キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

毎日仕事が途切れないかどうか不安で仕方ない場合の対処法

2015.12.14

思い切って会社を辞めてフリーランスや個人事業主になり今のところ順調だけど、いつか仕事が途切れるのではと毎日不安で仕方ない。

そんな心境で過ごしていませんか?

フリーで働く人達にとって仕事の不安はつきものですが、まだ起こっていない事態について心配しすぎるのもよくありません。

どのようにして不安を乗り切ればいいのか、一緒に考えていきましょう。

毎日仕事が途切れないか不安になったら、不安なのは自分だけでないことを知って仕事のことばかり考えている毎日から脱却しましょう

フリーランスや個人事業主として働いている人は日本全国に何百万人といます。

この中で仕事に関して全く将来の不安がない人は、数パーセント程度ではないでしょうか。

この何百万人の大多数が、あなたと同じように悩んでいます。

ただし悩みの程度は人それぞれです。

仕事が途切れる不安はあるものの、毎日ご飯をしっかり食べてきちんと睡眠を取れている人もいれば、眠れないほど悩んでいる人もいるかもしれません。

すでに仕事が途切れていて途方にくれている人もいれば、またすぐに新しいお客さんが来てくれるはずさ、と楽観的に捉えている人もいるかもしれません。

不安になるのはみな一緒ですが、対処法が人によって全然違うということです。

それを知っておくだけでも不安は軽くなるのではないでしょうか。

最近流行っている有料のオンラインサロン(月額5千円前後が多いです) などはフリーランスの人達の集まりがいろいろあります。

そういった場に参加して、同じ境遇の人達に不安な気持ちを打ち明けてみると、心が軽くなるでしょう。

不安は幻想。近所の八百屋さんや魚屋さんなどの毎日の仕事ぶりを観察し、仕事が途切れるかもという毎日の不安を断ち切りましょう

周りにフリーランスで働いている人がいない・人見知りあるいはお金に余裕がないのでフリーランスを対象としたオンラインサロンに参加できない、という場合は外に出てみましょう。

近所に商店街はありませんか?あるいは八百屋さんや魚屋さんはないですか?小料理屋やスナック・小さい居酒屋。

どこでもいいので、個人経営のお店を探して、そこに出かけてみましょう。

彼らもあなたと同じ仲間、個人事業主です。

正直、そんなに儲かっているように見えなくても大金持ちに見えなくても、彼らは楽しそうに生き生きと働いていませんか?本当は不安なはずです。

繁盛しているお店であっても、明日から誰もお客さんが来てくれなかったらどうしよう、と内心悩んでいるものです。

仕事がいつ途切れるか毎日不安・・・そう思っているのはあなただけではありません。

でも多くのフリーランス・個人事業主は何とか食いつないでいるものです。

不安があるということは向上心があることですから、そう簡単に仕事が途切れることはありません。

毎日仕事のことで不安になったらまず実践!褒められた過去を思い出し、不安な毎日から抜け出しましょう 

フリーや個人事業主になって、すでにさまざまなクライアントさんと仕事をしてきた人は、過去の実績を振り返りましょう。

自分の仕事内容を振り返るのもいいのですが、一番効果があるのはクライアントさんに褒められたことを思い出してみることです。

実際に紙に書き出してみましょう。

箇条書きでも構いません。

どんな小さなことでも構いません。

書き出してみると、自分が実は結構クライアントさんに必要とされている存在なんだな、と気づくはずです。

あなたを褒めたことがあるクライアントさんは、次回機会があればあなたをまた指名するはずです。

疎遠になったかもしれないクライアントさんもいるかもしれませんが、少しでもあなたを褒めてくれたことのあるクライアントさんは、いつかまたあなたに仕事のチャンスをくれるでしょう。

特にクライアントさんも個人事業主だったりすると、ピンチの時期や何か休業せざるを得ない状況のこともあるかもしれません。

今は取引がないけれどかつてお客さんだった人達。

意外と突然、仕事の依頼が舞い込んで来ることがあるのですよ。

不安に押しつぶされそうになったら、いま目の前にある仕事に毎日集中

仕事がいつか途切れるのではと毎日不安。

それは考える時間が多すぎるということです。

もし今、目の前に仕事があるのならそれはありがたいことです。

その仕事に集中しましょう。

不安すぎて仕事に集中できないとしたら、その仕事をくれたお客さんに対しても失礼ですし、高いクオリティの結果を出せません。

現在手持ちの仕事がある場合は、悩む時間を作らないくらい100%集中しましょう。

実際に仕事がなくなって明日の仕事が何もないという状態になってから初めて、その時に考えればいいことです。

とりあえず今日のところは目の前に仕事がある、ということであれば今日はその仕事に集中して他のことを考えないようにしてください。

どうしてもあれこれ考えたかったらその仕事が終わってから考えることにしましょう。

意識して、悩む時間を作らないのが大事です。

目の前にとりあえず今は仕事があるとしたらそれは当たり前のことではありません。

あなたの過去の努力の結果なのです。

なぜフリーになったのかを思い出せば毎日の仕事に関する不安は消え去ります

会社員時代は、とりあえず会社に行けばお給料をもらえていました。

毎月決まった日に必ず入金があり、資金繰りなんて心配する必要もありませんでした。

有給もあったし、仕事で結構大きな失敗をやらかしても、今の日本の法律ではそうそう簡単に正社員を解雇することはできないようになっています。

日本で安定した生活を送りたいなら会社員か公務員でいるのがベストな選択なのは明白です。

「いまは大企業ですら倒産する時代だし、会社員だから安定している時代とは言えない」と主張している人もいますが、そういう発言をしているのは大抵、フリーで活動している人達です。

彼らも内心不安なのでしょう。

仲間が欲しいのかもしれません。

会社員のままの方が圧倒的に楽、とわかっていてあなたはフリーになったはずです。

強い志やかなえたい夢があったからではないですか。

雇われる生き方をやめる勇気があったのですから、仕事がいつか途切れるかもと毎日不安に思っていてもあなたにはそれを乗り越える力があるはずです。

なぜフリーになったのか、もう一度思い出してみてくださいね。

 - 仕事に関する雑学