気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

発達障害の子供が幼稚園に行くのを嫌がる時はどうすれば?

2015.12.16

発達障害の子供が幼稚園に行くのを嫌がるのを連れて行くのは大変ですね。

毎日の事なのでお母さんはかなり苦労をされていると思います。

でも幼稚園は必ず行かなくてはいけないものではありません。

ここではその場合の対応方法について解説いたします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

幼稚園の先生が怒るので子供が幼稚園に行きたがらない

「もう来なくていいから」と幼稚園の先生が言ったという話は時々聞かれます。 子供は先生が来なくて...

シングルマザーが子供を施設に預ける時

シングルマザーが子供を育てるのは大変です。 精神的にも経済的にも苦労していると思います。 ...

離乳食、納豆はそのまま使ってOK?加熱の必要性とお勧め活用法

赤ちゃんの離乳食を作るとき、初めの頃は〈生もの厳禁〉。赤ちゃんの免疫が弱いので、食材はどれ...

新生児と添い寝はベッド?布団?添い寝の時期や注意点

新生児と添い寝をするとなると、時期はいつからいいのか? 寝具はベッドがいいのか布団がいいのか?...

母乳とミルクではカロリーは同じでも与え方が違ってきます

母乳とミルクはカロリーが同じでもそれに含まれている栄養素が違ってきます。 このため、母乳とミル...

発達障害の子供が幼稚園で迷惑か心配。どうすればいい?

自分の子供が発達障害だとしたら、心配事が一杯です。 幼稚園で先生に迷惑をかけていない?お友達に...

子供を施設に預ける条件について解説

どうしても子供を育てられない事情というのはあります。 でも、誰かに養育してもらわないと、子供は...

子供がお金を盗む時の心理と対応について

自分の子供がお金を盗むと気が付いたとき、親はとてもショックですよね。 しかし対処を間違えると、...

子供のお風呂、毎日入る必要って本当にあるの?

お風呂は毎日入るもの、という風潮があるからか、毎日子供をお風呂に入れなければいけない!と考えている親...

子供がお金を取るようになる理由について考える

気がつくと、財布からお金が無くっている事ってありませんか? 始めは勘違いだと思っても、そのうち...

産後の太ももにできるセルライトの予防と撃退法について!

産後に、太ももについてしまったセルライトを気にしている人がたくさんいます。 赤ちゃんとの外出も...

悩めるママ必見!赤ちゃんの冬の部屋着やオススメの着せ方

赤ちゃんの服というのは意外に厄介です。 あまり聞いたことのない名称の物が多く、どういう組み合わ...

子供を育てられず施設に預けるしかないと思っているあなたへ

子供は可愛い。 でもどうしても育てられない。 そういう人が増えています。 理由は色...

子供の泣き声がよく聞こえるのは虐待?通報すべきか否か

子供の泣き声が毎日聞こえる。お母さんの怒鳴り声も聞こえる。もしかしたら虐待かもしれない。大事にならな...

幼稚園の年少で言葉が少ない子の場合、発達障害の可能性

幼稚園の年少は個人差があります。 でも、他の子供と比べて余りにも言葉の発達が遅いと、発達障害の...

スポンサーリンク

幼稚園に行くのを嫌がる理由を考える

年少さんが幼稚園でお母さんと別れるとき、泣いて嫌がるなんて風景は入園当初はよく見られます。

ここでは発達障害の子供であるなしに関わらず、子供が幼稚園に行くのを嫌がる理由について解説いたします。

考えられる理由の一つは親と離れることです。

誰だって慣れていないところに行くのは不安です。

ましてずっと一緒にいた親とも離れるとなると不安が増大します。

多くはこれが理由と考えられていますので、幼稚園の先生も、母親がいつまでも一緒にいる子供も切り替えができませんので、すぐに帰ることを奨めています。

親との別離の不安も、他の事に興味が沸けば気持ちを切り替えることが出来るからです。

また他の人と接するのが苦手な子もいますし、幼稚園の活動に馴染めなくてつまらないというのもあるでしょう。

特に早生まれの子などは、他の子が出来ることが出来ないことがあるのでその傾向が見られます。

幼稚園に行くのを子供が嫌がる場合は、まずはその理由を聞いてあげましょう。

その理由を解決しないといつまでも子供は行くのを嫌がります。

発達障害の子が幼稚園を嫌がる理由とは?

発達障害の子供の特徴に、変化を嫌がるというのがあります。

そのため幼稚園に慣れるにも時間がかかります。

変化というのは、今までと変わることなので、幼稚園の行事とかも嫌がる子が多いそうです。

確かに、運動会や発表会などいつもとは違う雰囲気となります。

子供たちも普段とは違う格好をしたり、保護者などが大勢来たり。

大きな音も聞こえたりするので、変化を嫌う子供にとっては、それが不安の元なのです。

出来るだけ普段に近い行動をさせてあげるのが一番ですが、大勢が関わっているので難しい場合が多いでしょう。

どうしても行事に出たくないというのであれば、休ませてあげてもいいと思います。

また幼稚園の先生が協力的であれば、その子供が参加できそうなものだけ出させてもらったり、見学だけでも可能なら、見学だけという参加の仕方もいいと思います。

子供の様子を見ながら判断していきましょう。

頭から無理だと決めつける必要はありませんし、逆に参加しなくてはいけないものでもありません。

参加できなければ参加できなくても問題ありません。

幼稚園を嫌がる子供への対応

叱っても解決しません。

また休ませるだけでも解決しません。

子供が幼稚園に行きたがらないのは理由があるはずだと前述いたしました。

理由を解決しないと行くようにはなりません。

ただ小さい子供は、自分の気持ちを説明できるとは限りません。

理由が明確でない場合は、子供に行く理由を作ってあげましょう。

幼稚園で楽しいことが一つでもあるようなら、それを理由にしてあげるのです。

例えば、「今日は先生とお歌を歌う日だね。」とかです。

また行くのが不安という子供には、「今日は体操の日だね」とか「今日は工作する日だね」というように、幼稚園で何をするかを説明してあげると安心できます。

それも繰り返し、繰り返しです。

この繰り返すことがポイントです。

大人は1〜2回言えば頭に入りますが、子供にとって1日は長く明日ははるか先です。

何度も繰り返すことにより、子供の中にもシュミレーションが出来るので、心構えができます。

不安の解消は知ることが一番です。

発達障害についての家族の認識を合わせる

これはとても重要です。

幼稚園の登園拒否というのは、発達障害の子供が直面する問題の一つでしかありません。

家族の認識が不一致だった場合、その狭間でお母さんが非常の苦労することになりますし、家族の空気も悪くなります。

発達障害は、脳の機能的な問題でしつけや教育の所為ではないことを理解してもらいましょう。

特に夫婦間がその共通認識が欠けている時は、かなり問題です。

子供の登園拒否の悩みを「甘やかしてはダメ、きちんと行かせるべきだ」と言われてしまうとお母さんもつらいと思います。

実際、泣きわめく子供をなだめすかして幼稚園まで連れて行くのがどんなに大変なことか、それが毎日続くのがどんなに憂鬱な事か理解してもらえなくなるからです。

これはお母さんだけが対処する問題ではありません。

家族みんなで対処する問題です。

また、お互いの両親にも発達障害について理解してもらいましょう。

身内の心無い言葉は一番人を傷つけます。

家族の空気が悪くなれば、子供にもいい影響を与えません。

発達障害の子供が幼稚園を嫌がるのであれば

発達障害の程度によって、幼稚園に行くことがその子のためになるとは限りません。

他の事同じことをさせたいと願っても無理な場合があります。

無理やり同じ事をさせる事がその子のプラスになるとは限りません。

確かに集団生活は大切です。

特にハンデがある場合は、猶更そのことに力を入れたくなるでしょう。

確かに幼稚園や保育園は、幼少時の集団生活を身に着ける場所ではありますが、ここだけではありません。

療育センターなど選択肢は色々ありますので、まずはその子がどこでならのびのびといろんなことが学べるのかを考えてあげましょう。

退園にしろ転園にしろ、別の選択肢をするにはやはり家族の意見の統一が大切です。

そのため、家族間で認識の齟齬ができないようにする必要があります。

特にハンデのある子供にとって、外は不安が一杯の場所です。

家の中が安住の地なのです。

その安住の地ですら、そうでなくなることが一番問題です。

子供を不安にさせない事が大切です。

 - 育児・子育て・出産に関する雑学