気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

産後のママ必見!意外に美味しい産院での入院中の食事事情

2016.11.16

産後のママは子供のため、自分のためにきちんと栄養を付ける必要があります。

でも気になるのが入院中の食事事情。

いわゆる病院食だったら、食べる気しないよね〜、なんて考えているママ安心あれ!

最近の産院の食事事情についてご説系いたします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

お寺に子供を預ける親の心理について

お寺で生活すると「修行」して、人間的に成長できるというイメージがあります。 そのため最近は、手...

新生児と添い寝はベッド?布団?添い寝の時期や注意点

新生児と添い寝をするとなると、時期はいつからいいのか? 寝具はベッドがいいのか布団がいいのか?...

子供の友達が毎日ウチにだけ遊びに来る時の心得と対処の仕方

幼稚園や学校帰りに毎日子供の友達が遊びに来て賑やか。子供もとっても楽しそう。幸せを絵に描いたような構...

誕生日には子供が大好きなご飯でお祝いをしてあげよう!

大人になるとそうでもないのですが、子供のころに迎える誕生日は1年に1度しかない大イベントです。 ...

赤ちゃんのハイハイはいつから?目安は生後6か月

赤ちゃんと言えば、毎日毎日目に見える形で成長していきます。 赤ちゃんにとっても、ママにとっても...

子供と夫婦がベッドで寝ているが、二人目はどうするべき?

寝室というのは、家族の構成やライフサイクルによって大きく変わっていきます。 始めての子供場合は...

乳幼児はお風呂に毎日入れるべき?そのメリットは?

乳幼児はお風呂に毎日入れた方がいいと病院で指導されたお母さんは多いと思います。 ご機嫌で入って...

子供の泣き声がよく聞こえるのは虐待?通報すべきか否か

子供の泣き声が毎日聞こえる。お母さんの怒鳴り声も聞こえる。もしかしたら虐待かもしれない。大事にならな...

自閉症の子供を持つ親のストレスを軽減させる方法

自閉症の子供を持つ親は子育てで、通常よりも過剰なストレスを抱える事になります。 ついつい子供を...

3ヶ月までの体重増加量 赤ちゃんは順調に成育してますか?

育児中のママさんが気にするのは、やはり母乳を飲む回数と飲む量でしょう。 我が子が順調に成育して...

保育園と幼稚園 学力の違いについて

保育園に行くべきか、幼稚園に行くべきか、一定年齢に子供の親はどちらに行かせるべきか悩みます。 ...

発達障害の子供が幼稚園で迷惑か心配。どうすればいい?

自分の子供が発達障害だとしたら、心配事が一杯です。 幼稚園で先生に迷惑をかけていない?お友達に...

産後に上の子が保育園を退園?継続して保育園に通う方法

今まで上の子が通っていたのに、下の子を出産して会社を退職したら、産後には上の子が保育園の退園を迫られ...

子供の泣き声に隣近所からの苦情が!慌てずに対応しましょう

子供の泣き声は不思議と通ります。 住んでいる場所によっては、隣近所からの苦情が入る事もあります...

発達障害の子供が幼稚園に行くのを嫌がる時はどうすれば?

発達障害の子供が幼稚園に行くのを嫌がるのを連れて行くのは大変ですね。 毎日の事なのでお母さんは...

スポンサーリンク

産後のママには栄養が必要

産後のママというのは、ものすごく消耗していますから、栄養補給が急務です。しかし、母とはいえ、女でもありますから、体形戻しも気になりますよね。

子供を産めば痩せると考えている人、残念ながら大外れです。

多くのママは、出産後体重を測って、ほとんど痩せていない事に気が付きます。

「おかしい!3kgの子供+胎盤やら出ているのだから、もっと痩せていいはず。」

そうなんですよね。だって10kg太ったとして、最低でも子供の体重分は減っていてもいい、胎盤やら羊水やら含めれば半分くらいは痩せているはず!

しかし、実際せいぜい1〜2kgくらいしか減っていないのが現実です。

急いで体形戻さなきゃ!とダイエットに走って、食事を減らす人が出てきます。しかし、それは止めたほうがいいでしょう。だって、前述したようにこれからもっと栄養が必要になるからです。

赤ちゃんに乳を上げるというのは、ものすごく栄養が必要です。そして、赤ちゃんが乳を吸えば吸うほど、体重はどんどん痩せていきます。これこそ産後ダイエットです。

まずは乳を作るために、病院食は食べましょう。

産院選びには入院中の食事もポイント

産院を選ぶのに、場所だったり、費用だったり、先生だったり、色々こだわったポイントがあると思います。

最近の産院は多くママが出来るだけリラックスして、楽しめるように心を砕いている産院も少なくありません。

入院中にエステが受けられたり、待合室でマッサージのサービスをしたり。

そして食事に力を入れている産院も少なくなりません。

前述したように、産後のママには栄養補給が必須。そして、24時間営業の赤ちゃんに付き合うには、かなりのスタミナが必要になります。

そのため、病院では栄養バランスとおいしさを追及している所も結構あるのです。3食ぷらすお夜食に、おやつなどが上げ膳据え膳で出てくるので、ママとしては、もう家に帰りたくないなあなんて考える人もいるはずです。

食事に力を入れている病院は必ずその事もアピールしているので、産院選びで迷ったら、参考にしてみてもいいと思います。

食事というのは、入院中の生活では結構重要なポイントなのですよ。

入院中にはどんな食事があるの?

ネットで検索すると産院での食事の写真をアップしている人を結構見かけます。

ご覧いただくと判るようにかなり美味しそうでとても病院食とは思えないものもたくさんあります。

ある産院などは、普段は部屋食ですが、朝だけは食堂でバイキング形式の朝食にするという方法をとっていました。体調に問題なければ、いろんなお母さんが食堂に赤ちゃんを連れてきて、食堂に設置されているベビーベッドに赤ちゃんを寝かせてママ達は食事をとります。部屋が違ったママ達と交流が出来るように配慮してくれているようです。

また、退院前になると、同じ日に退院するママ達を集めて、退院パーティを開いてくれる産院もありました。ここではささやかですがきちんとしたコースメニューで食事をいただけるのです。その間ママ達がゆっくりできるように、赤ちゃんたちは看護師さんが面倒を見てくれます。

前述したように、24時間営業の赤ちゃんに付き合うママは、夜中も寝ていられません。おなかが空いた時ように夜食を用意してくれる産院もあります。

帝王切開ママの産後の入院中の食事

残念ながら帝王切開となる妊婦さんは、おなかを切ってしまうので、自然分娩のママと同じ食事とはいきません。おかゆやおもゆなどで2〜3日くらい過ごすケースが多いようです。これも個人差がありますので、腸の動きが確認できれば、もっと早くなる場合もあるそうです。

食事のメニューを見ながら、涙したママもいるそうです。

でも安心してください。食事を楽しみにしていたママ!

通常の自然分娩の場合、病院によって多少差があると思いますが、おおよその入院期間は5日です。帝王切開の場合は入院期間が9日程度になりますので、まだまだ病院の食事を楽しむことが出来ます。

つまり、回復次第では通常の自然分娩の人よりも長く病院の食事が楽しめる訳です。

帝王切開の痛みも個人差があり、術後の傷が痛んで辛い人もいれば、ほとんど痛みを感じない人もいます。

また今の技術であれば、一度帝王切開をすると、次の子も帝王切開の可能性が高いのですが、帝王切開でも3人ぐらいまでは出産可能と言われています。

病院の食事の他に何か持って行った方がいいのか?

産後のママはとにかく、乳を作るためにカロリーが持っていかれるので結構すぐにおなかが空きます。

でも夜中におなか空いた!と思っても入院中にコンビニに買いに行く訳にはいけません。ならば入院中に食べられるように、何か持っていった方がいいのかという心配になりますよね。

結局自分の産院の食事の量や味に満足できるかどうかという事なのですが、これはもう口コミからその産院に入院した人に聞くのが一番です。

まあ余程の事でなければ、必要ないだろうとは思います。病院の食事は基本栄養バランスやカロリーを計算して出してくれているので、できれば病院の食事だけで済ませた方が、体重を気にしているママにもいいと思います。

ただ、中々病院では出なさそうな、飴とかチョコとかちょっとした甘いものが欲しいというのであれば、持って行ってもいいと思います。でも手元にあるとついつい食べ過ぎてしまうので、注意しましょう。

また、飴、チョコは虫歯になりやすいものですから、どうしても妊婦やママは虫歯になる事が多いので、歯磨きは忘れずに。

 - 育児・子育て・出産に関する雑学