キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

仕事が憂鬱な人必見!上司のきつい言動を回避する方法

2016.11.15

仕事は大変なもの。

理解していますが、それでも上司がきつい人が来るとその苦労は倍増します。

言っている事が正しい、言っている事が正しくないどちらにしろ、きつい言動は答えます。

これらは回避できるのか?回避方法についてご説明いたします。

仕事場での自分の振る舞いについて考える

まず自分の言動から振り返ってみましょう。

社会人として当然の事をしていますか?

遅刻、早退は多くありませんか?また無断欠勤などしていないでしょうね。

やはり勤怠関係というのは、社会人としても常識を問われます。ここがいい加減だと仕事の仕上がりに関しての上司の目が厳しくなります。

上司に会ったら挨拶をしていますか?自分からしなくてはいけませんよ。

どうしても挨拶が苦手という人はいます。でも挨拶は人間関係の基本ですから頑張りましょう。話す言葉は決まっていますので、さほどハードルは高くないはず。上司は無視することもあります。単純に気が付かない事もありますが、性格的に部下には挨拶は必要ないと考えている場合もあります。そういう人相手に「無視されるから挨拶しない」という態度は逆効果です。そういう人こそ、部下の上司に対する振る舞うについて非常に細かいのです。無視されても、気にせずに挨拶は続けましょう。

無視する上司から挨拶された時、これは上司があなたに「デレ」た時なのです。

仕事の上司の言動がきついと感じたら?

相手は上司です。キレないように気を付けましょう。

中には「何これ、ものすごい理不尽」と感じることもあるはずです。

親同様に私たちも上司に完璧を求めがちですが、相手はただの人間です。間違いもするし、人の好き嫌いもあります。

逆に怒るレベルによってその人の器の大きさが分かります。小さなことで攻め立てるような上司はものすごい小さな器という事です。つまり人間として小さいわけです。

小さい人間のいう事なんて、はっきりいって聞く価値はありません。他の人も同じ事を考えていますから、その上司が怒れば、怒るほど、職場の雰囲気は冷えていくでしょう。

職場の空気は「アンチ上司」になっていきます。

そうすればあなたの勝ちです。みな口には出しませんが、気持ちはあなたの味方です。そしてこういう空気といのは気の小さい人ほど気にするのですね。

もちろん、その上司が態度を改めることはないと思いますが、あなたはキチンと仕事をこなしていれば、必ずわかってくれる人はいます。あなたは一人ではないのです。

上司がきついからと言ってやってはいけない事

上司に逆らう時はそれなりの覚悟が必要です。

下手に逆らって職場内で孤立するとつらい立場になるのはあなたです。職場内での対立が「上司」VS「あなたと同僚」ならばいいのですが、「上司と同僚」VS「あなた」になるとかなり厳しい状況です。

こういう対立になる場合、多くは上司が言っていることが正しい場合です。言い方に問題があっても、ある程度内容が正しければそれなりに理解をされるのです。

逆にあなたが例えば仕事の納期を守らなかったり、仕事の出来がよくない場合、また勤怠関係で同僚の迷惑をかけている時は、こういう対立構図になる場合があります。そうすると同僚もあなたに対して、普通に見下した態度を取ってくるので、職場の空気はあなたに対してのみ冷たいものとなります。

この場合は、残念ながらあなたの負けです。仮にあなたが正しい意見を言っても通ることはないでしょう。

そんな状況で上司に逆らえば、あなたの職場はあなたにとって針のむしろになる訳です。

仕事場での上司の言動が度を超してきつい場合

プライベートに何があったのか、それとも元々の性格なのかは判りませんが、異常に近いレベルで言動がきつい人がいます。

「生きている価値がない」「死んだほうがまし」「早く会社を辞めてくれないか?」なんて、自分の部下に平気で言える上司はやはりどこかおかしいのです。

特に相手を絞ってくる上司というのは、もう確信犯でしょう。自分に反論しなさそうな部下を捕まえて、怒ってストレス解消したり、怒るという行為自体に喜びを見出しているのです。

またこの手の上司は、相手を絞ったり、全く理屈に合わないわけでなく、それなりに根拠があり、一見すると理不尽ではない事もあるので始末に負えません。

とはいえ、いくら仕事上に何か問題があっても人格を否定するような暴言は許されませので、これが恒常的に続けられるのであれば、その暴言の記録を取りましょう。

一番なのは、音声の録音です。今はスマホが高機能なので、簡単に録音ができるでしょう。

証拠を持って上司の上司に所に行くか、また国や自治体が運営しているパワハラに関する相談窓口などで相談してみましょう。

きつい上司との仕事場での付き合い方

一番なのは接点を減らす事です。

お互いに人間ですから相性があります。好き嫌いも当然あります。嫌いな相手に努力して好きになってもらうというのもありますが費用対効果を考えると、距離を置くのが一番です。

会社の風土にもよりますが、メールで報告可能であれば、基本メールで仕事のやり取りっをしましょう。ただメールは見られないこともあるので、重要案件については「メールを送りましたので、内容をご確認いただけないでしょうか?」という風に必ず声をかけましょう。

また、上司に怒られないようにできるだけ仕事の納期を守る、ミスをしない、指示に従うという事を心掛けてください。

きちんと仕事をしていれば、周りの目は「なんだあの上司、理不尽な事ばかり言いやがって」と上司に対してどんどん冷たくなっていきます。上司がきつい言動をすればするほど人望が下がっていくわけです。

つまり職場内での普段の言動が同僚を味方するかどうかの分かれ目なのです。同僚を味方につければ、あなたの勝ちです。

 - 仕事に関する雑学