キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

大学生が一人暮らしでつらいと感じる瞬間とその対策をご紹介

2017.10.2

地方から大学に通うために引っ越しをしてきた時に、一人暮らしをしていてつらいと感じることもあるでしょう。

慣れない環境の中で学校と生活をスタートさせるのは、かなり孤独で寂しさを感じることも多いので、ストレスを感じてしまうことも多いです。

そこで大学生が一人暮らしをして、つらいと感じる瞬間と対応策について紹介します。


大学生が一人暮らしをして、つらいと感じるのは友達が少ないから

大学生が一人暮らしを始めてからつらいと感じる瞬間は、友達がいなくて一人ぼっちだと感じた時です。

高校までは仲の良い友達も多いのに、大学生になった途端に高校までの友達との連絡が途絶えてしまったという人も多いです。

大学生になると地方から状況する人も多いので、高校の友達との距離も離れてしまいます。

そのためいつしか連絡を取らなくんなってしまうので、状況した途端に一人ぼっちになってしまうのです。

大学生活をスタートさせても、クラスはあっても授業単位で人も入れ替わるので、なかなか友達を作ることが難しいです。

同じ授業を選択している人やサークルの人と友達になることくらいしか、友達を作るチャンスもありません。

そのため友達ができたとしても少数ですし、会えない時には孤独を感じることも多いので、寂しさから精神的につらいと思うようになってしまいます。

一人暮らしがつらいと感じるのは大学生活に慣れていない

大学生活に慣れるにはある程度生活も安定してこなければ難しいので、一人暮らしを始めた頃には寂しさを感じてばかりでしょう。

大学には勉強する目的で入学したとしても、やはり友達を作って楽しく過ごしたいという想いがあります。

そのため一人で過ごす時間が多くなると、精神的にもつらいと感じてしまうことも多くなってしまいます。

大学生活に慣れるにはとにかく気持ちも安定しなければいけないので、生活を落ち着かせることが大切です。

また仲の良い友達ができれば、一緒にいて楽しいので有意義な大学生活を送ることができるでしょう。

大学生になってから一人暮らしがつらいと感じるのは、大学生活が楽しいと思えていないからなので、早く友達を作って大学生活の楽しさを見つける努力をしましょう。

つまらない大学から帰って来ても、一人の部屋で寂しい時間を過ごせば余計につらいと感じるので、早く大学生活に慣れるようにイベントなどにも積極的に参加しましょう。

大学生が一人暮らしがつらいと感じるのはすべてを自分でやるから

大学生になってから一人暮らしがつらいと感じるのは、すべてのことを自分一人でやらなければいけないからです。

高校生の時までは親がいたので食事用意から洗濯まで、何でもやってくれていたので遊ぶことしか考えていなかったでしょう。

実際の高校生活が楽しかったのは、友達と一緒にいれば遊ぶことしか考えていなかったですし、恋愛を楽しむなど家のことは一切やらなかったからです。

自分の部屋の掃除をするくらいで、家事に関してはやったことがないため、大学生になってからすべてを一人でやることがつらいと感じるのです。

これは地方から上京した学生すべてが感じることなので、自分だけがつらいと感じる訳ではありません。

自分でたくさん苦労するだけ親の有難みを実感することができるでしょう。

ある程度生活をしていればだんだんと慣れてくるものなので、自分にとって必要なことだと思って、何でも自分でやるクセをつけましょう。

そうすれば後から自分で何でもできるようになるので、つらいと思っていたことが当たり前に思えるようになります。

勉強と生活の両方で初めてのことが多いので生活を安定させる

大学生活をスタートさせてから一人暮らしをすれば、やるべきことが多くてつらいと感じるでしょう。

大学では授業選択式なので、友達と同じ授業ではないことも多く、一人でいる時間も長くなることもあります。

自分が興味のあるサークルに入れば楽しむことができるので、友達を作ることも、大学生活を楽しむこともできるはずです。

生活ではすべてを一人でやるので、食事を作ったり掃除や洗濯をするのも初めは大変です。

大学生活がつらいというよりは生活することも大変なので、大学生活を楽しむ余裕がないのかもしれません。

家事をするのはそれだけ大変な作業なので、生活すること自体の大変さを身に染みて分かるはずです。

ある程度生活にも慣れてくれば心にも余裕ができてくるので、大学生活を楽しむ余裕ができるかもしれません。

まずは生活の基盤を安定させることで、大学生活も楽しむことができるようになります。

大学生活の楽しさを見つけるには友達を積極的に作る

大学生になってから一人暮らしがつらいと感じた時は、友達を積極的に作る努力をしましょう。

友達の中には自分と同じように地方から出てきた人もいるはずなので、同じ境遇で意気投合することができるはずです。

一人ぐらりの特権は自分の部屋に友達を呼ぶことができることなので、友達を自分の部屋に呼んで楽しむこともできます。

すべてを自分一人で完璧にこなそうとしても無理な話なので、友達に協力してもらうことも時には必要です。

大学生活は人によっては人生の中でとっても有意義な時間であり、楽しい時間だったと言う人も多いので、自分がいかに楽しむために積極的に行動するかが大切です。

高校時代のように周りに友達や家族がいる状況とは違うので、自分から積極的に行動することが大切です。

自分から大学生活を楽しみたいという想いが強くなるほど、つらい気持ちを吹き飛ばして楽しむことができるようになるはずです。

 - 学校・勉強に関する雑学