キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

綺麗に仕上がるパーマとカラーの順番はこれ!

2015.11.23

パーマと一緒にカラーライングをしたいとき、同時にして良いものなのでしょうか?

それとも、同時にしてはいけないものなのでしょうか?

また、そのときは、どちらから先にすれば良いのでしょうか?

今回は、パーマとカラーの順番について紹介しましょう。

パーマとカラーリングの順番に決まりはあるのか

パーマとカラーリングの順番に決まりがあるというわけではありません。パーマを先にしても良いし、カラーリングを先にしても問題はありません。本人が好きな順番ですれば良いのです。しかし、パーマとカーリングを同時にしようとすると問題がでてきます。

パーマとカーリングで使う薬の多くは医薬部外品に指定されています。これは、髪だけでなくそれを使った本人の体にも大きな負担となります。そのため、法律ではこれらの薬を同時に使うことは禁止されているのです。多くの女性が普段から行っている、パーマやカラーリングにはこういった規制があるのです。意外に思った人も多いでしょう。

したがって、基本的にはパーマとカラーリングは別に日に行うことになります。またこれは、髪や本人の体への影響を少なくするだけでなく、パーマやカラーリングの効果が少なくなることを防ぐという意味もあります。もちろん、美容師もそのことは十分に理解しているはずです。

パーマとカラーリングの順番はどちらが先か

法律で禁止されているので、基本的にパーマとカラーリングを同時に行うことができません。日をずらす必要があります。では、どのくらいの間隔を空ければ良いのでしょうか?

基本的に1週間から10日ほどが良いと言われています。いつも同じ曜日に美容院に行くのであれば1週間後がいいでしょう。これは、先に説明したように髪と本人の体の負担を和らげるだけでなく、パーマやカラーリングを綺麗に仕上げるためでもあります。

では、パーマとカラーリングはどちらを先にすれば良いのでしょうか。多くの美容師が、先にパーマをかけることをすすめています。それは、先にカラーリングをしたあとでパーマをかけると、せっかく染めた髪の色がパーマ液で落ちることがあるからです。先にパーマをかけてカラーリングをすれば、髪の色が落ちることも少なくなります。

もっとも、しばらくしてパーマをかければ多少髪の色が落ちることもあります。そうなれば、1週間後にカラーリングするまでは髪の色が落ちた状態にもなるでしょう。

パーマとカラーリングを同時に行える場合

パーマとカラーリングを同時に行えないのは、それぞれで使う薬が医薬部外品に指定されており、それらを同時に使うことが法律で禁止されているからです。

では、時間がなかなかとれず、どうしても同じ日にパーマとカラーリングをしたいという人は諦めなければいけないのでしょうか。実は、パーマとカラーリングを同時に行ってくれる美容院があるのです。

パーマとカラーリングを同時に行えないのは、医薬部外品に指定されている薬を使うからです。逆に、医薬部外品を使わなければパーマとカラーリングを同時に行っても問題はないということです。

パーマとカラーリングを同時に行ってくれる美容院は、パーマとカラーリングには医薬部外品に指定されている薬を使いません。その代替として化粧品を使います。化粧品なら広く一般に使われているもので規制もありません。だから、パーマとカラーリングを同時に行えるのです。

どうしても、パーマとカラーリングを一緒にしたのであれば、美容院に問い合わせをすると良いでしょう。

パーマとカラーリングを同時に行う際の注意

パーマとカラーリングを同時に行うときは、医薬部外品の代替として化粧品を使います。化粧品なら、髪や本人の体にとって大きな負担とはならないでしょう。しかし、いくつか注意するべき点があります。それは、パーマやカラーリングに仕上がりについてです。

パーマを先にして、後からカラーリングをした場合。後から髪を染めるので、染め上がりは綺麗に仕上がります。しかし、カラーリングの際に先にしたパーマがどうしても緩んでしまいます。

カラーリングを先にして、後からパーマをした場合。後からパーマをするので、パーマは綺麗に仕上がります。しかし、パーマの際に先に染めた髪の色が抜けるしまいます。

いずれにしても、パーマとカーラーリングを同時にすれば、先にした方の効果はどうしても薄れてしまいます。したがって、効果を残した方を後にすればいいでしょう。もっとも、パーマとカラーリングを同時に行うので、これは仕方が無いことです。諦めましょう。

パーマやカラーリングした後のケア

ヘアケアの基本はシャンプーとトリートメントです。ただし、パーマやカラーリングした日のシャンプーは控えましょう。もし髪を洗ってしまうと、パーマが緩んだり髪の色が落ちるといったことも考えられます。また、パーマやカラーリングした後の髪は乾燥しています。トリートメントなどでしっかりと保湿して、ドライヤーを使うときには注意しましょう。

まとめ

基本的に、医薬部外品を使うパーマやカラーリングは同時に行うことはできません。その時は、先にパーマをかけ1週間ほどあとにカラーリングをすれば、髪や本人の体への負担は少なくなります。

また、なかなか時間がとれなく美容院に行けない、どうしても一緒にしたいという場合は、化粧品を使っている美容院を探しましょう。その美容院でなら、パーマやカラーリングを同時に行ってくれるでしょう。そのとき、パーマーとカラーリングの優先したい方を後にしましょう。そうすれば、好みの髪型に仕上がるでしょう。

 - 美容に関する雑学