キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

気になる雑学満載のライフキュレーションメディア「キニガク!」ほぼ日刊です

妊娠中の仕事でしんどい思いをしなくても良いように

2015.10.12

女性の社会進出が進むいま、妊娠中でも仕事をする女性が増えてきました。

でも頑張っている彼女たちは仕事でしんどい思いをしているのも事実です。

今回は、そんな彼女たちが少しでも負担を減らせるような方法を紹介します。

仕事がしんどいと思うとき

まず彼女たちはどんな時に仕事がしんどいと思うのかを見ていくことにしましょう。

ただし妊娠そのものではなく、それに付随することです。

通勤電車に座れないこと

確かにお腹が大きくなってくると立ったままの状態で満員電車に揺られるのは苦痛です。

そんな彼女が座席の前に立っていれば席を譲ってあげれば良いと思うのですが、マタニティマークをつけてもなかなか席を譲ってもらえないのだとか。

こいう実態を知ると、安倍首相のいう「女性が輝く社会」が虚しく聞こえます。

職場が制服であること

このため、ゆったりしたカジュアルの服装はNGです。

しかも職場でも着られるようなマタニティウェアが見つからないという悩みも彼女たちに共通しています。

職場では制服着用というのは男のエゴにも感じられます。

男の職場であること

そのため、妊婦に対する理解がないというのもあります。

確かに周りの理解が得られないと仕事を続けるのは難しいでしょう。

この事は妊娠中に働くことに対する家族の理解についても言えるでしょう。

妊娠中の仕事を休む目安

次に妊娠中に仕事をする女性たちは、どれくらいしんどいと会社を休むのでしょうか。

具体的に見ていくことにしましょう。

一番多いのが、つわりがひどくなったとき。

いくら頑張って仕事をしていても、つわりがひどくなってしまえば業務にも差し障りが出てきてしまいます。

それに周りにも迷惑をかけることにもなってしまいます。

そういうときは途中で退社させてもらった方が良いでしょう。

次に多いのが、体調が悪いときは出勤しない。

これには周りの理解が欠かせないでしょう。

自分が休むことで周りに迷惑をかけることにもなりますが、無理して出社して体を壊してしまっては後悔するでしょう。

ましてや自分ひとりの体ではないのですから。

いずれにしても自分の体と上司や周りの人とよく相談して休むかどうかを決めた方が良いでしょう。

また、心配だったらかかりつけのお医者さんともよく相談した方が良いでしょう。

そうでなければ後になって後悔することにもなりかねません。

妊娠中に仕事をしているあなたを見る同僚の視線

次に妊娠中に仕事をしているあなたを見る同僚の視線を見ていくことにしましょう。

女性が同性を見る目は厳しいとよく言われますが…

同僚の妊婦にいらいらするという声をよく耳にします。

出勤する日数が少ない、勤務時間が短い。

また、休むときは上司にだけ連絡をして同僚には一切知らせない。

これだけで終わればいいのですが、クレームはまだ続きます。

妊婦であるあなたが休めば、当然その仕事は誰かが負担することになります。

そのために土日出勤をすることにでもなれば、イライラはピークに達することになるでしょう。

では、こういう事態を避けるにはどうすれば良いのでしょうか?

それには気配りとコミュニケーションが必要となるでしょう。

仕事をフォローしてくれている同僚にはきちんとお礼を言う。

そして出産して職場に復帰してきたら、今までフォローしてくれたお返しにその同僚の仕事の一部を肩代わりする。

こういった努力をするのなら、そのイライラは一時のもので済むでしょう。

しんどい思いをしない仕事術【妊娠初期】

ここからは、しんどい思いをしない仕事術を見ていくことにしましょう。

まずは妊娠初期。

妊娠中でも働くためには職場の理解が欠かせません。

そのため、職場には妊娠が分かった時点で早めに報告をしましょう。

人間関係等の問題があるとしても、誰か一人でもそのことを知ってくれる人がいれば、なにかと頼りになります。

通勤時間は体と相談して柔軟に変えるようにしましょう。

満員電車がきつく感じられるようになったら時差出勤するのもいいでしょう。

また、通勤途中で気分が悪くなったら途中下車しましょう。

少し休んで遅刻しても仕方がないでしょう。

妊婦に対する理解がある職場なら許されるでしょう。

会社に着いてからもポイントがあります。

例えばつわりの期間中にお腹がすくと気分が悪くなるという人がいます。

そういう人は職場に軽食となるような物を持って行くと良いでしょう。

これらのことに気をつけていても、職場で気分が悪くなることは当然あります。

しかしそれはあなたの責任ではなく、つわりのせいなのです。

そのことを理解しておきましょう。

しんどい思いをしない仕事術【妊娠中期】

最後は、妊娠中期。

つわりが治まり快適な生活を送れるようになるのが妊娠中期である5〜7ヶ月です。

お腹もまだ大きくなっていないので、バリバリと仕事をこなせる時期でもあります。

一方、この頃になるとお腹が張りやすい人もでてきます。

そんなときには、横になるか椅子に座ってリラックスすることが必要です。

病院に行けば薬をくれるので、それを飲めば一時しのぎにはなりますが、お腹の張りが治る訳ではありません。

それでも楽にならないようでしたら、無理せずに仕事を休んで安静にするしかないでしょう。

この頃は出産に対するリスクも大きくなる時期ですから。

まとめ

これまで見てきたように、妊娠中に仕事をすることはかなりの苦労を伴います。

しかしその一方で、残念ながらそれを良く思わない同僚も少なくありません。

仕事を続けるには自分の頑張りだけでなく、周りの理解も欠かせません。

先に説明したように、気配りとコミュニケーションでこの難局を乗り越えるようにしてください。

 - 育児・子育て・出産に関する雑学