キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

禁煙成功の目安とは?目標達成までの期間と考え方について

2017.10.27

禁煙を目指す人にとってどんな状態となれば禁煙成功になったのかが分からなければ、いつまでもストレスと戦い続けることになります。

禁煙が成功したという目安が分かればある程度頑張り続けることができるので、禁煙を目指す人にとっては重要な目標となります。

そこで禁煙成功の目安として目標を達成するまでの期間や考え方について紹介します。


禁煙成功の目安としては3ヶ月間吸わずに過ごせられることが目標

禁煙成功の目安としての期間は、まずは3ヶ月を目指すことをおすすめします。

タバコを吸う人にとって禁煙はかなりストレスのかかることですが、目標を決めることで何とか頑張ることはできます。

しかし多くの人は目標を達成する前にタバコを吸ってしまうので、なかなか禁煙することは難しいでしょう。

禁煙とはタバコを吸っていた人が1本も吸わない状態になることなので、今までやっていたことを完全に断つには相当な覚悟と努力が必要となります。

字禁煙成功の目標日数である3ヶ月間というのは、誰でも初めは3日くらいは禁煙することができます。

それが成功したら次は1週間を目指し、次は3週間、1ヶ月と少しずつ伸ばしていくことで徐々に目標達成をすることができます。

そして3ヶ月を過ぎた頃になるとタバコとのことはすっかり頭になくなるので、ようやく禁煙成功したといえる日数といえるのです。

禁煙できたことの目安は自分で吸いたいと思わないことが成功の証

禁煙成功の目安としては、最終的には自分でタバコを吸いたいと思わなくなることが成功の目安となります。

タバコはニコチン中毒とも言われますが、非常に常習性の高いものになります。

一度タバコを吸ってしまうとまた吸いたくなるので、なかなかやめられなくなってしまうのです。

これはタバコに含まれる様々な物質は脳に影響を及ぼすことによって、また吸いたいという気持ちにさせるからです。

タバコを吸うことは体には多くの害を及ぼすと分かっているのに、吸いたい衝動に駆られてしまうのがタバコの怖いところです。

自分で禁煙すると決めたのであれば、禁煙成功の目標を自分で確認することで成功したと認識することができます。

たとえ1年間禁煙できたとしても、いつタバコを吸ってしまうか分からない状況では、またタバコを吸い続けてしまう危険性もあります。

目標にするならタバコを吸いたくないと思うことを成功の証として、禁煙に取り組むようにしましょう。

禁煙成功の目安は1本だけ吸いたい欲求に勝てるかどうか

禁煙を始めた頃は最初は何とか我慢することができます。

しかし途中で1本だけ吸いたいという欲求に勝てないと、そこから一気タバコを吸い出してしまうのです。

禁煙成功の目安としては、1本吸いたいという衝動がなくなれば成功したといえるでしょう。

禁煙を経験した人の多くはやはり1本だけなら大丈夫だという自己判断によって、なし崩し的に禁煙に失敗するケースも多いです。

タバコを吸っていても自分ではあまり害があることを認識していませんし、禁煙したことでそれほど健康になれるとは思っていないからです。

禁煙するのであれば吸いたい衝動が完全になくならないと成功したとはいえないので、1本だけ吸いたいという衝動がなくなるかが目安となります。

タバコを吸うこと以外に自分が興味を持つことができればいいので、飴を舐めたりガムを噛むなど自分なりの対策で欲求に勝つしかありません。

タバコを吸いたい衝動は一生付きまとうもの

禁煙する人にとってほとんどの人は一生タバコを吸いたいという衝動は付きまとうので、いかにタバコを吸いたい気持ちをなくすかが重要です。

禁煙し始めの頃はタバコを吸いたいことしか頭が回らないので、気を紛らわすために食べたり飲んだりすることも多くなります。

禁煙成功する目安は自分が吸いたいという気持ちがなくならなければ、完全なる禁煙に成功したとはいえません。

タバコを吸っている人にとってはこの先ずっと吸いたい衝動に駆られてしまうので、どれだけ吸いたい気持ちをなくせるかが重要です。

タバコは中毒性があるのでなかなか抜け出すことは難しいですが、禁煙するには相当な覚悟と努力が必要となります。

禁煙グッズやタバコの代わりになるようなものを使用しても、結局はタバコを吸いたい気持ちがなくならなければ、いつタバコを吸ってもおかしくありません。

いかに自分が強い意志を持ってタバコをやめるか、またタバコを吸いたくないという気持ちになれるかが重要です。

タバコは完全に吸いたいという欲求がなくなった時が本当の成功

タバコを吸いたくないと思えるようになれば、本当に禁煙に成功したといえますが、目安としてはかなりハードルが高くなります。

禁煙すること自体はタバコを吸う人は考えますが、実際に実行して禁煙できる人は限りなく少ないです。

しかもタバコを吸いたくないと思えるようになるまでには、相当な努力や苦しみも経験するので、意思が強くなければ禁煙することは難しいでしょう。

禁煙することは自分の体を守るためには大切なことですが、実際に自分の体に害が出なければリスクを考えることも少ないです。

タバコはそれほどの中毒性を持っているので、禁煙するためには実際にタバコによる体への影響をどれだけ考えられるかが、禁煙成功に大切なことなのかもしれません。

禁煙の成功は吸いたいという欲求がなくなることがひとつの目安ですが、自分の体を大切にするためにも、強い意志を持って禁煙に臨んでもらいたものです。

 - 健康に関する雑学