キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

一人暮らしで親から解放!親と絶縁で困った事、良かった事

2016.11.15

一人暮らしといえば、親から自立したと言えます。

円満に自立出来た人もいれば、絶縁状態での自立となった人もいるでしょう。

また親から解放されたい、親と絶縁したいと考えている人は、親と絶縁した時に困った事や良かったことについて気になると思います。

是非参考にしてください。

親と絶縁した理由とは?

親と絶縁している人というのは、多くもありませんが、決して少なくもありません。親と絶縁理由で、意外に多いのが、「結婚を許してもらえない」という事です。

何故結婚を許してもらえないのか?

それは大きく二つ理由があります。

一つ目は、「結婚相手が親の理想と違う」という事です。
親としては子供に幸せになってほしい、それには「きちんとした結婚相手が大切」という親の願いは判りますが、それが空回った結果、子供の結婚相手に対して罵詈雑言となる訳です。多くは、結婚相手の学歴、年収、家族構成などが自分の子供と釣り合わないと頑なに信じています。

二つ目は「結婚自体に反対」です。
これは毒親の特徴の一つです。
建前上は、一つ目の振りをしていますが、本音は自分の支配下から子供が脱するのが耐えられないのです。だから理由をつけて、結婚させないようにしています。

親は子供より人生経験が豊富ですから、結婚に反対するならそれなりの理由がある事ももちろんあるのですが、単なる親の願望の押し付けや、子供の幸せよりも自分の気持ちを優先させるという事もあります。

親と絶縁!一人暮らしへ

親と関係が悪化した時は、自立できる年であれば、一人暮らしを始めましょう。

あなたの親が毒親であろうと、なかろうとある程度の年になれば、親との距離が必要です。

親と離れる事で、お互いに色んな事を知ることができます。

例えば子供の立場でいえば、今まで当たり前だと思っていた食事、洗濯、掃除などは全て他の人の労働で成り立っていた事が判ります。つまり自分がやらないと誰もやってくれない訳です。

また親の立場で言えば、まずは寂しさが先に立ちます。今までずっと一緒にいた子供が自分から離れる訳ですから、とにかく寂しい。でもその反面、やっと子供を育てあげたという達成感と、自分の好きなことが好きなだけできるという解放感。

また一緒に暮らしていると出来なかった気遣いが、離れてたまに会う事で出来るようになります。

一緒に暮らしていると鼻について頭にくることばかりでも、偶に会うならば、それも我慢できるようになる。だから距離というのは意外に親子関係の改善に役立ちます。

親と絶縁!一人暮らしで良かった事とは?

特に毒親と暮らしていた人ならば、解放感があると思います。

自分の人生を自分で取り戻せたような感覚と言うか、もう誰にも文句も言われない、非難もされないという事で、気分が大分良くなると思います。

特に毒親でなくても、やはり親との生活というのは気楽な反面、気苦労も多いのですね。ちょっとした感情の行き違いから、喧嘩になる事もあります。

親というのは、年を取れば丸くなる人もいれば、ナイフのように尖っていく人もいるのです。そしてどんどん意固地になり、気難しくなる人もいるのです。

これはある意味老化とも言えます。

もし親からひどい事を言われた、ひどい仕打ちを受けたとしたら、もう二度と関わりたくないと考えるのは当然です。

親はその事に気づいていない可能性もあります。

もし許せるチャンスがあれば、一度試してみては如何でしょうか?

前述したように、親との距離が開いた事で、お互いに気遣いができるようになり、関係が良くなったという事もあります。

親と絶縁!一人暮らしで困った事とは?

まず、日本でアルバイトする時も就職する時も、携帯を購入する時も、アパートを借りる時も、必ず「保証人」が求められます。

もちろん婚姻届やパスポートなどもです。

別に親でなくてもいいのですが、中々他人の「保証人」になって書類に名前を書いてくれる人を探すのは大変です。

ただし今は、お金を払えば保証人を代行してくれるサービスをしている会社もあるので、問題なしと言えば問題なしです。

また結婚式の時、自分側の親族が誰も出席しない状況となるので、結婚相手にはきちんと説明が必要になるのと、対策を考えなくてはいけません。

また、「一人暮らし」と「一人で生きていく」との間には大きな開きがあります。特に病気などをしたとき、収入が無くなった時というのは、頼りになるのは家族ですが、親に頼れないとなると、下手するとホームレスになるという危険性があります。

そうならないためにも、日ごろから「いざ」に備えて貯金はしておきましょう。頼る人がいない時に頼りになるのはお金です。

まずは自分の幸せを考えましょう

親には育ててもらった恩があります。

それはおそらくそうは簡単に返せるものではありません。

だからと言って、親の言うなりになる必要はありません。

親の意見に従っていれば幸せになれる保証はどこにもないのです。もし幸せになりたいのであれば、自分の頭で考えて行動して、その結果つかみ取らなければいけません。

自分の選択で責任を持てるのは、自分だけです。それをよく覚えておいてください。

もちろん親を不幸にしていい理屈はありませんが、あなたが自分の人生を諦めなくては、親が幸せになれないようなら、まずは自分の幸せを優先しましょう。

幸せでない人は誰も幸せにはなれません。

もしあなたが幸せで、親を許せる気持ちが出来たら、その時初めて親との関係修復を試してみましょう。

そうする事であなたも楽になることが出来ます。

でももし親との関係が上手くいかなくても、それは仕方のない事です。どうしても上手くいかない事が世の中にたくさんあります。それはあなただけの所為ではありません。いつまでもそれを引きずらないようにしましょう。

 - コミュニケーションに関する雑学