キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

適応障害で仕事に不安を感じている人へのアドバイス

2015.12.9

ストレス社会といわれるいまの日本。多くの人は日々ストレスにさらされながら仕事をしています。

ときにはそれが原因で適応障害になってしまう人もいます。

そうなると、仕事への不安も大きくなってしまいます。

今回は、適応障害で仕事に不安を感じている人へのアドバイスです。

適応障害になる仕事のきっかけ

多くの場合、適応障害はストレスが原因となって発症します。そのストレスの範囲は多岐に渡っています。プライベートなことなら、家庭内の問題や失恋などの原因が考えられます。また、学生なら学校での問題、社会人なら職場や仕事の問題が原因になります。

では、仕事がきっかけとになって適応障害になるのはどのような場合でしょうか?まず、一番多いのは、やはり人間関係でしょう。仕事は一人ではできません。グループでコミュニケーションをとりながら仕事を進める必要があります。特に上司に対しては、毎日の報告、連絡、相談が欠かせません。そんな上司との関係が上手く行かなければ、本人にとって大きなストレスとなり、適応障害を発症することがあります。

また、仕事場の環境が変わったときにも適応障害になることがあります。たとえば、異動などで今まで経験したことのない部署に配属された場合などがそうです。また、昇進して管理職になり、いままで以上に重い責任を負わされる場合などがそうです。

適応障害で感じる仕事の不安

職場での人間関係等が原因で適応障害になった場合、会社に行くこと自体がストレスになってしまいます。そんな人は、会社に行くことに強い不安を感じるようになってしまいます。いわゆる、出社恐怖症です。それでも無理して出社しようとすると不安がさらに募り、体調を崩してしまうことも珍しくありません。そうなると、出社するのは難しくなります。

また、会社に行けたとしても不安は強くなり感情の起伏が激しくなります。時には、不安のあまり泣き出すこともあります。

この他にも、仕事に対するやる気がなくなってきます。そうなると、仕事ははかどりません。普段はやらないようなミスを犯すこともあるでしょう。そうなれば、人間関係がうまく行っていない上司に厳しく注意されることにもなるでしょう。それは、新たなストレスにもなります。

このように、仕事の不安を抱えていると仕事自体がはかどらず、その結果新たな不安を感じるという悪循環に陥るのです。

仕事に不安を感じる適応障害になりやすい人

先に説明したように、適応障害はストレスや不安を抱える人がなりやすい病気です。逆にいえば、ストレスや不安を感じない人は適応障害になりづらいと言えます。また、仮にストレスや不安を抱えていたとしても、誰か相談する人がいれば気が楽になるでしょう。しかし、誰にも相談できずに孤立している人はストレスや不安を一人で抱えることになります。そういう人は、適応障害になりやすいといえるでしょう。

また、仕事で同じストレスを感じても適応障害になる人もいればそうでない人もいます。これは、本人の精神的な問題だといえるでしょう。つまり、ストレスに耐えられない人は適応障害になりやすく、ストレスに耐えられる人は適応障害になりづらいということです。

ストレスに耐える力というのは、ストレスを自らの力で乗り越えることによってはじめて身につくといわれています。就活の現場で、いわゆる体育会系の学生に人気が集まるのはそのためでしょう。そんな学生は、厳しい練習や先輩からの指導を乗り越えてきているので、ストレスに対する耐性は身についていると考えられているからでしょう。

仕事に不安を感じる適応障害の治療方法

本人の話をじっくりと聞いて、適応障害の原因となっている不安を落ち着かせる必要があります。適応障害を発症している本人は心と体のバランスを失っています。本人へのストレスを減らすことや周りのサポートによって、そのバランスを回復させます。

仕事が原因で適応障害を発症しているのであれば、仕事で治療するのが良いでしょう。そして、本人が仕事で成果を出せるようにしてあげるのが最も効果的でしょう。そのためには、本人がストレスを軽減できてこなせる仕事を与えましょう。ことのきは、本人に一定のストレスを与えます。すべてのストレスを取ってしまうというのは逆効果です。そんな簡単な仕事をこなしても、本人は嬉しくはないでしょう。

なお、適応障害している本人を休職扱いにするところもあるでしょう。確かに、休職すれば会社でのストレスを感じなくて済むでしょう。それは、適応障害の症状を和らげるという意味もあります。しかし、職場に復帰したときに問題になってきます。ストレスに対する耐性が身についていないのです。つまり、休職は適応障害の症状を和らげる効果はあっても、ストレスに対する耐性を身につけることはできないのです。

不安を抱える適応障害に周りの人が気づいた場合

不安を抱える適応障害に周りの人が気づいた場合は、周りの人が果たす役割は大きくなっています。そういう人がいたら、まずは相談に乗ってあげましょう。上司が難しいのであれば同僚でも良いでしょう。会社の外なら家族でも良いでしょう。まずは、本人の話を聞いてあげることです。

確かに、適切な支援は本人のやる気を引き出し、適応障害を乗り越えるきっかけにもなるでしょう。しかし、過剰に支援することは逆効果です。そうなれば、本人はどうしても他人を頼ってしまいます。その結果、本人の主体性も奪ってしまうことにもなります。注意しましょう。

まとめ

現代人は公私に渡ってストレスにさらされています。自分は大丈夫だと思っていても、どんなきっかけで適応障害になるかも分かりません。もし、適応障害になってしまうと仕事にも支障をきたすことにもなりかねません。

会社に行くのが辛いと感じたのなら、適応障害の一歩手前かもしれません。そのままにしても症状が軽くなることはありません。そんなときは誰かに相談しましょう。周りに相談する人がいないのであれば、専門家に相談するのも良いでしょう。症状が重くならないうちに治療しましょう。

 - 仕事に関する雑学