気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

産後の太ももにできるセルライトの予防と撃退法について!

2015.12.6

産後に、太ももについてしまったセルライトを気にしている人がたくさんいます。

赤ちゃんとの外出も、妊娠中のようにお洒落をして出かけたい!

そんな悩みにを解決する、セルライトの撃退法を紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

発達障害の子供が幼稚園に行くのを嫌がる時はどうすれば?

発達障害の子供が幼稚園に行くのを嫌がるのを連れて行くのは大変ですね。 毎日の事なのでお母さんは...

子供のお風呂、毎日入る必要って本当にあるの?

お風呂は毎日入るもの、という風潮があるからか、毎日子供をお風呂に入れなければいけない!と考えている親...

発達障害だったら幼稚園を退園するべき、しないべき?

幼稚園の先生から発達障害を理由に退園を奨められたら、どうすればいい? そんな悩みを抱えているお...

A型とB型の両親から生まれてきた子供は何型になるの?

一般的に、A型とB型の両親から生まれてきた子供の血液型はA型かB型になると思われているのではないでし...

子供がお金を盗む時の心理と対応について

自分の子供がお金を盗むと気が付いたとき、親はとてもショックですよね。 しかし対処を間違えると、...

母乳とミルクではカロリーは同じでも与え方が違ってきます

母乳とミルクはカロリーが同じでもそれに含まれている栄養素が違ってきます。 このため、母乳とミル...

発達障害の子供に幼稚園が加配を付けてくれるか知りたい

発達障害の子供を持つ親は、幼稚園で先生が目を離した隙に、何かあったらと考えると、心配が尽きません。 ...

妊娠7ヶ月ってどんな時期?お腹が目立たないけど大丈夫?

妊娠7ヶ月は24〜27週。 初めての妊娠でも、赤ちゃんの動きや妊娠生活にも慣れ、精神的には落ち...

産後のママ必見!意外に美味しい産院での入院中の食事事情

産後のママは子供のため、自分のためにきちんと栄養を付ける必要があります。 でも気になるのが入院...

子供の友達が毎日ウチにだけ遊びに来る時の心得と対処の仕方

幼稚園や学校帰りに毎日子供の友達が遊びに来て賑やか。子供もとっても楽しそう。幸せを絵に描いたような構...

お寺に子供を預ける親の心理について

お寺で生活すると「修行」して、人間的に成長できるというイメージがあります。 そのため最近は、手...

新生児と添い寝はベッド?布団?添い寝の時期や注意点

新生児と添い寝をするとなると、時期はいつからいいのか? 寝具はベッドがいいのか布団がいいのか?...

保育園と幼稚園 学力の違いについて

保育園に行くべきか、幼稚園に行くべきか、一定年齢に子供の親はどちらに行かせるべきか悩みます。 ...

卒乳の時期、平均はどれぐらい?無理なく卒乳する方法は?

赤ちゃんが成長し、1歳を迎える当たりになると、お母さんにとって気になりだすのが”卒乳”の時期なのでは...

3ヶ月までの体重増加量 赤ちゃんは順調に成育してますか?

育児中のママさんが気にするのは、やはり母乳を飲む回数と飲む量でしょう。 我が子が順調に成育して...

スポンサーリンク

セルライトととは、どんなものなのかを知ろう

セルライトとはフランス語のcelluliteで細胞という意味のcelluleと、鉱物を表す接続語のiteを合わせた言葉です。なるほど、見た目がゴツゴツしてまるで岩のように見えるセルライト。確かにそういうイメージですね。

では、どうしてセルライトはできるのでしょう?セルライトとは、脂肪細胞の中に老廃物が蓄積されてしまい、肥大した脂肪細胞から分化している線維芽細胞が皮膚の方に引っぱられて波打った状態のことをいいます。

むくみで水分と老廃物がたまってしまった所へ脂肪が入り込み、まわりの神経や血管を覆ってしまい塊になってしっまた状態です。病気ではなく、ある程度脂肪がつくと起きてしまう現象です。

脂肪はダイエットで落ちますが、セルライトは普通のダイエットではなくなりません。ただ痩せて脂肪がなくなることで、ゴツゴツが目立たなくなるのでセルライトが減ったと思い違いをしてしまうことがあるようです。触って確かめるとそこには相変わらずのセルライトがあるのがわかるはずです。

産後に太ももがどんどん太ってしまってセルライトがつく理由

産後のあまりの下半身太りに驚いて悩んでしまうママは多いのではないでしょうか。でも、どうして産後にドンドン太ってしまうかを知っているママは少ないかも。産後にどうして太くなるのかの原因を理解しておきましょう。

産後の下半身太りの原因は、妊娠中からはじまっています。赤ちゃんが産道を通れるように骨盤を開きやすくするため、「リラキシン」というホルモンが分泌されます。そして最大に骨盤が開くのが、出産時の赤ちゃんが出てくる時です。この後、骨盤と股関節は外に広がっている状態になってしまいます。

骨盤と股関節がすぐに元に戻れば何の問題もありません。ですが、産後のママは忙しいし不安もたくさん抱えています。赤ちゃんを抱いての授乳は、体を曲げてしまうママも多く骨盤にも負担がかかります。また、おっぱいの量が思ったよりも出なかったり、赤ちゃんの反応に不安になったりとストレスもかかります。骨盤がもとに戻りにくい状態が揃ってしまっています。

骨盤が開いたままの状態になると、血液の循環がうまくいかずに代謝が低下してしまいます。代謝が低下してしまうのでエネルギーが消費できずに、お腹・お尻・太ももなどの下半身に脂肪が蓄積しやすくなり太ってしまいます。

産後はリンパマッサージで代謝をよくしましょう

産後すぐに自分でできるのは、セルライトを作らないためのマッサージです。産後すぐは体を休めて、体を回復させることが大切です。ですから、まずは空いた時間で調子のいいときに体を撫でましょう。撫でるだけでも血行が良くなります。この時に力をいれたり、強く揉む必要はありません。これで、セルライトもできにくくなると思います。 

セルライトができてしまったら、体調の良い時を見計らってリンパマッサージに挑戦してみましょう。身体の中にある余っている水分や体内で不要となったものを流す作業をしているのがリンパ液です。この流れが悪くなるようなことがあると、体の中に不要なものや悪いものが排出されずにどんどん溜まっていってしまいます。

セルライトは体の中の不要なものや悪いもが積もってできたものです。ですからリンパの流れを良くするためにリンパ節をほぐしておくことがとても大切になります。体の中にあるリンパの流れに沿うようにして、リンパマッサージをします。するとリンパ液が、セルライトの原因である体の中に不要なものや悪いものを身体の外に出してくれます。

セルライトの部分は、触ってみると冷たいと思います。まずお風呂に入ったり、ホットカーペットの上に横たわるなどしてセルライトの部分を暖めましょう。暖めてからマッサージをするとより効果があります。

骨盤矯正エクササイズで骨盤をもとに戻す

骨盤を正常な位置に戻すことは、産後太りの解消にもなります。早くから骨盤をもとに戻すエクセサイズができればよいのですが、出産後は体もダメージを受けています。

出産をしてから子宮が完全に普通の大きさに戻るまでの期間については、体だけではなくホルモンのバランスも崩れがちになっており、体に与えられたダメージを回復させるために安静にしなくてはいけません。

ですからこの期間はできるだけ体を休めるようにして、エクセサイズはやらないようにしましょう。

骨盤矯正は、助産院やクリニック・整体・エステサロンなどでもやっています。通えないママには、家で簡単にできるセルフケアエクササイズがあります。本やビデオが出ていますので、自分ができそうなものを参考にして行うといいと思います。簡単ないくつかの体操を組み合わせたものが多いので、短時間でできます。習慣になってしまうと大変ではないので、続けていくと良いと思います。

時間はかかりますが、太ももの代謝が良くなれば使うエネルギーも増えるのでだんだんと脂肪も燃焼していきます。

また産後の妊娠線やエクセサイズに適したオイルなども売っていますので、併せて使うと肌にも良いので試してみるといいかもしれません。

お風呂の利用でも簡単にできる太もものセルライト対策

お風呂でできるセルライト対策は、3種類に分かれます。産後すぐにできる足浴、産褥期が終わって入浴できるようになってからの半身浴・温冷交代浴の3種類になります。自分の生活スタイルにあった入浴方法でリラックスしながら無理なくセルライト対策ができます。

入浴で新陳代謝が活発になることで、老廃物や疲労物質などが排出されます。消費カロリーも増えますので脂肪が燃焼し、セルライトにも効果的な作用をもたらします。

半身浴は、新陳代謝を促し汗もたくさんかきます。セルライトの原因ともなるむくみの解消に効果があります。半身浴の方法はおへそより10cm程度上までのぬるめのお湯に20分以上浸かります。その間に音楽などを聞いたり、顔にパックなどをするのもいいでしょう。

温冷交代浴は、血管の収縮作用が活発になります。やはりむくみの解消に効果が見られます。温冷交代浴の方法は、バスタブのへりに座り43度のお湯に膝から下をつけ背筋を伸ばし体を安定させた状態で3分街ます。足首や足の指を曲げたり伸ばしたりすると、より効果的です。シャワーで自分に適温の水をさーっとかけます。これを5セットします。

足浴は、足の疲労感やむくみなどの解消に効果が見られます。足浴の方法は大きめの洗面器などに少し熱めのお湯を入れて踝から下をつけます。ベビーバスなどでもいいと思います。10分から15分浸かります。お湯がさめないように入れ替えながらするといいと思います。

無理のない方法で、焦らずに時間をかけてセルライトを除去していきましょう。

 - 育児・子育て・出産に関する雑学