気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

本当に突発性発疹? 熱が一日で下がることはあり得るのか

2016.9.9

赤ちゃんが、最初にかかる病気と言われている、突発性発疹。

「数日間の高熱の後に発疹が出る」、「罹るのは一生で一度きり」といった症状が主に出るのですが、この熱が一日で下がったり、発疹が出なかったりする場合があります。

一般的な症例と違った場合、何か問題はあるのでしょうか?

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

奥歯を抜歯してそのままにしてはダメ!正しい治療法まとめ

みなさんは奥歯を抜歯したまま治療をやめてしまうと恐ろしいことになるって知ってましたか? 実は奥...

結婚式で緊張して吐き気が来たらどうしようと心配な人へ

結婚式は晴れの舞台。 だれだって緊張します。 しかし、それが吐き気を伴うものだとすると、...

夜中に突然の腹痛。冷や汗が止まらない時の対処方法

夜中に突然、腹痛に見舞われてのたうち回った経験ありませんか? 冷や汗が止まらないけど、救急車を...

ふくらはぎの筋肉やすねの内側が痛い原因と予防法

みなさんはシンスプリントというものを知っていますか? シンスプリントは主にすねの内側が痛む症状...

MRIと他の検査との違いと検査結果が出るまでの日数

病院で検査を受ける事になった方はもちろん、そんな経験がない方でもMRIやCTといった言葉は一度は聴い...

うつ病かも?でも病院に行きたくない人への受診のススメ

最近気分が落ち込む、よく眠れない、何をするにも億劫。 典型的なうつ病の症状ですが、それでも病院...

鎖骨リンパ節にしこり。もしかして、がん?

首と肩が痛くてパンパン!首を回すとグリグリと音がする。リンパが詰まってるのかなぁと、ふと肩や首回りを...

うつ病の家族がいて「しんどい」と思った時に試す3つの方法

うつ病は本人がとてもつらい病気です。 しかし、それを受け入れている家族だって「しんどい」思いを...

統合失調症の症状にみられる独り言の3つの特徴

統合失調症の症状には「独り言」を言うというのがあります。 あれ、でも私結構独り言多いけどと心配...

うつ病で入院を判断する4つの条件

家族がうつ病になった時、場合によっては入院を判断しなくてはいけません。 しかしどういう症状だっ...

摂っては駄目? 血液検査前の食事や水分摂取の注意点とは

体内に何か異変が起きていないかを診断するために、重要視されている血液検査。 正確な検査結果を得...

膀胱炎で血尿!?真っ赤な尿が出た原因と対処法

女性がかかりやすい病気としても知られている膀胱炎ですが、中には血尿を伴う場合もあるということはご存知...

入院で望んでない個室に!差額ベッド代は拒否可能か否か

何らかの事情で入院したとします。 病院側から個室しか空きがありません。他が空き次第お移しします...

肩甲骨マッサージで身体をきれいにする方法

肩を回すと、ゴリゴリと音がなってしまう肩甲骨のこり。 実は、この肩甲骨のこりが体型や身体の歪み...

ふくらはぎをマッサージすると激痛!痛みの原因と対処方法

お風呂上りに疲れた足をマッサージ。癒しの時間ですね。 でもふくらはぎをマッサージしていたら、突...

スポンサーリンク

突発性発疹、一日で熱が下がったり、発疹が出ないのはおかしい?

本来、生まれて間もない赤ちゃん自身には、免疫――自分の体の中に入ってきた病原菌と戦う力は備わっていません。

しかし、多くの赤ちゃんは、ほぼ生後半年に至るまで、風邪などの病気にかからない、というのは有名な話ですね。

これは、お母さんの体内にいる間に、お母さんから受け取った免疫システムが、赤ちゃんの体を守っているからです。
 

そんな多くの赤ちゃんが、初めて罹る病気と言われているのが、”突発性発疹”です。
 

この病気の名前や症状については、

「突然の高熱が三日間続く」

「熱が下がると体に赤くて痒みのない発疹ができる」

「ほとんどの子供が生後半年から一年の間に罹り、その後は再発しない」

――と、子供を持つ親の立場でなくても、(自分の兄弟や親戚の体験談などからも)多くの人が耳にしたことがあるでしょう。
 

しかし、実際に自分の、まだ小さな子供が高熱を出してしまうと、冷静に対処出来る人のほうが少ないのは当然でしょう。

そして、「多分、突発性発疹だろう」とは思っていても、上記のような一般的な例と違う部分があれば、不安で堪らなくなるのも、また親心です。
 

しかし、どうぞ安心して下さい。

熱が一日で下がったり、逆に高熱が何日も続いたり、発疹が出ない、一歳を過ぎても罹らない…という”例外”が起きても、何らおかしいことではありません。
 

そもそも突発性発疹は、どういう病気なの?

では、突発性発疹という病気が、一体どういったものなのかを、最初に知っておきましょう。
 

突発性発疹とは、”ヒトヘルペスウイルス”の一種である6型と7型、この二つのウイルスにより引き起こされる感染症です。

6、7型という名から想像できるように、ヒトヘルペスウイルスにはいくつも種類があり、中でも人間に影響を及ぼすものは、そのうち八つです。

中でも有名なものは

  • 単純ヘルペスウイルス1型:口唇ヘルペス(熱の花)、角膜ヘルペスなど
  • 単純ヘルペスウイルス2型:性器ヘルペス
  • 水痘
  • 帯状疱疹ウイルス:水ぼうそう、帯状疱疹など
  • です。

    ただ、同じヘルペスウイルスの括りではありますが、どれも別種のウイルスであるため、例え1型に感染しても、2型の症状が出るわけではありません。
     

    国内では、これらのヘルペスウイルスに感染している人は非常に多く、1型でも8割近い人が感染していることが分かっています。そして突発性発疹の原因の一つでである6型に至っては、9割以上の人が感染しています。
     

    そして、一度感染すると、その人は生涯、そのヘルペスウイルスに感染したままになります。

    ただ、ウイルスの発症力自体はとても低く、体力が著しく低下したような時に再発する場合もありますが、発症は生涯一度きりというものもあります。

    「突発性発疹は一度罹ると二度と罹らない」と言われるのは、ここに理由があります。
     

    突発性発疹は何故生後半年過ぎから起きる?

    一度ヘルペスウイルスに感染すると、そのヘルペスウイルスは、体の中に潜伏し、次に活動する時期をじっと待つことになります。

    1型や2型、水痘・帯状疱疹ウイルスは神経節に、そして6型や7型は”分泌腺”と呼ばれる、唾液を出す唾液腺などに住み着くことになります。

    口唇ヘルペスや帯状疱疹が、いつも同じ場所に出来るのは、その部分の神経節にヘルペスウイルスが潜んでいるからなのです。

    ただ、神経節に潜むヘルペスウイルスは、症状(水ぶくれなど)が出ている時に接触しないかぎり、他者に感染することはありません。
     

    対して、6型や7型は、少しやっかいです。

    それは、”感染している人の唾液の中にはいつでもこのヘルペスウイルスが存在する”ことを意味し、ほとんどの感染源が両親や家族という点です。

    口移しやキスをしなくても、くしゃみや咳で飛んだ、目に見えないほどの唾液にも、ウイルスは混じっています。これを吸い込んでしまうために、赤ちゃんが突発性発疹にかかってしまう、というわけです。
     

    しかし、感染源となりうる母親や父親と毎日触れ合っているのに、何故、多くの子供が生後半年すぎまで突発性発疹を発症しないのでしょうか?

    それは、ヘルペスウイルス自体の力が弱いことと共に、一番最初に触れた”母親から受け取った免疫が働いている”ことに由来します。

    お母さん、つまり成人女性から受け取った免疫は、少々の病原菌などものともしないほど強いものですし、ほとんどのお母さん自身が突発性発疹に罹った経験があるため、その免疫のおかげで感染することがないのです。

    逆をいえば、突発性発疹は、お母さんからの免疫の効力が切れた頃を示すサインの一つとも言えます。
     

    突発性発疹の主な症状はどんなもの?合併症は?

    ヒトヘルペスウイルス6、7型に感染すると、一、二週間ほどの潜伏期間の後、突然40度近い熱を出すようになります。

    さっきまでは普通だったのに、急に赤くなったと思ったら…と、急激に熱が上がるため、熱が出ている本人よりも、周囲のほうがびっくりすることになります。

    しかし、高熱の割に本人が元気であることが、突発性発疹の特徴でもあります。
     

    高熱以外の症状として下痢を伴うこともありますが、それ以外の鼻水や咳といった風邪様の症状が出ることはほとんどありません。

    そのため”鼻水や咳がない”という点が、病院での診察において、他の病気との見分けになる点になっています。(※)
     

    そして、他の高熱を伴う病気との大きな違いは、多くの場合、高熱は三、四日程度続きますが、熱が下がった後、全身に赤い発疹が現れる、という点です。

    この発疹は痒みを伴わず、やはり三日程度、発熱から数えて一週間ほどで、後も残さず消えます。
     

    ※突発性発疹は、後に説明する合併症の可能性もありますが、罹る可能性の高いことと、この病気自体に深刻性がないことから、積極的な検査は行われません。

    また治療法も特になく、下痢や、それに伴う脱水症状が酷い時、またどうしても熱を下げておきたい時に、その症状を緩和するための対処療法が行われるのみです。

    そして、軽度の病気であるために、ワクチンなども存在しません。
     

    一日で熱が下がった・発疹が出ない… そんなことはある?

    ただ、突発性発疹の症状には、多くの”個人差”があります。
     

    まず、高熱が出ている期間についても、”三、四日”が一般的ではありますが、一日で熱が下がったり、逆に一週間高熱が続いたという話を、インターネット上だけでも多く目にします。

    続いて、罹る年齢も、”生後半年〜一歳までの間”が九割とは言われていますが、一歳になってから、また二歳になってから発病することもあります。

    更に加えて言うならば、「高熱は出たけれど発疹は出なかった」、「熱は少し高い(38度)程度だったが発疹が出た」、「軽い鼻水が出ていた」、「生後半年で一度罹ったのに、三歳になってから再び罹った」、「もう小学生になるのに突発性発疹に罹ったことがない」という話だってあるのです。
     

    何故、このような違いが生まれるのかというと、やはり”人の体はひとりひとり違うもの”という結論に達します。

    例えばインフルエンザを想像してみてください。

    同条件――同じ職場で働いている人が、同時期に二人、同じインフルエンザウイルスに感染したとします。

    しかし、熱が出ている期間、体温、症状、体調がよくなるまで、全て一律で同じことがあるでしょうか?

    突発性発疹でも(そして他の病気でも)同様のことが言えます。

    症状として挙げられていることは、確かに多くの子供が示す症状ではありますが、絶対に、この症状がでないとおかしいというものではありません。

    感染していても、発症しない場合もあります。

    加えて言うならば、突発性発疹の原因ウイルスは6、7型と二つ存在します。

    それぞれに感染したのであれば、二度、突発性発疹を発症するのもおかしいことではありません。
     

    自分で突発性発疹と決めつけず、必ず病院を受診しよう

    だからといって、勿論、「赤ちゃんが初めて高熱を出したら、それが突発性発疹の高熱だ」と考えることはしてはいけません。

    高熱が出る病気は、突発性発疹に関わらず沢山存在するからです。

    その高熱の原因が、インフルエンザ、麻疹、風疹、プール熱、溶連菌感染症など、放っておいては危険な病気だった場合、勝手に親が決めてかかった結果手遅れになる恐れすらあります。
     

    ですからまず、突然の高熱が生じた時点で、病院での診察を受けるべきです。

    もし、住んでいる地域で感染症が流行りだしているのであれば、そうした可能性も含めて診断をしてもらえます。

    病院で「やはり突発性発疹だろう」と診断されたなら、看病中の注意点などを含め、気をつけて見ておくポイントについて確認することも出来ます。

    その上で、突発性発疹の一般的な症例と違う点――一日で熱が下がった、高熱が下がったが発疹が出ないなどがあった時には、更に病院で診察を受けましょう。
     

    何より、大変低い確率ではありますが、突発性発疹にも深刻な合併症が存在します。脳炎や脳症といった脳の疾患、劇症肝炎などの内臓の疾患などがそれに当たります。

    そうした合併症が起きていないかも、病院を受診していれば回避できる可能性が高まります。
     

    「どうせ突発だろうし、治療法もないなら、病院で怖い思いをさせるより家でゆっくり休ませておこう」というのも親心ですが、赤ちゃんのことを思うなら、病院を受診しましょう。

    突発性発疹を発症したら、どんなことに気をつけるべき?

    突発性発疹による影響で気をつけなければならない点を見てみましょう。
     

    まず一つ目が、”熱性けいれん”です。

    熱性けいれんは、突発性発疹に限らず、40度近い熱を出した時、まだ発達中の脳が混乱を起こすために起きる(ほぼ)一過性のけいれん症状です。
     

    もし熱性けいれんが起きたら、体を締め付けるものを外してあげた上で、”慌てずに、寝かせて、けいれんが起きている時間を確認”しましょう。

    普通の熱性けいれんであれば、五分以内にけいれんが収まり、意識も戻ります。

    意識が回復したら、かかりつけの小児科、または医療センターなどに相談をして、受診の必要性を確認しましょう。

    ただし五分経っても意識が戻らない、けいれんが続くなどの症状があれば、すぐに救急車を呼びましょう。
     

    続いて二つ目が、”水分補給”です。

    高熱が出ている間や、更に下痢の症状も出ている時は、意識して水分補給をしてあげるようにしましょう。

    まだ母乳を飲んでいる時期ならば母乳でもかまいませんが、経口補水液や赤ちゃん用のイオン水などが、脱水症状を防ぐには効果的な飲み物です。
     

    最後の一つが”元気でも無理はさせない”ことです。

    例え本人が元気でも、発疹が消えるまで――つまり発熱から数えて一週間は、子供の体力・免疫力は普段よりも落ちています。

    一日で熱が下がった場合も、数日後に発疹が出ることがありますから、家の中でゆっくりと休ませてあげて、外出は必要最小限(通院など)に留めましょう。
     

    どんな病気でも、症例は、患者さんの数だけ存在します。それは突発性発疹でも同じことです。

    ですから、不安に思うことがあれば、やはり医師に確認をとり適切な対処法を学ぶことが、一番子供のためになることを忘れてはいけません。

     - 健康に関する雑学