気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

初期だけじゃない!? 妊婦特有の気持ち悪い症状の原因は…

   

初期だけじゃない!? 妊婦特有の気持ち悪い症状の原因は…

実は、妊婦さんにとって、気持ち悪いと感じる症状が出るのは、妊娠初期のつわりだけではありません。

初期、中期、後期と、気持ち悪さを感じる主な理由、気をつけるべき症状、そして解消法にはどんなものがあるかを見てみましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

人生で失敗した時に大学に行かなかったことを後悔する理由を解説

人生においていくつかのターニングポイントがありますが、その中...

貯金が趣味の人はつまらない性格の人が多い理由と楽しむ方法

趣味が貯金だというひともいますが、お金を使うことによっていろ...

ブドウ糖の点滴は、太る?ブドウ糖の成分と注意点について解説

体重制限をしている方や糖分などを気にしている方にとって、ブド...

トランサミンとは何か?副作用で動悸などが起きた場合の対処法

トラネキサム酸を主成分とした「トランサミン」は、止血効果や炎...

ディーラーの営業マンを変更する時に気をつけたいポイント

車を購入する時にディーラーの営業マンによってはいろいろとお世...

耳が痛い!外側が痛い原因は?何の病気?対処法教えます

耳の外側に痛みがあるのは、心配で不安になりますよね。 ...

一人暮らしが初めてのアラサーへ 失敗しない注意ポイントを解説!

アラサーになるまで実家で甘えていたいけど、家をでてみたいと考...

大学生が一人暮らしでつらいと感じる瞬間とその対策をご紹介

地方から大学に通うために引っ越しをしてきた時に、一...

財布を落とした時のお礼の仕方と、やってはいけない行動

自分が財布を落としてしまった時には、目の前が真っ白...

国会議員の給料は高すぎると感じる理由を解説

国民として国会議員に対する期待は大きいですが、こと...

高3の夏休みに遊びたいなら 把握すべきは自分の○○だった!

高3の夏休みといえば、まさに受験前の貴重な時間です...

公務員になりたいのに勉強がつらい!気持ちを切り替える方法をご紹介

公務員になるために勉強を必死で頑張っているのに、だ...

会社をバックレてしまったときに離職票をもらうための方法

精神的に追い込まれてしまうと、会社をバックレてもいいと思って...

妊娠5ヶ月のお腹の状態と苦しい時の対処法

妊娠5ヶ月になると安定期に入ってきますが、お腹が苦しいので辛...

母が病気になり辛い気持ちで一杯… そんな気持ちの整理の仕方

元気だった母が病気になる、また亡くなる可能性もあるとなると辛...

友達依存をやめたい!自分でできる自分の変え方とは

友達に依存していると自分でも分かっているので、やめたいと思っ...

友達から出産報告がない?祝福したいのに連絡をくれない心理とは

友達との関係性は何かあった時によくわかりますが、妊娠をしたこ...

離乳食、納豆はそのまま使ってOK?加熱の必要性とお勧め活用法

赤ちゃんの離乳食を作るとき、初めの頃は〈生もの厳禁...

料理が下手な嫁に悩んでいるあなたへの解決法!

何を作っても料理が下手なのにその事を嫁に言えずに悩んでいます...

車のテレビが映りにくい!できるだけ電波良くする方法とは

車の中にテレビが搭載されていると何かと便利ですが、...

スポンサーリンク


初期の妊婦の半数以上! 気持ち悪いのは大半がつわり

妊娠初期の妊婦さんが気持ち悪いと感じるのは、ほとんどの場合がつわりによるものでしょう。実際、妊婦さんの5割以上の人がつわりを経験するほどですし、周囲の人々も「妊娠初期の吐き気=つわり」と考えます。

つわりは人、加えて妊娠毎に症状が違うことも珍しいことではなく、「一人目は水を飲むのさえ辛かったのに、二人目はなかった」、「吐くほどではないけれど常にムカムカ気持ち悪い」、「吐き気はないけれどずっと眠い」と体験談も様々です。
 

しかし、このつわりが起きるメカニズムは、現在の医学を持ってしてもその原因が分かっていません。

ホルモンバランスの激変や、赤ちゃんを異物と認識するからとも言われていますが、はっきりしたことも分かっていませんし、つわりの有無・強弱で赤ちゃんに何か問題があることもほぼなく(※)、妊娠初期を乗り切ればほとんどの場合落ち着きます。
 

そんなつわりの時期の乗り切り方として言われているのが”食べられるものを食べ、体をとにかく休め、ストレスを溜めない”です。

バランスの良い食事を無理をして摂るよりも、食べられるものを食べ、水分補給を欠かさないことが何よりも大切です。

また妊娠初期は不安なことばかりで、中々心も体も休まりません。ですが、緊張状態が続くとつわりが強くなりやすいと言われていますから、体がだるければ横になったり、気分が落ち込むならば気分転換をするなどをしましょう。
 

※多胎妊娠や胞状奇胎の場合、つわりが強く出ることが多いとされています。
 

安定期の妊婦でも気持ち悪い!? 考えられる2つの理由とは

ただ、大半の妊婦さんが、安定期とされる妊娠中期に入れば気持ち悪い状態から解放されるとは言え、実は妊娠中期にも、特有の気持ち悪さを感じることがあります。
 

その第一の原因として挙げられるのが、胎児の成長によるものです。

お腹が大きくなりだすと、お腹が前に膨らみ始めるのは勿論、体の中のスペースも、徐々に子宮によって圧迫されるようになっていきます。

この時、胃も、下の方から物理的に押し上げられてしまうため、吐き気や胃の不快感、気持ち悪さを感じることが少なくありません。
 
特に多胎児や、妊婦さん自身の体が小柄な場合、どうしても他の人よりも体のスペースが少なくなるため、このような症状を訴える人が多いのです。
 

第二の原因として挙げられるのが、便秘による吐き気です。

胃と同じく腸も子宮に圧迫されることになります。こうなると、腸の働きが悪くなり、どうしても便秘になってしまいがちです。

加えて水分・食物繊維不足な食生活をしていたとしたら、便秘は避けられません。

腸の動きが悪いと、それに繋がっている胃の働きも悪くなり、気持ち悪さを感じてしまいます。
 

こうしたものを”つわりのぶり返し”と言いますが、妊娠前期と異なり、中期以降に妊婦さんが栄養を摂れないことは、赤ちゃんの成長に大きく関わります。

ムカムカと気持ち悪い状態が続く、便秘が酷いといった症状があったら、主治医に必ず相談しましょう。
 

妊婦生活も終盤… それなのに気持ち悪いのは何故?

では、妊娠後期になれば気持ち悪さから解放されるのか、というと、残念ながらそうも行きません。

妊娠後期には、更に赤ちゃんが大きく成長し、お腹の中はいっぱいいっぱい!という状態になりますから、どうしても胃が圧迫されて吐き気や胃の不快感、便秘に吐き気などを感じてしまいます。
 

更に、中期よりもお腹が大きくなるわけですから、げっぷや胃酸が逆流し、実際に吐いてしまったり、荒れた食道や胃のせいで、胸焼けや胃痛を感じる人も少なくありません。

こんな症状が出ている場合にも、やはり主治医に相談し、妊婦でも飲める胃腸薬を処方してもらうのがいいでしょう。
 

特に他に体調や胎児の発育に問題がないのであれば、臨月にはその不快感も解消されるのがほとんどです。

何故かと言えば、出産間近になると、骨盤が開いて赤ちゃんがそちらに”下りる”ため、圧迫されていた胃腸が楽になるからです。

(余談ですが、この時に、調子に乗って食べすぎて、体重が急激に増えてしまった!という体験談は非常に多いです。食べ過ぎには十分注意しましょう)
 

もう一つ考えられる原因は、出産の兆候です。
陣痛を起こすために分泌される”オキシトシン”という女性ホルモンには、子宮の収縮を促す成分ですが、困ったことに、同時に胃腸の収縮を起こしてしまいます。
出産が近い時期に吐き気を感じたら、無理をして動いたりせず、いつでも病院に向かえる準備を整えておきましょう。

もしかして気持ち悪いのは、妊娠高血圧症候群のせい?

ただ、気をつけなければならない場合も存在します。
 

その一つが、”妊娠高血圧症候群”が疑われる場合です。

これはつい最近呼び名が変わった”妊娠中毒症”であり、”妊娠が元になっている高血圧、かつ尿蛋白や血管・臓器に異常が発生している状態”を指します。

妊娠高血圧症候群が悪化すると、妊婦自身はもとより、胎児にも重大な影響が出てしまう可能性があります。

妊婦健診の際、その疑いがあると診断されている妊婦さんが気持ち悪さを感じた時には、十分注意が必要です。
 

もう一つ注意したいのが、脱水症状による気持ち悪さです。

近年、夏場はうだるような暑さが続き、熱中症のニュースも連日世間を騒がせるほどですが、妊婦にとってもこれは他人事ではありません。

加えて、妊婦はそうでない状態に比べ、胎児と自分のために、水分を特に必要としている状態です。
 

脱水症状の兆候としては、気持ち悪さの他、喉が乾く、体が熱くなる、目眩を感じるといった症状が挙げられます。

更に脱水症状が悪化すると、意識の混濁や失神、痙攣といった症状の後、最悪の場合、命を落とすことになります。
 

なお、妊婦が水分を取りすぎるとむくみに繋がる、と考える人もいるようですが、それは大きな間違いです。

むしろ水分不足の状態のほうが、体は水を溜め込もうとするためにむくんでしまいます。

水分は赤ちゃんと自分のために、是非意識して摂取するようにしましょう。
 

気持ち悪い状態から抜け出すには、どんなことをすればいいの?

普段であれば、気持ち悪いと思ったら、何の気なしに胃薬などを飲むことが出来ますが、妊婦はそうもいきません。

加えて、その気持ち悪さの根本は、胃薬を飲んでも改善することはほぼないのですから、別の方法で気持ち悪さを改善するしかありません。
 

まず、食事の際に気をつけたい点を見てみましょう。

○食事は消化のいいものを摂る

○香辛料や刺激物、熱すぎる・冷たすぎる食事は避ける

○油分の少ない、あっさり・さっぱりとした食事にする

○一度の食事で食べすぎず、一日分の量を数回に分けて食べる

○食後すぐに横にならない

何といっても、メニューの選び方、そして食べ方に鍵があります。

気持ち悪い時は、とにかく香辛料等の刺激物を避けた、胃腸に優しい食事にすることが重要です。

そして少しずつでしか食事が摂れないのであれば、少しずつの量を複数回に分けて摂るのも、大変効果的です。
 

続いて、普段の生活習慣で気をつける点はどんな点でしょう?

○気分転換の方法をつくっておく

○適度に体を動かす

○疲れた場合には無理をせずにすぐに休む

○不安な気持ちはそのまま抱え込まず、周囲や主治医に相談する

「病は気から」と言うつもりは決してありませんが、それでも、鬱々とした不安な気持ちが、気持ち悪さを伴うことは少なくありません。

そうしたストレスを発散することも、気持ち悪い状態を抜け出すには有効な場合もありますから、是非試してみて下さい。
 

妊婦が感染性胃腸炎に罹った場合はどうすべき?

勿論、気持ち悪さや吐き気は、これまで見てきたような”妊婦さんの中”に原因があるものばかりではありません。

外、つまり何かしらの細菌やウイルスといった外的による感染性胃腸炎に罹る場合も、決して無くはないのです。

例えば冬場に流行し、その症状の激しさ(辛さ)、感染力の高いことで有名なノロウイルスは、その最たるものです。
 

ノロウイルスに関して言えば、もし妊婦さんがこれに感染しても、細菌自体が赤ちゃんに対して直接的な影響を与えることは、ほぼありません。

しかし、妊婦さん自身の体調が、最終的に赤ちゃんに悪影響が出る可能性があります。

その主たるものが、脱水症状です。
 

ノロウイルスに感染すると、体が「この毒物を一刻も早く外に出さねば!」と躍起になるため、激しい嘔吐や下痢が頻繁に起こります。

罹ったことがある人ならばお分かりのように、水分補給すらままなりません。

ですが、脱水症状を起こしてしまうと、先に触れた通り、最悪の場合は死に至ることもありますから、決して甘く見てはいけない症状です。

勿論、こんな状態が、お腹の中の赤ちゃんに良いはずもありません。
 

このような時の水分補給には、経口補水液が一番吸収が早いためおすすめですが、飲むことも難しいほど酷い吐き気の場合には、病院を受診し、点滴などの処置を受けましょう。
 

妊婦さんがいる家庭では、家族全員で感染性胃腸炎を避けよう

また下痢が激しい場合も、子宮の収縮が起きることから、早産や流産の可能性が高くなってしまいます。

ですから、やはり妊娠中にはこうした感染性胃腸炎に罹るリスクを最大限避けることが重要と言えるでしょう。
 

これは妊婦さんだけでなく、妊婦さんと一緒に暮らす家族も同じことです。

ノロウイルス等のシーズンになったら、まずは家族で自衛して、家族内で感染者を出さないよう十分注意しましょう。

手洗いうがいの徹底や、空気の乾燥を避ける、空気をこもらせない、外出の際にはマスクをする、原因菌やウイルスを含んでいる可能性がある食べ物は食べない等、出来ることは沢山あります。

それでも家族が感染性胃腸炎に罹った場合に備え、嘔吐物の処理用のゴム手袋・バケツ等の専用品を用意しておいたり、経口補水液や消毒液を準備しておくといいでしょう。
 

こうした自衛手段をしていても、それでも万一感染性胃腸炎に罹ってしまった場合には、まずかかりつけの産婦人科に、電話などで指示を仰ぎましょう。

病院によっては、余程ひどい状態にならない限り(他の妊婦さんへの感染を防ぐために)来院を断られることもあるようですが、それでも何がしかの指示は貰えます。

決して間違っても、自己判断で下痢止めを飲むことだけはしてはいけません。
 

気持ち悪さの種類は、妊娠期間別に見ても、様々な要因がありました。

しかし「本当にこの気持ち悪いのは○○が原因?」と不安に思うようならば、やはり主治医に相談するのが一番です。

関連記事はこちら

人生で失敗した時に大学に行かなかったことを後悔する理由を解説

人生においていくつかのターニングポイントがありますが、その中...

貯金が趣味の人はつまらない性格の人が多い理由と楽しむ方法

趣味が貯金だというひともいますが、お金を使うことによっていろ...

ブドウ糖の点滴は、太る?ブドウ糖の成分と注意点について解説

体重制限をしている方や糖分などを気にしている方にとって、ブド...

トランサミンとは何か?副作用で動悸などが起きた場合の対処法

トラネキサム酸を主成分とした「トランサミン」は、止血効果や炎...

ディーラーの営業マンを変更する時に気をつけたいポイント

車を購入する時にディーラーの営業マンによってはいろいろとお世...

耳が痛い!外側が痛い原因は?何の病気?対処法教えます

耳の外側に痛みがあるのは、心配で不安になりますよね。 ...

一人暮らしが初めてのアラサーへ 失敗しない注意ポイントを解説!

アラサーになるまで実家で甘えていたいけど、家をでてみたいと考...

大学生が一人暮らしでつらいと感じる瞬間とその対策をご紹介

地方から大学に通うために引っ越しをしてきた時に、一...

財布を落とした時のお礼の仕方と、やってはいけない行動

自分が財布を落としてしまった時には、目の前が真っ白...

国会議員の給料は高すぎると感じる理由を解説

国民として国会議員に対する期待は大きいですが、こと...

高3の夏休みに遊びたいなら 把握すべきは自分の○○だった!

高3の夏休みといえば、まさに受験前の貴重な時間です...

公務員になりたいのに勉強がつらい!気持ちを切り替える方法をご紹介

公務員になるために勉強を必死で頑張っているのに、だ...

会社をバックレてしまったときに離職票をもらうための方法

精神的に追い込まれてしまうと、会社をバックレてもいいと思って...

妊娠5ヶ月のお腹の状態と苦しい時の対処法

妊娠5ヶ月になると安定期に入ってきますが、お腹が苦しいので辛...

母が病気になり辛い気持ちで一杯… そんな気持ちの整理の仕方

元気だった母が病気になる、また亡くなる可能性もあるとなると辛...

友達依存をやめたい!自分でできる自分の変え方とは

友達に依存していると自分でも分かっているので、やめたいと思っ...

友達から出産報告がない?祝福したいのに連絡をくれない心理とは

友達との関係性は何かあった時によくわかりますが、妊娠をしたこ...

離乳食、納豆はそのまま使ってOK?加熱の必要性とお勧め活用法

赤ちゃんの離乳食を作るとき、初めの頃は〈生もの厳禁...

料理が下手な嫁に悩んでいるあなたへの解決法!

何を作っても料理が下手なのにその事を嫁に言えずに悩んでいます...

車のテレビが映りにくい!できるだけ電波良くする方法とは

車の中にテレビが搭載されていると何かと便利ですが、...

 - 妊娠に関する雑学

ページ
上部へ