気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

賃貸と分譲のマンションに対する損得の考え方

2016.1.4

よく賃貸と分譲のマンションはどちらが得でどちらが損なのか、という議論を聞くことがありますが、実際はどうなのでしょうか?

今回は賃貸と分譲のマンションに対する損得の考え方を紹介します。

それぞれのメリットとデメリットを理解し、賢い選択をしましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

貧乏な子供はかわいそうなのか?お金と愛情、その他必要な物

うちは貧乏だから、子供が生まれても辛いを思いをしてかわいそうだから、子供を産むのを辞めるという考えを...

賃貸でもお部屋をお洒落にできる?天井や壁紙のDIY!

お洒落な部屋に住みたい!でも賃貸なので無理。。。とあきらめていませんか? 賃貸でもDYIで部屋...

石油ファンヒーターで使う灯油や電気などの燃費節約術

これから冬になると石油ファンヒーターが活躍します。 しかし、石油ファンヒーターは部屋を暖めるた...

アパートにありがちな騒音問題 深夜の騒音への対処法は?

アパートやマンションといった集合住宅に住む上で、特に問題になりやすい深夜の騒音問題と言えるのではない...

一人暮らしが初めてのアラサーへ 失敗しない注意ポイントを解説!

アラサーになるまで実家で甘えていたいけど、家をでてみたいと考えている女性は多いようです。 一人...

今からできる節約術!貧乏でもゆとりある生活をする方法

今現在貧乏で困っている人もいると思いますが、今は特にお金に困っていない人でも、様々な理由により貧乏生...

足の踏み場もない部屋!掃除をするならどこから手を付けるべきか

忙しさのあまり、ついつい掃除は後回し。そうして気がつけば、足の踏み場もないほど荒れた部屋だった…。も...

お風呂の排水溝のにおいが気になる方、必見!原因と対策は?

お風呂場でなんだか嫌なにおいが・・・ においの元をたどってみるとどうやら排水溝からのにおい! ...

一人暮らしで食事がめんどくさいと思った時の解決策

一人暮らしの人にとって、食事はめんどくさい家事の最大の物でしょう。 そのうえ、体重やお財布、健...

生活保護の受給中に入院すると減額になります

生活保護を受給中に入院する事はありえます。 生活保護だと医療費はかからないと聞いたけど、入院費...

これでトイレ掃除も完璧!重曹やクエン酸を使った掃除法

最近ではテレビでも度々紹介され、掃除の際の必需品とまでいえるぐらい活躍する重要やクエン酸ですが、これ...

アパートの退去費用はいくら?5年以上住んでいる場合で解説

アパートに長く住み続けてから引っ越しをする時に、退去費用として敷金から引かれる費用があります。 ...

結婚式の花束贈呈にかかる費用の相場

結婚式では両親への花束贈呈が欠かせません。 でも、気になるのがそれにかかる費用。 参列者...

アパートの騒音を気にしない人をどうにかしたい時に

アパートで騒音がして、気になって仕方ないことってありますよね。 隣人や上の階に暮らしているのは...

冷蔵庫の温度調整で故障を予防!エコにもつながる!

毎日使う冷蔵庫が故障!! そんな経験、ありませんか?アイスクリームは溶けちゃうし修理屋さんはな...

スポンサーリンク

損得を考えるために分譲と賃貸の違いを知る

賃貸マンションと分譲マンションの損得について話を進める前に、まずは分譲とはどんなものを言うのかを理科敷いていきましょう。

分譲とは、分割して譲渡するという意味で、分譲マンションは売主が手続きから施工まで全て行った上でインフラ設備を整え、完成したマンションの個室ひとつひとつを分割して販売します。

分譲マンションは売主から1部屋購入するわけですから、家主は買い手である自分自身となり、購入時のローンを含めた購入金額を全て払いきれば、名実ともに自分の物となります。

一方賃貸マンションは、家主である大家さんに毎月の部屋のレンタル料を払うことでそのマンションに住むことができます。

何か事情がない限りは家賃を払い続けることでその部屋に住み続ける事ができますが、あくまで家主から借りているだけなので、いくら長年賃料を払い続けても、自分の物にはならず手元には何も残りません。

これが分譲マンションと賃貸マンションの大きな違いと言えるでしょう。

賃貸マンションのメリットとデメリット

賃貸と分譲で損得を考えるのであれば、双方のメリットとデメリットを考えていかなくてはいけません。

まずは賃貸マンションのメリットとデメリットはどんなものなのか考えていきましょう。

賃貸マンションのメリットは、何よりその自由度の高さが挙げられるでしょう。

住み心地や周辺環境があまり好ましくないのであれば、自分の条件に合った環境を探して引越しをすることも簡単です。

移住が簡単なのですから、やろうと思えば数年に1度のスパンで転居を繰り返し、常に新築物件に住み続ける事も可能です。

その一方で、それなりにデメリットが多いのも賃貸マンションの特徴です。

まず挙げられるのは、あくまで借り物の住まいですから、いくら支払いをしても資産として手元に残るものが何もないことでしょう。

また、内装を勝手に変更したりすることができないので、壁のクロスを張り替える事もできませんし、むやみやたらとくぎを打ったりして穴をあける事もできません。

設備やセキュリティーに関しては、賃貸は分譲に比べると見劣りすることが多いですが、資産に余裕があり、ある程度家賃が高い賃貸に住むことができるのであれば、分譲よりも充実した設備やセキュリティーを望むことができるのでケースバイケースと言えるでしょう。

分譲マンションのメリットとデメリット

では、分譲マンションのメリットとデメリットはどうなのでしょうか。

分譲マンションでメリットと考えられる代表格はやはり資産として手元に残るということを考える人も多いと思います。

確かに、ローンを支払いを全て済ませた後は家賃がかからなくなるのは大きなメリットです。

しかし、ローンを払い終えるまで30年ほど住み続け、老朽化したマンションに新築当時のような資産価値は望めません。

また、長く住み続ければ様々なところを修繕しなくてはなりません。賃貸であれば何もしなくても問題なかったとしても、分譲の場合は10年以上住み続けたくらいから修繕費がかかることを計算に入れておく必要があるでしょう。

そういったことから考えると、やっとローンを払い終えた頃には新しい分譲マンションを買い替える事も考えなくては行けなくなる可能性もあります。

さらに、転勤が多い職種に就いている人にとっては、分譲マンションを購入することによって安易に引越しをすることができなくなるので、購入の際には自分の状況をよく考えてみてから決断しなくてはいけないでしょう。

分譲と賃貸の損得はどう考えればいい?

世間でよく言われている、「支払額は同じなのに賃貸では何年経っても自分の物にはならないので何も残らないのに対して、分譲だったらマンションが資産として残る」という考え方は、必ずしも正しいとは言えないという事は理解していただけたでしょうか。

自分の置かれた状況や環境によってはとちらが得でどちらが損かという事は変わってきてしまうのです。

地価が変われば資産としての価値も上下しますし、金利が上昇すればローンの支払額が増える事も予想されるので、購入時点で低金利で計算されたローンを支払い終わった後の事を考えて、賃貸よりも分譲の方が得だと考えるのは控えた方がいいでしょう。

つまり、損得については金額だけで考えるのではなく、自分の生活スタイルや置かれている環境を重要視し、自分にとってもっとも快適なのは何かを考えて賃貸にするのか、それとも分譲にするのかを考える必要があります。

そういったことを何も考えずに、若いうちに家を買った方がいいだろうという安易な考えで分譲マンションを購入し、その後すぐに遠方への転勤が決まったなんて事になってしまったら最悪ですからね。

分譲貸し物件という選択肢

もし、分譲マンションを購入したあとに転勤などの理由により、遠くに引っ越さなくては行けなくなってしまった場合は、せっかく買った我が家を泣く泣く手放さなくてはいけないのかというと、そんなことはありません。

華族を置いて単身赴任をするというのもひとつの手ではありますが、家族離れ離れになるのは嫌だと考える人もいると思います。

そんな人は分譲貸しを考えるのもいいと思います。

分譲貸しとは、購入した分譲マンションを賃貸として人に貸し出しをすることを言います。

分譲マンションは賃貸の様に最低限の設備だけではなく、充実した設備や快適に過ごせる住環境が備えられていて賃貸マンションよりも高品質であるため、どうせ借りるなら賃貸マンションよりも分譲貸しのマンションに住みたいと考える人も多いので、入居者も見つけやすいのが特徴です。

転勤から帰ってくるまでの期間限定で分譲貸しをすれば、ローンの支払いは賃貸として貸している家賃で相殺することができますし、戻ってきてからまた新しく分譲マンションを購入することを考えなくてもよいので便利です。

 - 暮らしに関する雑学