キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

簡単にできるトイレの掃除方法をご紹介

2015.12.16

以前に「トイレの神様」という歌が流行りましたが、トイレ掃除は何だか憂鬱という人は多いのではないでしょうか?

毎日使うところなので、キレイにしていないと目立つし、かといって毎日掃除は嫌だし。

そんな人に簡単にできるトイレ掃除方法をご紹介します。

毎日のトイレの掃除方法

心掛けることはたった1つです。

まず、汚れを見つけたらキレイにする。

これを毎日していれば、そんなに汚れることはありません。

そのためには家族みんなが「自分が汚した部分は自分がキレイにする」という意識改革が大事です。

これを主婦だけに負担させると、かなりの負担になりますが、一人一人がやれば大したことではないのです。

ついたばかりの汚れであれば、簡単に落とすことができます。

そのため、最低でも二つのトイレ掃除の道具を用意しておきましょう。

一つは「トイレ用拭き取りクリーナー」です。

トイレに流せるものがベストです。

これが雑巾だとやる気が半分以下になります。

お手軽であることが大切です。

次にトイレブラシです。

100円ショップやホームセンターなどで安いものも売っていますが、それなりの値段のものにしておきましょう。

安いブラシは力を入れても落ちないのですが、いいブラシは少しの力で落とすことが出来ます。

掃除のハードルを下げれば下げるほど、他の人に手伝ってもらえます。

トイレの掃除のポイントとは?

トイレのどこが汚れるかが判れば、ポイントを押さえて掃除することができまます。

この項ではトイレのどこが汚れやすいかについてご説明いたします。

男性がいる家庭は、たったままトイレを済ますために、小水が飛び散りやすいですよね。

これが壁やら床やら便器やらを汚すわけです。

これは時間がたつとシミとして残ってしまいます。

また、トイレはどうしても水とは離れられません。

そのため水性汚れが付着しやすいのです。

一見キレイなトイレですが、乾燥すると白っぽい汚れが浮かび上がります。

水のたまった場所には、黒っぽい汚れが出る事はありませんか?
見えないところでは、便器の淵の裏側にもこの黒いのが一杯付着していることがあります。

この黒っぽいの正体はカビです。

定期的に掃除をしないとカビの温床になってしまいます。

また手を洗う場所に現れる赤っぽい汚れ、これはバクテリアが原因。

放置すれば爆発的に増えていきます。

金属部分はやはり水っけが多いためさびが出てきてしまいます。

便利なトイレのお掃除グッズのご紹介

手軽に掃除をしたい場合は、簡単便利なトイレグッズを使うのが早道です。

前述しましたが、雑巾よりは抗菌、消臭機能のある「トイレ用拭き取りクリーナー」がやはり便利です。

雑巾よりは維持に少々コストはかかりますが、トイレに流せるタイプは利便性が高いです。

便器の淵の裏側は、黒カビの温床となりますので、掃除する必要があります。

しかしこの狭い部分を掃除するのは至難の業です。

靴用のブラシや歯ブラシで掃除をオススメしている場合もありますが、これも専用のトイレブラシの方が圧倒的に便利です。

釣り針のような形をしていますので、靴用ブラシや歯ブラシよりもはるかに掃除しやすいです。

そしてメラミン製のスポンジです。

洗剤をつけなくても、擦れば汚れが簡単に落ちる魔法の道具です。

水垢のついた金属部分や、手洗いする所についたピンクのバクテリアもキレイに落とせます。

そしてペーパーモップ。

トイレは狭くて、その上色々置いてあるために掃除機でも隅は掃除しにくいでしょう。

天井や手の届かない床の隅などには便利です。

トイレのタンクの掃除方法

以外に忘れられているタンクの掃除。

水が常にあるところなので、ここもカビの温床となりやすいのです。

今まで開けたことが無い人は大掃除を機会に是非チャレンジしてください。

出来れば3か月に一回掃除するのが推奨されてますが、トイレの便器に黒い筋が付き用になったら掃除のタイミングです。

原因はトイレのタンクの黒カビだからです。

掃除方法はタンク内の掃除はまず水を抜くことから始めます。

タンクの給水管のバルブを止めて、タンク内の水を全て排水します。

洗剤は内部を傷めないために中性洗剤を使いましょう。

カビをはやさないように塩素系の強い洗剤を使いたくなるかもしれませんが、パイプなどを腐植させる可能性がありますので注意が必要です。

そして手袋と柄のついたタワシやブラシを使います。

色々部品はありますが、ひとつひとつコツコツとやることが重要です。

トイレのタンクに入れるタイプやタンクの上に置くタイプの洗剤は、汚れを落とすことはできますが黒カビの防止にはなりません。

黒カビ対策には直接掃除するしかないのです。

トイレの掃除方法の裏ワザ

面倒くさがりさんのための超便利グッズは、「トイレスタンプクリーナー」です。

トイレの便器にジェルをスタンプすると汚れ残りにくくなり、消臭効果もあります。

掃除をしなくていいわけではありませんが、少しさぼっても汚れはさほど目立ちません。

中々忙しくてトイレ掃除が定期的に出来ない人は、これを使ってみましょう。

CMでも言っている通り、このジェルは、1週間程度は持ちます。

しかしトイレを掃除しなくていいというわけではありません。

大切なことなので繰り返します。

また最近は便器自体も、汚れが付きにくかったり、汚れがつきやすい淵をなくしたデザインの物が発売されています。

日々、気が付いた汚れを落として、前述の「トイレスタンプクリーナー」や汚れのつきにくい便器であれば、それほどトイレ掃除には時間を掛けなくて済みます。

しかし、どんな便利グッツであっても何もしないでキレイにする方法はありません。

トイレをきれいに保つためには、日々の心掛けが大切です。

 - 暮らしに関する雑学