気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

正体が判れば怖くない!まぶたのできものが透明な場合

2016.5.12

まぶたにできものが出来ると誰だって不安です。

失明するのでは?病院で手術と言われたら、痛くなったらどうしようと考えていませんか?

目というのは、重要な部分のため、不安が増大しやすいのです。

透明なできものの場合について解説します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

No Image

あなたはアスペルガー症候群?アスペを診断できる問題

アスペルガー症候群は、知的障害や言葉の遅延のため、なかなか気づかないまま大人になている人もいます。 ...

喘息を持つ子供の為の布団選びとアレルギー物質対策

子供が喘息を持っていると、日常生活のいろんなことが気になってしまいますよね。 毎日使う布団も使...

人差し指の爪がボコボコの場合の病気について

気が付くと、人差し指の爪がボコボコになっていることありませんか? 爪は健康のバロメーターといわ...

血圧の変動が激しい人の4つの原因とその対策

血圧というのは一日の間にも変動があるので、決して一定ではありません。 しかし、その範囲を超えて...

朝にトイレ2回は異常?一回のトイレですっきりしない原因

朝にトイレで大便をするというのはとても普通。便秘の人には羨ましいくらいです。 しかし、2回とな...

奥歯を抜歯してそのままにしてはダメ!正しい治療法まとめ

みなさんは奥歯を抜歯したまま治療をやめてしまうと恐ろしいことになるって知ってましたか? 実は奥...

BCGの接種跡、反応がない時や早くに起きたらどうすべきか

結核菌への感染および発症を防ぐためのBCGワクチンですが、他のワクチンと異なり、接種した跡の観察がと...

鎖骨リンパ節にしこり。もしかして、がん?

首と肩が痛くてパンパン!首を回すとグリグリと音がする。リンパが詰まってるのかなぁと、ふと肩や首回りを...

膀胱炎で血尿!?真っ赤な尿が出た原因と対処法

女性がかかりやすい病気としても知られている膀胱炎ですが、中には血尿を伴う場合もあるということはご存知...

爪にボコボコの穴が開いた原因と症状の改善方法

女子にとっては爪は顔の一部といっていいでしょう。 ネイルアートを楽しんでいる人も多いと思います...

MRIと他の検査との違いと検査結果が出るまでの日数

病院で検査を受ける事になった方はもちろん、そんな経験がない方でもMRIやCTといった言葉は一度は聴い...

結婚式で緊張して吐き気が来たらどうしようと心配な人へ

結婚式は晴れの舞台。 だれだって緊張します。 しかし、それが吐き気を伴うものだとすると、...

耳が痛い!外側が痛い原因は?何の病気?対処法教えます

耳の外側に痛みがあるのは、心配で不安になりますよね。 耳と言えば、内側であれば中耳炎や内耳炎な...

鎖骨のリンパを押すと痛いのは何故?そんな疑問を解決します

鎖骨はリンパマッサージでも、心臓へと至る最終ポイントのために重要な箇所です。 ここを押すと痛い...

腹痛の原因はお腹に溜まったガス!?ガスが溜まる理由と対策

最近やたらとお腹が張って痛い、そんな風に感じたことがあるのなら、それはもしかしたらお腹に溜まったガス...

スポンサーリンク

まぶたの透明なできもの正体とは?

人間の感覚の大半は視覚に頼っています。

そのため、目に問題が発生すると人とても不安になります。

実際痛みが伴ってなくても、将来的に痛みが出るのでは?目が見えなくなったら?と考えてしまうのです。

では病院に行くべきというのは判っているのですが、治療の過程で痛くなったら、もしくは手術と言われたどうしようと考えると余計怖くなってしまうのです。

さてあなたにできたまぶたに透明なできものですが、それは痛みがありますか?透明でなくても、白い場合もあります。

まばたきするとちょっとこすれて痛くありませんか?
目に違和感はありませんか?
もし前述の症状に心当たりのある人は、やはり眼科へ行った方がいいでしょう。

それは恐らく「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」だと思われます。

人によってはそのまま数日で症状が収まることもありますが、再発の可能性があります。

症状が重くなった場合は手術が必要ですが、軽い場合は目薬や温湿布で完治することもあります。

まぶたの透明なできもの原因とは?

ドライアイというのは、目が乾燥して目が傷ついたり問題が発生する病気です。

本来は目というのは乾燥しないようにまばたきを繰り返したり、涙で目を潤わせます。

この涙ですが、よく塩っ辛いと言われますが、実際に塩分が含まれているのでなく、水、脂、粘液が含まれています。

この脂というのはとても大切な役割をしていて、涙が簡単に乾燥しないように膜を張ったり、眼球を動かすときの潤滑剤となっています。

この脂はまぶたの上下に20個ほどある「マイボーム腺」から分泌されます。

そして「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」の原因はこの「マイボーム腺」が詰まった事によります。

では何故「マイボーム腺」が詰まったかというと、化粧の洗い残しがあったり、コンタクトレンズが汚れていたりする場合と、食生活が片寄っていたり、ホルモンバランスが崩れると場合があります。

どちらにしろ、日々の生活の積み重ねが、今の状態を作ってしまったので、そこから改善していかなければいけません。

まぶたに透明なできものが出来た場合にすべき事とは?

まず、アイメイクの化粧はしないか、薄目にしましょう。

そしてコンタクトレンズをしている人は、ひとまず使用を中止してください。

一見この透明なできものをつぶしてしまえば、すべて解決するように思えますが、どうせやるなら医者に頼むべきです。

下手に素人がつぶすと他の感染症を引き起こすことがあります。

前述しましたが軽度な状態であれば、目薬や温湿布など完治することもありえますので、見つけたらすぐに受診を心がけましょう。

目の周りは清潔を心がけてください。

化粧やコンタクトレンズの他にも目やまぶたに負担をかけることは控えましょう。

医師の指示に従うのはもちろんですが、合わせて食生活や生活のリズムを整えるようにします。

前述しましたが、ホルモンバランスの乱れも「マイボーム腺」を詰まらせる原因です。

それには、睡眠、栄養、運動が不可欠です。

「マイボーム腺」の詰まりは「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」以外の目の感染症の原因になります。

この「マイボーム腺」の詰まらせない事が大切です。

「マイボーム腺」を詰まらせない方法とは?

女性の場合はアイメイクの際に注意が必要です。

この「マイボーム腺」はまつげの生え際にあるのですが、アイライナーやアイシャドウ、マスカラなどで塞いでいる事が多いのです。

またまつげのエクステやパーマなども、施術工程でパーマ液や接着剤が付着していることもあるのです。

すぐに症状が出るわけでないので気が付かない人が多いのです。

しかし繰り返していれば、目にトラブルを抱えるのは自明の理です。

といっても女性で化粧を控えるのは難しいと思いますので、できるだけ「マイボーム腺」に触れないように化粧をしましょう。

また、化粧を落とした後にお風呂に入る場合は、シャワーをまぶたの上から当てて、残った汚れを洗い落としましょう。

また蒸しタオルで目を温めるのも効果的です。

温まったら綿棒に低刺激のシャンプー(ベビーシャンプー等)を数滴付けて、「マイボーム腺」をそっとキレイに拭きます。

くれぐれも目を傷つけないように注意してください。

不安を吹き飛ばせ!まぶたの透明なできものの対処方法

正体と原因と対処方法を知ればもう怖いことはありませんよね。

まぶたにできた透明なできものでも不安ではなくなります。

大切なのは、目を清潔に保つこと、すぐに眼科へかかることの二つです。

対処が早ければ、すぐに完治します。

ただし、もともとは「マイボーム腺」が詰まったのが原因。

そして、これは日々のアイメイクやコンタクトレンズの使用方法、片寄った食生活や十分な睡眠がとれていないことなども関係してきます。

特にホルモンが崩れれば、目以外にもトラブルになる可能性もあります。

食事は栄養を考えて、きちんと三食取る事、睡眠は十分にとること、運動は適度に行うことというのは「マイボーム腺」をすっきりさせるだけでなく、体にとっても必要なことです。

今回はたまたま目にトラブルが現れただけですが、他の部分にも影響がありますので、これを機会に生活を見直してみては如何でしょうか?
「マイボーム腺」はコンタクトレンズを清潔にしたり、優しくシャワーで温めて、綿棒でかるく拭くだけでかなり清潔を保つことができます。

ぜひ試してみてください。

 - 健康に関する雑学