気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

採血後に腕が痛い!痺れる!という症状は神経が損傷の可能性

2016.11.15

採血の時に看護師から「痛い事や痺れる事はありませんか?」と聞かれることありますよね。

毎回毎回確認されるこの内容には、とても重要な事実が隠されていたのです。

もし採血時に痛みを覚えたら、すぐにその事を看護師に伝えましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

眼球が痛い原因は風邪!?眼球が痛くなる様々な原因

皆さんは、風邪を引いたときに眼球が痛いと感じた事はありませんか? 一見風邪と目には何の関係もな...

独り言を言う人は病気のせい?電車でも止まらない!独り言のワケ

あなたは普段、独り言を言いますか? 誰も見ていないところならしょっちゅう言う、全く言...

空腹時に感じる吐き気の対処法とおすすめの食事

あなたは諸事情により食事を取ることができずに極度の空腹に陥ったことはありますか? お腹がすきす...

まぶたの「できもの」脂肪のような塊の正体と対処方法

まぶたなどの目の周辺にできた「できもの」というのは仮に痛くなくても、やはり気になるもの。 なぜ...

背中がこったと感じるときの肩甲骨回りセルフケア&マッサージ法

デスクワークの多い方、外回りをするサラリーマンの方、主婦の方・・みなさん日々の生活の中で肩こりを感じ...

緊張で吐き気!緩和の方法とは?人前で平気になりたい人へ

緊張しすぎて吐き気を感じたことありませんか? 特に人前で何かしなければいけない時、心臓はバクバ...

肩甲骨マッサージで身体をきれいにする方法

肩を回すと、ゴリゴリと音がなってしまう肩甲骨のこり。 実は、この肩甲骨のこりが体型や身体の歪み...

禁煙成功の目安とは?目標達成までの期間と考え方について

禁煙を目指す人にとってどんな状態となれば禁煙成功になったのかが分からなければ、いつまでもス...

子供の足裏にプツプツと湿疹?疑うべき病気と対処法をご紹介!

ある時、ふと子供の足に目をやると、足裏に湿疹ができていた! 湿疹といえば背中や腕などの部分に多...

喘息を持つ子供の為の布団選びとアレルギー物質対策

子供が喘息を持っていると、日常生活のいろんなことが気になってしまいますよね。 毎日使う布団も使...

統合失調症の症状にみられる独り言の3つの特徴

統合失調症の症状には「独り言」を言うというのがあります。 あれ、でも私結構独り言多いけどと心配...

腹痛の原因はお腹に溜まったガス!?ガスが溜まる理由と対策

最近やたらとお腹が張って痛い、そんな風に感じたことがあるのなら、それはもしかしたらお腹に溜まったガス...

ふくらはぎの筋肉やすねの内側が痛い原因と予防法

みなさんはシンスプリントというものを知っていますか? シンスプリントは主にすねの内側が痛む症状...

BCGの接種跡、反応がない時や早くに起きたらどうすべきか

結核菌への感染および発症を防ぐためのBCGワクチンですが、他のワクチンと異なり、接種した跡の観察がと...

コミュニケーションって苦手!病気と疑うその前に

学校で会社で家族間で、あらゆる人間関係において発生するコミュニケーション。 コミュニケーション...

スポンサーリンク

採血時に痛い時や痺れる症状の理由

看護師さんの上手下手もありますが、個人差もあります。

つまり採血をする際は、静脈から血液を採る訳ですが、人によって取りにくい人がいます。よく看護師が軽く腕を叩いて血管を浮き出させようという光景を見たことある人、体験した事のある人もいると思います。

それでも血管はまだ目に見えますが、神経はそうではありません。神経も血管もある程度みな似たようなところにありますが、やはり位置には個人差があるのです。稀に血液を採ろうとして針が神経に触れてしまったり、傷つけてしまうことがあります。

だから、きちんとした病院やクリニックの看護師は、必ず「痛みや痺れ」もしくは「気分が悪くないか」、「違和感がないか」を確認しているのです。

定期的に病院に通っている人は「毎度毎度聞かなくてもいいのに‥」と考えているかもしれませんが、これはとても大切な手順なのです。

もし違和感や痛みを感じたらすぐ採血している看護師さんに伝えることがとても重要になってきます。

採血される事は怖い事?

前述の説明を読むと「採血って怖い」と感じた人、心配はいりません。

採血が原因で神経が傷ついたり、損傷したりする可能性はとても低いものです。でも、全く起こらない訳でないので、そのために毎回毎回看護師さんは確認を取る訳なのです。

でも神経が傷つくと、しばらくは使いにくかったり、痛みがするので、注射は極力利き腕出ない腕にした方がいいでしょう。

さて、実際採血された時いつもと違う痛みや痺れを感じたら、前述したように必ず看護師さんに伝えましょう。というのも、すぐに採血を中断してもらえば、損傷はひどくならなくてすみます。

でも我慢強い人などは「注射だから仕方ない」と耐えてしまって、それが結果損傷をひどくすることもあります。

採血に神経質な人が極度の緊張を強いられると、貧血や吐き気、めまいなど覚えることもあります。これを「血管迷走神経反応」と言います。場合によっては失神もしてしまう人があるので我慢せずに、気持ちが悪い時は看護師さんに伝えましょう。

採血後に痛い、痺れるという感じを覚えたら‥

採血中はなんとなくちょっと変だと思っても、すぐに言い出しにくいという事はあるでしょう。でも家に帰ってみたら、なんか採血された場所が痛い、手などが痺れるという症状が明確になった人もいると思います。

そんな時は出来るだけ早く、その採血をした病院に受診しましょう。前述したように神経が注射の針で傷ついた可能性があるからです。

一般的にその痛みや痺れは2〜4週間程度で回復すると言われています。長くても大体2か月ぐらいです。自然治癒する事が多いのは事実なのですが、とはいえ、放置しておくのは危険です。まずはその病院で診断してもらいましょう。

もし、採血した病院で診断がつかないようなら、他の病院に受診する事になりますが、その場合は「神経内科」のある病院にしましょう。

治療方法はそのまま経過観察かもしくはビタミン剤を処方される事が多いようです。

かといって自分でサプリのビタミンを飲んで治療できるかというとそういう事でもないのでやはりきちんと受診しましょう。

こういう病院や看護師での採血は気を付けよう

前述したように、きちんとした病院や看護師であれば採血時に「痛みや痺れ」「気分の悪さ」「アルコールによるアレルギー症状」について確認をします。

ただこの「痛みや痺れ」は「気分の悪さ」に含まれることもありますし、通院している病院であれば、「アルコールによるアレルギー症状」について省略することもあるでしょう。

しかし採血時になんの確認もせずに、採血をする病院や看護師であればちょっと不安です。

また痛みを訴えた時に、「大丈夫ですよ」といって採血を続行する看護師というのは問題です。

採血時に発生する各種のトラブルにおいて、患者から訴えがあった場合は、まず採血は中止するのが一般的な対応だからです。もしこういった対応を取らないのであれば、採血時の手順を病院がマニュアル化していないか、看護師がそのマニュアルを守っていないかです。

多くの場合、採血時の神経損傷は自然治癒することが多いようですが、それでもおざなりに対応されるのであれば、その病院には近づかないほうがいいでしょう。

痛いや痺れる以外の採血時のトラブル

採血時のトラブルで一番多いのは、前述した「血管迷走神経反応」です。苦手な人は緊張しやすいとは思いますが、出来るだけリラックスをするように。もし心配であれば、採血前に自分は気分が悪くなりやすい事を伝えると、看護師さんも心構えができます。病院によっては、別室で寝た状態で採血してくれるところもあります。

これは、採血される当人よりも看護師さんの腕によるような気もしますが、時々採血の後が内出血する事もあります。注射のさし方に問題がああったり、看護師の指示通りに圧迫をしていなかった時に起こります。

ただししばらくすると体内に吸収されてしまうので、さほど心配はいりません。

ついつい大人になると注射を「痛い」と伝えるのは子供っぽくてかっこ悪いと思ってしまいます。だから痛みや気分の悪さを伝えることに臆病になってしまいますが、伝えることによってトラブルが最小限になる事もありますので、おかしいと思ったら必ず看護師さんに相談しましょう。

 - 健康に関する雑学