気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

洗面所の掃除、洗剤は何を使っていますか?オススメを紹介

2015.12.15

年末が近づいてきましたね!

年末にする行事の一つとして‥「大掃除」があります。

アナタは一気に年末の大掃除で掃除をしてしまう派ですか?

それとも小まめに掃除をする派ですか??

ここでは洗面所の掃除にスポットを当てて、オススメの洗剤や掃除のコツなど紹介していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

貧乏な子供はかわいそうなのか?お金と愛情、その他必要な物

うちは貧乏だから、子供が生まれても辛いを思いをしてかわいそうだから、子供を産むのを辞めるという考えを...

友人の結婚式に欠席する場合、お祝いはどうすれば?

友人の結婚式の欠席する時、悩むのはお祝いです。 あげるべきか、あげないべきか。 あげると...

大学生になる人が、不安を感じる一人暮らしの実態について

大学に行くにあたって、期待が上回る人がいれば、不安が上回る人もいます。 まして、一人暮らしとな...

一人暮らしが初めてのアラサーへ 失敗しない注意ポイントを解説!

アラサーになるまで実家で甘えていたいけど、家をでてみたいと考えている女性は多いようです。 一人...

頑張れ節約生活!貯蓄をして住宅ローンの早期返済を目指そう

節約は何のため?目的が無くては節約できません。 貯蓄は何のため?貯めた金額は使わなければただの...

ピアノの防音対策は部屋の状況にあわせて行いましょう

誰もがあこがれるピアノの演奏。 しかし、それには毎日の練習が欠かせません。 そして気にな...

駐車場の無断駐車をレッカー移動するのはちょっと待った!

駐車場に無断駐車されると誰でもイラっとくるものです。 特に、自分の駐車スペースに駐車されるとな...

賃貸と分譲のマンションに対する損得の考え方

よく賃貸と分譲のマンションはどちらが得でどちらが損なのか、という議論を聞くことがありますが、実際はど...

どれくらいが一般的?一人暮らしの社会人が実家に帰る頻度

一人暮らしを始めると、自分のことに精一杯になり、ついつい実家に帰る頻度が低くなる人もいれば、逆に寂し...

お風呂の簡単キレイな掃除方法、悩みの種の蓋対策を紹介

お風呂掃除は毎回していても、カビと水垢との闘いです。 ここでは基本は放置するたけで、簡単キレイ...

アパートの騒音を気にしない人をどうにかしたい時に

アパートで騒音がして、気になって仕方ないことってありますよね。 隣人や上の階に暮らしているのは...

お風呂の排水溝のにおいが気になる方、必見!原因と対策は?

お風呂場でなんだか嫌なにおいが・・・ においの元をたどってみるとどうやら排水溝からのにおい! ...

アパートにありがちな騒音問題 深夜の騒音への対処法は?

アパートやマンションといった集合住宅に住む上で、特に問題になりやすい深夜の騒音問題と言えるのではない...

嬉しい新築!家具探しに助かる一覧表

賃貸でもマイホームでもやっぱり嬉しい新築物件! 新築物件に引っ越すときって心がとってもわくわく...

親と絶縁する理由と方法についての考察

あなたが親と絶縁したくなる理由って何でしょうか?親の過干渉?毒親だった?色々あると思います。 ...

スポンサーリンク

すぐに汚れてしまう洗面所‥

洗面所って毎日使うところですよね。

それも一日に一回ではなく朝は洗顔やお化粧やヘアセット。

昼は歯を磨くときに使います。

夜もヘアセットや歯を磨く際に使いますよね。

洗面所は水を使うことが欠かせないので結構汚れてしまうんです。

なんで水なのに汚れるか‥。

それは水の中に含まれているミネラルやカルシウムやマグネシウムなど、金属イオンが入っています。

不純物も入っており、そういった物が水垢の原因になるのです。

小まめに掃除をしていたら水垢はつかないのですが、5日〜1週間程度放っておくとうすーく、徐々に水垢ができてしまいます。

その他にも洗面所が汚れる原因として挙げられるのが、女性のメイク用品です。

アイシャドウやパウダー、ファンデーションなど微細な粉が落ちて、それが汚れになっていきます。

これは手でこすってもなかなか落ちず、ザラザラした布やブラシで落としましょう。

更に洗面所に欠かせられない鏡!鏡が曇ってはいませんか?鏡がピッカピカだと気持ちいいですよね。

ですが歯磨きをする際や手を洗う際に歯磨き粉や水が鏡にとびちってそのまま汚れとなります。

鏡の手入れも小まめに行いましょう。

洗面所の鏡のお掃除方法

前項でもあげましたが歯磨きや手洗いの際に水がとびちって汚れてしまった鏡‥。

どのように掃除をしたらよいのでしょうか。

日々小まめにお手入れをする場合、洗面所を使い終わったら布で拭き取る、というのを習慣化しておくと、よいでしょう。

また、少し放っておいてしまった鏡をお掃除する場合に必要なのは新聞紙と乾いた布や雑巾です。

新聞紙は必要なくなったものを使えばよいので費用もかからないですね。

まずはその新聞紙をくしゃくしゃにします。

そうして水を含ませて鏡を拭きます。

汚れがついているところは少し力を入れてゴシゴシこすってみてください。

全体の汚れがとれたら最後は布で拭き取りましょう。

更に、放っておきすぎて、新聞紙でもとれないぐらい汚れてしまった場合、薬局やスーパーで販売されているガラス用洗剤というガラス専用の洗剤を使いましょう。

ガラス用洗剤を使う際はその説明をよく読み、説明に従って使用しましょう。

大体は、まずガラス用洗剤を鏡全体に塗り、その後にティッシュで汚れているポイントをゴシゴシ拭きます。

その後に乾いている布や雑巾で鏡全体を拭きましょう。

仕上げにめがね拭きで全体をサッと拭くと、ピカピカの鏡に大変身しちゃいますよ。

洗剤で手が荒れる方

今の時期、乾燥して手が荒れている方多いですよね。

ひび割れやあかぎれ‥。

水仕事をしているとどうしてもその負担がかかってしまいます。

また季節に関係なく洗剤で手が荒れやすい人も大勢います。

だからと言って洗剤を使わない‥そんなことできないですよね。

ではどうすればよいのでしょうか?いくつか対処法があるのですがまず一つ目はゴム手袋をつけることです。

少しだから面倒だしつけなくていいや、ではなく、コップ一つだけ洗うときでもなんでもとにかくゴム手袋を使いましょう。

その少しの手間をかけるだけで洗剤からの手荒れがかなり解消されるんです。

ゴム手袋を使うと冷たい水もあまり冷たいと感じないのでお湯の節約にもなりますよ。

二つ目は刺激が少ない洗剤を使うことです。

洗剤で手が荒れる人のために開発されている刺激が少ない洗剤というものがあります。

値段は少し高くなるかもしれませんが、一度試してみてください。

三つ目はハンドクリームを常につけることです。

いかに手を乾燥させないか、ということも手荒れには重要です。

ハンドクリームで常に保湿をして乾燥を防ぎましょう。

キレイになる!オススメ洗剤!

洗面所を掃除するときにどんな洗剤を使えばよいのでしょうか??最近では激落ちくんというシリーズがあり、台所用やリビング用など色々な場面で活用できます。

また、これは洗剤ではないのですが水だけで汚れが落ちるのです。

その他には、洗面台はお風呂場と同じく水垢の汚れが主なのでお風呂場で使っている洗剤をそのまま洗面台で使うのもよしです。

洗剤を吹きかけて、スポンジで洗いましょう。

また、毎日掃除する方はハンドソープを垂らしてスポンジで洗うときれいになります。

これは強い汚れがついていないときに有効です。

小まめにお掃除する方におすすめです。

更には自分で洗剤を作ってしまいましょう。

最近重宝されている「重曹」です。

もちろん洗面所のお掃除の際にも大活躍してくれます。

知らない方の為に重曹を使った掃除の仕方を紹介します。

重曹はスーパーや薬局で購入することができます。

最近ではコンビニでも置いてあることもできます。

では使い方ですがとってもシンプル!重曹をそのままいふりかけて、スポンジでこするだけです。

それだけで綺麗な洗面台に生まれ変わります。

気付かないうちについていた汚れなどもとれるのでピカピカになっちゃいますよ。

洗面所の掃除のコツ

洗面所を掃除する際のコツですが、容量よく掃除を進めていきましょう。

まずは洗面台の洗面ボウル(手を洗う場所です)と蛇口の周りを前項で紹介した洗剤や、重曹を振りかけてスポンジでこすって掃除しましょう。

意外に汚れが溜まっている蛇口周り‥。

歯ブラシなどで隙間の汚れもきっちり落としましょう。

その後は排水口の掃除です。

排水口は汚れていると触るのはもちろんですが。

見るのも嫌になってしまいますよね。

古い汚れが溜まっている場合はハイターをスプレーして少しの時間置いておきましょう。

そうしてヌメリを一気に落としてしまいましょう。

また、排水パイプ用洗剤というものもあるので使ってみましょう。

排水口に注いで時間を置くだけなのでとても簡単です。

最後にきちんと水を流しておきましょう。

これらの掃除が一通り終わってから鏡の掃除をしましょう。

先に鏡を掃除してしまうと、洗面ボウルなどを掃除しているときに水が鏡に飛び、掃除した意味がなくなってしまいます。

なので、鏡は一番最後に掃除をする、というのを頭に入れておいてくださいね。

 - 暮らしに関する雑学