気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

妊娠36週頃から始まる前駆陣痛とは 本陣痛とどう違うのか

   

妊娠36週、いわゆる臨月に入る頃から、お腹に痛みを感じるようになります。これは前駆陣痛と呼ばれるもので、本陣痛に備えた準備運動です。

では、前駆陣痛とはどんな症状のことを言うのでしょうか。本陣痛、微弱陣痛と見分けるにはどんな点に注意すべきでしょうか。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

人生で失敗した時に大学に行かなかったことを後悔する理由を解説

人生においていくつかのターニングポイントがありますが、その中...

貯金が趣味の人はつまらない性格の人が多い理由と楽しむ方法

趣味が貯金だというひともいますが、お金を使うことによっていろ...

ブドウ糖の点滴は、太る?ブドウ糖の成分と注意点について解説

体重制限をしている方や糖分などを気にしている方にとって、ブド...

トランサミンとは何か?副作用で動悸などが起きた場合の対処法

トラネキサム酸を主成分とした「トランサミン」は、止血効果や炎...

ディーラーの営業マンを変更する時に気をつけたいポイント

車を購入する時にディーラーの営業マンによってはいろいろとお世...

耳が痛い!外側が痛い原因は?何の病気?対処法教えます

耳の外側に痛みがあるのは、心配で不安になりますよね。 ...

一人暮らしが初めてのアラサーへ 失敗しない注意ポイントを解説!

アラサーになるまで実家で甘えていたいけど、家をでてみたいと考...

大学生が一人暮らしでつらいと感じる瞬間とその対策をご紹介

地方から大学に通うために引っ越しをしてきた時に、一...

財布を落とした時のお礼の仕方と、やってはいけない行動

自分が財布を落としてしまった時には、目の前が真っ白...

国会議員の給料は高すぎると感じる理由を解説

国民として国会議員に対する期待は大きいですが、こと...

高3の夏休みに遊びたいなら 把握すべきは自分の○○だった!

高3の夏休みといえば、まさに受験前の貴重な時間です...

公務員になりたいのに勉強がつらい!気持ちを切り替える方法をご紹介

公務員になるために勉強を必死で頑張っているのに、だ...

会社をバックレてしまったときに離職票をもらうための方法

精神的に追い込まれてしまうと、会社をバックレてもいいと思って...

妊娠5ヶ月のお腹の状態と苦しい時の対処法

妊娠5ヶ月になると安定期に入ってきますが、お腹が苦しいので辛...

母が病気になり辛い気持ちで一杯… そんな気持ちの整理の仕方

元気だった母が病気になる、また亡くなる可能性もあるとなると辛...

友達依存をやめたい!自分でできる自分の変え方とは

友達に依存していると自分でも分かっているので、やめたいと思っ...

友達から出産報告がない?祝福したいのに連絡をくれない心理とは

友達との関係性は何かあった時によくわかりますが、妊娠をしたこ...

離乳食、納豆はそのまま使ってOK?加熱の必要性とお勧め活用法

赤ちゃんの離乳食を作るとき、初めの頃は〈生もの厳禁...

料理が下手な嫁に悩んでいるあなたへの解決法!

何を作っても料理が下手なのにその事を嫁に言えずに悩んでいます...

車のテレビが映りにくい!できるだけ電波良くする方法とは

車の中にテレビが搭載されていると何かと便利ですが、...

スポンサーリンク


妊娠36週頃から始まる前駆陣痛とは一体どんなもの?

妊娠36週に入ると、いよいよ臨月と呼ばれる時期。今までの妊娠生活もそろそろ終わりが近づいてきたな、と感じる人がほとんどでしょう。

出産とその後に控えている子育てに備える最後の準備期間であるため、仕事を続けてきた人も、この頃に産休を取ったり、退職したり生活もガラリと変わる時期でもあります。
 

赤ちゃんのほうも、そろそろ体を動かすスペースがなくなってくるため、胎動のパターンも変わってきます。

それまで頻繁だった動き(筆者などは、お腹の中でぐるんぐるんと回転するような動きを感じていました)から、手足をお腹に押し付けるような動きに変わり、外に出るための準備が整ってきていることを示してくれます。
 

多くの妊婦さんがこの時期から、単にお腹が張るような痛みではない、今までと違う痛みを感じるようになりだします。

特に初産の人は「これが陣痛!?」と慌てることもありますが、そうではありません。

この痛み・症状のことを”前駆陣痛”と呼びます。

前駆陣痛は、陣痛とは言うものの、実際には出産の”本陣痛”とは異なり、一種の”出産のための準備運動”と言われているものです。
 

では、前駆陣痛とは実際どのような症状のことを言うのでしょうか?

また前駆陣痛が起きるようになってきたら、どんなことに気をつけるべきでしょうか?
 

そもそも前駆陣痛とは? 何故36週以降に起きるの?

前駆陣痛は先に述べた通り、本陣痛のために体が自然に行っている準備運動です。

一般的に、前駆陣痛が始まるのは妊娠36週目以降ですが、個人差があり、その発生時期は人によって、そして出産の度に大きく異なります。つまり経産婦の人でも、前回は38週目だったのに、今回は36週に入った当日、ということも珍しくありません。
 

また、前駆陣痛があった後、いつ本陣痛が始まって出産になるかも人によって異なり、「前駆陣痛が来たら○○時間後にお産が始まる!」というわけではありません。更に言えば、前駆陣痛が起きないまま本陣痛が始まる人もいます。

前駆陣痛の有無や強弱で、本番に何らかの影響があるわけではありませんから、もし起きていなくても気にすることはありません。
(これは単に前駆陣痛に気付かなかっただけ、という可能性もあります)
 

前駆陣痛が起きる原因は、ズバリ”育った赤ちゃん”です。

臨月になり、十分育った赤ちゃんの頭が骨盤側(子宮の下側/子宮口側)にすっぽりと嵌まることで、子宮自体が刺激を受けて収縮します。

この収縮によって、痛みなどの症状を感じることになるのです。
 

前駆陣痛が起きると、子宮口が柔らかくなったり、開きやすくなりますが、本陣痛とは違うため、完全に開いてしまうことはありません。

ですから、前駆陣痛を本陣痛と間違っても、子宮口が開いていかないために「前駆陣痛だった」と診断されることになります。
 

本陣痛はどう前駆陣痛とは違うの? 何を基準にすべき?

では、前駆陣痛によって起きる症状は、どのようなものになるのでしょうか?

一般的に言われている前駆陣痛の特徴は、以下の通りです。
 

○生理痛に似た下腹部(おへそよりも下の部分)や腰の痛み

○下腹部が張る・固くなる

○夜に起きやすい

●横になる、座る姿勢を変えるなどをすると痛みがなくなる

●痛みの間隔が不規則

●徐々に痛みが弱まる
 

この中で特に注目したいのが●で示した下の3つの特徴であり、これが本陣痛との確かな違いです。

もしその痛みが本陣痛であれば、姿勢を変えたりしても痛みが楽になることはありませんし、痛む間隔は規則的かつ徐々に短くなっていきます。

何より痛みが弱まることは決してなく、段々と喋る余裕すらなくなるほどの痛さに変わっていきます。
 

ですからまず、前駆陣痛が本陣痛かを判断するには、”時間”を確認することが重要になってきます。

痛みの間隔がまちまちであれば、前駆陣痛。対して痛みの訪れる間隔と痛みが続いている時間が一定であり、徐々に短く、15分から12分、10分…と徐々に短くなってくれば本陣痛です。

本陣痛であれば、産院に連絡を取りましょう。

もし、診察を受けて前駆陣痛だったとしても、怒られたりすることはありませんから、不安に思う時点で連絡し、産院の指示を仰ぐようにしましょう。
 

前駆陣痛?それとも微弱陣痛? その判断はどうつけるのか

前駆陣痛は、本陣痛よりも痛みが少ないものだということには触れましたが、例え痛みは弱くとも、その痛みの間隔が規則的である場合――痛みが起きる間隔が10分間隔で一定などといった場合には、それは”微弱陣痛”である可能性もあります。
 

微弱陣痛とは、本陣痛の一つであり、つまりは予行練習ではなく本番だ、ということを意味します。

微弱陣痛かどうかを見極めるのは、妊婦本人には難しいことです。

実際に病院で、陣痛の起きている時間、その持続時間、子宮内の圧力などを計測し、微弱陣痛であるか前駆陣痛であるかを判断します。

ですから「立てないほどの痛みではないからだ大丈夫だよね」と自己判断せず、時間を確認することが重要なのです。
 

もし微弱陣痛だった場合は、赤ちゃんの心音を常にモニタリングすることになります。

陣痛が始まっているのに子宮口が開かない状態というのは、妊婦さん自身にも負担になりますが、何より赤ちゃんにも大きな負担がかかっている状態です。

そのため、陣痛促進剤を使ったり、場合によっては緊急帝王切開を行うことになります。
 

陣痛促進剤についての様々な情報、急に帝王切開に切り替えることについての心情など、様々な意見を持っている人もいることでしょう。

ただ、これは赤ちゃんとお母さん双方の命に関わることであり、そのような提案がされる時というのは、そうした事態を避けるためであることを理解しましょう。
 

妊娠36週以前に起きる痛み 前駆陣痛とは違う?

では、妊娠36週よりも前に、前駆陣痛が起きることはあるのでしょうか?

実際、36週以前に起きる前駆陣痛のような痛みがある時は、それは”切迫早産”である可能性が高いと言え、前駆陣痛のような自然なこと、と考えてしまうのは危険です。
 

そもそも妊娠36週とは臨月とは言われるものの、医学的に言うと、実際に問題なく出産できる時期とされる”正産期”ではありません。

正産期は妊娠37週から41週6日までの間であり、これよりも前に出産してしまうと早産に当たります。
 

36週以前の赤ちゃんの体は、まだまだ成長が未熟であり、体の中の器官も整っていませんし、体の大きさもまだまだ自立できるような状態ではありません。

特に肺は、赤ちゃんの体の中でも最後に成熟する器官であるため、時に人工呼吸器が必要になるケースも多々あります。

ですから例え36週6日に生まれた場合でも、NICU(新生児集中治療室)で一旦、様子を見るべきであるとされています。
 

ですから36週よりも前に前駆陣痛のような痛みがあるとすれば、早産の危険性があることを意味しますから、すぐにでも病院をすべき状態だと言っても過言ではありません。

勿論、赤ちゃんの成長は個人差がありますから、早産で生まれたとしても、十分に育っていることもありますが、十分注意が必要な時期だと考えましょう。
 

前駆陣痛以外の出産間近なサイン どんなものがある?

前駆陣痛以外に、出産が間近であることを示すサインには、どのようなものがあるのでしょうか?
 

  • お腹が下がる
  • 食欲が出る
  • トイレが近くなる
  • お通じがよくなる

 赤ちゃんが子宮口近くまで下りることで、お腹の膨らんでいた位置が、それまでよりも下に移動します。これが”お腹が下がる”と呼ばれている現象です。

 実際に、位置が下がったことを人に指摘されたことで気付く人、自分の感覚で分かる人とまちまちです。

 それまで赤ちゃんにスペースを取られていたお腹ですが、赤ちゃんが下がることにより、圧迫されていた胃が開放されます。そのため、食欲が増す傾向があります。

 逆に、膀胱や腸が赤ちゃんに圧迫されるため、トイレが近くなったり、くしゃみをした瞬間に少量漏れる…ということもあります。
 

  • おしるしがある
  • おりものに変化が出る

 出産間近になると、子宮口が開く・前駆陣痛による子宮の収縮のため、少量の出血が起きることがあります。

 この出血をおしるしと呼び、出産が間近であることのサインと一つとして考えられます。

 また、血液は混じらなくとも、白く水っぽいおりものが出ますが、これは赤ちゃんが産道(膣)を通るための潤滑油のようなものにあたります。

 ただ、膣内に痒みや痛みがある場合は、何らかの感染症の可能性もありますから、その時は医師の診察を受けましょう。
 

長かった妊娠生活も大詰め! 準備は今のうちに整えよう

  • 疲れやすい
  • 常に眠気がある
  • 寝付けない

 出産間近になると分泌が激しくなる卵胞ホルモン(エストロゲン)の影響から体が中々休まらないことが原因で、こうした症状を感じることがあります。

 疲れているのに眠れないのは辛いことですが、それでも、横になって目を閉じるなど少しでも体を休め、出産に向けて体力を温存するようにしましょう。

 また気分転換にゆっくりと散歩をしたり、お腹に負担をかけないことを前提にしたマタニティヨガで体を動かすなど、気分転換を計るのも効果的です。
 

  • 骨盤や恥骨、足の付根が痛む
  • 歩く時のバランスが取りづらい
  • 足のむくみが酷くなる

赤ちゃんが下りることで、関節や血管が圧迫され、このような症状を感じることもあります。

 また出産に向けて骨盤が開きやすくなることで、がに股歩きになってしまうこともあります。

 そんな時は、できるだけゆっくり歩き、躓くことがないよう、十分注意をしましょう。
 

破水

破水とは、赤ちゃんを包む卵膜が破れ、中の羊水が漏れ出ることを指します。

破水した箇所(お腹の上、下など)により、その量にも違いがありますが、破水が起きた時点ですぐに病院に連絡をして、検査を受ける必要があります。

羊水が漏れ出ている状態は、赤ちゃんが感染症を起こす可能性があるからです。
 

妊娠36週、臨月に入ったら、いつその時がきてもいいように、是非早いうちに入院準備、そして退院した後に赤ちゃんを連れて帰る時の準備を済ませておきましょう。

また外出する際には必ず母子手帳を持ち歩き、万一出先で陣痛が始まっても対処できるようにしましょう。

長かった妊娠生活も、いよいよ大詰めです。

不安も大きいでしょうが、それよりも大きな喜びの瞬間はすぐそこです!

関連記事はこちら

人生で失敗した時に大学に行かなかったことを後悔する理由を解説

人生においていくつかのターニングポイントがありますが、その中...

貯金が趣味の人はつまらない性格の人が多い理由と楽しむ方法

趣味が貯金だというひともいますが、お金を使うことによっていろ...

ブドウ糖の点滴は、太る?ブドウ糖の成分と注意点について解説

体重制限をしている方や糖分などを気にしている方にとって、ブド...

トランサミンとは何か?副作用で動悸などが起きた場合の対処法

トラネキサム酸を主成分とした「トランサミン」は、止血効果や炎...

ディーラーの営業マンを変更する時に気をつけたいポイント

車を購入する時にディーラーの営業マンによってはいろいろとお世...

耳が痛い!外側が痛い原因は?何の病気?対処法教えます

耳の外側に痛みがあるのは、心配で不安になりますよね。 ...

一人暮らしが初めてのアラサーへ 失敗しない注意ポイントを解説!

アラサーになるまで実家で甘えていたいけど、家をでてみたいと考...

大学生が一人暮らしでつらいと感じる瞬間とその対策をご紹介

地方から大学に通うために引っ越しをしてきた時に、一...

財布を落とした時のお礼の仕方と、やってはいけない行動

自分が財布を落としてしまった時には、目の前が真っ白...

国会議員の給料は高すぎると感じる理由を解説

国民として国会議員に対する期待は大きいですが、こと...

高3の夏休みに遊びたいなら 把握すべきは自分の○○だった!

高3の夏休みといえば、まさに受験前の貴重な時間です...

公務員になりたいのに勉強がつらい!気持ちを切り替える方法をご紹介

公務員になるために勉強を必死で頑張っているのに、だ...

会社をバックレてしまったときに離職票をもらうための方法

精神的に追い込まれてしまうと、会社をバックレてもいいと思って...

妊娠5ヶ月のお腹の状態と苦しい時の対処法

妊娠5ヶ月になると安定期に入ってきますが、お腹が苦しいので辛...

母が病気になり辛い気持ちで一杯… そんな気持ちの整理の仕方

元気だった母が病気になる、また亡くなる可能性もあるとなると辛...

友達依存をやめたい!自分でできる自分の変え方とは

友達に依存していると自分でも分かっているので、やめたいと思っ...

友達から出産報告がない?祝福したいのに連絡をくれない心理とは

友達との関係性は何かあった時によくわかりますが、妊娠をしたこ...

離乳食、納豆はそのまま使ってOK?加熱の必要性とお勧め活用法

赤ちゃんの離乳食を作るとき、初めの頃は〈生もの厳禁...

料理が下手な嫁に悩んでいるあなたへの解決法!

何を作っても料理が下手なのにその事を嫁に言えずに悩んでいます...

車のテレビが映りにくい!できるだけ電波良くする方法とは

車の中にテレビが搭載されていると何かと便利ですが、...

 - 妊娠に関する雑学

ページ
上部へ