気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

妊娠中の咳は胎児にも悪影響 妊婦でも出来る咳止め方法とは

   

妊娠中の咳は胎児にも悪影響 妊婦でも出来る咳止め方法とは

風邪を引いて咳が止まらない――そんな症状の時、普通であれば気軽に市販の咳止め薬を服用することが出来ますが、妊娠中の女性はそうはいきません。

妊婦さんでも安心して飲める咳止め薬はあるのでしょうか?また、薬に頼らない咳止め方法はあるのでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

人生で失敗した時に大学に行かなかったことを後悔する理由を解説

人生においていくつかのターニングポイントがありますが、その中...

貯金が趣味の人はつまらない性格の人が多い理由と楽しむ方法

趣味が貯金だというひともいますが、お金を使うことによっていろ...

ブドウ糖の点滴は、太る?ブドウ糖の成分と注意点について解説

体重制限をしている方や糖分などを気にしている方にとって、ブド...

トランサミンとは何か?副作用で動悸などが起きた場合の対処法

トラネキサム酸を主成分とした「トランサミン」は、止血効果や炎...

ディーラーの営業マンを変更する時に気をつけたいポイント

車を購入する時にディーラーの営業マンによってはいろいろとお世...

耳が痛い!外側が痛い原因は?何の病気?対処法教えます

耳の外側に痛みがあるのは、心配で不安になりますよね。 ...

一人暮らしが初めてのアラサーへ 失敗しない注意ポイントを解説!

アラサーになるまで実家で甘えていたいけど、家をでてみたいと考...

大学生が一人暮らしでつらいと感じる瞬間とその対策をご紹介

地方から大学に通うために引っ越しをしてきた時に、一...

財布を落とした時のお礼の仕方と、やってはいけない行動

自分が財布を落としてしまった時には、目の前が真っ白...

国会議員の給料は高すぎると感じる理由を解説

国民として国会議員に対する期待は大きいですが、こと...

高3の夏休みに遊びたいなら 把握すべきは自分の○○だった!

高3の夏休みといえば、まさに受験前の貴重な時間です...

公務員になりたいのに勉強がつらい!気持ちを切り替える方法をご紹介

公務員になるために勉強を必死で頑張っているのに、だ...

会社をバックレてしまったときに離職票をもらうための方法

精神的に追い込まれてしまうと、会社をバックレてもいいと思って...

妊娠5ヶ月のお腹の状態と苦しい時の対処法

妊娠5ヶ月になると安定期に入ってきますが、お腹が苦しいので辛...

母が病気になり辛い気持ちで一杯… そんな気持ちの整理の仕方

元気だった母が病気になる、また亡くなる可能性もあるとなると辛...

友達依存をやめたい!自分でできる自分の変え方とは

友達に依存していると自分でも分かっているので、やめたいと思っ...

友達から出産報告がない?祝福したいのに連絡をくれない心理とは

友達との関係性は何かあった時によくわかりますが、妊娠をしたこ...

離乳食、納豆はそのまま使ってOK?加熱の必要性とお勧め活用法

赤ちゃんの離乳食を作るとき、初めの頃は〈生もの厳禁...

料理が下手な嫁に悩んでいるあなたへの解決法!

何を作っても料理が下手なのにその事を嫁に言えずに悩んでいます...

車のテレビが映りにくい!できるだけ電波良くする方法とは

車の中にテレビが搭載されていると何かと便利ですが、...

スポンサーリンク


妊婦が飲める咳止め薬はあるの?

普通の状態とは異なり、妊娠中には様々なことに制約が掛かります。

煙草やアルコールは勿論のこと、禁忌とされている食べ物や飲み物は、枚挙に暇がないほどです。

そして同じく、普段であれば手軽に飲める薬も、やはり妊婦には禁忌とされているものばかり。

ですから、妊娠中の健康管理はとても重要なのです。
 

とは言え、どんなに気をつけていても、引く時には引いてしまうのが風邪というものです。

熱、鼻水、倦怠感など様々な症状がありますが、中でも気をつけたいのが咳やくしゃみの出る風邪を引いた時と言えるでしょう。
 

何故、妊婦にとってこうした風邪に注意が必要なのかというと、それは咳やくしゃみをすることでお腹に力がかかり、子宮を圧迫してしまうからです。

いくら羊水によって守られているとは言え、腹圧が高くなることは赤ちゃんにとっていいことではありません。

更に咳風邪の酷いものになると、咳のし過ぎで酸欠状態になり、赤ちゃんに届けるべき酸素が少なくなってしまうことも問題になってきます。
 

そうなる前に何とかして咳を止め、また風邪の症状を改善したいところですが、簡単に薬が飲めないのが妊婦の辛いところですね。

では、妊娠中に咳風邪を引いてしまった時、どのように対処すべきなのでしょうか?
 

そもそも妊娠中は感染症に罹りやすい! それは何故?

+
そもそも妊婦の体というものは、通常の時よりも免疫能力が弱まっている状態です。

これは、ホルモンバランスの変化に体が対応しきれていないことも原因の一つですが、もう一つ、お腹の中の赤ちゃんを異物として認識しないためであると考えられています。
 

人間の体は本来ならば、自分の体の組織ではないものに対して攻撃をしてしまう機能を持っています。

言うまでもありませんが、胎児は母親とは別の個体です。そして、胎児の体を形成する遺伝子の半分は父親のものですから、当然異物として認識されてもおかしくはないのです。

そうならないように、妊娠中の女性の体は免疫力を弱めるので、風邪だけに留まらず、他の感染症などにも十分な注意が必要になっているのです。
 

妊婦が気をつけなければならない感染症は、以下のようなものがあります。

  • 麻疹、風疹
  • 水疱瘡
  • トキソプラズマ
  • サイトメガロウイルス
  • りんご病(伝染性紅斑)
  • デング熱、ジカ熱 …等

上記のものは一例ですが、これらは感染すると妊婦自身が重症化する可能性もさることながら、胎児にも悪影響が出ることが分かっています。

特に近年では、夏場に発生した蚊を媒介としたデング熱や(国外ですが)ジカ熱の発生、麻疹の集団感染といったニュースもありました。

妊娠中は感染症のニュースに敏感になり、「自分は絶対大丈夫」とは考えず、人混みを避ける、マスクを着用するなどの自己防衛をしなければなりません。
 

風邪やインフルエンザ自体が胎児に影響を与えることはある?

上記のような、妊婦は絶対避けたい感染症はさておき、一般的な風邪や、冬場に流行するインフルエンザに関しては、その原因ウイルス自体が胎児に影響を及ぼすといった研究報告はありません。

ただ、風邪やインフルエンザに罹った妊婦の症状が、結果的に胎児に影響を与えてしまうことがあります。
 

少しの熱であれば、それほど赤ちゃんに影響が出ることはありません。それは、赤ちゃんを包む羊水が一定の断熱材の役割を果たしてくれるからです。

しかし40度を超える高熱が3日以上続いてしまうと、羊水も温まってしまい、赤ちゃんにも熱が伝わってしまいます。

大人でも高熱は辛いものですから、もっとずっと繊細な赤ちゃんにとっていいはずがありません。
 

咳にしても、激しい咳が続いてしまうと、腹圧により子宮が圧迫・収縮してしまい、流産や早産に繋がることもあります。

また呼吸がしづらく、酸素の供給量が血中酸素濃度が低くなってしまうと、胎児低酸素血症や子宮内発育不全といった弊害が起きる可能性もあります。
 

こうした赤ちゃんへの影響を少なくするために、妊婦に対しては対処療法として、漢方薬や、高熱が出ている場合には解熱剤が、咳止めとして”メジコン”等が処方されることがあります。

ですがこれはあくまで”薬で起こり得るリスクよりも、症状が続くことで起きるリスクの方が重い”と医師が判断した場合のみです。
 

市販の咳止め薬の中で、妊婦が飲めるものはある?

基本的に一般的な市販薬を飲んでも、胎児に影響はないという論調を見ることがありますが、やはり個人的な判断で、市販の風邪薬や解熱剤、咳止め薬を飲むことは避けましょう。

「もしもの時」が絶対に起きないと言い切れないからこそ、飲むべきではないという判断がされていることを忘れてはいけません。
 

特に咳止めに関しては、成分の中に”リン酸コデイン”(コデインリン酸/ジヒドロコデインリン酸塩)が含まれている市販薬があります。

よく効く咳止めにはこの成分が含まれていることが多く、咳風邪を引きやすい人は常備していることもあるでしょう。

しかし、この成分は胎盤を通過しやすく、母乳にも出やすい特徴を持っているため、胎児や新生児が中毒症状を起こす可能性があるため避けなければなりません。
 

では、比較的リスクが低く、病院でも処方されやすい漢方の咳止め薬はどうでしょうか?

咳止めとして使われるのは

  • 麦門冬湯:乾いた咳、風邪の後期の咳、のどのイガイガ、気管支炎などに効果がある
  • 小青竜湯:たんが絡んだ咳(湿った咳)の時に有効。花粉症の鼻水止めにも効果がある

 

の2種類です。

※風邪といえば葛根湯、というイメージがありますが、葛根湯はあくまで”ひきはじめの風邪”に効果があるものであり、咳止めとしては向きません。
 

ただ、こうした漢方も、市販薬を飲む前に主治医と相談し、週数や胎児の状態、そして自身の状態などを総合した判断を仰ぐべきです。
 

妊婦も安心な咳止め方法 ”大根飴”ってどんなもの?

やっぱり咳止め薬に頼るのは怖い、そう感じた時、薬に頼らない咳止め方法には何があるのでしょうか?
 

効果があるとして有名なのが”大根飴”です。

飴と言っても、キャンディ状のものではなく、実際には蜂蜜や水飴で漬けたシロップのこと。薬ではありませんから、妊婦さんは勿論、乳幼児からお年寄りまで口にすることが出来るものです。

大根に含まれる消炎・抗菌成分が喉の痛みや咳を緩和してくれます。
 

作り方も

  1. よく洗った大根をさいの目状に切る
  2. 清潔な保存容器に大根を入れ、ひたひたになるまで蜂蜜か水飴を注ぐ
  3.  ※取り出した大根は煮物などに流用可能

  4. 数時間〜一晩、冷蔵庫で置いた後、大根を取り出す
    1. と、非常に簡単です。
       

      注意点として挙げられるのは、以下の3点です。

      • 保存は効かないため、2,3日で使い切れる量にする
      • 乳幼児にも与える場合には蜂蜜は使用しない
      • 糖分が高いため、大量に摂取することは避ける

      筆者の知人に声を出す仕事をしている人がいますが、常にこの大根飴を常備しており、カップ1杯のお湯にスプーン2杯程度を溶かして飲んでいるそうです。

      勿論そのまま舐めてもいいのですが、大根の風味が出ていて苦手に感じるのであれば、ヨーグルトに混ぜる、レモン汁を混ぜる、牛乳で割ると飲みやすくなります。
       

      また他には、パイナップルジュース、かりん蜂蜜(シロップ)も、大根飴と同じ効果が得られると言われています。
       

      咳止めに有効なうがいや加湿 どんなものなら妊婦もOK?

      風邪の予防や、喉の痛み・咳を抑えるために、うがいをするのはとても有効な手段です。

      ただし、うがい薬にも実は注意が必要です。

      多くのうがい薬に使われている”ポビドンヨード”という成分は、長期間妊婦が摂取してしまうと、胎児の甲状腺機能障害を引き起こす恐れがあるためです。
       

      うがいをしたい場合には、殺菌成分として”水溶性アズレン”が使われているものか、緑茶や紅茶、生理食塩水を使ったうがいに切り替える方がいいでしょう。
       

      同じく風邪の予防や、喉の乾燥を防ぐために、加湿器やアロマディフューザーを使うこともあるでしょうが、こんな時にお薦めなのが”ティートゥリー”や”ユーカリ”、”サンダルウッド”、”フランキンセンス”などのアロマオイルです。

      これらには殺菌効果がある他、咳止めの効果も期待できます。

      むくみ防止のためのマッサージなどに使う場合は、キャリアオイルに薄めた上で使いましょう。
       

      ただ、こうしたアロマオイルにも、妊娠中の使用は控えなけれならないものが多数あります。

      上記のものと同様に殺菌・咳止め効果のあるペパーミント、ローズマリー、ラベンダー、カモミールなどはその代表です。

      料理にハーブとして少量使ったり、ディフューザーに一滴程度で問題が起きるわけではありませんが、ハーブティーなどで毎日飲むことなどは避けましょう。
       

      何か体調に異変があったら、早いうちに受診しよう

      インターネットの相談サイトなどで「妊娠に気付かずに風邪薬/咳止め薬を飲んでしまったけれど問題はない?」といった話題をよく見かけます。

      多くの妊婦さんが自身の妊娠に気付くのは、妊娠2ヶ月ほどの時期になります。

      この時期であれば、1,2回の服用で胎児が受けることはありませんから、どうか安心して下さい。
       

      妊娠前から持病の薬を飲んでいたのであれば、まずそちらの病気の主治医に連絡し、指示を仰ぐようにしましょう。

      また、いざ妊娠してから焦ることのないように、妊娠前から自分が服用している薬が妊娠中の禁忌薬にあたるかどうかの知識を持っておく必要があります。
       

      もう一点、喘息持ちの妊婦さんも、妊娠中に発作が起きたら…と不安に思っていることでしょう。

      赤ちゃんのために、苦しくても薬をやめたほうがいいのでは?と考えるでしょうが、それは大きな間違いです。

      現在、喘息の治療に使われる薬には、妊娠中に使用できるものが揃っていますし、いざ発作が起きた時、激しい咳と酸欠で、余計に赤ちゃんに負担が掛かります。

      絶対に自己判断で薬を止めず、主治医の判断を仰ぎましょう。
       

      妊娠していない状況では、たかが咳ぐらい、と考えがちですが、妊婦さんにとっては時に重大なことに繋がりかねません。

      ”まず、風邪をひかない状態を維持し、それでも体調が悪くなったら、悪化する前に受診する”

      この前提を守り、少しでも健康的に妊婦生活を過ごせるようにしましょう!

関連記事はこちら

人生で失敗した時に大学に行かなかったことを後悔する理由を解説

人生においていくつかのターニングポイントがありますが、その中...

貯金が趣味の人はつまらない性格の人が多い理由と楽しむ方法

趣味が貯金だというひともいますが、お金を使うことによっていろ...

ブドウ糖の点滴は、太る?ブドウ糖の成分と注意点について解説

体重制限をしている方や糖分などを気にしている方にとって、ブド...

トランサミンとは何か?副作用で動悸などが起きた場合の対処法

トラネキサム酸を主成分とした「トランサミン」は、止血効果や炎...

ディーラーの営業マンを変更する時に気をつけたいポイント

車を購入する時にディーラーの営業マンによってはいろいろとお世...

耳が痛い!外側が痛い原因は?何の病気?対処法教えます

耳の外側に痛みがあるのは、心配で不安になりますよね。 ...

一人暮らしが初めてのアラサーへ 失敗しない注意ポイントを解説!

アラサーになるまで実家で甘えていたいけど、家をでてみたいと考...

大学生が一人暮らしでつらいと感じる瞬間とその対策をご紹介

地方から大学に通うために引っ越しをしてきた時に、一...

財布を落とした時のお礼の仕方と、やってはいけない行動

自分が財布を落としてしまった時には、目の前が真っ白...

国会議員の給料は高すぎると感じる理由を解説

国民として国会議員に対する期待は大きいですが、こと...

高3の夏休みに遊びたいなら 把握すべきは自分の○○だった!

高3の夏休みといえば、まさに受験前の貴重な時間です...

公務員になりたいのに勉強がつらい!気持ちを切り替える方法をご紹介

公務員になるために勉強を必死で頑張っているのに、だ...

会社をバックレてしまったときに離職票をもらうための方法

精神的に追い込まれてしまうと、会社をバックレてもいいと思って...

妊娠5ヶ月のお腹の状態と苦しい時の対処法

妊娠5ヶ月になると安定期に入ってきますが、お腹が苦しいので辛...

母が病気になり辛い気持ちで一杯… そんな気持ちの整理の仕方

元気だった母が病気になる、また亡くなる可能性もあるとなると辛...

友達依存をやめたい!自分でできる自分の変え方とは

友達に依存していると自分でも分かっているので、やめたいと思っ...

友達から出産報告がない?祝福したいのに連絡をくれない心理とは

友達との関係性は何かあった時によくわかりますが、妊娠をしたこ...

離乳食、納豆はそのまま使ってOK?加熱の必要性とお勧め活用法

赤ちゃんの離乳食を作るとき、初めの頃は〈生もの厳禁...

料理が下手な嫁に悩んでいるあなたへの解決法!

何を作っても料理が下手なのにその事を嫁に言えずに悩んでいます...

車のテレビが映りにくい!できるだけ電波良くする方法とは

車の中にテレビが搭載されていると何かと便利ですが、...

 - 妊娠に関する雑学

ページ
上部へ