気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

田舎の友人の結婚が早い!同窓会での衝撃からの立ち直り方

2016.11.15

都会に出て数年、久しぶりの同窓会で帰郷すると田舎の友人はほとんど結婚。

中には子供が生まれている子もいるという。

なんだから自分が取り残されたような衝撃を受ける人も多いともいます。

田舎の結婚が早い理由と、立ち直り方について解説いたします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

職場の女性に恋をした 告白すべきか、それとも諦めるべきか

職場の人に恋愛感情を持つことは、全く不思議なことではありません。 しかし、同時に職場恋愛は数多...

嫁の祖母の葬式に出席すべきかについて

嫁の祖母が亡くなって、葬式に出席すべきかどうか悩まれる人も多いと思います。 出席するべきなのか...

結婚式で両親に渡す手紙はどのような便箋に書けば良い?

結婚式で感謝の気持ちを綴った手紙を両親に渡すカップルが増えてきました。 それは、参列者の涙を誘...

《ちょっと、先走ってない?》彼氏が子供を欲しがる理由

「俺、子供好きなんだよね」「子供は二人、女の子と男の子がいい!」 彼氏が将来を真剣に考えてくれ...

バツイチの男性との結婚報告を両親に上手く伝える方法

バツイチの男性との結婚を決めた場合、やはり難関なのは、両親への報告です。 バツイチの男性が娘の...

遠距離恋愛で、彼から連絡がこない時に考える事

遠距離恋愛で二人をつなぐのは連絡あるのみですが、その連絡がこないとなると不安ですよね。 連絡が...

彼氏と旅行に行く時、親に言うメリット、デメリット

大学生や社会人になると、お金も時間も自由になるので、そろそろ彼氏と旅行に!なんて計画を立てたりします...

高校生の恋愛事情!同じクラスの好きな人へのアプローチ法!

高校の同じクラスに好きな人がいる。だけどどうアプローチすればいいのか分からず、なかなか想いが告げられ...

何故!美人とブサイクがカップルに?美人の本音を聞く

誰もが振り返る美人。 隣を見ると何故がブサイクの男性。 選り取り見取りに見える美人は何故...

警察官の彼氏、中々会えずに連絡も…、警察官は忙しいの?

警察官の彼氏。メールの返信もあまりなく、予定が合わなくて中々会えない。 でも忙しいかもしれない...

既婚者でも好きな人に会いたい気持ちを押さえられない人へ

既婚者でも好きな人の場合、たとえそれでも「会いたい」という気持ちがあるのは人として当たり前です。 ...

アラフォーで独身、一人暮らし。ずっとこのままか心配

アラフォーで独身、そして一人暮らし。 自由気ままで羨ましがられる反面、老後の事を考えると、寂し...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」 「ウェディングドレス似合うんだろうな〜」 何気な...

彼女の手料理をもっとおいしいと感じるためには?上達すればみんな幸せ

彼女の手料理がおいしいととても嬉しいですよね。 しかし、実はイマイチと思っていても、お世辞で「...

《夫婦の危機!?》なぜ嫁が実家から帰ってこないのか

しばらく家を離れる自分の出張にあわせて「じゃあ、わたしは少し実家に戻るね?」といった嫁が、いつまで経...

スポンサーリンク

田舎の結婚観が都会と違う事を理解しよう

田舎では25歳ぐらいになると「そろそろ結婚する時期だね」なんて周りの目がどんどん厳しくなってきます。

何故なら田舎では、おじいちゃんおばあちゃんはもっと早く結婚しています。親世代でもやはり早い傾向があり、またそういった価値観の中では25歳は「もう25歳」なのです。

しかし都会では「25歳」というとまだまだ若い部類です。会社でもまだちやほやしてもらえたり「○○さんは若いから」なんてお局様から嫌味を言われたりするお年頃。

ちなみに都会では30歳を過ぎると結婚を意識しだして、35歳をすぎるとさすがに真剣に結婚を頑張ろうとする婚活に精を出すようになります。

その差おおよそ5年〜10年。これだけ田舎と都会に関する結婚の適齢期の年齢の感覚に差があるのです。

また都会に出ていれば、近所も親戚も親も近くにいない訳なので、「結婚、結婚」と言われませんが、田舎ではそれらに包囲されてプレッシャーをかけられるので、否が応でも結婚を早く意識せざるを得ません。

田舎の友人の結婚が早い理由は交友関係にあり

都会の交友関係は基本オープンです。だから、誰とも知り合うチャンスもあるし、誰とも知り合わない事もあります。

それに比べて田舎の交友関係はいい意味でも悪い意味でもクローズドです。だから、全く関係ない人かその交友関係に入るのは至難の業ですが、その交友関係に何らかのつながりがある人であれば、色んな人と知り合うチャンスがあります。

つまり田舎の場合は、必ず誰かの知り合いと出会う事になるので、その人の人となりを他の人から聞くことができます。また学生自体の友人というのは大人になったら出来ないような友人であることが多いのですが、それがほとんどの場合絡んでくることが多いので、選択肢は多くないものの、信頼性が高いのです。

しかし都会の場合は、選択肢が多いのは事実ですが、まず知り合うのは至難の業の場合も。会社と自宅の往復の人は会社に相手がいなければ、それこそ合コンや婚活パーティで探さなくてはいけないのですが、知り合った人がどういう人かを見極めて結婚を考えるまでには、年単位がかかる訳です。

結婚が早いのは結婚資金も大切な要素

都会に住んでいるととにかくお金がかかります。

一人暮らしをしていると住居費に生活費で手一杯となり、貯金も満足に出来ないという人は少なくありません。結婚資金がないというのも、彼氏彼女がいたとしても結婚に踏み切れない理由になっています。

それに比べて田舎というのは、確かに都会と比べて給料も安いですが、住居費も比例して安いのです。そして実家住まいしていれば、ある一定の金額を家に入れていれば、住居費と生活費はかからないわけです。

無駄遣いさえしなければ、十分貯金する余力があります。また、田舎に住んでいる人の特徴として、都会に住んでいる人よりも早く社会人になっているケースが多く、つまり、スタート地点が違うわけなのです。少なくとも4年近く先にお金を稼いでいる訳なので、これを貯金も満足に出来ない状況の都会の人が敵いません。

そして結婚するにもお金が必要な訳ですから、都会の人はどんどん結婚から遠ざかる訳なのです。

同窓会で衝撃を受けないために

田舎の友人は基本結婚が早いという事を理解しておきましょう。

田舎の友人の多くは、相手がいて、お金があり、周囲からのプレッシャーも都会の比ではないのです。だから田舎の適齢期で付き合っている男女がいれば、もう「結婚するかしなか」の選択しかない訳で、恋人同士のままというのはそもそもありえない選択ともいえます。

都会に住んでいれば、そもそも出会いがないし、出会ってもしばらく付き合ってみないと結婚相手になるか判らないし、結婚してもいいと思っても、お互いプレッシャーが少ないので「そのうち」気分が継続するし、いざ結婚といってもお金が無い場合もあるのです。

田舎の同窓会に行くと、20代後半であれば、クラスの女子のほとんどは結婚、もしくは離婚をしていて、子供も1人や2人いる人も珍しくありません。

まるで浦島太郎のような気分になるでしょう。

まずは田舎と都会では結婚観も金銭的面も相手の候補も条件が違う事を理解しておきましょう。

田舎の友人の早い結婚の衝撃からの立ち直り方

大切なのは自分と友人を比べない事です。

前述したように、相手はもう結婚したり親になっていたりするのに、自分はまるで学生時代から変化がなく、取り残されたように感じるでしょう。

でもそんな事はないのです。あなたが経験した事はあなた血となり肉となり、あなたが成長した証になっています。時が止まったりしません。

中には張りきって都会アピールをする人もいますが、これはおススメできません。友人が不快に感じるの場合もありますが、下手に話を膨らませてしまったりすると後で自己嫌悪の元です。自分のためにつく嘘は決して自分のためにはなりません。

結婚が早いから勝ち組というわけでなく、都会で暮らして働いているから勝ち組というわけでもないのです。

本当に勝ち組なのは、人の幸せを喜んであげられ、今の自分に自信のある人です。自分に自信があるというのは、もらっている給料や食べた食事、着ている服ではなく、自分の人生に誠実な人の事をいいます。
自分の人生に不誠実だと自信を持つことができず、人と比べて幸せを測ります。だからいつまでたっても幸せになれないのです。

 - 恋人・夫婦に関する雑学