気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

陸上の200m走の練習方法 こうすればスピードに乗れる!

2015.10.21

陸上の200mは100mに比べて2倍の距離を走ることになります。

そのため、持久力が必要となってきます。

また、カーブからスタートするというのも200mの特徴となってきます。

今回は、そんな陸上の200m走の練習方法を紹介しましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

筋トレは毎日やっても無意味!これが正しい筋トレの方法

筋肉を鍛えようと毎日トレーニングをしている人が多くいます。 しかし、これは無意味なことです。 ...

カナヅチ卒業!水泳初心者の為の段階別クロールの練習方法

泳げるようになりたいと思いながらも練習方法が分からないせいでどうしていいか悩んでいる人もいると思いま...

スポーツをするのならA型とB型のどちらが向いてるの?

日本人はなぜか血液型占いが大好きです。 関連書籍も多数出版されベストセラーになる本も少なくあり...

スポーツジムに女性が着ていく服はこれがベスト!

近年の健康ブームを反映して、スポーツジムに通う女性が増えてきました。 あなたの周りにもそういう...

中学の部活でバドミントンを始める子に必要なものと購入時期

中学で部活を始める子多いですよね。 意外とお金がかかる部活動ですが、バドミントンの場合、あまり...

野球の試合中に選手がマウンドに集まるのはなぜなのか

テレビの野球中継を見ていると、試合の途中で選手たちがマウンドに集まる光景をよく目にします。 彼...

器具を使わない太ももの筋肉の鍛え方を紹介します

太ももの筋肉を鍛えれば、男性はたくましい体に、女性は引き締まった体になります。 でも、スポーツ...

陸上短距離選手のためのトレーニング こうすれば早く走れる!

陸上の短距離選手には何よりスピードが求められます。 そのためには、まず体をつくることが必要です...

子供に野球をやらせるには何歳がベスト?野球の適正年齢とは

ついこの間までは泣くことしかできなかった我が子が、次々と出来るようになることが増えていき、様々なこと...

陸上の短距離では走り方を変えれば速く走れるようになる!

スポーツ全般にいえることですが、正しいフォームを身に付ければ上手くなれます。 特に、陸上の短距...

女子がハマっている腹筋パンチは効果があるの?

有名女優がドラマの中で腹筋パンチをしているシーンが映し出され、ブームに火がつきました。 そのた...

スポンサーリンク

陸上200m走の特徴

まず、陸上200m走の特徴から見ていくことにしましょう。

200m走は100m走と違ってコーナーを走ることになります。

そのため、レーンの内側を走る選手と外側を走る選手によってメリットとデメリットがあります。

レーンの内側を走る選手はレーンの外側を走る選手を視野に捕らえられるというメリットがあります。

確かに、競争相手がどのくらいの位置にいるかを把握できるのは大きなメリットといえるでしょう。

しかし、そればかりではありません。

レーンの内側を走るということは外側に比べて急カーブを曲がることを意味しています。

そのため、強い遠心力を受けることになってしまいます。

これはデメリットといえるでしょう。

一般的に、レーンの内側を走ることは不利になるとされています。

このため、前レースの成績によってレーンの位置が割振られることになります。

なお、前レースの成績がよければ有利な位置が割振られます。

その結果、また次のレースでは良い成績が残せるという好循環になります。

陸上200m走の基本的な走り方

次に、陸上200m走の基本的な走り方について見ていくことにしましょう。

スタート

200m走では、最初の約120mはカーブ、残りの約80mは直線を走ることになります。

したがって、スタートはカーブを走ることになります。

ただし、ここでは100m走と同じく前傾姿勢を保った状態で10mほど走ります。

そして、その後はコーナリング技術を駆使して50mほど走ります。

加速

50mを過ぎたところから加速し、コーナーの出口付近の90m地点で走るスピードが最も速くなります。

このとき大切なのはリラックスして走ることです。

速度維持

200m走のレーンというのは、コーナーの出口からは直線を走るようにできています。

この時点では走るスピードが最も速くなっています。

このとき大切なのは、体力の消耗が少ない走り方をすることです。

ラストスパート

残りの50mは選手の持久力の差が大きく分かれる区間です。

ここで失速する選手は持久力が足りていないことを意味します。

そういう選手は、持久力を強化する練習が欠かせません。

陸上200m走のための体づくり

ここからは、陸上200m走のための体づくりについて見ていくことにしましょう。

200mを走り切れるようになるためには、まずは走れる体を作る必要があります。

体がまだ出来ていない状態では練習をしても効果はあがらないでしょう。

体づくりためには、10分でもいいので毎日走ると良いでしょう。

走ることに体が慣れてきたら30mくらいのダッシュをすると良いでしょう。

そして、徐々に距離と本数を伸ばしていって、最終的には300mを全力疾走できるようになれば理想的です。

トレーニング前のウォーミングアップと準備体操は必ず行うようにしましょう。

それをやらずにトレーニングすると怪我をする可能性があります。

トレーニング後は腕立て伏せや腹筋などの筋トレをすると良いでしょう。

なお、トレーニングは無理をして毎日やっても効果はあがりません。

週に1度は体を休めましょう。

これらのトレーニングを繰り返し行うことで、走るための体は少しずつ作られて行くことになるでしょう。

陸上200m走の練習方法

ここからは、具体的な練習方法を見ていくことにしましょう。

200m走は100m走の倍の距離を走ることになります。

したがって100m走よりも持久力が求められます。

それは100m走の倍というよりも、それ以上だといえるでしょう。

いくら持久力があっても、それだけではレースに勝つことはできません。

肝心のスピードがなければレースに勝つことはできないのです。

では、この持久力とスピードという一見相反する2つを身につけるにはどうしたら良いのでしょうか?

それには200mより長い距離を走り込む練習が有効になってきます。

距離は300mほどが適当でしょう。

その距離を走り込むことで、持久力とスピードは身についてきます。

この2つを同時に高めることが200m走で良い記録を残すポイントだといえるでしょう。

ただし200mを最初から最後まで全力疾走することは不可能です。

そのためには、ペース配分が重要になってきます。

そういうときは、300mを1度に走るのではなく、たとえば150mを2回に分けて走る練習が有効的でしょう。

200m走りきるスタミナをつける練習方法

最後は、200m走りきるスタミナをつける練習方法について見ていくことにしましょう。

レースの後半になると筋肉の疲れを感じる人もいるでしょう。

そういう人は持久力が不足していることが考えられます。

そういう人には、先に説明した走り込みの練習以外に、8割ほどのペースで走り続ける練習をおすすめします。

そうすることでスピードを維持できるようになり、このような症状はおこりにくくなるでしょう。

なお、ことのきピッチが落ちないように注意しましょう。

また、体がのけぞった姿勢にならないようにしましょう。

無駄なエネルギーを使ってしまいます。

まとめ

これまで見てきたように、200m走は持久力とスピードという一見相反する2つのことを要求されます。

そのため、練習は100m走に比べて厳しくなるかもしれません。

それでも200mに賭けようとする人は、ここで紹介した練習方法を参考にして日々の練習を行ってください。

少しずつではありますが、結果として表れてくるでしょう。

頑張ってください!

 - スポーツに関する雑学