気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

母乳とミルクではカロリーは同じでも与え方が違ってきます

      2015/10/11

母乳とミルクではカロリーは同じでも与え方が違ってきます

母乳とミルクはカロリーが同じでもそれに含まれている栄養素が違ってきます。

このため、母乳とミルクを同じように赤ちゃんに与えていればいろいろと問題が出てくる可能性もあります。

今回は、母乳とミルクでは違ってくる与え方を紹介しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

人生で失敗した時に大学に行かなかったことを後悔する理由を解説

人生においていくつかのターニングポイントがありますが、その中...

貯金が趣味の人はつまらない性格の人が多い理由と楽しむ方法

趣味が貯金だというひともいますが、お金を使うことによっていろ...

ブドウ糖の点滴は、太る?ブドウ糖の成分と注意点について解説

体重制限をしている方や糖分などを気にしている方にとって、ブド...

トランサミンとは何か?副作用で動悸などが起きた場合の対処法

トラネキサム酸を主成分とした「トランサミン」は、止血効果や炎...

ディーラーの営業マンを変更する時に気をつけたいポイント

車を購入する時にディーラーの営業マンによってはいろいろとお世...

耳が痛い!外側が痛い原因は?何の病気?対処法教えます

耳の外側に痛みがあるのは、心配で不安になりますよね。 ...

一人暮らしが初めてのアラサーへ 失敗しない注意ポイントを解説!

アラサーになるまで実家で甘えていたいけど、家をでてみたいと考...

大学生が一人暮らしでつらいと感じる瞬間とその対策をご紹介

地方から大学に通うために引っ越しをしてきた時に、一...

財布を落とした時のお礼の仕方と、やってはいけない行動

自分が財布を落としてしまった時には、目の前が真っ白...

国会議員の給料は高すぎると感じる理由を解説

国民として国会議員に対する期待は大きいですが、こと...

高3の夏休みに遊びたいなら 把握すべきは自分の○○だった!

高3の夏休みといえば、まさに受験前の貴重な時間です...

公務員になりたいのに勉強がつらい!気持ちを切り替える方法をご紹介

公務員になるために勉強を必死で頑張っているのに、だ...

会社をバックレてしまったときに離職票をもらうための方法

精神的に追い込まれてしまうと、会社をバックレてもいいと思って...

妊娠5ヶ月のお腹の状態と苦しい時の対処法

妊娠5ヶ月になると安定期に入ってきますが、お腹が苦しいので辛...

母が病気になり辛い気持ちで一杯… そんな気持ちの整理の仕方

元気だった母が病気になる、また亡くなる可能性もあるとなると辛...

友達依存をやめたい!自分でできる自分の変え方とは

友達に依存していると自分でも分かっているので、やめたいと思っ...

友達から出産報告がない?祝福したいのに連絡をくれない心理とは

友達との関係性は何かあった時によくわかりますが、妊娠をしたこ...

離乳食、納豆はそのまま使ってOK?加熱の必要性とお勧め活用法

赤ちゃんの離乳食を作るとき、初めの頃は〈生もの厳禁...

料理が下手な嫁に悩んでいるあなたへの解決法!

何を作っても料理が下手なのにその事を嫁に言えずに悩んでいます...

車のテレビが映りにくい!できるだけ電波良くする方法とは

車の中にテレビが搭載されていると何かと便利ですが、...

スポンサーリンク


母乳とミルクの違い

まずは、母乳とミルクの違いから見て行くことにしましょう。

哺乳類は、自分の子供は自分の母乳で育てます。

しかし、同じ哺乳類である人間の場合は必ずしもそうではありません。

そのため、母乳で育てるか、ミルクで育てるかを選ぼうとすること自体が不自然なことであるとも言えます。

もちろん、お母さんによって様々な事情を抱えているであろうことは想像に難くないのですが。

戦前・戦後の日本が食料不足の時代に粉ミルクはアメリカから入ってきました。

その当時のお母さんは栄養不足で母乳が出なかったり、たとえ出たとしても母乳に含まれる栄養が不足していて、それを飲んだ赤ちゃんが栄養不足の状態に陥っていました。

これらの事情から日本に粉ミルクが定着しました。

その結果、日本人の体格は欧米人に匹敵するようになりました。

こうした経緯があるため、哺乳類である人間の母乳には本来赤ちゃんが育つための栄養素が含まれているにもかかわらず、母乳のデメリットと粉ミルクのメリットが強調される結果になってしまいました。

母乳のカロリー

ここからは、具体的に母乳のカロリーを見ていくことにしましょう。

母親の食事内容によっても異なってきますが、一般的に母乳は100ml当たり60〜70kcalあると言われています。

こうして見ると、意外とカロリーは高いことが分かります。

ここでお母さんたちは「カロリーが高い母乳を一日に何度も与えていいの?」と疑問が湧いてくるかもしれません。

でも、心配はいりません。

赤ちゃんが頑張って母乳を吸わないとお乳が出てこないのです。

つまり、その時の赤ちゃんは結構なカロリーを消費しているのです。

なお、母乳を出す方のお母さんは、それを作るのに必要とされるカロリーは一日に約500kcalとされています。

これはかなりのエネルギーです。

逆にいえば、卒乳して母乳を作る必要がなくなれば、これは不要なエネルギーとなります。

母乳を与えているお母さんの多くは、母乳を作るために普段より多く食べているでしょう。

そして、卒乳する時期に合わせて、食べる量を徐々に普通に戻していくといいでしょう。

ミルクのカロリー

次に、ミルクのカロリーを見ていくことにしましょう。

粉ミルクを規定量を使ってミルクを作った場合、基本的にカロリーは母乳とほぼ同じになるでしょう。

なぜなら、粉ミルクは母乳に近い栄養素が含まれているからです。

ミルクで赤ちゃんを育てているお母さんは、容器に書かれている1回の量や、1日に与える回数にきちんと守ってミルクと与えていることでしょう。

ただし、赤ちゃんによっては多くのミルクを飲んだり、逆にあまり飲まない子もいるでしょう。

このため、ミルクで育てている赤ちゃんでも飲みたいだけ与えているとカロリーオーバーになることがあります。

また、注意すべき点がここにもあります。

それは離乳期に入った赤ちゃんの場合です。

離乳期に入った赤ちゃんには、離乳食と一緒にミルクを与えているお母さんが多いでしょう。

つまり、離乳食を食べている赤ちゃんがミルクを欲しがり、そのままミルクを与えてしまうとカロリーオーバーになってしまうということです。

これは、肥満の原因にもなるので注意しましょう。

母乳とミルクに含まれる栄養素の違い

次に、母乳とミルクに含まれる栄養素の違いを見ていくことにしましょう。

ミルクで赤ちゃんを育てようとするのなら、やっぱり母乳と同じ栄養素が含まれているミルクを選ぼうとするお母さんは多いでしょう。

やっぱり、母乳で自分の子供を育てるのは哺乳類としての基本ですからね。

カロリーや、三大栄養素といわれる、炭水化物、タンパク質、脂質については、母乳と粉ミルクは違いがなくほとんど同じです。

ただし、その他の栄養素で多少違ってきます。

母乳に含まれている次の栄養素は、ほとんどのメーカーの粉ミルクに含まれています。

葉酸、オリゴ糖、タウリン、ヌクレオチド、βカロテン、DHA。

次に、シスチン、ラクトフェリン、アラキドン酸、ラクトアドヘリン、シアル酸。

これらはいずれも母乳に含まれている栄養素ですが、粉ミルクの場合はメーカーによっては含まれていないものもあります。

粉ミルクメーカーの研究開発が進んでいるおかけで、いまの粉ミルクに含まれている栄養素は母乳にかなり近くなってきています。

粉ミルクを選ぶ際には参考にするといいでしょう。

母乳とミルクを与える量とタイミングの違い

最後に母乳とミルクを与える量とタイミングの違いを見ていくことにしましょう。

まず、母乳とミルクでは赤ちゃんに与える量は同じで良いのでしょうか?

ミルクの容器には赤ちゃんに与えるべき量が書かれています。

だから、その通りの量のミルクを与えているお母さんは多いでしょう。

ただし、中にはそれは多すぎる指摘するお母さんも少なくはありません。

では、これと同じ量の母乳を与えれば良いのでしょうか?

基本的に、最近のミルクは母乳にかなり近くなってきています。

この点を考えば同じ量でいいかもしれません。

しかし、母乳がその通り出ないということも十分に考えられます。

そんな時は母乳を与えるタイミングをずらすかミルクで代用することも考えられるでしょう。

次に赤ちゃんに与えるタイミングです。

母乳の場合は、間を空けずに与えることができます。

それは、ミルクの消化には3時間ほどかかるのに対し、母乳の場合は1時間半ほどで消化されるからです。

母乳の方が赤ちゃんの胃の負担が減るともいえます。

まとめ

以上、簡単に母乳とミルクのメリットとデメリットを簡単に紹介してきました。

今のミルクは母乳に限りなく近くなってきています。

「母乳でなければ駄目」とか逆に「ミルクでなければ駄目」と決めつけるのではなく、お母さんそれぞれの状況に応じて選ぶするようにするといいでしょう。

関連記事はこちら

人生で失敗した時に大学に行かなかったことを後悔する理由を解説

人生においていくつかのターニングポイントがありますが、その中...

貯金が趣味の人はつまらない性格の人が多い理由と楽しむ方法

趣味が貯金だというひともいますが、お金を使うことによっていろ...

ブドウ糖の点滴は、太る?ブドウ糖の成分と注意点について解説

体重制限をしている方や糖分などを気にしている方にとって、ブド...

トランサミンとは何か?副作用で動悸などが起きた場合の対処法

トラネキサム酸を主成分とした「トランサミン」は、止血効果や炎...

ディーラーの営業マンを変更する時に気をつけたいポイント

車を購入する時にディーラーの営業マンによってはいろいろとお世...

耳が痛い!外側が痛い原因は?何の病気?対処法教えます

耳の外側に痛みがあるのは、心配で不安になりますよね。 ...

一人暮らしが初めてのアラサーへ 失敗しない注意ポイントを解説!

アラサーになるまで実家で甘えていたいけど、家をでてみたいと考...

大学生が一人暮らしでつらいと感じる瞬間とその対策をご紹介

地方から大学に通うために引っ越しをしてきた時に、一...

財布を落とした時のお礼の仕方と、やってはいけない行動

自分が財布を落としてしまった時には、目の前が真っ白...

国会議員の給料は高すぎると感じる理由を解説

国民として国会議員に対する期待は大きいですが、こと...

高3の夏休みに遊びたいなら 把握すべきは自分の○○だった!

高3の夏休みといえば、まさに受験前の貴重な時間です...

公務員になりたいのに勉強がつらい!気持ちを切り替える方法をご紹介

公務員になるために勉強を必死で頑張っているのに、だ...

会社をバックレてしまったときに離職票をもらうための方法

精神的に追い込まれてしまうと、会社をバックレてもいいと思って...

妊娠5ヶ月のお腹の状態と苦しい時の対処法

妊娠5ヶ月になると安定期に入ってきますが、お腹が苦しいので辛...

母が病気になり辛い気持ちで一杯… そんな気持ちの整理の仕方

元気だった母が病気になる、また亡くなる可能性もあるとなると辛...

友達依存をやめたい!自分でできる自分の変え方とは

友達に依存していると自分でも分かっているので、やめたいと思っ...

友達から出産報告がない?祝福したいのに連絡をくれない心理とは

友達との関係性は何かあった時によくわかりますが、妊娠をしたこ...

離乳食、納豆はそのまま使ってOK?加熱の必要性とお勧め活用法

赤ちゃんの離乳食を作るとき、初めの頃は〈生もの厳禁...

料理が下手な嫁に悩んでいるあなたへの解決法!

何を作っても料理が下手なのにその事を嫁に言えずに悩んでいます...

車のテレビが映りにくい!できるだけ電波良くする方法とは

車の中にテレビが搭載されていると何かと便利ですが、...

 - 育児・子育て・出産に関する雑学

ページ
上部へ