気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

《もしかして子供嫌い?》うちの旦那が子供と遊ばないわけ

2016.11.15

公園や遊園地、ショッピングモールから近所のスーパーまで、休日ともなればお父さんと手を繋いではしゃぐ子供たちをよく見かけますよね。

家族みんなで楽しく遊んだりお出かけをして思い出を作っていきたいのに、うちの旦那は子供と遊ばないどころか関心が薄いような・・・。

小さいうちは色々なことを経験させたいし、たくさんの愛情を注いであげたい。旦那をなんとかしたいけど、一体どうすればいいの?

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

イケメンと付き合ってる友達に嫉妬しちゃった経験、ある?

人は顔じゃないよ、中身だよ!なんて言いつつも、心のどこかで気になっている容姿のこと。 もしも友...

友達だけど、一緒には旅行に行きたくないと思う理由

普段は結構仲の良い友達だけど、二人で一緒に旅行は行きたくないと感じる事ありませんか? それはあ...

反応に困る。友達から可愛いと言われる時の上手な切り返し方

最近では自撮りブームで、盛れる写真アプリが流行っていたり、SNSで自分の顔をアップすること...

どうすればいい?小学校の先生に上手にクレームを伝える方法

あなたは自分の子供が通う小学校にクレームを伝えた事はありますか? あまり事を荒立てたくはないし...

友達依存をやめたい!自分でできる自分の変え方とは

友達に依存していると自分でも分かっているので、やめたいと思っていてもつい友達に頼ってしまうことも多い...

ブログへコメントする際はマナーを守って楽しい会話を

ブログを始める人が増えてきました。 それにつれて、ブログにコメントする人も増えてきました。 ...

学校で友達に会うのが嫌という人に。本当の友達って何?

学校がつまらないと考えている人はたくさんいるでしょう。 つまらない理由はたくさんありますが、中...

緊張のあまりに吐き気がしてこわい!嘔吐恐怖の克服法まとめ

ページの目次1 その緊張からくる吐き気は、いつどんな時に起こるのか?2 緊張して吐き気がするが、実際...

ディーラーの営業マンを変更する時に気をつけたいポイント

車を購入する時にディーラーの営業マンによってはいろいろとお世話をしてくれるので、非常に助かる存在です...

親に感謝できない私は人間失格?親子関係に悩んでいる人へ

「親に感謝できない」と悩んでいる人はたくさんいます。 一般的には「親には感謝すべき」という考え...

学校で友達がいない‥。ぼっちの学生生活からの脱出!

学校に友達がいないというのうは、よほどメンタル強度が高くないと中々厳しい状況です。 勝負は初め...

両親の不仲が原因で恋愛がこわくなったあなたへのアドバイス

子供の頃から両親の不仲が原因のけんかを見ていると人間不信になってしまう人がいます。 特に女性の...

女友達と旅行。二人きりで過ごす夜について考えよう

恋人ではない女友達と旅行に行くことになった。 もちろん、二人きりで過ごす予定。 これは彼...

ブログでコメントを無視したり、無視されるのはどうして?

好きなブログでコメントを残したのに無視されたことはありませんか? 逆に自分のブログで荒らしの人...

《男なのになんで?》周りから「かわいい!」と言われてしまう理由

人にはそれぞれ、言われて嬉しい言葉と嫌な気持ちになる言葉がありますが、難しいことに嬉しいはずの言葉は...

スポンサーリンク

旦那が子供と遊ばないのって普通のこと?

「毎日仕事でクタクタに疲れて帰ってきて、休日くらいゆっくり休みたいのはわかる。わかるけど、ずっとテレビの前で寝そべってるのはどうなの?」

ネット上にはこのようなお悩みの投稿が溢れています。

一家を支えてくれている旦那さんを労う気持ちも勿論ありますが、それでも子供との時間を作ってほしい。そう思う奥さんがたくさんいるということです。

早い時間に家を出て遅い時間に帰ってくると、一週間の中で子供が父親と会えるのは休日だけ、そんな家庭も多いかと思います。

子供にとっては待ちに待ったお父さんと遊べる日!なのに、旦那さんは適当にあしらって終わり。そんなの、見てるこっちが寂しい気持ちになっていまいますよね。

子供は大人が思ってる以上に敏感に物事を感じ取ります。また幼い頃の生活や経験が今後の性格の形成に関わってきます。

両親からたくさんの愛情を注がれて育つことは、当たり前のようで実は大変なことなのです。

できることなら我が子には辛い思いをして欲しくないし、家族を大切にする思いやりのある子に育ってほしい。

それならば、現状を打破するべく旦那さんを変えていくのがあなたの使命です。

「こういう人だから、何言っても無駄」

つき離さずにとことん向き合ってみましょう。あなたが愛し、長い人生を共に歩むと決めた人です。

旦那の父親も子供と遊ばないタイプだったのかも

一体なぜ旦那さんは子供と遊ぼうとしないのか?もしかすると、その原因は旦那さんの子供の頃の記憶にあるかもしれません。

昔の小説なんかで出てくる一家の大黒柱といえば、寡黙で常に冷静。本当に大変な時に手を差し伸べてくれるような父親・・・もしもそんな家庭で育っていたとしたら、自分自身はどんな父親になるでしょうか。

小さい頃に父親と遊んだ記憶がなければ、いざ自分が父親となった時に“子供と遊ぶ”という考えがそもそもないかもしれませんね。

子供は子供同士で遊び、面倒は母親がみるものと思っていたら?気付かせないことには始まりません。

そこでまず試していただきたいのが、旦那さんに子供の頃の父親との思い出を聞いてみること。

もしかしたら、なにか家庭環境に問題があったのでは?というのは勝手な憶測なので、「あなたが小さい頃のお父さんってどんな人だった?」と自然に聞いてみましょう。もし楽しかった思い出ばかりが出てくるのであれば、せっかくの休日に子供の相手をするのが面倒なだけ、という可能性も。それでも今の自分と重ねて、はっと気づいてくれるかもしれません。

この答えから、旦那さんが子供に対して積極的に関わろうとしない理由が少しずつ読み取れてくるのです。

子供と遊ばない旦那の未来予想図

現状が続いていくと、一体どんなデメリットがあるのでしょうか。

子供と父親の組み合わせは、母親に比べて一緒に居られる時間が限られています。毎日一緒にいる人とたまにしか合わない人、どちらに懐いていくかは明白ですよね。

子供が父親に対してよそよそしくなってしまうと、なおさら父親のほうから距離をとってしまい悪循環に陥ります。

これが続いていくと、家族にあまり関心がないまま育ってしまうことも予想できます。家族の繋がりを感じてこなかったのですから、大人になって家を出てもなかなか帰ってこなかったり。いざ父親と会っても、一緒にいた記憶がないのでぎこちない距離感は埋まらないでしょう。

そこで子供とお父さんについてお話をしてみてください。

「お父さんは毎日お外で頑張ってくれてるんだよ」

「お父さんが頑張ってくれてるから、みんなが美味しいご飯を食べれるんだよ」

「お父さんはすごいね」

子供からすると、普段家にいない父親の行動は全く予想できません。“ただのいつもいない人”と思わせずに“尊敬できる人”であるということを伝えていきましょう。子供はとても素直なので、理解してくれるまできちんと伝え続けてあげてください。

普段子供の面倒さえ見てくれないのに、旦那を尊敬なんてできない!と思っていても、子供はそんな考えのあなたを見て育つことを忘れずに。

実践あるのみ!父親と子供を繋げるきっかけ作り

家の中にいると自分の好きなことしかしない旦那。ならばみんなで外に出てしまいましょう!

《非日常的な場所で思い出作り》

手軽に近所の公園などへ行けたらベストですが、それでは面倒くさがって留守番するなんて言い出しそうですよね。ならば思い切って少し遠い遊園地や、一泊二日で行ける場所を探してみてはいかがでしょうか。

いつもとは違う場所に子供も気分が高まりますし、周りの目もあるので旦那さんもないがしろにはできないはず。なるべくたくさんの家族がいる場所を選ぶのがポイントです。

日頃の関わりが薄い分、共通の思い出ができることで会話のきっかけにもなっていきます。

《旦那を子供時代にタイムスリップさせる》

人間誰しも自分の好きなものを見つけた瞬間は一気にテンションがあがりますよね。それに対して同意を得られたり、共通の趣味を持ってもらえたらとても嬉しいはず。

子供の頃に好きだったものを、大人になってもずっと好きでいる男性は多いものです。得意げに話し始めたら、子供もきっと興味を持つでしょう。ぜひ旦那さんが喜ぶ場所を家族みんなで訪れてみてください。

男性が“父親”になるために大切なことを考えてみる

女性は妊娠すると、長い間自分の身体の中の子供と共に毎日を生きていきます。

お腹がどんどん大きくなったり、胎動を感じるようになったり。そういった環境の中で少しずつ母親としての自覚が強まってくるものです。そして産まれてからもそれは続きます。

しかし男性はそうではありません。

ある日妊娠を告げられ、ある日自分の子供が産まれてくるのです。

手に触れたとき、話しかけられるようになったとき、成長していくにつれ分かる血の繋がりを感じさせる特徴に、少しずつ父親という自覚を持ち始めます。この自覚の強さや時間差は、生物学上仕方のないこと。

仕事が忙しかったり生活リズムが合わなかったりと、生まれたばかりの我が子と触れ合う機会が少なければ、自覚を持つのだってそう簡単なことではありません。

しかし後悔しても時間は戻せないし、やり直せるわけではありませんよね。それならば今から触れ合う機会を持てばいいのです。

今はまだ小さな子供もいつかは親の元から離れて生きていきますが、まだまだ時間は十分残されています。

家族の現状を悲観せずに、これから変えていこう!と前向きに捉えてください。根気のいることではありますが、あなたの工夫次第で親子の関係はきっといい方向へと向かいます。

この記事のまとめ

  • 実は旦那のお父さんが原因かも。
  • 日頃から子供に父親の話をしてみる。
  • 家以外の場所で家族の思い出を作る。
  • 男女の違いを受け入れる。

子供に「お父さんは仕事でいないんだよ」と話してもきちんと理解するのは難しいですよね。週末しか合わないお父さんが待ち遠しい反面、子供心ながらに少し緊張があるかもしれません。

母親からたくさん父親の話をすることで子供の気持ちが少しずつ動いていけば、きっと旦那さんも何かを感じ取り改善へ向かうのではと思いました。

 - コミュニケーションに関する雑学