気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

悩めるママ必見!赤ちゃんの冬の部屋着やオススメの着せ方

2016.11.16

赤ちゃんの服というのは意外に厄介です。

あまり聞いたことのない名称の物が多く、どういう組み合わせでどういったタイミングで使えばいいかよく判らないと悩んでいるママもいるでしょう。

特に冬の部屋着は何を着せればいいのか判らないという人に参考にしてもらいたい、オススメの着せ方をご紹介いたします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

幼稚園の付き合いが面倒。行事は特に嫌!どう乗り切る?

子どもが幼稚園に入ると、お母さんたちも新しい社会生活がスタートします。 行事は特にグループや派...

子供と夫婦がベッドで寝ているが、二人目はどうするべき?

寝室というのは、家族の構成やライフサイクルによって大きく変わっていきます。 始めての子供場合は...

離乳食、納豆はそのまま使ってOK?加熱の必要性とお勧め活用法

赤ちゃんの離乳食を作るとき、初めの頃は〈生もの厳禁〉。赤ちゃんの免疫が弱いので、食材はどれ...

子供の友達が毎日ウチにだけ遊びに来る時の心得と対処の仕方

幼稚園や学校帰りに毎日子供の友達が遊びに来て賑やか。子供もとっても楽しそう。幸せを絵に描いたような構...

発表会で緊張のあまり泣く我が子に親がしてあげられる事

我が子の運動会や発表会では、親もドキドキしてしまうもの。 練習やリハーサルではうまくいっていた...

子供のお風呂、毎日入る必要って本当にあるの?

お風呂は毎日入るもの、という風潮があるからか、毎日子供をお風呂に入れなければいけない!と考えている親...

高温期の体温、妊娠の可能性はどれくらいでわかるの?

妊活という言葉、よく耳にしますね。 2015年流行語の第2位にも選ばれた妊活ですが、実際にどう...

産後のママの心配!体重は退院時にどのくらいまで減らせるか

産後のママにとって、気になるのは体重です。 早く体形を戻したいと切望するのは女性として当然の心...

子供を二人、同時に寝かしつけられる4つのポイント

お母さんは子供を二人いる場合、毎日寝かしつけなくてはいけませんが、下の子が赤ちゃんだった場合、上の子...

子供がお金を取るようになる理由について考える

気がつくと、財布からお金が無くっている事ってありませんか? 始めは勘違いだと思っても、そのうち...

子供の睡眠の重要性を考える!海馬の成長は睡眠で決まる!

寝る子は育つ。昔からそう言われていますが、実はこれ、単に身体の成長を指しているのではありません。睡眠...

別れがつらい!子供が保育園で泣く時に上手に別れる方法

子供が保育園前で泣く光景はよく見かけます。 「ママ〜」と大きな声で抱き着いてくる我が子をみると...

ADHDの子供が保育園で生活する際に気を付ける事4つ

ADHDの子供が保育園で生活するとなると、保護者の方が自分の子供がきちんと団体行動ができるのかを心配...

妊娠初期、仕事に対するやる気が起きないのは○○のせい!

女性にとって一大事の妊娠・出産。自分のお腹の中に新しい命が宿っている喜びと同時に、不安を抱えてしまい...

新生児と添い寝はベッド?布団?添い寝の時期や注意点

新生児と添い寝をするとなると、時期はいつからいいのか? 寝具はベッドがいいのか布団がいいのか?...

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋着の種類について

短肌着、長肌着、ロンパースにボディスーツにカバーオール、2WAYオール。

出産準備をしている時は、どれを何枚用意しろとあちこちで紹介されています。絵や写真もついていますが、だからこれをどのタイミングでいつ着せればいいか判らない!と悩んでいませんか?

子供服売り場でかわいい服を見ても、さっきの呪文のような服とどう組み合わせていいか判らないと思っていませんか?

実際はとっても単純な話なのです。

赤ちゃんに必要な服は大きく分けて3つあります。

短肌着、長肌着、コンビ肌着、ロンパースにボディスーツなどは基本肌着です。

そして部屋着として、これら肌着の上にカバーオール、2wayオールを着ます。ちなみにカバーオールは股の部分から二つに別れていてスナップボタンで股から足の部分を止めるタイプ。
これらの上に、季節や部屋の温度によってカーディガンやパーカーなどを着せてもOK。

そしてアウター。新生児の間はおくるみで充分です。もう少し大きくなって足を元気に動かすようになったら、おくるみでは包みきれないので、ダウンロンパースのように全身くるんでしまうタイプは温かくてオススメです。

赤ちゃんの冬の部屋着には?

まず肌着です。
短肌着は半そで上半身を覆う長さ、長肌着は長袖で裾も長く、足ぐらいまで隠れます。コンビ肌着は長さ的にはその中間です。ただ股の部分が二つに別れていて、スナップボタンで股と足の部分を止めることができます。

短肌着や長肌着がいかにも肌着とった白が多い中、コンビ肌着はそのまま出かけてもOKなくらいかわいい柄のついたものが多いです。

新生児は基本短肌着を着ます。ただ寒い場合は、これに長肌着を合わせて着ると考えてください。この上に部屋着を着ますので、気温に応じて使い分けましょう。
コンビ肌着は、位置づけとしては肌着と部屋着の間ぐらいで、短肌着の上に着ます。寒い季節は、この上に部屋着を着て、暑い季節はこれだけでも十分です。

大人に比べて代謝がいいので、赤ちゃんの部屋着は大人と同じ枚数か、または1枚少ないくらいでOKです。目安としては背中に汗をかいていたら、着せすぎです。1枚脱がせて調節しましょう。

肌着の上にカバーオールもしくは2Wayオールを着せます。

赤ちゃんの成長に合わせた冬の部屋着

まず肌着ですが、短肌着も、長肌着も足がスカートのようになっているのでオムツ替えが簡単です。しかし元気な赤ちゃんは月齢が多くなると、足をバタバタさせてオムツ丸出しなんてことにもなりますので、そういった時期になったら、長肌着は止めてコンビ肌着にしましょう。ボディースーツもロンパースも基本、足が動いてもオムツが丸見えにならない構造ですから、こちらを選択してもOKです。

さて部屋着ですが、2Wayオールは名前の通り、2種類着せ方があり、一つ目はカバーオールのように、足の形にスナップボタンを留める方法。二つ目は、ワンピースのように着せる方法で長肌着にも似ています。両方に着せ方があるので2Wayオールという名前になっています。

どっちかというと2Wayオールの方が汎用性が高く、月齢が浅いうちはワンピースのように着せて、足を動かすようになったらカバーオールのように着せるのがオススメです。
ただしコンビ肌着にしろ、2Wayオールにしろこれらはお腹丸出しにならないのがいいのですが、オムツ替えがひと手間増えるのは覚悟しましょう。

赤ちゃんの冬のお出かけには?

ベビー靴下はかわいいのが多くて履かせたい!と考えている人がいると思いますが、部屋の中にいる時は不要です。足である程度体温調節をしているので、靴下を履かせると着させすぎになってしまいます。

しかし冬の外出時には必須です。靴を履かないため、靴下を忘れると裸足になってしまいます。さすがにこれでは寒すぎるので、履かせてあげましょう。部屋に入ったら脱がしても良いです。

手袋、マフラー、帽子などですが、手袋はあってもなくてもOKです。つけてもいいのですが、落とす可能性がものすごく高いです。

マフラーは避けておいた方が無難です。何かにひっかけた場合クビがしまってしまいます。

帽子は身に着けていると服1枚分くらい温かさが違うともいわれているので、寒い時は被る習慣をつけましょう。小さい頃から帽子をかぶる習慣があると、歩くようになってからも帽子を嫌がらなくなるので、熱中症の予防策にもなります。

抱っこ紐の移動の時は、お互いに体が密着しているのでさほど寒く感じないかもしれませんが、ベビーカーの時には寝袋のようなフットマフがオススメ。はだけることが少ないので、防寒具としてはとても優れています。

赤ちゃん冬の部屋着のオススメ着せ方

新生児の時は、短肌着+長肌着+2wayオールのワンピースタイプを基本にします。基本が高い日や部屋の中が常に暖かいのであれば、長肌着を省略してもいいでしょう。逆に寒い場合は、上に一枚羽織りましょう。

新生児でも足をよく動かす赤ちゃんや、首が座るようになったら、長肌着をコンビ肌着に変更です。足が動くようになると、股の部分が止まったタイプのものを着ないと、オムツやおなかが丸出しになってしまうからです。部屋着としては、カバーオールや、2wayオールのカバーオールタイプにします。

寝ている事が多い時期は、被るタイプでよりも前開きタイプの方が着せやすいです。たっちや歩き始める時期の場合は、オムツもパンツタイプに移行する時期です。コンビ肌着やカバーオールのように全身くっついている服よりも、上と下が離れたセパレートタイプの方がオムツ替えが楽になります。肌着は半そでシャツや長袖のシャツのいずれかでその上にシャツにトレーナーやセーター。下はズボンやスパッツ+スカートでいいでしょう。

 - 育児・子育て・出産に関する雑学