キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

お茶の飲み過ぎによって頭痛が起きる原因と対策を解説

2017.11.10

お茶を飲むとリラックスすることができるので、美味しいお茶を飲むと何杯も飲みたくなってしまいます。

しかしお茶を飲み過ぎてしまうと頭痛を引き起こしたり、腹痛や吐き気を感じるなど、体調に悪い変化が起きることもあるので注意が必要です。

そこでお茶の飲み過ぎによって頭痛などの症状が起きる原因について紹介したいと思います。


お茶の飲み過ぎは頭痛だけでなく吐き気なども引き起こしてしまう

美味しいお茶は何杯も飲んでしまいますし、日頃からご飯の時にお茶を一緒に飲む習慣の人も多いでしょう。

お茶を飲み過ぎてしまうと頭痛を引き起こしてしまったり、吐き気などの症状も出てしまうので注意が必要です。

お茶は水と違っていろいろな成分が含まれていますが、カテキンやカフェインが含まれる飲み物としても認知されています。

カフェインが入っている飲み物はお茶以外にもたくさんありますが、代表的なのはコーヒーでしょう。

コーヒーも1日に5杯以上飲むと体調に悪いと言われることもありますが、お茶にもカフェインが含まれているので、過剰摂取はやめた方がいいでしょう。

カフェインの大量摂取は中毒症状となるので、頭痛や吐き気などを引き起こす原因となります。

いくらお茶が好きでも毎日過度に摂取するのは体に悪いので、適量を守って飲むようにしましょう。

お茶の飲み過ぎによって頭痛になるのはカフェインが原因

お茶の飲み過ぎによって頭痛を引き起こす原因となるカフェインは、過度の摂取すると中毒症状を引き起こすこともあります。

カフェインは眠気を覚ます効果がありますが、1日の摂取量は250mgを目安とすることが望ましいです。

お茶は濃さにもよりますが100mlで20mgとなっているので、2.5リットルのお茶を1日で飲むのが限界といえます。

一度の飲むのは大変でも1日では飲んでしまうこともできる量なので、お茶好きな人は少し工夫をして減らすようにしなければなりません。

朝、昼、晩とお茶を飲みながらご飯を食べれば、1日のカフェインと摂取量を超えてしまう可能性が高いです。

毎日の習慣とはいっても頭痛ではなく、腹痛や吐き気などを感じることもあるので、いきなり体調が悪くなることがあればカフェインの影響も考えられます。

カフェインは摂取し過ぎると体に悪影響なので、適量を守って飲みましょう。

頭痛の原因はお茶の飲み過ぎによる過剰摂取が原因

お茶の飲む過ぎによるカフェインの過剰摂取によって、頭痛を引き超すこともあるので注意が必要です。

カフェインが頭痛に影響する理由としては、カフェインと大量に摂取すると血管が収縮します。

さらには収縮した血管が拡張することによって、血液量が多くなることで頭痛を引き起こしてしまうのです。

頭痛を抑えるには良く頭を冷やすと効果がありますが、血管を冷やすすことで拡張した血管を収縮させれば、頭痛の症状も和らぎます。

お茶に含まれるカフェインの過剰摂取によって、血管の収縮が起きるとは思っていないので、水のように大量に飲んでしまうのも仕方ありません。

また頭痛ではな吐き気を感じた時は、カフェインが体内にたくさん残っているので、カフェインが抜けるまで安静にしておいた方がいいでしょう。

カフェインは少量ならば覚醒効果がありますが、飲み過ぎると体に悪影響があるので注意しましょう。

頭痛や吐き気の時はカフェインが抜けるまで安静にする

お茶の飲み過ぎで頭痛や吐き気を感じた時には、カフェインが抜けるまで安静にしておくことがおすすめです。

頭痛に関してはカフェインによる影響のため、血管の収縮による血流の増加によって、頭痛を引き起こしています。

頭を冷やすことで症状を改善することができるため、頭を冷やしながらゆっくりしていると症状も和らぎます。

吐き気に関してもカフェインによる影響が強いので、体内に残っているカフェインが排出されるまでは安静にしておきましょう。

できるだけ早く排出させるには、水分をたくさん摂取することで早く排出することができるでしょう。

一度頭痛や吐き気を感じてしまうと、少なくとも半日は症状が続きやすいので、できるだけ早く対処して症状を和らげることが大切です。

急な頭痛や吐き気をお茶の飲み過ぎだとは気づかないので、体調が悪い時の水分補給にはお茶を飲まないように気をつけましょう。

適度な量のお茶を飲むことを心掛ける

体に良い物でも過度に摂取すると毒となることもあるので、何でも適量に摂取することが大切です。

お茶の飲み過ぎが原因で頭痛が起きるとは思っていないので、何度も原因不明の頭痛に悩まされてきた人にとっては、一度確認しておくことをおすすめします。

1日の摂取量はカフェインが250mgを目安とするので、お茶は2.5リットルのペットボトルが目安となります。

1日で飲み切ってしまう人はギリギリのカフェインの量となっているので、これ以上のカフェインの摂取は控えた方がいいでしょう。

カフェインはお茶だけでなくコーヒー、コーラ、ここなどの飲み物にも含まれているので、気晴らしに他の飲み物を飲んだところで、カフェインの量は増えてしまいます。

カフェインの過剰摂取による頭痛や吐き気などの体調不良は、すぐにはお茶が原因だとは気づかないので、日頃から飲み過ぎには注意しておくことをおすすめします。

 - 健康に関する雑学