気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

《子供といえどライバル?》旦那が子供に嫉妬するわけ

2016.11.15

二人で喜んだ妊娠、お腹が大きくなるにつれて楽しみにしてきた我が子との新しい生活。旦那もわたしも子供の誕生を今か今かと待ちわびていたはずなのに、いざ産まれてみたら旦那の反応がなんか違う・・・と違和感を感じたことはありませんか?

待望の子供の誕生にしては、わたしと子供を見て不機嫌になることが多いような。

それ、もしかしたら嫉妬かもしれませんよ。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

《男なのになんで?》周りから「かわいい!」と言われてしまう理由

人にはそれぞれ、言われて嬉しい言葉と嫌な気持ちになる言葉がありますが、難しいことに嬉しいはずの言葉は...

友達から出産報告がない?祝福したいのに連絡をくれない心理とは

友達との関係性は何かあった時によくわかりますが、妊娠をしたことも知らなければ出産報告もない時は、友達...

《もしかして子供嫌い?》うちの旦那が子供と遊ばないわけ

公園や遊園地、ショッピングモールから近所のスーパーまで、休日ともなればお父さんと手を繋いではしゃぐ子...

会社の同僚と飲み会は必要?飲み会の意外な注意点もあり!

「飲みにケーション」と言われるように、会社では何かにつけて同僚と「飲み会」の機会があります。 ...

一人称が名前の女性は自己主張が強い?一人称名前の女性の性格と心理

「〇〇ちゃんはね〜」と幼い子供の一人称が自分の名前というのはよくある事です。しかし、年齢が上がるにつ...

一人暮らしで親から解放!親と絶縁で困った事、良かった事

一人暮らしといえば、親から自立したと言えます。 円満に自立出来た人もいれば、絶縁状態での自立と...

友達依存をやめたい!自分でできる自分の変え方とは

友達に依存していると自分でも分かっているので、やめたいと思っていてもつい友達に頼ってしまうことも多い...

母と喧嘩!それ以降ずっと無視‥。関係修復にぴったりの方法

母と喧嘩するという経験は日常茶飯事ですよね。 でもちょっとした喧嘩がきっかけで、母親から無視さ...

ブログへコメントする際はマナーを守って楽しい会話を

ブログを始める人が増えてきました。 それにつれて、ブログにコメントする人も増えてきました。 ...

電話の折り返しがなしの場合の対策、友人、恋人、会社の場合

電話を架けても折り返しの連絡がなしだと、こちらから再度アプローチをすべきか、それとも待つべきか悩みま...

親にお金を貸す時に注意する事と貸さない時の断り方

「金の切れ目が縁の切れ目」と言いますが、お金の貸し借りに関しては、よほど関わるのに覚悟が必要です。 ...

親が「お金を貸して」と言われて時の子供がとるべき態度

親に「お金を貸して」と言われる事があると思います。 もちろん子供としては、親に育ててもらった恩...

親に感謝できない私は人間失格?親子関係に悩んでいる人へ

「親に感謝できない」と悩んでいる人はたくさんいます。 一般的には「親には感謝すべき」という考え...

イケメンと付き合ってる友達に嫉妬しちゃった経験、ある?

人は顔じゃないよ、中身だよ!なんて言いつつも、心のどこかで気になっている容姿のこと。 もしも友...

プレゼントするなら女性の職場に相応しいものにしよう

誕生日や退職時など、職場の上司や同僚にプレゼントする人もいるでしょう。 でも、何をプレゼントす...

スポンサーリンク

旦那が子供に嫉妬しているサインはこれ!

二人の愛する我が子であるはずなのに、なぜ嫉妬?と思う女性も多いはず。

女性は身体の中で子供を育てたのち出産を経験するので、“母親”という自覚を持ちやすいと言われています。

しかし男性は身をもって父親になるということではないので、自分の子供を目の前にして少しずつ父親になっていくのです。

子供が生まれることで、生活は良くも悪くも変わるもの。夫婦だけの生活から一変し、子どもが中心の生活が待っていることでしょう。

そんな中で今まではお互いが全てだったのに、子供に対する時間が多くなったことによって「ほっとかれている」と感じてしまう男性がいるのです。・・・なんだかこっちが子供みたいですが、父親になりきれていない証拠ですね。

特に男の子が生まれた場合、相手は小さい子供といえど同じ男。自分の愛する妻を奪われた!という感覚に陥ってしまう場合も決して少なくありません。

生まれるまではすごく楽しみな様子で生まれた時も嬉しそうだったのに、子供にずっと付きっきりの生活になってからなんだか不貞腐れてる?そんな風に感じたら旦那さんの嫉妬だと思って間違いないでしょう。

いい大人が面倒臭いな?と思わず、大きなトラブルになる前に解決策を考えていきましょう。

嫉妬の原因は子供が旦那に懐いていないから?

生まれて間もない子供は当然、一人でミルクも飲めなければオムツの交換もできません。生きていくためには常に誰かの手助けが必要です。

母親であるあなたが主に子育てをしているとしたら、その間旦那さんは外でお仕事を頑張ってくれているということですよね。

そうなると旦那さんは必然的に奥さんよりも子供と触れ合う時間が限られてきてしまいます。それはどうしても仕方のないことですが、子供は正直な者で小さいうちから人見知りをする場合が多いようです。

普段一緒にいる母親に対してはすぐ信頼を寄せますが、あまり顔を見ない父親に対しては警戒心を抱きやすいのです。これは旦那さんからすればショックなことですよね。

自分が構ったり抱っこして大泣きされたらどうしていいか分からなくなり、旦那さんの方からも泣かれると思うとなかなか触れ合う機会を持ちづらくなるものです。ただびっくりして泣いているだけでも、それが自分を拒絶しているように感じてしまうからなおさら。

そんな自分に懐いていない子供への嫉妬を抑えるために旦那さんに“父親”という自覚を持ってもらうこと、それにはあなたが親子のコミュニケーションのきっかけを積極的に作っていくことがとても重要なのです。

旦那が子供に嫉妬しないための触れ合いとは

子供は常にたくさんの愛情を欲しています。

自分の事を愛してくれて守ってくれる、そんな信頼のできる人物に子供は懐きます。子供に嫉妬するのはなにも旦那さんに限った話ではありません。

女性であっても「旦那を子供に取られた」「母親よりも父親に懐いてるのがショック」と感じる方はたくさんいるのです。今は旦那さんの嫉妬に悩まされていますが、その悩みが解消した時に逆の立場とならないように気をつけましょう。子供は決してどちらか片親のものではありません。

仕事などで不在の時間があるため、あなたと旦那さんが平等に愛情を注ぐというのは難しいでしょう。けれど、その時間を埋めるように努力していって損はありません。

買い物は三人で一緒に行動

子供が小さいうちは外出するのも大変ですよね。

どこかショッピングモールへ行っても、ここで遊ばせてるからこれ買ってきて!なんてどちらかが面倒を見てる間に用事を済ませたりしてませんか?

まだ言葉をうまく理解できてない年頃でも、子供は大人の行動をじっと観察しています。二人の仲が良ければ嬉しそうになり、喧嘩が始まると泣き出したりしませんか?

大好きな母親と一緒に行動している父親の姿を見せれば、だんだんと「この人は良い人」と警戒心が薄れてくるでしょう。

ご飯を一緒に食べる

休日の一食だけでも、子供と同じ時間に食事をしてみてください。

食べるという行為は生きる事に直結していますが、それを一緒に行う事で緊張感がほぐれやすくなり、仲間意識が強くなると言われています。

現代では全員が同じ時間に食事をするという家庭がそれほど多くありません。小さいうちから意識して一緒に食事をすることで、家族の繋がりも強くなっていくのです。

人間と嫉妬は切っても切り離せない?

そもそも人はなぜ嫉妬をするのでしょうか。

様々な要因が重なった負の感情だということはわかりますが、根本にあるのは自分の価値を認めてほしい・自分を欲してほしいという欲求です。自分に向いていた愛情が他へ向けられた時、自分の価値がわからなくなってしまうことで生まれてくる感情です。

嫉妬というと女性特有と思われがちですが、男性であっても何ら変わりはありません。

誰だってできる事なら嫉妬なんかしたくありませんから、そんな不安定な状態でいる旦那さんへ「男が嫉妬?格好悪い!」なんてくれぐれもとどめを刺したりしないでくださいね。

子供が中心の生活になっても、旦那さんはあなたが一生を誓ったパートナー。

夫婦の時間を過ごすことも忘れないでください。

子供を寝かしつけたあとに夫婦の時間を作る

ついつい一緒にそのまま寝てしまいそうになりますが、普段旦那さんが見ることのできない子供の行動を話したり、将来について真剣に話したり。

休日の前だけでもゆっくりと二人で話す時間を作ってみてはいかがでしょうか。

家族に預けて久しぶりのデート

子供を預けて出かけるなんて・・・と抵抗を感じる方もいるでしょうけど、孫がくるとなればすんなり受け入れてくれる親は多いもの。自分の愛する我が子の子供ですから、同様に愛おしく思うものなのでしょう。

たまには昔を思い出して二人で出かけてみるのも気分転換になりそうですね。

円満な家庭を築いていくためにできること

親子の良好な関係を築くためには、夫婦の良好な関係が必須です。

異なる生活環境で育ってきた者同士が同じ生活をしていくのですから、その分ストレスを感じる事もきっと多いですよね。

相手の自分とは違う考えを認め合った上で、なんでも話せる二人でいることが望ましいです。

しかし24時間休む間も無く子供の世話、そして旦那さんの様子を伺いながら過ごしていたらあなたにも限界がきてしまいます。

適度な息抜きや自分に合ったリフレッシュ方法を見つけておくことをおすすめします。

日課に取り入れてみよう!散歩のすすめ

小さな子供がいる方は、ほとんどを家の中で過ごしがちではないでしょうか。同じ時間に同じ事をする毎日・・・けれど同じ習慣であっても、家の中と外とで大きな差があります。

外で太陽の光を浴びると紫外線などの害が気になりがちですが、人間の身体は太陽光を必要としています。

もちろん真夏の炎天下に長時間いることは危険を伴いますが、木陰のベンチに座っているだけでも効果は抜群。

太陽光を浴びると体内でビタミンDで生成されるのですが、これが疲労回復・アンチエイジング・がん予防など幅広い効果をもたらしてくれます。

なんだか毎日疲れちゃうな・・・そう思ったら、家族みんなで外へ出てみてはいかがでしょう。

この記事のまとめ

  • 嫉妬に対して大人気ないと貶さない。
  • 旦那と子供の触れ合いを大事にする。
  • できるだけ家族みんなで行動する。
  • もう疲れた!と思ったら太陽光を浴びる。

嫉妬なんて時間が経てば消えるもの、というように軽く考えがちですが、嫉妬している側にとっては結構深刻な悩みだったりしますよね。

家族なのに気を使いながら過ごすなんて疲れてしまいますし、なによりみんな仲良く過ごせるのが一番!改めてそう感じました。

 - コミュニケーションに関する雑学