気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

《こんなはずじゃ・・・》旦那が仕事ばかりで寂しいあなたへ

2016.11.15

家族のために毎日毎日、一生懸命働いている旦那さん。仕事がないと生きていけませんから、頑張ってくれているのはありがたいことですよね。

でも、思っていた結婚生活と違う・すれ違いの生活が寂しいと感じてしまう・・・そんな自分がいるのも事実ではないでしょうか?

言っても仕方ない自分のわがままだと悩まず、何か良い解決方法がないか考えてみましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

しょっちゅう家に来る義母が苦手な、産後のママのための改善策!

夫と結婚してから、ずっと良好な関係を築いてきた義母。 しかし我が子を出産した途端、義母のことで...

高校生の恋愛事情!同じクラスの好きな人へのアプローチ法!

高校の同じクラスに好きな人がいる。だけどどうアプローチすればいいのか分からず、なかなか想いが告げられ...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」 「ウェディングドレス似合うんだろうな〜」 何気な...

同棲を解消することに‥一人だと寂しいと感じるあなたへ

交際を始めてすぐ、または結婚を前提にお付き合いしているからなど、様々な理由で同棲しているカップルは多...

《ちょっと、先走ってない?》彼氏が子供を欲しがる理由

「俺、子供好きなんだよね」「子供は二人、女の子と男の子がいい!」 彼氏が将来を真剣に考えてくれ...

結婚の挨拶に彼の両親に会ったので御礼の手紙を送りたい時

結婚の挨拶は緊張しますよね。 特に彼の両親に挨拶に行った場合は。 服装、髪型、手土産、話...

既婚者でも好きな人に会いたい気持ちを押さえられない人へ

既婚者でも好きな人の場合、たとえそれでも「会いたい」という気持ちがあるのは人として当たり前です。 ...

母親に結婚を反対された!どうすればいいの?

ずっと憧れていた彼との結婚がどんどん現実味を帯びてきたとき、いくつかの壁にぶち当たることってあります...

再婚して子供を養子縁組すべき?苗字を変えない再婚

再婚して、子供を養子縁組にするか否か悩んでいる人がいると思います。 苗字の問題は子供がある程度...

旦那の親と絶縁する理由と方法、そして今後について

旦那の親から心無い仕打ちを受けた、暴言を吐かれた、等々お嫁さんはつらい思いをしています。 その...

気づいたら既読無視していた!彼氏が怒る理由と対処法

彼氏とLINEをしている時に、気づかぬうちに既読無視をしてしまったということもあるかもしれません。 ...

メール不精女に悩んでいる男子必見!好きな人へのメール内容

あなたの彼女さんはメール不精ではありませんか?一般的に女はメール好きと思われていますが、そうでない人...

結婚前提の同棲 どれだけ貯金をする?割合はどう決める?

お互いに結婚をする意志があり、かつその資金を効率よく貯金したい――そんなカップルが取る手段といえば、...

彼女の手料理をもっとおいしいと感じるためには?上達すればみんな幸せ

彼女の手料理がおいしいととても嬉しいですよね。 しかし、実はイマイチと思っていても、お世辞で「...

バツイチの男性と再婚 養育費の問題について

好きになった人がバツイチの男性。 結婚を考えても、やはり気になるのが、彼が前妻との間にいる子供...

スポンサーリンク

旦那が仕事熱心なのは良いこと!なのに、寂しいと思うのはどうなの?

夢にまでみた好きな人との結婚生活。苗字が変わり、新しい家で始める新しい生活!がしかし、いざ始まってみると想像してたものとどこか違う・・・?とギャップを感じる人も多いのではないでしょうか。

まだカップルだったころはお互いを最優先していて常にラブラブだったのに、今では激務をこなす旦那を影で支える役。妻とはそういうものかもしれませんが、同棲していたカップルでなければなおさら、相手の仕事を中心とした生活に慣れるのは大変です。

また現在子育て中であれば、ほぼシングルマザーのように過ごしている方も多いでしょう。コロコロ変わる子供の気分に翻弄されながら、側には頼りになる旦那もいない。そんな中で育児ノイローゼになってしまう場合もあります。

これから子供がほしいと思っていても、今の生活においてベストなタイミングがいまいち掴みづらいですよね。1人で子育てをしていかなければいけないとなると、なかなか産む決意も固まりません。

さらにそれほどまでの多忙を極めていたら体調だって心配になります。過労でうつ病なんて今の世の中では決して他人事ではありません。無理のしすぎで一家の大黒柱が病気になってしまったら元も子もありませんよね。

ではこの現状を少しでも改善していくには、一体どうしていけばいいのでしょうか。

仕事を否定せずに旦那に寂しい気持ちを伝えてみる

旦那さんの今の仕事は、本人が希望していた職業なのでしょうか。

もしずっとやりたかった仕事、好きなことを仕事にしている場合は、たとえ過酷な労働条件だったとしてもやりがいを感じながら働いているかもしれないですよね。

そんな時に「家にいなくて寂しい」「もっと一緒にいてほしい」と伝えたらどう思うでしょうか。

家族を養っていくという使命感を持ち、やりがいある仕事に打ち込んでいたのに、その仕事に不満があると言われてしまったら?誰しも自分の好きなことや熱中していることに対して、否定的な意見というのは聞きたくありません。

そこで旦那さんへ素直に気持ちを伝えるポイントが《一緒にいられることが嬉しい・楽しいと伝える》ということ。

1日の半分近くが仕事でそれ以外が睡眠、そこから余った時間が夫婦の時間だとしたら、チャンスはそこしかありません。

テレビを見ている時、ご飯を食べている時、一緒に同じことをしていなくてもさり気なく伝えてみてください。

「いつも家で一人だけど、やっぱり二人でいると楽しいね」

「今日は一緒にご飯食べれるから嬉しいな」

嬉しいと言われて嫌な気持ちはしませんよね。

“寂しい”というネガティヴな言葉ではなく、あえて“楽しい”や“嬉しい”といったポジティブな言葉を使ってみてください。

これにより仕事に対して否定的な意見にもなりませんし、会話の雰囲気も重くなりません。“今あなたといることが特別”ということを伝えるのです。

寂しいとストレートに伝えなくても、きっと旦那さん自ら気づくことがあるはずです。

寂しい気持ちも落ち着く?旦那の生活リズムに合った仕事をしてみる

気持ちが旦那さんに通じても、急に物理的な距離は変わりません。

寂しい気持ちを理解してくれたけど、それでも仕事は忙しいしなかなか一緒にいる時間が取れない。それならいっそあなたが忙しくなってみるのが手かもしれません。

世の中の主婦の半数以上が、専業主婦よりも働きに出ることを希望していると言われています。

バリバリに働いていた頃は「結婚して専業主婦になりたい」なんて声をよく耳にしていたのに、いざなってみると今度は働きに出たくなるなんて不思議ですね。

しかし家計を主に支えるのが旦那さんの家庭の場合、奥さんは家事をメインにこなしている方が多いはず。仕事を始めることで家の事が疎かになるのは避けたいですよね。あくまで家庭を最優先で仕事探しをしていきましょう。

1.平日夕方までの仕事

ただでさえ夫婦の時間が少ないのですから、旦那さんが帰宅する時間には家に帰っていたいですよね。

夕方で終業となっていても、残業がどの程度あるのかと土日祝日の休みについて詳しく調べておきましょう。

2.急な休みも取りやすい

子育て中の方はこれがネックになる場合も多いのではないでしょうか。

独身時代は自分の体調が悪くても多少無理して働けたけど、今は家庭の仕事もあるのです。旦那さんに負荷をかけないためにも、休みの取りやすい仕事であるに越したことはありません。

3.お盆や正月、GWなど連休の有無

カレンダー通りに休みを設定している会社もあれば、最近ではわざとずらして設定しているところも増えてきています。

旅行に行ったり実家に帰ったり、2人とも仕事を始めるとなかなか連休を合わせるのは難しいものです。

極力旦那さんの日程に合わせた仕事を探してみてはいかがでしょうか。

寂しさを忘れるほどの趣味を見つける

妊娠している、小さい子供を預けられない、旦那さんから専業主婦になってほしいと言われているなど、働きに出たくてもそうはいかない場合もありますよね。

ではこれを機にひたすら没頭できるような趣味を探してみましょう。

誰でも手軽に始められる趣味をいくつかご紹介します。

《心も身体も健康に!運動で自分磨き》

・ジョギング

・ウォーキング

・ヨガ など

自分の身体一つで始められるので初期費用が抑えられます。

身体を動かすことで頭もすっきりしますし、気分転換もできて何より健康にもなれるなんていいこと尽くし!

《素敵な思い出をとっておくアルバム作り》

特別なお出かけ以外にも、何気なく携帯で撮ったりする写真ってどうしてますか?

データフォルダにあるだけなんて勿体無い!ちょっと手間はかかりますが、手作りのアルバムにしてみてはいかがでしょうか。

作りながら楽しい思い出に浸っていたら、きっと寂しさも感じません。ネット上で簡単にアルバムなんて作れますが、あえてアナログ手法で作ることをおすすめします。

《胃袋を掴んで離さない!料理修行への道》

「男は胃袋を掴めばOK!」そんなようなことを誰かが言ってましたね。

旦那さんの好物を外へ食べに行くのもいいですが、自分で振る舞えたらきっとさらに喜ばれるでしょう。

普段のメニュー以外にもクリスマスのご馳走やお正月のおせちなど、うまく作れたらちょっぴり自慢できるような料理に挑戦してみてはいかがでしょうか。

大丈夫、きっと寂しいのはあなただけじゃない

あなたが旦那さんに対して寂しいと思っているように、口に出さないだけでそう思われていると考えたことはありますか?女性に弱いところを見せたくないという男性は多いものです。

仕事が原因となると急な環境の変化は難しいのが現実。だけど二人で出来ることはたくさんあるのです。

1日のうちで長い時間離れた場所にいるのだから、家の中で顔を合わせる時間を大切にしましょう。2人が2人の生活をしていたらいつか壁にぶつかります。改善していきたいという気持ちがあるのなら、お互いに歩み寄っていく努力が必要です。

例えば起床時間が早い方に合わせて一緒に起きたり、帰りが遅い方に合わせて一緒にご飯を食べたり。時間があまりにもずれていたら難しいとは思いますが、「おかえり」と笑顔で出迎えるだけでも変わってくるものです。

一緒に暮らしているのに誰とも顔を合わせないなんて寂しいですよね。逆に安心できる相手が家にいれば“帰ってきたい”と思えるはずです。帰ってきたい家庭作りが出来ていないと、旦那さんの家庭離れのきっかけになってしまう可能性もあります。

またメールや電話といったコミュニケーションツールもありますが、それでも顔を見て話すことで、文字や声だけでは伝わらない気持ちも伝わります。大事な話や本当に伝えたいことはきちんと相手を前にして話ましょう。

この記事のまとめ

  • “一緒にいられて嬉しい”と前向きな言葉を使う。
  • 仕事について口出し、否定をしない。
  • 自分の時間を有効活用する。
  • 顔を合わせる時間を作るようにする。

仕事が原因となるとなかなか本音も言いづらいと思いますが、前向きな言い回しを使うことで会話の空気も悪くならないですし、旦那さんの心にも響きやすいのではないかと思いました。

 - 恋人・夫婦に関する雑学