気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

赤ちゃんの発達障害は遺伝の所為か否かについての考察

2016.4.11

やっと授かった赤ちゃんに発達障害があると判った場合、 その親たちの悲しみは言葉に出来ないほどです。

そして、やはり知りたくなるのが子供の障害の原因です。

それは遺伝の所為なのか、その他に原因があるのか、発達障害の原因について考えていきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

子供を施設に預ける条件について解説

どうしても子供を育てられない事情というのはあります。 でも、誰かに養育してもらわないと、子供は...

幼稚園の付き合いが面倒。行事は特に嫌!どう乗り切る?

子どもが幼稚園に入ると、お母さんたちも新しい社会生活がスタートします。 行事は特にグループや派...

幼稚園の先生が怒るので子供が幼稚園に行きたがらない

「もう来なくていいから」と幼稚園の先生が言ったという話は時々聞かれます。 子供は先生が来なくて...

子供の将来が不安な時にこそ試してみよう

親になると初めてわかるという子供の将来を不安に思う気持ち。 現代社会は親が不安に思う要素が一杯...

子供を二人、同時に寝かしつけられる4つのポイント

お母さんは子供を二人いる場合、毎日寝かしつけなくてはいけませんが、下の子が赤ちゃんだった場合、上の子...

悩めるママ必見!赤ちゃんの冬の部屋着やオススメの着せ方

赤ちゃんの服というのは意外に厄介です。 あまり聞いたことのない名称の物が多く、どういう組み合わ...

発達障害の子供について幼稚園の入園面接で正直に言うべき?

発達障害の子供を幼稚園に行かせたいと考えるご両親。 こどもの発達障害について、正直に言うべきか...

離乳食、納豆はそのまま使ってOK?加熱の必要性とお勧め活用法

赤ちゃんの離乳食を作るとき、初めの頃は〈生もの厳禁〉。赤ちゃんの免疫が弱いので、食材はどれ...

発達障害の子供が幼稚園に行くのを嫌がる時はどうすれば?

発達障害の子供が幼稚園に行くのを嫌がるのを連れて行くのは大変ですね。 毎日の事なのでお母さんは...

妊娠7ヶ月ってどんな時期?お腹が目立たないけど大丈夫?

妊娠7ヶ月は24〜27週。 初めての妊娠でも、赤ちゃんの動きや妊娠生活にも慣れ、精神的には落ち...

お寺に子供を預ける親の心理について

お寺で生活すると「修行」して、人間的に成長できるというイメージがあります。 そのため最近は、手...

2歳で「ママ」「パパ」と言わない我が子。発達障害の可能性

子供が「ママ」「パパ」と言わないと親は心配になります。 1歳6か月検診などで、言葉は発しますか...

幼稚園の先生が冷たい?先生とよりよい関係を築く方法

愛する我が子を幼稚園に預けていて、ふとした時に感じた違和感。 「あれ?先生がウチの子だけに冷た...

子供の友達が毎日ウチにだけ遊びに来る時の心得と対処の仕方

幼稚園や学校帰りに毎日子供の友達が遊びに来て賑やか。子供もとっても楽しそう。幸せを絵に描いたような構...

高温期の体温、妊娠の可能性はどれくらいでわかるの?

妊活という言葉、よく耳にしますね。 2015年流行語の第2位にも選ばれた妊活ですが、実際にどう...

スポンサーリンク

赤ちゃんの発達障害は遺伝?

発達障害というのは、脳の一部が機能的な障害を抱えていたり、人と違う発達をしているという状況です。

一つの大きなカテゴリと考えて下さい。

症状は多様にあります。

例えば「自閉症」「注意欠如・多動性障害(ADHD)」「学習障害」というのも全て、発達障害というカテゴリですが、タイプが別です。

そのため表面化する症状も違い、また同じタイプでも症状に個人差が見られます。

一見全く他の事変わらないように見える子もいれば、はっきりわかる子供もいます。

この発達障害の原因として、遺伝と環境の両方の作用の結果と言われています。

つまり、遺伝的に発達障害の遺伝子はあるようですが、これが必ず発病するとは限らず、何らかの環境因子に誘因されて発達障害となるようです。

ただし遺伝子も、突然変異する事があり、必ずしも両親が発達障害の因子を持っているとは限りません。

ただ、一卵双生児の場合、一人が発達障害の症状が出た場合、もう一人も90%の確率で障害となる事が多いそうです。

赤ちゃんの発達障害の遺伝以外の原因

環境因子のひとつに、子供への虐待や、子供の時のトラウマが発達障害を引き起こすことがあるようです。

ただ、この症状も成長の過程でどんどん変わっていくので、必ずしも大人になっても同じ症状という訳ではありません。

もちろんこの症状が軽減化することもあれば、重症化することもあり、これは発達障害と判明した後の適切な治療と周囲の理解の度合いに比例します。

その他にもよく言われているのが、母親が高齢出産の場合です。

高齢出産の場合は、先天性な異常を発生する可能性が高くなります。

この異常の中に発達障害も含まれます。

現在は、先天性異常は事前に検査して調べる事が出来ます。

また妊娠中の飲酒や禁煙も、発達障害の原因になると言われています。

ある調査によると、ADHDの子供を比較した結果、妊娠中に喫煙した母親はそうでない母親に比べて子供がADHDの子供となる確率が2倍にもなったそうです。

一説によると、発達障害はその父親がその因子を持っている事が多く、その父親が高齢な年齢で受胎すると、やはり発達障害になる可能性が高くなるそうです。

発達障害の赤ちゃんの症状とは?

ある程度大きくならないと、明確に診断出来ないそうですが、症状としては、名前を呼んでも反応せず、目を合わせない。

抱っこを嫌がる、人との接触が嫌い、感情をあまり出さない、欲しいものを指ささないなどが挙げられます。

しかし、これも成長とともに症状が見られなくなる子もいます。

1歳6か月検診などで、懸念のある子が保健所でも注意喚起されることもあります。

しかし、この時点では明確に「発達障害」と言われるのは少ないようです。

3歳以降になると、子供によってはその症状が明確に表れてきます。

例えば、感情の制御が上手くできず、不安になると泣き叫ぶようになる子も。

パニックを起こすと中々治まらなかったりします。

言葉の発達に問題を抱えて、3歳でもあまりしゃべれない子もいます。

人とのコミュニケーションが苦手で一人で遊ぶ傾向もあります。

偏食やこだわりが強い事も。

ちょっと気になる症状がある子供がいる親は、一度精神科か心療内科を受診した方がいいいでしょう。

発達障害の治療と付き合い方について

発達障害の治療は主に行動療法や日常生活の訓練、場合によっては投薬治療などが行われます。

他の病気にも共通していますが、早期発見が、治療の効果を上げてくれます。

ただ発達障害の治療には完治が無いと言われています。

つまり、これらの症状と一生付き合う必要があります。

もちろん症状は治療によって、軽減化や改善します。

ただ完治がないので、「病気」というとらえ方でなく、その子供の「特徴」と受け取るべきという考え方もあります。

確かに発達障害の一番の問題は、社会生活に支障をきたすことです。

それを行動療法や訓練によって、子供が苦手な分野や困難を克服する手段を覚えて、問題行動を発生を防ぐこともできます。

また、よく言われるように、歴史上に偉人の中には、かなりいわゆる「エキセントリック」な人もいて、恐らく発達障害があるのではと見なされている人もいます。

しかし、その発達障害はその人の才能を妨げてはいないのです。

だから発達障害といっても、決して他の子より劣っている訳ではありません。

赤ちゃんの発達障害が遺伝するか悩んでいる人へ

現在の研究では、遺伝的要因と、環境的要因の両方が原因と言われています。

仮に、発達障害の遺伝子を持っていたとしても、必ずしも生まれた子供にその症状が出るとは限りません。

実際親子や兄弟の中でも、発症する子もいれば、しない子もいます。

ただ一卵性双生児の場合は、遺伝的にほぼ同じですから、片方が発症していれば、もう一人も発症する確率はかなり高くなるのは事実のようです。

子供が発達障害になるリスクは軽減可能です。

まずは、父親も母親も子供を作るなら、若いうちの方がいいという事。

年齢が上がれば上がるほど、子供の先天的異常の発生する確率は上がります。

また、妊娠中の飲酒、喫煙もかなり影響を与えています。

もちろん受動喫煙も含まれますから、妊娠中の女性の傍での喫煙は厳禁です。

リスクの軽減に努めても、発達障害を抱えて生まれてしまう子供はいます。

それは子供の責任ではないのと同様に、親の責任でもありません。

その時は、それが子供の「特徴」として受け止め、早期治療を開始しましょう。

発達障害は、確かに生きていく上で子供にとってはハンデですが、他の子より劣っているわけではないのです。

大変だと思いますが、一人で抱え込まないようにしましょう。

 - 育児・子育て・出産に関する雑学