気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

男性は仕事で抱えている悩みを誰に相談すれば良いの?

2015.11.6

お喋りが大好きな女性は仕事の悩を誰かに相談することも多いでしょう。

では、男性の場合はどうでしょう?

奥さんや彼女に相談するのでしょうか?

また、その時はどんなことに注意すれば良いのでしょう?

今回は、そんな男性の仕事に悩みを紹介しましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

臨床検査技師が大学病院の就職試験を受験する際の志望動機例

医師が病院に入ろうとしたら就職試験を受験することになります。 そして、そこでは志望動機を聞かれ...

簡単就職でも意外にブラック?コンビニのバイトがきつい!

コンビニは今や現代人にとって、街の風景のひとつ、日常のオアシスとなっています。 しかしそのコン...

大卒なのに就職できない我が子!親としてできることとは?!

大学生になる息子さんや娘さんがおられる、世の親御様方。 「かわいい我が子のために!」と、汗水流...

就活学生必見! ESのアルバイト期間の書き方 高得点をGETしよう

ESにはアルバイトの期間などを記入する欄があります。さてこれに単純に事実をかくだけでも良いのですが、...

高卒で就職を考える男性必見! 企業が本当に求めるものとは

男性の大学進学率が6割近くに上る中、高卒で就職した場合、選べる仕事が少ないと嘆いてはいませんか? ...

派遣社員が会社で更新をしたくない時に、使うべき口実と手順

派遣された会社がブラック企業だった!同僚や上司が問題あり、などと契約を更新したくないどころか、今すぐ...

《未来は変えられる》34歳のフリーター、就職に必要なこと

非正規雇用という働き方が珍しくもない現代において、フリーターのまま年を重ねていくことに徐々に不安を感...

子供を保育園に入れるためのパートの仕事に必要な労働時間とその他の手段

子供を保育園に預けて自分はパートで働こう! 子供がある程度の年齢になればママとしては家計のため...

公務員になりたいのに勉強がつらい!気持ちを切り替える方法をご紹介

公務員になるために勉強を必死で頑張っているのに、だんだんと勉強がつらいと感じるようになるこ...

公務員と民間の併願はあり?効率的なスケジュールの立て方

公務員と民間企業を併願する人にとって、民間企業の選考開始時期がズレた事により、併願希望者にとって、中...

40代女性の仕事探しは難しい?!

仕事をテキパキこなしていた20代。それから間もなく結婚して出産。 ようやく子育ても落ち着いてき...

面接で緊張しても合格できる5つのポイント

面接は誰でも緊張するものです。 なかには緊張して面接に失敗した人も多いでしょう。 でも、...

風邪で発熱、38度を超えたら?会社を休まずに出来る自分ケア

風邪で発熱して38度になったら、できれば会社を休みたい、いや休むべきですが、状況がそれを許さないとい...

ADHDの人が仕事に就くとしたら?32歳という年齢での挑戦

今やADHD(注意欠陥・多動性障害)という言葉は周知されてきました。 詳しく知らなくても、なん...

会社で経理を任された! 初心者が勉強すべきことは何?

突然、会社からの辞令で経理に配属されてしまった!と慌て、不安に駆られていませんか?確かに、経理は会社...

スポンサーリンク

男性は仕事の悩みを誰かに相談するか

男性は仕事の悩みを誰に相談するのでしょうか?

結論から先にいえば、基本的に男性は仕事の悩みを誰にも相談しません。

男はプライドの高い生き物です。そして、自分の問題は自分で解決しようとします。そのことによって、自らが持っている能力の高さを証明しようとします。このことは男性自身は気がつかなくても、周りにいる女性の多くはこのことを実感しているでしょう。

したがって、仕事の悩みを相談するということは男のプライドが許さないのです。そして、そのことによって自分の能力が疑われることに我慢ができないのです。それに、仕事の悩みというものは、そもそも悩んでいても仕方がないという一面もあります。

では、男性は誰にも相談しないのでしょうか?

そんなことはありません。ただし、悩みではなく愚痴です。よく、夜の飲み屋などで、同僚と愚痴のこぼしあいをしている風景はよく目にします。仕事の悩みを誰にも相談できない男性たちは、この愚痴のこぼしあいでストレスを発散しているともいえるのです。

男性の悩みにアドバイスは禁物

先に説明したように、基本的に男性は仕事の悩みは誰にも相談しないものです。したがって、そんな悩みにアドバイスすることは男性の気持ちを逆なですることにもなります。そのことに気がつかない女性、特に身近にいる彼女や奥さんは注意しましょう。

男性は、自分が抱える悩みに対してアドバイスをされると、自分の能力が疑われていると感じます。それは、プライドが高く自らの能力の高さを証明したいと考えている男性にとっては許し難いことなのです。周りからしてみれば、よかれと思ってしたことが、かえって相手を傷つけることにもなります。注意しましょう。

また、根拠のない無責任な応援も逆効果です。そんな応援をしてもらわなくても、男性は自分で問題を解決しようと思っているし、そうしたいものなのです。そんな無駄な応援をするよりも、男性の能力の高さを信じていることを伝えてあげましょう。その方がよっぽど励みになります。身近にいる彼女や奥さんは、ぜひそうしてください。

悩み相談に対する男性と女性の違い

ここまで見てきたように、男性と女性では悩み相談に対するとらえ方は違ってきます。

女性の場合、悩みに対する同調や共感を求めています。したがって、その悩みを男性が聞く場合には、悩みを聞いてあげてそれに共感していることを相手に伝えてあげれば良いのです。そうすれば女性は納得します。しかし、男性がその悩みを解決するための方法を論理的に説明しようとする話がややこしくなってきます。それを聞かされた女性は「ああ、面倒だ」ということになってしまいます。

滅多に悩みを相談しない男性でも、ときには先に説明したように問題を解決する具体的な方法を求めていることがあります。そんなとき、悩みを聞く側の女性が、分かったような返事をしていると、男性に逆ギレさえることがあります。

このように、男性と女性では悩みを相談する動機も、相手に求めることも違ってきます。特に男性の悩みを聞くことになる、彼女や奥さんは気をつけましょう。では、具体的にどうすれば良いのでしょうか?

次は、具体的に見て行くことにしましょう。

男性の悩み相談に女性としてできること

先に説明したように、男性は仕事で抱えている悩みを誰かに相談することは少ないものです。ただし、仕事の愚痴をこぼすことはよくあります。前者の悩みを相談する場合には、具体的な解決策を求めています。一方、後者の愚痴をこぼす場合には、誰かに聞いてもらいたいときです。

したがって、男性が愚痴をこぼしている場合、周りにいる女性はその愚痴を聞いてあげましょう。アドバイスや無責任な応援は禁物です。このとき、いわゆるオウム返しが有効になるでしょう。たとえば、男性が「きょう上司にこんなことを言われてさあ」と言ってきたら「あら、上司にそんなことを言われたの」と返すのです。こういう返事をもらって嫌な気分になる男性はまずいません。ほとんどの男性はそういう返事をもらうと、愚痴を聞いてもらっていると実感するのです。

男というものは単純な生き物ね、などと思わないでください。これは男性のプライドを傷つけずに話しを聞くときの秘訣なのですから。

男性が奥さんや彼女に仕事の悩みを相談しない理由

最後にもう一度、男性が奥さんや彼女に仕事の悩みを相談しない、あるいは、したがらない理由を見て行くことにしましょう。

まずあげられるのは、仕事を離れたプライベートな時間まで仕事に追いかけられたくないと思うことです。良いかえれば、オンとオフははっきりと区別したいということです。

次は特に恋愛中のカップルにいえることですが、デートをしているときはデートを楽しみたいということです。そんな時に、仕事の話をするという野暮なことはしたくないということでしょう。

まとめ

これまで見てきたように、基本的に男性が仕事の悩みを誰かに相談することはあまりありません。むしろ、仕事の愚痴をこぼす方が多いのです。そんなとき、周りにいる彼女や奥さんは、アドバイスや無責任な応援は避け、ひたすら愚痴を聞いてあげましょう。そうすれば、男性たちは自分の力で問題を解決しようと自ら立ち上がるでしょう。周りにいる女性陣は、そんな男性たちを温かく見守ってあげてください。

 - 仕事に関する雑学