気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

福岡を観光するとしたらどこがいい? 福岡観光のまとめてみた

2015.10.13

福岡といえば何を思い浮かべますか?

お酒好きな人なら焼酎に中洲の屋台でしょうか?名

物といえば明太子やラーメン?

でもなんか名所ってあったけ?

知っているようで以外に知らない福岡の観光案内をまとめてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

名古屋への観光旅行で子供と一緒に遊べるおすすめスポット

名古屋へ観光に行こうと考えているお父さんとお母さん、もう行き先は決まりましたか? どうせ行くの...

3泊4日の海外旅行。旅を楽しむための持ち物選び!

楽しみにしている海外旅行。3泊4日って、短いような長いような、中途半端な感じ。楽しい旅行を満喫するた...

ハワイならここ!シェラトンが子連れに選ばれる理由

わくわくとドキドキの入り混じる家族旅行。大人だけで行くのと、子供も一緒に行くのとでは重視するポイント...

《郷に入れば郷に従え》バリのチップ相場を知っておこう

近頃はローコストキャリアの航空会社が増えたことで海外旅行もしやすくなりました。 日本からの海外...

ANAに預けた荷物が破損!補償の範囲と申請方法のポイント

ANAを使って旅行する人は年間に何万人もいるでしょう。 預けた荷物が破損してしまう人はさほど多...

スポンサーリンク

福岡の人気観光地のまとめ

福岡県最大の駅である博多駅。

最近はどこの駅も、商業施設が組み込まれていて、駅の役割はただ電車の乗降のみでなく、人が集まる中心地の役割を果たしています。

博多駅も例外ではありません。

2011年に誕生した「JR博多シティ」は駅直結の商業施設として観光客だけでなく、地元の人も集まる観光地となっています。

お土産に困ったら「みやげもの市場」に行ってみましょう。

スイーツからお酒まで、福岡土産がとても豊富。

これといった一品が見つかるかもしれません。

また、博多についてお腹すいたけど、何を食べていいか判らないという人におススメなのは「シティダイニング くうてん」

ここは福岡や博多名物だけでなく、九州や沖縄の名店が勢ぞろいです。

また博多シティの屋上には知る人ぞ知る絶景スポットの「つばめの杜」

展望スペースからは、博多の街を一望できます。

また鉄道神社に、列車を展望スペースがあり、普段あまり見る事のない角度から列車を見る事が出来ます。

天空の広場にはお花畑があり、とても屋上とは思えない雰囲気です。

中洲の屋台観光のまとめ

テレビで福岡を紹介すると必ず出てくる中洲の屋台。

昼間行くとただの川辺ですが、日が落ちるとあっという間に屋台が現れます。

主な屋台スポットは天神、中洲、長浜の合計で200軒を超えると言われています。

この中から、あなたの一軒を探すのは至難の業。ここでおススメの2件かをご紹介します。

まずは、焼きラーメンで有名な「小金ちゃん」

焼きラーメンって何?と思う人も多いと思いますが、焼きそばのように、鉄板で炒めますが、麺は当然ながらラーメン、煮詰めた豚骨スープとウスターソースで味付して、焼き豚などの具を絡めます。福岡名物でこの店が元祖です。

明太餃子のおいしい「ぴょん吉」カエルのマークが目印です。

明太餃子は、薄い皮の中に豚肉と明太子の餡が入っています。

ぱりぱりの触感がたまらなくて一度は食べたい一品。

ただ屋台=安いとは限りません。

結構いい値段のお店もありますので、心配な方は屋台に入る前の料金表のチェックを忘れずに。

福岡のアミューズメント観光のまとめ

史跡観光もいいですが、どうせならご当地アミューズメントパークに行ってみませんか?

「水族館 マリンワールド海の中道」は福岡県福岡市にある水族館。

正式名称は「海の中道海洋生態科学館」といいます。

その名の通り、450種3万点の海の生き物を、映像、音響機器、水中カメラなどバラエティ豊かな展示方法で紹介しています。

ショープールではアシカやイルカのショーを見る事が出来ます。

かいじゅうアイランドではイルカやゴマアザラシなどと身近に感じることが出来ます。

入園料は大人2160円、中学生は1180円、小学生820円、4歳以上の幼児は570円となっています。
このマリンワールドですが、日本で5番目に設置された海の中道海浜公園に隣接しています。

遊園地やキャンプ場、サイクリングも出来、バラ園やフラワーミュージアムなど施設もたくさんあります。入園料は大人(15歳以上)410円、65歳以上は210円、小中学生は80円、小学生未満は無料となっており、マリンワールドとの入管割引があるので、どうせ行くなら二つ一緒に行ってしまった方がお得です。

福岡のもつ鍋のまとめ

福岡と言えばやはりもつ鍋。

もつ鍋を出す店はたくさんありますが、たくさんあればあるほど、どれにすればいいのか迷うのが世の常です。

そこでもつ鍋のおいしい店をまとめてみました。

まずは「やま中」です。

赤坂にお店もあるので、東京の人とも聞いたことがあるのではないでしょうか?

ご存じのとおり予約必須の大人気店。

ちなみに赤坂店は高校生未満は入れない大人のお店です。

高級感あふれる店内はまさに大人の雰囲気です。

福岡の本店は高校生以下も入店可能です。家族で行けますね。

価格帯はもつ煮が一人前1500円(税抜)で人前からオーダー可能です。

ここも予約必須の人気店「牛もつ鍋 おおいし 住吉店」

予約を取るのも大変なようですが、その甲斐はあります。

人気店にありがちですが、2時間制です。時間厳守で行きましょうね。

こちらの価格帯はもつ煮が一人前1350円(税込)トッピングも豊富で、追加メニューもあります。

福岡のお土産のまとめ

旅行は楽しいけどお土産は憂鬱ってことありますよね。

どうせ買うなら喜ばれるものがいいけど、なにせお土産の種類は膨大。

どれがいいのか判らない…

そんな人のためにおススメの福岡土産を二つご紹介。

まずは明月堂の「博多通りもん」モンドセレクション15年連続金賞受賞という輝かしい経歴もあります。

ミルクの香りのするハイカラな衣装で身を包み、餡がしっとり練りあげられた明月堂のおまんじゅうです。

10個で1080円(2015年10月現在)直営のオンラインショップがありますので、博多にいけなくても購入できます。

お土産といっても甘いものばかりではありません。

中島商店の「博多なかなか」は明太子やその皮を乾燥させた珍味。

お酒好きにはたまらない一品です。

小分け真空パック入り40gで1080円。他にも「ドライ40g」「皮ドライ30g」「スモークドライ40g」を詰め合わせた「博多なかなか詰め合わせ」(税込4104円)などがあり、いろんなものを試してみたい人におススメです。

 - 旅行に関する雑学