気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

腎臓に良い食事としてスイカがあげられるけど本当なの?

2015.10.8

夏の定番であるスイカ。

このスイカは多くの人が腎臓によい食事として挙げます。

果たしてこれは本当の話なのでしょうか?

健康な人はともかく腎臓病を患っている人が食べてもいい物なのでしょうか?

今回は、そんなスイカを食べるメリットやデメリットを紹介しましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

インフルエンザの高熱後の吐き気 治りかけの時期に注意!

毎年、冬季に流行するインフルエンザ。 高熱や痛みといった症状が収まり、治りかけであるにもかかわ...

その捻挫、病院に行くべき?受診が必要なレベルとそうでない場合

意外と生活の中で身近なケガ、”捻挫”。経験したことのある人は多いのではないでしょうか。それ...

足や太ももが熱い! 睡眠前の足の熱や不快感の原因と解消法!

夜、眠ろうと横になったのはいいけれど、足や太ももが燃えるように熱い、ムズムズとした不快感を感じていま...

入院で望んでない個室に!差額ベッド代は拒否可能か否か

何らかの事情で入院したとします。 病院側から個室しか空きがありません。他が空き次第お移しします...

妊婦の受動喫煙は大問題!どうすればおなかの子供を守れるか

妊婦になると、禁酒禁煙が常識です。 しかし、いくら自分がたばこを吸わなくても、受動喫煙は妊婦へ...

子供の咳が1ヶ月も続く。病院受診のタイミングと目安

子供の咳が1ヶ月も続く、治る様子がないとなると、たかが咳とはいえ、されど咳。 親としても心配し...

血圧の変動が激しい人の4つの原因とその対策

血圧というのは一日の間にも変動があるので、決して一定ではありません。 しかし、その範囲を超えて...

保育園を休ませる基準は?風邪の鼻水や咳、発熱具合など

保育園の子供を通わせていると、風邪を引くこともあります。 熱は何度くらいないなら休ませるべきか...

膀胱炎で血尿!?真っ赤な尿が出た原因と対処法

女性がかかりやすい病気としても知られている膀胱炎ですが、中には血尿を伴う場合もあるということはご存知...

ストレスによる発熱や関節痛の怖い症状と、その対処法をご紹介

大人になると仕事などで過度なストレスを受けることも多いですが、急な発熱や関節痛の症状が出て...

脳梗塞で親が倒れた。介護にかかる費用についてのまとめ

親はいつまでも元気ではないというのは、実際親が入院を余儀なくされたとき実感します。 まして脳梗...

空腹時に感じる吐き気の対処法とおすすめの食事

あなたは諸事情により食事を取ることができずに極度の空腹に陥ったことはありますか? お腹がすきす...

統合失調症の症状にみられる独り言の3つの特徴

統合失調症の症状には「独り言」を言うというのがあります。 あれ、でも私結構独り言多いけどと心配...

まぶたの「できもの」が赤い場合、その原因と対処方法

まぶたは意識しなくても、まばたきをして目の乾燥を防いでくれる大切な部位です。 しかしそのまぶた...

BCG接種後に発熱等の体調不良 これは副反応?それとも…

結核患者が今なお発生している日本において、BCGワクチンの接種は、赤ちゃんを結核から守るために必要な...

スポンサーリンク

スイカが腎臓に良いというのは本当?

スイカが腎臓に良いというのは本当なのでしょうか?

ある医師の話によると、外来の患者さんが「スイカは腎臓に良いんですよね」という話をしたそうです。

しかし、血液検査値を見るとカリウムの値が高くなっており入院をすすめたそうです。

健康な人がスイカを食べても問題はないのですが、腎機能が悪くなっている人がスイカを食べるとカリウムの蓄積を起こして危険な状態になる可能性があります。

腎臓機能が良い患者にとって、スイカは水分が多くカリウム含有量も多いので尿や塩分も排泄しやすくなります。

そのため、スイカは腎臓に良いというイメージが定着したのでしょう。

しかし、基本的に腎不全の患者は尿から塩分やカリウムを排泄する能力が低いので、それらを過剰に摂取してしまうと血の中に蓄積してしまうのです。

血中のカリウム濃度が高くなると、不整脈やしびれ、だるさなどの症状が出てくることがあります。

腎機能が悪くなっている人は、スイカが腎臓に良いとう迷信に惑わされず、主治医の先生に相談するといいでしょう。

食事でスイカを食べるメリット

先に説明したように、腎機能が悪くなっている人がスイカを食べると、カリウムの蓄積を起こして危険な状態になるなど思わぬトラブルを引き起こすことにもなります。

つまり、そういう人にとって食事でスイカを食べるメリットは無いと考えた方がいいでしょう。

したがって、ここでは腎機能が正常で健康的な人がスイカを食べるとどのようなメリットがあるのかを見て行くことにしましょう。

夏の定番でもあるスイカは、水分が多くてカリウム含有量も多い食品です。

そのため、大量の汗をかくことになる夏の水分補給には冷えたスイカは最適だといえるでしょう。

水を飲むのに抵抗がある人でもスイカなら抵抗なく食べられるでしょう。

また、カリウム含有量も多いので尿が出やすくなり体内の塩分も排泄しやすくなります。

体の中の老廃物は尿と一緒に出ていきます。

つまりこれには、体の中の老廃物や取りすぎた塩分を体の外に排出してくれるというメリットがあります。

これは、スイカ以外にもカリウムを多く含む食品についてもいえることです。

食事でスイカを食べるデメリット

先に説明したように、健康的な人が食事でスイカを食べるデメリットとしては、トイレが近くなることくらいでしょう。

したがって、健康的な人は特に気にする必要はないでしょう。

しかし、腎機能が悪くなっている人はそうではありません。

これも先に説明したように、腎不全の患者は尿から塩分やカリウムを排泄する能力が低くなっています。

そのため、それらを過剰に摂取してしまうと血の中に蓄積してしまうのです。

このことが思わぬトラブルを引き起こします。

血中のカリウム濃度が高くなると、不整脈やしびれ、だるさなどの症状が出てきます。

病状が進めば危険な状態に陥ることもあります。

これらはデメリットというよりも危険といった方がいいでしょう。

腎機能が悪くなっている人は、「たかがスイカ」と侮ったり、「スイカは腎臓にいい」という迷信に惑わされることのないように十分に注意しましょう。

たかがスイカで思わぬ重病を患ってしまっては後で後悔することにもなるでしょう。

腎臓によい食事とは【健康なの人向け】

ここからは、腎臓によい食事を見ていくことにしましょう。

まずは、健康なの人向けです。

カリウムを多く含む果物や野菜などは、腎臓で老廃物の排泄を促進したり体内の余分な塩分を排出したりする効果があるので腎臓に良い食べ物とされています。

それでは具体的に見ていきましょう。

キノコ類

和洋中、これはどんな料理にも合います。

これは栗ご飯にするといいでしょう。

クルミ

これはビールのつまみにもなるでしょう。

黒豆・小豆をはじめ豆類

大量に煮豆を作っておいてストックすることもできます。

ゴボウ

キンピラゴボウにすれば、ご飯にもビールにも合います。

胡麻

筆者はすり胡麻をラーメンにたっぷりかけます。

自然薯・山芋・里芋

関西のお好み焼きには山芋のすりおろしを入れます。

そうすると、焼きあがりがふんわりとします。

スイカ

出ました、夏の定番。

トウモロコシ

茹でても良いし焼いても良い。

おすすめは蒸すことです。

冬瓜

これは一般の人にはなじみがないかもしれません。

腎臓によい食事とは【腎臓病を発症している人向け】

最後は、腎臓病を発症している人向けです。

腎臓病には、さまざまな種類の腎臓病があります。

そして、糖尿病など他の病気を原因として発症するケースもあります。

そのため、個々の病状の違いによって当然ながら治療法も異なってきます。

以上のことから、腎臓病における食事療法も患者それぞれの症状により適切に実施することが重要になります。

まず、

・塩分や刺激物は控える
・タンパク質の摂り過ぎには注意する
・カロリーを十分摂取する

など基本的なポイントはおさえておきましょう。

また、腎臓は主に体の中の水分量や塩分量の調節、血圧の調節、体内老廃物の排出、といった重要な役割りを担当しています。

このように毎日休みなく働き続けている腎臓になるべく負担をかけないことが何より大切です。

そして、基本となるのが毎日の食事の内容です。

いずれにしても、いわゆる民間療法に走ることなく、医師の指導のもとで正しい食事療法をこころがけましょう。

 - 健康に関する雑学