気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

統合失調症で仕事を辞めたいと考えた時に…

2016.4.14

統合失調症で仕事を続けるのがつらい、辞めたいと考えた時、まずすぐに決断するのは辞めましょう。

もちろん無理して続ける必要はありません。

しかし、辞める前にまだ出来る事があります。

仕事を辞めたいと思ったら、まず読んでください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

バイト先で挨拶をしたのに無視された! 理由別の解決方法!

バイト先や職場で、挨拶をしたのに無視をされてしまうことに悩んでいませんか?それはとても辛いことですよ...

適応障害で仕事に不安を感じている人へのアドバイス

ストレス社会といわれるいまの日本。多くの人は日々ストレスにさらされながら仕事をしています。 と...

派遣の面接は結果は面接時の手ごたえである程度予想できる

派遣の面接が終わって結果を待っているときは誰でもドキドキするものです。 そして、誰でもその結果...

高卒で就職を考える男性必見! 企業が本当に求めるものとは

男性の大学進学率が6割近くに上る中、高卒で就職した場合、選べる仕事が少ないと嘆いてはいませんか? ...

バイトを辞める連絡は法律上2週間前でOK!円満バイト退職法

バイトを辞める事を、バイト先に告げるのは2週間前でも基本はOKです。 しかし、だからと言って2...

仕事が貰えない…新人なのに放置されている現状を変える方法

会社に勤めるようになったものの、上司や先輩から丁寧に仕事を教えてもらえるどころか、何も仕事を与えられ...

バイト中の繰り返すミスに落ち込む前に対処法を考えよう!!

今までにバイトの経験はありますか?? バイトと言っても、飲食レストランやアパレルの販売スタッフ...

社内でパワハラ発生!人事部長の対応マニュアルから学ぼう!

社内でパワハラが発生した時。どのように対処をしたら良いのか、頭を抱えてしまう経営者や人事部長、総務の...

職場で空気扱いされてしまう人の特徴をつかんで意識を良い方に変えていきましょう。

職場には多くのタイプの方でいらっしゃいますがその中には非常に優秀で周囲から尊敬を集めて仕事ぶりを高く...

公務員と民間の併願はあり?効率的なスケジュールの立て方

公務員と民間企業を併願する人にとって、民間企業の選考開始時期がズレた事により、併願希望者にとって、中...

会社をバックレてしまったときに離職票をもらうための方法

精神的に追い込まれてしまうと、会社をバックレてもいいと思ってしまい、そのまま会社に出社拒否をしてしま...

結婚報告を上司にして退職する際に気を付けるべき事

結婚して仕事を辞めようと考えているのであれば、上司に結婚報告と退職の意思を伝えなくてはいけません。 ...

ニートだからって将来に不安になる必要はない!

望んでニートになったわけでもなく、ただなんとなく無職の期間が多いだけで自分がやろうと思えばいつだって...

小さな会社に就職!事務員を一人でやる時のメリットとデメリット

小さな会社に事務員として就職した時に、自分一人だけで仕事をすることもあります。 事務員の仕事は...

パートとして就職する際には健康診断書が必要になります

意外と知られていないことですが、パートとして就職する際には正社員として就職する場合と同じく健康診断書...

スポンサーリンク

統合失調症で仕事を辞めたいと思う場合

「統合失調症」という病気をご存知ですか?

聞いたことはありますが、どんな病気か知らない人が多いのではないでしょうか?

この病気は簡単に言えば、脳の一部が機能不全を起こしているのです。

人は感情や思考を脳が取りまとめて、それを利用して生活をしています。

しかし、この「統合失調症」の場合、この脳の思考や感情を取りまとめる機能に問題が生じているのです。

そのため、幻聴や幻覚を見たり、人が自分の悪口を言っているように感じる被害妄想が出る事もあります。

また、意欲が低下して、社会との接触が面倒になり引きこもったりする事もあります。

人によっては認知機能が低下して、何かに集中したりすることが難しく、落ち着きがなくなります。

そして、それは記憶や計算、言葉の意味すら本人にとって認識しにくくなることも。

こういった症状を抱えていると、体調やストレスの度合いによって異常に疲れやすくなって朝起きられなくなる事もあります。

また被害妄想が職場での人間関係の構築を阻むこともあり、結果仕事を辞めたいと思うのです。

統合失調症の人が仕事を辞めたいと思ったら

もちろん無理に仕事を続ける必要はありません。

体調や気分に応じて最終的に判断してもいいでしょう。

しかし、その時の気分でいきなり仕事を辞める決断するのではなく、まずは誰かに相談しましょう。

まずはかかりつけの医者に相談するのが一番です。

あなたの病状を理解しているので、仕事を辞める事があなたの病気に対してどのような影響を及ぼすが意見が聞けると思います。

そして会社の上司にも相談が必要です。

仕事を辞めたいと思っても、その日に辞められることはありません。

会社の規定によりますが、おおよそ1か月前には退職の意思を伝える必要があります。

法律でも2週間前でなくてはいけません。

どうしても仕事が続けられないのであれば、まずはしばらく有給休暇を消化させもらうか休職をさせてもらい、精神状態と体調が落ち着くのを待ちましょう。

その上で辞めるかどうか考えましょう。

また親しい友人や家族にも相談して意見を聞くのもいいと思います。

自分ひとりで抱え込まないことが大切です。

仕事を辞めたいという気持ちにならないために

「統合失調症」は時と場合によっては、日常生活に支障が出る事もあるので、出来れば周囲が理解してフォローしてくれると、仕事は格段にやりやすくなると思います。

ただ、こちらが理解を求めても、必ず理解をしてくれるとは残念ながら限りません。

だから自分で、心や体の負担を少なくする事を考えましょう。

そうすると、フルタイムの仕事はストレスも多く、心や体の負担が大きくなります。

まずは短期間や短時間の仕事をすることから始めた方がいいようです。

ひとつの仕事をやり遂げるとそれが自信にも繋がります。

それを繰り返す事で、徐々に仕事に慣れていきましょう。

仕事している時以外は気晴らしをして、ストレスを持ちこさないことが大切です。

併せて体力づくりも大切です。

優先順位を間違えないようにしましょう。

あなたにとって、一番優先順位の高いのはやはり「治療」です。

治療もしつつ、仕事を出来るようなるのが一番です。

まずは治療をしながら、無理のない範囲で仕事を続けるようにしましょう。

統合失調症の人に向いている仕事とは?

統合失調症はどうしても、人とのコミュニケーションが難しくなる事があります。

そのため、接客業や営業ではなく、機械相手の仕事の方がストレスが少なくて済みます。

また、認知機能に障害が起こると、どうしても記憶した仕事の手順が出なくなることもあるので、しっかりとしたマニュアルがあり、自分のペースで出来る仕事の方が安心です。

マニュアル以外の仕事については、指示を図や文書化してもらった方がいいでしょう。

例えば認知障害が起こっても、体が覚えているものであれば支障なく仕事がこなせるので、コピー取りや、封入作業などのルーチンワークがおススメです。

とはいえ、ずっと仕事をしているとどうしても疲労は蓄積します。

そのため疲れたら少し休憩の取れる仕事がいいでしょう。

またどうしても治療のために通院したり、決められた時間に薬を飲む必要があるので、それを理解してくれる職場である必要があります。

現在は在宅でも仕事が出来る時代です。

自分のペースであまりノルマがきつくない在宅の仕事を探すのもいいと思います。

統合失調症の人が仕事を続けるために

統合失調症の人は「仕事をしたい」と意欲はあるものの、体調やストレスで仕事が続けることが出来ず、止む無く退職し、そしてまた職探しをして、仕事に就くという事を繰り返す傾向があります。

結果自分に対して失望したり、自信を喪失したりします。

それはこの病気の治療にとっても良い事ではありません。

まずは、仕事を探す時に、自分に向いた仕事を探しましょう。

前述した通り、人とのコミュニケーションを取らずに済む仕事の方が、ストレスが少なくて済みますので、そういった方面の職種を求職しましょう。

また、治療のための通院や、適切に体を休めるために、期間限定の仕事や、短時間勤務に仕事がおススメです。

また在宅でも仕事が出来るものもありますので、そういった方面を検討してもいいと思います。

仕事を続けるのであれば、仕事にあなたが合わせるのでなく、あなたに合う仕事を多少時間をかけても見つけましょう。

一つの仕事が熟せれば、それが自信となります。

そういった積み重ねが、きっと病気にもいい影響を及ぼしてくれるでしょう。

 - 仕事に関する雑学