気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

国会議員の給料は高すぎると感じる理由を解説

2017.10.2

国民として国会議員に対する期待は大きいですが、ことあるごとに何か問題が起きると、高い給料をもらっているのにと不満に思うことも多いです。

国会議員は優秀な人材を確保するために高い給料をもらうことができますが、高すぎると思っている人も少なくありません。

そこで国会議員の給料が高すぎると思う理由について紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

台風で仕事に行けない事は許される?今更聞けない社会の常識

学生時代は台風が来れば学校は休みになる事があります。 でも仕事だったら?台風が来て電車が止まっ...

エステの仕事を辞めたい人が増加!エステ業界の問題

エステは見かけの華やかさとは裏腹にブラック業界と言われています。 手に職という憧れの職業であり...

アルバイト先から電話がかかってこない!モヤモヤ期間の対処法

何か新しいことを始めるときは誰だって緊張するもの。それがアルバイトであっても例外ではありません。 ...

バイト先でミスをしてレジを打ち間違いしたときはどうするか

バイトでレジをまかされている人は多いでしょう。 もちろん、誰しもミスをしたくてミスをするわけで...

育休を取ったけど、仕事復帰しないで退職。問題ない?

待望の赤ちゃん。 でも、今まで仕事も頑張ってきたから、妊娠者出産が理由で会社を辞めたくない。 ...

主婦の内職で、お小遣いが稼げる安全で楽しい仕事はこれ!

家に目が離せない小さい子供がいたり、病気の家族や弱ったお年寄りがいたり、自営業で電話番が必要だったり...

正社員と契約社員 女性ならどっちがおススメ?

正社員と契約社員の違いって何? メリット・デメリットは? 女性なら結婚、出産とライフイベ...

ニートだからって将来に不安になる必要はない!

望んでニートになったわけでもなく、ただなんとなく無職の期間が多いだけで自分がやろうと思えばいつだって...

定年後に趣味と実益を兼ねた事がしたい!?待ち受ける落とし穴とは

定年後に趣味と実益を兼ねて何かがしたい、稼ぎたいと考える人達はとても多いです。 今まで仕事や家...

仕事がストレスで鬱病に!?そんなことになる前に!

仕事をしていると上司に怒られたり、トラブルを起こしたりと様々な問題が起こります。 そんなことか...

仕事が憂鬱な人必見!上司のきつい言動を回避する方法

仕事は大変なもの。 理解していますが、それでも上司がきつい人が来るとその苦労は倍増します。 ...

うつ病で長期休暇。復職時にくるプレッシャーと惨めな感覚を克服する。

残念ながら精神的に追い詰められ、限界に達してしまい、うつ病での休職を余儀なくされる方が後を絶ちません...

40代女性の仕事探しは難しい?!

仕事をテキパキこなしていた20代。それから間もなく結婚して出産。 ようやく子育ても落ち着いてき...

臨床検査技師が大学病院の就職試験を受験する際の志望動機例

医師が病院に入ろうとしたら就職試験を受験することになります。 そして、そこでは志望動機を聞かれ...

バイトの面接結果が不採用だと電話連絡がない場合も

バイトの面接を受けたけれど、いつまでたっても連絡がないと、不採用かと心配になりますね。 電話で...

スポンサーリンク


国会議員の給料が高すぎる理由は給料以外に使えるお金がある

国会議員の給料が高すぎると思う理由については、給料以外に使えるお金がたくさんあることが要因となります。

基本的に国会議員の給料は普通にもらえるお金だけでも、約2200万円と高額となっています。

優秀な人材を確保するための金額としては、国民からすればそれだけの仕事をしてくれれば問題ないと思っている人も多いでしょう。

しかしこの給料以外にも、毎月自由に使えるお金が100万円近くあり、しかも領収書不要の経費なので、何に使ってもいいお金をもらうことができます。

それ以外にも立法事務費として会派には60万円以上が支給されますし、秘書雇用手当も支給されます。

必要な経費は納得できますが、毎月100万円の経費を何に使っているか分からないお金があれば、一般庶民とすれば国会議員は給料をもらい過ぎと思っても仕方がないでしょう。

国会議員の給料が高すぎると感じるのは世界一高い水準だから

国会議員の仕事は日本の国を良くしようとする仕事なので、いくら給料が高くても生活が良くなれば許されるかもしれません。

しかし実際には国民の生活は良くなっているという実感がなければ、国会議員の給料は高すぎだといういう不満も出てくるのは当然です。

理由としては日本の国会議員は世界でも一番高給取りなので、成果を上げていないのになぜこれだけ給料をもらっているのかと不満に思う人も少なくありません。

日本の国会議員は約2200万円だと言われていますが、これは断トツで世界一の給料水準となります。

2位はアメリカで約1600万円となるので、いかに日本の国会議員が高給取りかが分かります。

しかも国会議員の数も自分たちで減らすと言いながら、結局は当選確率が減るので定数を減らさずにいます。

世界でも高水準の給料をもらっているのに成果が出ていないので、給料が高いと不満を持っているのです。

国会議員の高すぎる給料の使い道は不透明なものが多い

国会議員の給料が高すぎだと思う理由のひとつに、使途不明金や使い道が不透明なお金が多いことが、給料が高いという不満を持つ要因となります。

地方議員で政務活動費の使い道についてニュースになることは度々ありますが、このお金の使い道について不透明なことが多いことが問題となっています。

国会議員では文書通信交通滞在費という名目で、毎月100万円の支給され、この手当は無税で領収書も不要となっています。

もちろん政治活動に必要なお金として使うことが目的ですが、このお金を私的に使ってもバレなければいいので、使途不明なお金として国民は不満に思っています。

年収2200万円をもらっている国会議員が、さらに毎月100万円のお金を使えることになっています。

政治活動にしっかり使っていても、一部私的に使ってもバレないお金なので、給料以外に使えるお金があることが給料が高すぎだと言われる所以です。

給料以外にも特別待遇が多いことが高すぎる印象を与えている

国会議員の給料が高すぎる理由として、特権と呼ばれる優遇措置があることが挙げられます。

国会議員になるとJR前線無料となりますし、月に4往復までは航空機も無料となります。

議員宿舎と呼ばれる賃貸物件は、一般的には賃料50万円ほどの部屋が、9万円程度で借りることができます。

これだけでも一般庶民からすれば大きな優遇措置だと思うので、高い給料以外にもらい過ぎだと思う要因となります。

さらには歳費特権として、年に3000万円近くの歳費を受け取ることもできます。

一般的には高給取りの人は給料とボーナスが高くても、それだけのスキルがあるから仕方ないと思えるかもしれません。

しかし国会議員は公務以外でも私的な部分でかなりの優遇措置を受けているので、給料をもっと下げてもいいと思われます。

これだけ良い生活をしている人が、国民と同じ目線に立って国を良くすることはできないと考える人がいるのも納得です。

給料が高いからこそ優秀な人材が集まっていると言える

国会議員には優秀な人材が集まらなければ、国が亡びる危険性もあると言えます。

国民を守る義務があるので、できるだけ優秀な人材を確保したいので、給料が高いのは当然だと理解することはできます。

しかし実際の仕事ぶりや成果に対して、給料が高すぎると感じる国民は多いでしょう。

その要因のひとつに手当や特別待遇などが多く、給料以外にもらえるお金が多いことが要因となります。

給料以外で使えるお金があれば、実質給料と同じ感覚で使うのは当然のことです。

しかも毎月一定額の金額がもらえるので、しっかりと使いきることによって、自分の給料をまるまる貯めこむこともできるでしょう。

給料が高いので優秀な人材が集まるのは当然ですし、良いことでもあります。

しかし国会議員の給料を決めるのは自分たちなので、自分たちに有利な手当てや待遇を改善しない限り、いつまでも国民からは不満を持たれてしまうでしょう。

 - 仕事に関する雑学