キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

頭が乾燥している?フケの取り方とフケ対策についてご紹介します

2017.11.10

毎日しっかりと頭を洗っているのに、フケで悩んでいる人もいるかもしれませんが、フケは間違ったケアをすると余計に増えてしまうこともあります。

フケがあると汚いイメージがありますが、しっかり洗ってもフケは出ることもあるので、正しい対処の仕方で改善することができます。

そこでフケの取り方と抑える方法について紹介します。


頭のフケの取り方としては洗いすぎないように意識する

頭皮環境によってフケが出やすくなることがありますが、フケの取り方としては洗いすぎないことも大切な要素のひとつです。

フケが気になってくるとしっかり頭を洗っていないと思ってしまい、朝と夜にしっかり洗おうとします。

1日2回お風呂に入るのはいいのですが、毎回頭皮をしっかり洗ってしまうと、必要な頭皮の皮脂まで洗い落としてしまいます。

フケが出る原因としては頭皮が乾燥することによって、乾燥した皮脂が剥がれ落ちることが要因となることもあります。

フケを出さないようにするためにしっかり頭を洗ったことが、逆にフケを大量発生させる要因となっているのです。

頭皮の洗いすぎを防ぐには頭を洗う回数を1回にしたり、シャンプーを洗浄力の弱い物に変えてから洗うなど、頭皮に優しい環境を作りましょう。

頭皮の洗いすぎによって必要な皮脂まで洗い落としてしまうので、フケができる原因となってしまいます。

頭のフケの取り方としてシャンプーをアミノ酸系に変えてみる

頭皮環境を改善することができれば、フケの発生を抑えることができます。

頭皮の環境を良くするためにおすすめなのは、育毛シャンプーを使うことです。

育毛シャンプーはアミノ酸が配合されており、必要な皮脂までは洗い落とさないようにシャンプーすることができます。

さらに髪の毛にも栄養成分を与えてくれるので、頭皮環境を改善しやすくしてくれるのです。

フケの取り方として頭皮環境を良くすることは大切なので、使っているシャンプーを見直してみることもおすすめです。

市販のシャンプーの多くは洗浄力が強いので、頭皮の必要な皮脂まで洗い落としてしまいます。

そのため頭皮が乾燥しやすい状態となり、フケができやすくなるのです。

頭皮環境の改善にはシャンプーをアミノ酸系に変えてみて、様子をみてみましょう。

フケが出にくくなれば環境改善ができたことになるので、そのまま頭皮環境を良く保つようにしましょう。

フケの取り方は頭を乾燥させないことが大事

フケは田王妃が乾燥した状態になると出やすくなるので、頭の洗いすぎには注意が必要です。

フケの取り方としてシャンプーの回数を増やしてしまうと、余計に頭皮の感想が進んでしまい逆効果となります。

特に市販のシャンプーで洗うと洗浄力が強いので、頭皮の必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

頭皮はある程度皮脂によって守られていなければ乾燥してしまうので、フケが出やすい常態となります。

そのためある程度の皮脂を残しながら、頭皮を綺麗な状態に保つことが理想的な頭皮環境といえるのです。

頭皮を乾燥させないことがフケの対策には有効なので、シャンプーを洗浄力の弱い物に変えるなどの対策が必要です。

特に冬は頭皮も乾燥しやすいのでフケが出やすくなってしまいます。

しっかりとケアをしていればフケを抑えることができるので、頭皮環境の改善を意識しましょう。

お風呂上りはしっかりと髪の毛を乾かす

お風呂上りには頭を乾かさないでそのまま自然乾燥させる人もいますが、頭皮環境の悪化に繋がるのでしっかり乾かしましょう。

フケの取り方として頭皮を乾燥させるのはいけませんが、頭を濡らしたまま自然乾燥させるのはよくありません。

理由としては頭皮の雑菌が増えることによって、せっかく清潔になった頭皮環境が悪化してしまうからです。

人の体には常駐菌が何種類もいますが、フケの原因となるマラセチア菌も頭皮に住みついています。

このマラセチア菌は濡れた頭皮で繁殖しやすいので、フケの原因を作ってしまうことになります。

繁殖を防ぐためにもお風呂上りにはしっかりと頭を乾燥させることが大切なのです。

頭を乾燥させないように頭皮を濡らそうと思っているのであれば、細菌が繁殖しやすい状況となるので逆効果となってしまいます。

お風呂上りには自然乾燥ではなく、ドライヤーを使って根元から乾燥させましょう。

気にし過ぎやストレスがフケの原因になることもある

フケが気になって頭皮環境を気にしすぎるとストレスが溜まってしまうので、余計にフケが多くなってしまうこともあります。

フケが出ると気になりますが、自分でもしっかりとケアしているつもりでも改善できないと、悩んでしまうでしょう。

いつの間にかフケが多く発生してしまうと、ちょっと髪の毛を触っただけでフケが落ちてくるので、それだけでもかなりのストレスとなります。

フケの取り方として自分なりに対処しているつもりでも、ストレスが原因でフケが発生してしまうこともあります。

ストレスによって血管が収縮し、肌のバリア機能がおかしくなることによってフケが発生しやすくなります。

フケの改善にはすぐには効果が出ないので、シャンプーを変えてしっかりとお風呂上りに乾かせば、ある程度は抑えることができます。

少し様子を見なければなりませんが、焦り過ぎるとストレスになってしまうので、気長に改善する気持ちを持つことで早くフケを改善できるようになるはずです。

 - 美容に関する雑学