キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

長女と長男が結婚するということは大変なことなのです

2015.11.8

恋愛期間中はさほど意識していなくても、いざ結婚となると問題になることがあります。

そうです、長女と長男の結婚です。

結婚しようとすると、家や親の面倒などの問題が出てきます。

今回は、長女と長男の結婚の問題点と解決策を紹介しましょう。

長女と長男の結婚が大変な理由

長女と長男が結婚するとなると、色々と問題が出てきます。一番大きな問題は、なんといっても家でしょう。

もちろん、恋愛期間中は一人の男性と一人の女性という個人同士が付き合うことになります。それには何の問題も起こりません。しかし、いざ結婚となるとそうは行きません。個人と個人ではなく、お互いの家と家が付き合うことになるのです。

昔から長男が家を継ぐということが当たり前になっていました。たとえば、次女が長男と結婚する場合は、お嫁さんが旦那さんの家に入ることで治まるでしょう。しかし、お嫁さんが長女で、なおかつ、その家に跡取りがいない場合に問題が起こります。多くの場合、婿を希望することになるからです。

また、親の面倒も問題になってきます。長男の嫁が親の面倒を見るのが当たり前となっています。長女にも当然親がいて、その親を誰が面倒見るのかという問題も起こってきます。
このように、いざ結婚となると長女と長男はいろんな問題を抱えることになるのです。

長女が長男との結婚を避ける理由

長女は長男との結婚を避ける傾向にあると言われています。一番の理由は、相手の親との同居です。先に説明したように、昔から長男が家を継ぐのが当たり前になっていました。そのため、長男の家に嫁いだ長女は当然に、相手の親と同居することになります。しかし、最近の若い女性のなかには相手の親との同居を希望しない人も少なくありません。

相手の親との同居を求められるということは、その親が歳を取ったときの介護も求められることを意味します。長男の嫁が両親の世話をするというのも、昔から当たり前になっていました。しかし、どうでしょうか。相手の親と同居を希望しない人が介護をしようと思うでしょうか。そのことを苦痛に感じても無理のないことでしょう。

このように、長女にとって長男と結婚するのと次男や三男と結婚するのでは大きな違いなのです。そして、それらの問題は長男と結婚しようと一度決めたら嫌でも一生つきまとうもので、決して後戻りはできないのです。

親との同居を望む長男と長女の話し合い

相手の長男が親との同居を望むのでしたら、きちんと話し合っておきましょう。

夫に親がいるように、当然妻にも親がいます。もし、夫の両親と同居することになったとして、自分の親になにかあったときには誰が面倒をみるのかということです。特に、自分の親と離れて暮らすことになれば、このことは問題になってきます。両親が二人暮しだったり、片親が一人暮らしだった場合はなおさらです。

妻の親の介護以外にも、妻の実家が持ち家だった場合の家の管理やお墓の管理も問題になってきます。重要な問題です。今後それらをどうやって管理して行くのかを話し合っておきましょう。

これ以外にも、日常生活においても問題が発生します。食べ物の好みも違ってくるでそうし、趣味嗜好も違ってくるでしょう。同居することになる長女は、いうなれば赤の他人なのです。好みが違ってきても、どちらかに合わせることも必要になってくるでしょう。そうなれば、どちらかがノイローゼになることも考えられます。それをどう解決するのかも、重要な問題です。

最後に、一番大事なポイントを確認して起きましょう。夫の両親と同居することによって、妻にはどのようなメリットがあるのかということです。

お互いの親を交えた長男と長女の話し合い

話し合いは二人だけでは不十分です。お互いの両親を交えて話し合いをすることが重要です。

ここで意地になってお互いの主張を押し通そうとしてはいけません。そんなことをしても、話し合いはいつまで経っても平行線のままです。無駄に時間が過ぎるだけです。

では、どうすれば良いのでしょうか。ポイントは、妥協することです。つまり、相手の言い分を飲むのです。もちろん、全部ではありません。譲れない最低の条件は守ったうえで、譲れるところは譲りましょう。そして、少しずつ妥協をしながら話し合いを続けることで、解決策が見つかるでしょう。

たとえば、長男が婿養子にならなくても、漫画のサザエさんに出てくるマスオさんのように、長女の家で暮らすという妥協策もあるでしょう。これなら、長女の両親になにかあっても心配はないでしょう。

いずれにしても、後になって後悔のないように十分に話し合うことが重要です。先に説明したように、これは一生ついて回る問題になるのですから。

長男以外の男性と結婚するという選択肢

お互いの親を交えて話し合いでも問題が解決できないのでしたら、長男以外の男性と結婚するという選択肢もあるでしょう。縁があって付き合いをはじめた長男と別れるのは辛いかもしれませんが、結婚できないのであれば、そういった選択をするしかないでしょう。

まとめ

長女と長男の結婚というものは多くの問題を抱えることになります。交際している間はさほど気にはならないこの問題も、いざ結婚が現実のものとなってくると二人の前に大きく立ちはだかります。そして、それは一度決めたら一生付きまとう問題にもなります。

いずれにしても、交際中に結婚の話が出てきたら、まずは二人で家のこと、お互いの両親のことをきちんと話し合いましょう。そして、後々後悔することにないように、最後はお互いの両親を交えて話し合いましょう。もし、それでも話し合いがつかないのでしたら、別の男性を見つけるという究極の選択もやむを得ないでしょう。

 - 恋人・夫婦に関する雑学