気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

学校で友達に会うのが嫌という人に。本当の友達って何?

2016.11.15

学校がつまらないと考えている人はたくさんいるでしょう。

つまらない理由はたくさんありますが、中でも友達関係で嫌な思いをしている人は、学校自体が嫌になりますよね。

友達関係で悩んでいる人にとっての「本当の友達」について考えてみましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

メールを初めて紹介で知り合った異性に送る時の作法とは?

付き合ったきっかけは友達の紹介、というカップルは世の中に沢山います。 ただ、紹介で知り合った異...

友達から出産報告がない?祝福したいのに連絡をくれない心理とは

友達との関係性は何かあった時によくわかりますが、妊娠をしたことも知らなければ出産報告もない時は、友達...

友達依存をやめたい!自分でできる自分の変え方とは

友達に依存していると自分でも分かっているので、やめたいと思っていてもつい友達に頼ってしまうことも多い...

反応に困る。友達から可愛いと言われる時の上手な切り返し方

最近では自撮りブームで、盛れる写真アプリが流行っていたり、SNSで自分の顔をアップすること...

ディーラーの営業マンを変更する時に気をつけたいポイント

車を購入する時にディーラーの営業マンによってはいろいろとお世話をしてくれるので、非常に助かる存在です...

親に感謝できない私は人間失格?親子関係に悩んでいる人へ

「親に感謝できない」と悩んでいる人はたくさんいます。 一般的には「親には感謝すべき」という考え...

イケメンと付き合ってる友達に嫉妬しちゃった経験、ある?

人は顔じゃないよ、中身だよ!なんて言いつつも、心のどこかで気になっている容姿のこと。 もしも友...

自分の性格が嫌!と悩んでいる人へ。考え方を変えてみよう!

自分の性格が嫌だと考えている人は決して少なくありません。 なんとかしたいと思いながらも、どうに...

誕生日にメールが来ない理由は何故?その傾向と対策

いまや日常生活にすっかり溶け込んだ感のあるメール。 誕生日にメールがあれば誰でも嬉しいものです...

天邪鬼な性格を直すには?自分の性格を変えて生まれ変わる方法

天邪鬼な性格の人はひねくれた性格だと思われているので、人からはあまり良い印象を受けないことも多いです...

親にお金を貸す時に注意する事と貸さない時の断り方

「金の切れ目が縁の切れ目」と言いますが、お金の貸し借りに関しては、よほど関わるのに覚悟が必要です。 ...

学校で友達がいない‥。ぼっちの学生生活からの脱出!

学校に友達がいないというのうは、よほどメンタル強度が高くないと中々厳しい状況です。 勝負は初め...

女友達と旅行。二人きりで過ごす夜について考えよう

恋人ではない女友達と旅行に行くことになった。 もちろん、二人きりで過ごす予定。 これは彼...

一人暮らしを機会に毒親と絶縁 自分の人生を生きる

一人暮らしというのは親からの自立とも言えます。 これを機会に今まで自分の人生に干渉してきた親と...

《男なのになんで?》周りから「かわいい!」と言われてしまう理由

人にはそれぞれ、言われて嬉しい言葉と嫌な気持ちになる言葉がありますが、難しいことに嬉しいはずの言葉は...

スポンサーリンク

学校が嫌になる理由のひとつ、友達関係

男子でも女子でも共通しているのが「ぼっち」は嫌という事です。

それはそうです。「ぼっち」というのは学校のカースト制度で言えば最下層か、もしくなランク外の人物です。だから、とにかく誰かと一緒に行動を共にする。

気が合ったから友達になるという動機よりも、一人になりたくないから、きっかけがあった人と友達になるという状態です。例えば、部活が一緒、名前の順で席が前後だった、同じ日に遅刻をした等々です。また友達の友達と友達になるというパターンもありますよね。

一緒にいたいから、というのでなく、一人になりたくないからという動機でくっついたグループや友達というのは、時として自分の感性と違う事が多々あります。

話題が違う、笑うツボが違う、悩みが違う、考え方が違うとなると、一緒にいて面白くないと感じるでしょう。とはいえっても合わないグループから合いそうなグループへの移動というのは結構度胸が必要です。

だから多くの人は我慢して、初めに所属したグループにそのままという事もあります。だから友達だけど、「本当の友達」ではないんですね。

学校に「本当の友達」がいるのか?

映画でもドラマでも、漫画でもアニメでも必ず友情をテーマに扱った作品はたくさんあります。

始めは気が合わなそうでも、何か苦難を乗り越えてお互いの本音を言う「本当の友達」になる。

学校で友達関係で苦労している子の多くは、そういう「本当の友達」を求めていします。

自分と感性が同じで、同じ話題を共有して、自分の気持ちを理解してくれ、何でも悩みを打ち明けられる。そしてその子のためなら命もかけられるという友達です。

婚活中の女性が「年収が1000万以上、30代で一人暮らし。優しくておしゃれな人」という条件を付けているのと同じですよね。そんな人この世にいません。

希望の条件を全て満たす「本当の友達」というのは幻想です。

でも、感性が同じ人はこの世のどこかにいます。同じ話題で盛り上がれる子もどこかにいるでしょう。

しかし、「自分の気持ちを理解して、何でも悩みを打ち明けられる人」というのは自分も相手のそういう相手にならなければ、絶対に出来ません。

友情も恋愛も一方通行で与えられるだけでは成立しないのです。

友情は求めてばかりでは成立しない

白馬の王子様が来て、自分を苦難から救ってくれるように、ある日突然現れた転校生が本当の友達になるという展開はまずありえません。

友情というのは、日々の積み重ねです。

例えばあなたが悩みを抱えているように、あなたが嫌だと思っている学校の友達も悩みを抱えています。でもそれを打ち明けずにお互い表面上でのみ会話をしている状態です。

もしかしたら、あなたが悩みを打ち明けて一緒に悩んでほしいと思っているように、その子も悩みを打ち明けたいと思っているかもしれません。

でも重い話は面倒だし、もしかしたら逆に引かれてしまうかもとお互いに思っていませんか?

一歩踏み込んでみる勇気も必要です。そして踏み込まれる勇気も。

そういう事をきっかけで、あなたの本当の友達はもしかしたらすでにそばにいるかもしれません。

一度嫌になると嫌な面ばかり気になりますが、きちんとその子を見ていれば、自分との違いが判ります。そういうギャップを面白いと捉えるか、つまらないと捉えるかでまた友達のあり方も変わると思います。

学校が嫌になる学校の仕組みの問題

日本の中学校も高校もクラス制を取っています。そもそもこれがいじめや友達関係の複雑化を招いていると思われます。

クラス分けは本人の意思に関係なく行われます。40人の中で自分と仲良くなれそうな子を探さなくてはいけないというのは結構ハードルが高い事です。まして、男の子は男友達、女の子は女友達という分け方になると、その半分くらいの人数になる訳です。

そしてそのクラスの子とは1日の大半を過ごさなくてはいけないのですから、ここで失敗すると1年は暗黒時代になってしまいます。

これを大学のような受講するごとのカリキュラム制にすれば、だいぶ風通しがよくなります。ある授業で友達が出来なくても、他の授業で友達を作れるチャンスもある訳です。だいぶ友達を作れる範囲が広くなりますし、苦手な子と一日中顔を突き合わせなくても済みます。

クラス制の場合、そのクラスで否定されると1日中皆に否定されなくてはいけません。これが結局いじめの温床なのです。しかし、カリキュラム制であれば、その子にも他の居場所が出来るのです。

学校の友達と上手に付き合う方法

といえっても現状は中高校生はクラス制なので、その事実は変えられません。その中で何とかサバイブしていく必要があります。

はっきり言えるのは「嫌い」という気持ちは、他の子に伝わります。本人は隠しているつもりでも、表情や態度などで口には出さなくても伝わるものです。

だから否定から始めないように心がけましょう。そして友達との自分との違いを楽しむのです。世の中には色んな価値観があり、いろんな考え方があります。自分の知らない話で盛り上がっているのであれば、その話について興味を持ってみるというのも考え方です。

否定した世界はとても狭くなりがちです。そして閉じた世界では、あなたが求めている「本当の友達」はきっと見つかりません。近くにいても、気づけないでしょう。

開いた世界で、いろんな考え方を吸収して、人をよく見て、人の気持ちを考えていれば、童話の「青い鳥」のように探していた友達が本当はすぐそばにいたなんてこともあり得ます。

 - コミュニケーションに関する雑学