気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

腫瘍マーカーの数値ceaでどんな病気が分かるの?

2015.11.15

一般的に腫瘍マーカーは、ガンの早期発見や再発の早期発見のために使われています。

腫瘍マーカーのなかでもceaは多くのガンが分かるとされています。

そのため、検査でこの数値が高くなるとガンを気にする人もいるでしょう。

今回は、腫瘍マーカーceaで分かる病気について紹介しましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

盲腸の手術は開腹せず腹腔鏡を使ってできる場合があります

盲腸が炎症をおこす虫垂炎は放っておけば体全身に症状が広がる怖い病気です。 でも、安心してくださ...

タバコの副流煙は悪影響が多い!咳が止まらない原因と対処法

タバコを吸わない人にとって、副流煙による悪影響は計り知れませんが、副流煙によって咳が止まらなくなって...

摂っては駄目? 血液検査前の食事や水分摂取の注意点とは

体内に何か異変が起きていないかを診断するために、重要視されている血液検査。 正確な検査結果を得...

母が病気になり辛い気持ちで一杯… そんな気持ちの整理の仕方

元気だった母が病気になる、また亡くなる可能性もあるとなると辛い気持ちで一杯ですよね。でも自分がしっか...

お茶の飲み過ぎによって頭痛が起きる原因と対策を解説

お茶を飲むとリラックスすることができるので、美味しいお茶を飲むと何杯も飲みたくなってしまい...

左脇腹の痛みや肋骨下の痛みの原因は便秘や神経痛の可能性アリ!

左脇腹の痛みや肋骨下の痛みって、骨が痛いのか、内臓に問題があるのか、筋肉が痛いのか中々自分でも判断し...

妊婦にオススメの御飯とは?体重管理と栄養のバランス

妊婦は「栄養を取らなきゃ」「栄養バランスを考えなきゃ」と考えすぎて、それがストレスになっていませんか...

正体が判れば怖くない!まぶたのできものが透明な場合

まぶたにできものが出来ると誰だって不安です。 失明するのでは?病院で手術と言われたら、痛くな...

この汗の量は異常?汗で悩んでいる場合は何科に受診すべきか

汗を流す事は推奨されているのに、なぜか汗っかきは敬遠される社会。 好きで汗をかいている訳へはな...

風邪をひく原因は寒さなの?意外な予防法教えます!

寒い格好してたら風邪ひくでしょ!なんて子供の頃にはよくおばあちゃんに言われました。 寒空の下で...

障害者と健常者の違いとは?区別と差別の境界線

障害者と健常者の間には同じ所もあれば、違いもあります。 その違いは認識した上で対応をしないと、...

生理前だと何故か風邪をひきやすい?原因と対処方法

生理前だと不快な症状が女性を襲います。 それには風邪に似た症状もあります。 また実際に風...

BCGワクチンって何のため? 翌日から跡が腫れたら要注意

BCGの予防接種は、毎年結核感染者が報告されている日本で暮らし・育つ以上、とても重要なワクチンです。...

解決!背中のしびれが左側にある場合の原因と対処法を教えます!

何だか背中の左側にしびれを感じる。 ただの疲れなのか、肩こりが原因で背中までしびれているのかも...

眼鏡をかけると視力が悪くなる?視力低下のメカニズム

みなさんは、眼鏡を使用することによって目が悪くなるという噂は聞いたことはありませんか? 目が悪...

スポンサーリンク

腫瘍マーカーceaとは何か

ceaは腫瘍マーカーという血液検査のなかにある項目の一つです。

これは、胎児が成長する過程で作られるタンパク質の一つです。

このタンパク質は、ガン細胞が増殖する過程で作り出され血液の中に流れ出てきます。

そのため、このceaはガンの早期発見、再発の早期発見、ガンの治療効果の判定のために使われます。

ceaの数値が上昇するのは、一般的に、進行ガンのように体の中にガンが広まっている場合です。

そのため、このceaの数値を使って進行ガンの治療効果を判定するということは意味のあることだとされています。

ただしceaの数値は唯一絶対というものではありません。

あくまでも参考にとどめておくべきものです。

なぜなら、この数値を下げるために治療を行うのではないからです。

このことを理解していない患者の中には、ceaの数値が上がったり下がったりする度に一喜一憂する人が少なくありません。

しかし、それは治療の本質ではありません。

まずは、このことをしっかりと理解しておきましょう。

腫瘍マーカーceaの数値を測ると何が分かるのか

ceaの数値が早期のガンで上昇することはありません。

そのため、この数値を先に説明したガンの早期発見の目的で使うということには無理がありません。

なぜなら、ceaの数値が変わらなくてもガンにかかっている可能性は十分にあるからです。

ただし、健康な人が検査によってこのceaの数値が高かった場合に早期ガンが見つかる場合もあります。

いずれにしてもceaの数値だけで早期ガンを見つけるのは難しいということです。

ではこのceaの数値を測ることは無意味なのでしょうか?

いや、そんなことはありません。

ガンが根治された場合、このceaの数値は明らかに低くなります。

そのため、先に説明したガンの治療効果判定のために使うのであれば意味のあることだと言えるでしょう。

いずれにしても、腫瘍マーカーceaの数値にだけ頼って結果に一喜一憂することは無意味なことです。

このceaの特性を十分に理解したうえで、他の方法と併用してガンの検査をするべきと言えるでしょう。

腫瘍マーカーceaで分かる病気とは

このceaが反応する病気として、食道ガン、乳ガン、肺ガン、胃ガン、肝臓ガン、大腸ガン、甲状腺ガン、子宮ガン、卵巣ガンがあります。

この他にも、急性あるいは慢性の肝炎、肝硬変、腎不全、糖尿病などがあります。

ただし、常に正しい結果が得られるというわけではありません。

ガンであるのもかかわらず腫瘍マーカーceaの数値が正常値を示す場合を、偽陰性と良います。

逆に、ガンではないにもかかわらず腫瘍マーカーceaの数値が異常値を示す場合を、偽陽性と良います。

早期ガンの発見のために腫瘍マーカーceaの数値を測ったにも関らず、偽陰性になってしまってガンを見過ごすことも珍しくありません。

逆に偽陽性になって、本来はしなくても良い検査を受けることになって、無駄な費用がかかったりいらぬ心配をすることも珍しくはありません。

では、ガンの早期発見のために腫瘍マーカーを測ることは無意味なことなのでしょうか。

ceaに偽陰性や偽陽性が少なくないからといって、他の腫瘍マーカーも意味がないというわけではありません。

一部のガンでは他の腫瘍マーカーによる早期発見の有効性が確かめられています。

ceaの数値の基準値とは

ceaの基準値は5.0ng/ml以下とされています。

ceaの値が基準値の2倍以上になれば、消化器系のガンの可能性が疑われます。

さらにceaの値が基準値の4倍以上になれば、今度はガン転移の可能性が疑われます。

ただし、ceaの値が基準値を越えたからといって、ただちにガンが見つかったとはいえません。

先に説明した偽陽性という場合が少なからずあるからです。

たとえば、気管支、甲状腺、肺、肝臓などの別の臓器の疾患でもceaの数値が上昇する場合があります。

これ以外にも、胃潰瘍などの消化器系疾患でもceaの数値が上昇する場合があります。

また、喫煙者や糖尿病患者の場合、ガンが見つからなくてもceaの数値が基準値を越えることは珍しいことではありません。

このように、ceaの数値も完璧なものではありません。

また、腫瘍マーカー検査にもいろんな考え方があるでしょう。

そのため、検査を受けるときは次のことを考えておくべきでしょう。

検査を受ける目的、検査の精度、検査結果の解釈、検査結果を踏まえての行動、検査を受けるメリットとデメリット。

ceaの数値に異常があった場合

ceaの数値に異常があった場合、体の中でガン細胞が作られている可能性があります。

そのため、血液検査やCTスキャン等の精密検査を行ってガンにかかっているかどうかを確かめる必要がでてきます。

ただし先に説明したように偽陽性という場合も少なくありません。

なお、ceaの数値に異常があってもガンにかかっていない偽陽性の場合もあります。

時間をおいてもう一度精密検査を行い数値に変動がなければ偽陽性が疑われます。

まとめ

今回は腫瘍マーカーceaの数値について見てきました。

分かったのは、この数値は完璧なものではないということです。

つまり、偽陰性や偽陽性が少なくないということです。

いずれにしても、ceaの特性を十分に理解したうえで、そのの数値のみに踊らされることのないようにしたいものです。

もし、ガンが疑われる場合は徹底的に調べてガンの有無を確認しましょう。

早期ガンを見逃してしまって手遅れになってしまっては取り返しのつかないことになってしまいます。

 - 健康に関する雑学