キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

絆創膏でアイプチに!?奥二重の方必見!

2015.12.16

奥二重でお悩みの方ってたくさんいるんです。

ぱっちりとしたキレイな二重に誰もが憧れますよね。

そんな二重が絆創膏で作れるんですよ。

一重や、奥二重を二重にする方法としてアイプチを使う、というのがありますが、絆創膏がアイプチがわりになる!?

そんな情報をお伝えします。

奥二重ならではの悩み

目は顔の印象を大きく左右するパーツの一つです。

パッとすぐに目が行く場所ですし、目が大きいとインパクトがあり、目力を感じ、それが魅力に繋がったりしますよね。

日本人の女性は目が小さいことにコンプレックスを抱き、目が大きい人に憧れを抱きます。

アジア人では一重の人の割合が高く、海外の人からはそれが美しいとさえ思われています。

ですがアジア人は西洋人に多い、くっきりぱっちりした二重に憧れを抱くのです。

無いものねだりですがこれは昔から変わりません。

二重や奥二重、一重などの違いは遺伝によるものが多いです。

両親が両方二重だったら子どもも二重になる確率は高いです。

ですが稀に両親が二人とも二重なのに子どもは一重だというケースもあります。

もちろんその逆もあります。

では奥二重の方が持つ悩みとは??それはメイクが映えないということです。

例えば瞼をアイシャドウできれいにグラデーションを作ったとします。

せっかく一生懸命そうやってメイクをしても目を開けるとグラデーション部分が瞼に隠れてしまう‥なんてことも。

一重だから‥、二重だから‥、と悲観してしまう人も多いかと思いますが、そんな方の救世主!それがなんと絆創膏なのです。

アイプチとは‥?

アイプチという言葉をご存知でしょうか??アイプチはいつから日本で使われてきたのでしょうか。

それは定かではないのですがもう30年以上前と言われています。

そんな昔から日本人は一重や二重へのコンプレックスがあったということがわかります。

そもそもアイプチってなにか?アイプチを知らない人のために説明します。

アイプチとは瞼を一重から人工的に二重にするための化粧品であるとされています。

人工的というのは、ノリ状の液体を瞼に塗って二重ができるように貼り合わせて二重を作るという方法です。

一重からと言っていますが奥二重から幅の広い二重にしたいときにも有効なので、今回は奥二重にスポットを当ててみます。

アイプチは薬局や、最近では100円均一のコスメコーナーでも手に入ります。

アイプチをする際に欠かせられないノリがあるのですが、そのノリが自分の瞼に合っているか、それは実際に使用してみないとわかりません。

更にアイプチが上達するには数をこなすことなので、まずはお手頃に手に入る100円均一で購入することをおすすめします。

アイプチをして目を大きくパッチリに!

アイプチを使ったことがない人はアイプチをどのように使ったらよいのかわからないですよね。

アイプチを使ってきれいな二重を作る方法を紹介していきます。

まず最初に、皮膚の皮脂や汚れをコットンできれいに拭き取りましょう。

これをしないとノリが付きにくかったり、ノリが剥がれやすい原因になります。

その次にアイプチを買った際についているスティック状の物を、二重を作りたいラインに軽く押し当てます。

このラインがとても重要です。

まつ毛から離れすぎると仕上がりがとても不自然な感じになってしまうので、せめてまつ毛から6ミリぐらいのところまでにしておくのがオススメです。

その次に目を半分開けた状態で二重のラインのところにアイプチをムラなく薄く丁寧に塗ってあげます。

このとき、塗りすぎてしまうと皮膚がひっぱられてしまってこれも仕上がりが不自然になるので広く塗りすぎないように気を付けましょう。

作りたい二重の幅の部分に半月型に塗ることを意識しましょう。

そしてアイプチが乾くのを目を半分あけた状態で待ちます。

アイプチが乾いたら二重のラインにスティックを軽く押し当てながら目を開きます。

そしてスティックを離して二重ができあがりです。

奥二重の救世主!絆創膏

上記で説明したようにアイプチを使えば奥二重の人でも簡単に理想の幅の二重を作ることができるのです。

そんなアイプチですが身近な物で代用できる、と話題になっているものがあります。

それは、絆創膏です!絆創膏ってあの絆創膏?そうです!その絆創膏です。

絆創膏は普通傷口に貼るものですが、これがアイプチの代用品になっちゃうのです。

絆創膏は接着力があり、肌に馴染むことからアイテープの代わりになるということで絆創膏を使って二重を作る若者が増えているのです。

また水にぬれても大丈夫だったりと耐久性も抜群によいのです。

一般人だけではなく芸能人やモデルの方、またプロのメイクの方もこの技を使っている人もいるんだとか。

更にこの技は海外でも認知されていて海外の若者でも試している人が多いのです。

絆創膏のどの部分を使うかというと、端っこの肌色の部分です。

その使う量もほんの少し、目の幅に合わせた長さのみです。

そんな少量でいいので、絆創膏一枚あればかなりの回数使えてしまうんです。

コストパフォーマンスが最高です!

絆創膏でキレイな二重線をつくる方法

絆創膏を使って本当にきれいな二重ができるの?そんな半信半疑の方も多いと思いますが、手順を説明するので実際にやってみてください。

まず最初にハサミで絆創膏を目の形・サイズに合わせてカットします。

一気に何個もカットしてストックしておくと次回使うときにも楽ですが、小さくてなくしやすいので使う度にカットするのでもよいでしょう。

カットする際に気を付けることは太くカットしすぎないこと。

細目にカットすると自然な仕上がりになりますが、太目にカットすると不自然な感じになります。

ですが夜寝る際や外出しないときなどは太目にカットしたものを使うと持続性もあり二重の線がつきやすいです。

そして瞼の油分や汚れをコットンでとっておきましょう。

これは絆創膏の接着力を弱めないために重要なことです。

その次に?離紙を剥がして二重を作りたいラインを確認してその場所に貼ります。

?離紙を剥がすときに、気を付けることは、接着面をベタベタ触らないことです。

これも接着力を弱めないために重要なことです。

小さいので剥がしにくい場合は両端を少し引っ張ると剥がしやすいです。

そして瞼に貼るときですが、両手で絆創膏の両端を引き延ばしながら中心から貼っていきます。

貼ったあとは指で軽く押さえてしっかり張り付いているのかを確認しましょう。

このとき、瞼を強く押しすぎると目に傷がついてしまう恐れがあるので気を付けましょう。

そして目を開けると完成です。

回数を重ねるごとにコツを掴んでいくはずなのでまずは実践あるのみです。

 - 美容に関する雑学