかかります。

日常の些細なことでも人に話すことによってかなりのストレス発散効果があるのです。

仕事仲間や友達、家族やペット相手でも、声に出して自分の気持ちを話す機会を大切にしてみてください。

正しい生活リズムを意識する

睡眠や食事は生きていく上でとても大切なことです。睡眠不足や乱れた食事は身体の健康を損なうだけでなく、精神的にも負担がかかります。

ただでさえ仕事でストレスを感じているのにこれでは負の連鎖になってしまいますよね。

今まであまり意識してこなかったことでも、毎日できるだけ同じ時間に就寝・起床をして、バランスの良い食事を心がけてみてください。

すべての非が自分にあると考えない

日本人は昔からあまり転職をせず、一つの会社に長く勤めようとする傾向があります。

責任を持って何十年もやり遂げるのは素晴らしいことです。しかし今の仕事を辞めることや転職することが、決して逃げではないことを頭の片隅に置いておいてください。

近頃では過労によるうつ病の発症や自殺が珍しくはありません。

20代の若者からベテラン層まで、その人にしかわからない悩みを誰しも持っています。

それをまったく無くすことは難しくても、できるだけ自分が自分らしく働ける職場を探すのも悪いことではありません。

仕事は辛くて当たり前、とも言いますが楽しい仕事だって世の中たくさんあります。

いちいち体調不良で休んでいたら会社や同僚に迷惑がかかってしまう・・・そう考えて辛い時も無理をしてきたりしませんでしたか?

仕事が終業時間までに終わらないのは自分の能力不足、休日を削ってまで働くのは当然・・・本当にそれが正しい選択だと思いますか?

これではまったく負の連鎖です。

体調不良が治らないまま無理をすれば余計悪化し、長期間休まざるをえなくなればますます肩身の狭い思いをすることになりますよね。

せっかくの休日がしっかり休めなければ、いつ休む時がくるのでしょうか。

すべての原因を自分のせいと考えず、今の生活を少し離れたところから見つめ直してみてはいかがでしょうか。

この記事のまとめ

  • 考えられる原因を整理してみる。
  • すぐに薬には頼らない。
  • ただの腹痛でも油断は禁物。
  • ストレス性の場合は環境を変えてみる。

腹痛や下痢は誰でも必ず経験あることだと思いますが、身体のSOSだと考えると油断は禁物です。

食事やウイルス、ストレスなど様々な原因で起こりうることですが、現代人の精神面からくるものは治療も完治も難しく、悪化する前に正しい知識を持って自ら改善に向けて行動していくことが重要だと感じました。

 - 仕事に関する雑学