気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です│キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

文系大卒が就職できる職種は「営業のみ」という説について

2016.5.2

文系の大学生で就職活動をしている人は、就職戦線に異常があるのか、無いのか、みな色んな情報に踊らされている日々を過ごしているのではないでしょうか?

ここでは、文系大学生の多くが「営業」という職種につくという説について考えていきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

アルバイト先から電話がかかってこない!モヤモヤ期間の対処法

何か新しいことを始めるときは誰だって緊張するもの。それがアルバイトであっても例外ではありません。 ...

大学生のバイトでクビを宣告!どこが悪かったのか悩む人へ

大学生と言えばバイトをする人たくさいんいますよね。 でもクビになる人はそう多くありません。 ...

《未来は変えられる》34歳のフリーター、就職に必要なこと

非正規雇用という働き方が珍しくもない現代において、フリーターのまま年を重ねていくことに徐々に不安を感...

ADHDの人が仕事に就くとしたら?32歳という年齢での挑戦

今やADHD(注意欠陥・多動性障害)という言葉は周知されてきました。 詳しく知らなくても、なん...

保険の外交員の仕事内容 意外と知られていない内容とは

自宅や職場で保険外交員の勧誘を受けた人も多いでしょう。 でも、彼女たちの説明を聞いても保険は「...

バイト先でミスをしてレジを打ち間違いしたときはどうするか

バイトでレジをまかされている人は多いでしょう。 もちろん、誰しもミスをしたくてミスをするわけで...

人生の失敗談や目標を聞かれたら… ESの効果的な書き方とは!

ES(エントリーシート)の設問によく挙がるのが「人生の失敗談」や「今後の目標」といったものです。しか...

パートとして就職する際には健康診断書が必要になります

意外と知られていないことですが、パートとして就職する際には正社員として就職する場合と同じく健康診断書...

仕事が貰えない…新人なのに放置されている現状を変える方法

会社に勤めるようになったものの、上司や先輩から丁寧に仕事を教えてもらえるどころか、何も仕事を与えられ...

働いている女性のみなさん、今の仕事って楽しいですか??

医者、看護師、保育士、美容師、教師、弁護士、事務員、デザイナーなど、世界中には、さまざまな仕事があり...

仕事が憂鬱な人必見!上司のきつい言動を回避する方法

仕事は大変なもの。 理解していますが、それでも上司がきつい人が来るとその苦労は倍増します。 ...

臨床検査技師が大学病院の就職試験を受験する際の志望動機例

医師が病院に入ろうとしたら就職試験を受験することになります。 そして、そこでは志望動機を聞かれ...

会社で経理を任された! 初心者が勉強すべきことは何?

突然、会社からの辞令で経理に配属されてしまった!と慌て、不安に駆られていませんか?確かに、経理は会社...

仕事がストレスで鬱病に!?そんなことになる前に!

仕事をしていると上司に怒られたり、トラブルを起こしたりと様々な問題が起こります。 そんなことか...

オフィスが寒い、でも上着を着るのはアリ?すぐ使える冬の防寒対策

職場の環境、それは人間関係や仕事量だけの話ではありません。いかに気持ち良く仕事ができるか、それはオフ...

スポンサーリンク

文系大学生の就職可能な職種は?

文系大卒で、無事就職が決まったとしても、その7割が「営業」という職種に配属されると言われています。

「え、自分は企画を希望したのに…」、「大学ではマーケティングを専攻したから、マーケティングの部署を希望したのに…」とがっかりする人は多いでしょう。

そうですよね。

誰だって、暑い中ひたすら歩いたり、電話をかけまくって、ひたすら頭を下げて、やっと商品を売って、それでもノルマを課されて、上司に怒られというイメージの営業より、快適なオフィスでアイデアを考えたり、ミーティングやプレゼンをしているクリエイティブっぽいイメージの企画の方がかっこいいですよね。

でも、実際、新入社員でそういった部署に配属されるのは本当にまれです。

何か特別な資格や専門知識を持っていれば別ですが、大学の授業で習うマーケティングなど、仕事ではほとんど役に立ちません。

基礎知識はないよりあった方がいいですが、それでも、本の内容がそのまま実戦に使えることはあまりありません。

つまり、どの部署を希望しようとほとんどの人は営業職から始めるのです。

文系に人気のない「営業」という職種

ではなぜ、文系学生に「営業」は人気がないのでしょうか?
前述したように、やはり、「つらい」「大変」「厳しい」というイメージが強いようです。

そのうえコミュニケーション能力が当たり前に求められますが、今の学生はこのコミュニケーションが苦手な人が多いのです。

ただ「つらい」「大変」「厳しい」という営業のイメージは決して、イメージで済まないのが会社の「使い捨て」戦略があるからです。

もちろんどの会社もこの戦略をとっているわけでありませんが、ブラック企業やボーダーラインの企業がとる事が多いです。

つまり、その企業では、常日頃から離職者が多いので、初めから一定数の離職者込みで大量採用する訳です。

まさに人海戦術なのですが、それに使われる人間は堪ったものではありません。

企業は初めから使い捨てで、残ればラッキーというぐらいなので、先ほどの営業イメージである「つらい」「大変」「厳しい」がまさに現実となるわけです。

しかし、営業はそれだけではありません。

文系が嫌う「営業」という職種について考える

営業職出身は出世する事が多いと言われています。

というのもやはり営業で頭角を現す人というのは優秀なのですね。

それは当たり前です。

営業というのは、いわゆる会社の顔です。

営業が商品を売ってくれなければ、どんな企画を立てようと、どんなシステムを作ろうと、全く意味がないのですね。

営業成績の悪い会社は、営利企業として失格な訳です。

さて営業というと、なんとなく頭を下げて頼み込むように販売したり、また強引に口先で売り込んだりするマイナスイメージがあります。

もちろんそういった方法をとる人はいますが、長くは続きません。

特に営業成績がトップという人というのは、決してそういう方法はとらないのです。

まずはきちんと自社商品について理解していなければいけません。

それを人に説明できてやっとスタートラインな訳ですが、常に変化し続ける自社商品について常に理解し、多種多様な質問に答えて相手に欲しいと思わせる、そういった事が出来ないといけないのです。

取引先と信頼関係ができると、「あなたの勧めるものには間違いない」と言って説明しなくても、購入を決定する場合もあるとか。

まずは「営業」それから、自分のやりたい事を

営業というのは、自社商品の理解の他にも、ユーザーの希望や願望、クレームを直接聞いています。

これが大変な経験値になるのです。

はぐれメタルを見つけたのと一緒です。

こういう機会を逃してしまっては大変です。

この経験で得られるのは「ユーザー目線」です。

もし将来、どうしても企画やマーケティングをしたいのであれば、この目線がなくては何にもできません。

アンケートでも中々得ることのできない「生の声」こういうのは、初めから企画にいては体験できません。

また、社会人としてのマナーも、営業というのはとりわけ厳しく見られますので、身に着けられるチャンスでもあります。

そして、企画というのは、自分の意見を社内の人間に説明しないと、誰もその企画の内容を知ることはできません。

つまりコミュニケーション能力だって求められます。

そういった経験はすべて営業で培うことができるのです。

逆にそういった経験も積まずに、頭だけで考えたものというのは誰の心にも響かないのです。

文系の就職戦線に異常なし

文系だけではありません、理系の人も営業職に回される人はたくさんいます。

営業というのは確かにノルマがあり、売上成績が見える形であり、大変な部分もあります。

人と直接かかわる場所なので、嬉しい思いをしたり、悔しい思いをすることもあるでしょう。

しかし、この売上成績が明確なので、頑張ったら頑張った分だけ達成感が味わえ、それが会社の業績に反映されていきます。

会社の業績があがれば、もちろん社員に還元されますので、それが給料やボーナスという形で現れます。

また営業しているうちに培われた人脈というのは、あなたの財産です。

前述したように、将来企画等を望むのであれば、「ユーザー目線」や「自社商品の理解」というのもまたあなたの財産になります。

だから仮に営業職に配属されても、そこで数年は頑張ってみましょう。

もちろんそれが営業成績という形で会社に提示できれば一番です。

そうしたうえで、自分が本当にしたかった職種にチャレンジしてみては如何でしょうか?その間に必要な資格など取得してしまえば鬼に金棒です。

 - 仕事に関する雑学