気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

風呂には毎日入らない方が肌に良いと言われる理由

2016.5.4

風呂に毎日入るのが当たり前であり、風呂に毎日入らないのは汚いし良くないと思っている人も多いかもしれませんが、肌のことを考えたら風呂に毎日入らない方がいいって知ってましたか?

今回は風呂には毎日入らない方が肌に良いと言われる理由を紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

喘息を持つ子供の為の布団選びとアレルギー物質対策

子供が喘息を持っていると、日常生活のいろんなことが気になってしまいますよね。 毎日使う布団も使...

まぶたの「できもの」が赤い場合、その原因と対処方法

まぶたは意識しなくても、まばたきをして目の乾燥を防いでくれる大切な部位です。 しかしそのまぶた...

ブドウ糖の点滴は、太る?ブドウ糖の成分と注意点について解説

体重制限をしている方や糖分などを気にしている方にとって、ブドウ糖の点滴はどういう印象がありますか? ...

No Image

食後に寝るのは胃痛の原因?食後の適切な過ごし方

食後に寝るのはいい事?悪い事?諸説ありますよね。 よく言われる「食べてすぐ寝れば牛になる」とい...

「風邪の原因は体の冷え」は本当? 体温の低下は○○の元

寒い時期になると、インフルエンザをはじめとして、様々な風邪の症状に悩まされる人が増えていきます。 ...

妊婦にオススメの御飯とは?体重管理と栄養のバランス

妊婦は「栄養を取らなきゃ」「栄養バランスを考えなきゃ」と考えすぎて、それがストレスになっていませんか...

禁煙成功の目安とは?目標達成までの期間と考え方について

禁煙を目指す人にとってどんな状態となれば禁煙成功になったのかが分からなければ、いつまでもス...

子どもが吐き気や下痢の場合、食事に関する注意点

子どもはよく病気になりがちです。 それは成長過程だから仕方ないと。 でも吐き気があったり...

お茶の飲み過ぎによって頭痛が起きる原因と対策を解説

お茶を飲むとリラックスすることができるので、美味しいお茶を飲むと何杯も飲みたくなってしまい...

腎臓に良い食事としてスイカがあげられるけど本当なの?

夏の定番であるスイカ。 このスイカは多くの人が腎臓によい食事として挙げます。 果たしてこ...

親はいつまでも元気ではない!病気になった不安とそのケア

子供は無意識に親がいつまでも元気である事を望んでいます。 でも、親も人間ですから、いつか病気に...

子供の咳が1ヶ月も続く。病院受診のタイミングと目安

子供の咳が1ヶ月も続く、治る様子がないとなると、たかが咳とはいえ、されど咳。 親としても心配し...

人差し指の爪がボコボコの場合の病気について

気が付くと、人差し指の爪がボコボコになっていることありませんか? 爪は健康のバロメーターといわ...

腹痛の原因はお腹に溜まったガス!?ガスが溜まる理由と対策

最近やたらとお腹が張って痛い、そんな風に感じたことがあるのなら、それはもしかしたらお腹に溜まったガス...

BCGの接種跡、反応がない時や早くに起きたらどうすべきか

結核菌への感染および発症を防ぐためのBCGワクチンですが、他のワクチンと異なり、接種した跡の観察がと...

スポンサーリンク

なんで風呂に毎日入らない方が肌に良いの?

多くの人が風呂は毎日入らないと不潔だと思い込んでいると思いますが、それは大きな間違いです。

そもそも清潔とはどのような状態なのかというと、悪玉菌が存在しないが善玉菌はちゃんと常在していて、なおかつ適度に皮脂がある状態のことを指しています。

ところが風呂は清潔であるために必要な善玉菌や皮脂もすべて洗い流してしまいます。

しかも、シャワーや入浴だけで全体の8〜9割の善玉菌や皮脂を洗い流してしまうことが可能なのに、さらに身体を洗うことでほとんど完璧に洗い流してしまうのです。

そうすると、身体は清潔な状態を保つための準備ができていない状態になってしまうので、元の正常な状態に戻そうと働きかけます。

しかし、頻繁に風呂に入る人ほど、正常な状態に戻る前にまた善玉菌や皮脂を洗い流してしまうので、病原体が繁殖しやすい不潔になりやすい身体になってしまうのです。

普段から風邪をひきやすかったり体調を崩しやすかったりする人は、もしかしたら頻繁に風呂に入りすぎているのが原因かもしれませんよ。

風呂に毎日入らないからって不潔なわけじゃない

でも、風呂に入らないと臭いが気になるし、髪や身体もすぐにベタベタとしてくるから気持ち悪いと感じる人も多いと思います。

しかし、これも風呂に入らないことが原因なのではなく、風呂に入りすぎなことが原因なのです。

風呂に入って身体を洗うと不必要なものだけでなく必要なものまですべて洗い流してしまうという事を前述しました。

身体にとって必要な善玉菌や皮脂がなくなってしまえば、身体は必死になって元の正常な状態に戻そうとします。

しかし、正常な状態に戻る前にまた洗い流していたりすると、いつまでも適度な量にまで回復することはできませんよね。

そうすると身体はもっと頑張って今までよりも多くの量を分泌しようと働きかけます。

そのため、風呂に入る回数や身体を洗う回数を一気に減らしたりなくしたりしてしまうと、皮脂が通常よりも過剰に分泌されやすくなっているせいでべたつきやすいのです。

今まで頻繁に風呂に入っていた人は、少しずつ回数を減らすようにすると、べたつきも落ち着きを取り戻し、正常な分泌量になっていきます。

それでも毎日風呂に入りたい

風呂に入らないことが必ずしも不潔ではないという事が分かったからと言って、じゃあ今日から風呂に入ることはやめよう!と思える人は少ないと思います。

むしろ、風呂に入ってさっぱりしないと気持ち悪いという人がほとんどですよね?

そこで、まずは風呂の回数を減らすことよりも、どうすれば善玉菌や皮脂を少しでも減らさずに今までの入浴スタイルを変更しないで済むかを考えましょう。

そのために考えなくてはいけないのは善玉菌や皮脂の性質です。

石鹸やボディーソープなどはアルカリ性のものが多いのですが、善玉菌はアルカリ性を嫌います。

ですから、なるべく善玉菌が好む弱酸性のものを選んで使用するようにしましょう。

また、皮脂は通常の油などと同じで湯の温度が高いほど溶けて流れやすい性質があるので、必要以上に皮脂を落とさないようにするためにも、シャワーの温度をぬるめに設定して使用するとよいでしょう。

湯船につかることでも皮脂はほとんど洗い流されてしまうので、あまりつかりすぎない方がいいと言えます。

頭も肌と一緒で洗いすぎは禁物

肌の洗いすぎは不潔の元だという事はここまででよくわかっていただけたと思います。

では、毎日シャワーで洗髪だけすれば問題ないのかというと、そうではありません。

頭だって私たちの身体の一部ですから、肌と同じで洗いすぎは逆効果なんです。

頭皮にだってもちろん皮脂もあり善玉菌も常在します。

洗髪をすればそれらをきれいさっぱり洗い流してしまいます。

一見すると頭皮や毛穴の汚れが一掃されて、健康な状態を維持できるような気がしてしまいますが、実際は違います。

洗髪の間隔が短いと、常に皮脂の量が足りなくなってしまうので分泌量が増加します。

そうすると頭皮が乾燥しがちになり、角質層が傷つきやすくなり、頭皮は傷ついた部分を修復しようとして新陳代謝が活発になり、フケが出やすくなってしまうのです。

だからと言って髪を洗わないなんて無理!という人も多いでしょう。

そこで、髪を洗う際は同じメーカーから発売されているシャンプー、リンス、コンディショナーを使い、傷んだ髪や洗い流した皮脂を適正に補修することを心がけましょう。

また、頭を洗う際は指の腹を使ってマッサージをするようにもみあらいをするといいですよ。

湯船は二番目以降の方が良い

一番風呂が好きだという人にはショックな話かもしれませんが、湯船は二番目以降に入った方が身体には良いという事を知ってましたか?

まだ誰も入っていない湯船は余計な不純物もなくきれいな状態だからこそ身体にいいんじゃないかと思われがちですが、不純物がないお湯は肌への熱の刺激が強すぎるのです。

しかも、湯船につかったことで皮脂だけでなく汗とともにナトリウムなどのミネラルが流れ出てしまいます。

しかし、二番目以降に湯船につかる人にとっては、前の人が入ったことで流れ出たミネラルがお湯に溶け込み、肌への刺激を和らげてくれるのです。

他の人の身体から流れ出た成分が不潔どころか自分の肌を守ってくれるという事実に驚きを隠せない人もいるかもしれませんが、肌のことを考えるのであれば二番目以降に湯船につかるべきなのです。

また、湯船につかる際は40度よりも低く設定したぬるめのお湯に長めにつかって副交感神経を刺激すれば、ストレス発散やリラックスができる効果がありますが、熱いお湯につかってしまうと交感神経を刺激してしまってストレスや興奮状態になってしまうこともあわせて考えられるとよいでしょう。

 - 健康に関する雑学